ライティング(記事作成)・翻訳の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のライティング(記事作成)・翻訳に関する仕事依頼一覧となります。読み手に必要となる情報をわかりやすくまとめて記事を作成・翻訳する仕事を募集しています。文章を書くことが好きな方や、翻訳経験のお持ちの方はご応募お待ちしております。

もっと見る

ライティング(記事作成)の仕事とは

ライティングの仕事は、WEBサイトやブログに掲載する記事作成をします。雑誌や書籍を書くライターもいますが、WEBサイトやブログの記事作成はフリーランスやアルバイト(副業)で行う人も多くいます。書いた記事は多くの人が読みますので、わかりやすく書くことがポイントです。また、媒体や運営者の信用問題にも関わりますので、誤字脱字や誤った情報を書かないように注意が必要になります。記事を書くときは、既存のWEBサイトやブログを参考にしたり資料を引用しながら取り組みます。そのため、著作権に関する知識も必須です。良い文章を書くには新聞や本を読むこと、日頃から情報収集のアンテナを張ることが大事になります。日々の積み重ねがライティングの仕事の質を高めます。

翻訳の仕事とは

翻訳の仕事は、外国語を日本語に訳すことです。英語やフランス語、中国語などを日本語に訳していきます。翻訳の仕事は文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳の3つのジャンルに分類されます。文芸翻訳は小説や雑誌などの出版物を翻訳します。そのため、出版翻訳ということがあります。言語の知識だけではなく、作品のテーマを把握してそれにふさわしい翻訳する能力が必要です。実務翻訳は、ビジネスの場面で必要とされます。契約書やマニュアル、学術書などを翻訳します。業界ごとの特有な用語を翻訳するため、金融やIT、医学といった特定の分野を担当することがほとんどです。映像翻訳は、映画やドラマなどの音声を翻訳します。具体的には映像と台本をもとに、視聴者がわかりやすい言葉で吹き替えをします。

ライティング(記事作成)・翻訳作業の費用感

ライティングを外注するときの費用は、1文字(文字単価)0.8円〜20円とばらつきがあります。ブログ記事は比較的安価な費用で文字単価0.8円前後から依頼が可能です。コラム記事であれば文字単価0.8円程度のものもあれば専門性の高い記事作成は文字単価5円ほどと高くなることもあります。取材が必要な記事になると文字単価5円以上になることがほとんどです。また、翻訳の外注は1ワードあたりの単価とワード数の掛け算で報酬が決まります。例えば、ビジネス翻訳なら1ワードあたり30円前後が相場です。文芸翻訳も同様の費用で計算します。1冊の本の翻訳を依頼すれば100万円や150万円になることもあります。映像翻訳は10分あたりなど、時間により費用を計算します。分野や内容により費用感は異なりますが、10分15000円からが相場です。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)