システム管理・保守・運用の仕事・依頼

現在募集中のシステム管理・保守・運用の仕事依頼一覧となります。クラウディアでは業務を円滑に進めるために必要なシステム管理・保守・運用の仕事を募集中です。シスアド経験者をはじめ、複数のコンピュータ環境を整えることが得意の方はぜひ対応してみましょう。

もっと見る

システム管理・保守・運用の仕事とは

システム管理やシステム運用の仕事は、使用しているシステムが安定的に動作するようにするための作業を行うことです。 システムの動作状況を監視し、トラブルを未然に防ぐのがシステム管理です。 システム運用はこれとよく似ていますが、主にスケジュールに従ってシステム最適化のための作業を行うことを指します。 システム管理とシステム運用は同じエンジニアが担当するケースも多いです。 これに対してシステム保守は、システムに不具体が生じたときの対応をすることを指します。 また、システムのアップデートもシステム保守の仕事に含まれます。 管理や運用と異なり、保守の場合にはシステムに変更を加えるのが特徴です。 管理や運用を担当するエンジニアとは別の人が保守を担当するケースが多いです。

システム管理・保守・運用に必要な資格・スキル

システム管理・運用・保守の仕事を行うには、ITに関する全般的な知識が求められます。特にサーバーやネットワークに関する知識が必要になることが多いです。 マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)やLinux技術者認定試験、JP1認定技術者などの資格があれば有利でしょう。 ネットワークを扱う機会が多ければ、シスコ技術者認定などの資格も役立ちます。 また、システム管理や運用の仕事では、システムを普段使用している人から問い合わせを受ける機会が多いです。 問い合わせに対して適切に対応するためのコミュニケーション能力が求められます。 システム保守においても、不具合が生じたシステムを迅速に復旧させるには、コミュニケーション能力が必須です。

システム管理・保守・運用の費用感

システム管理・運用・保守にかかる費用は、対象となるシステムによって大きく異なります。 基本的に開発にかかった費用が高ければ、管理・運用・保守にかかる費用も高いです。 システム開発にかかった費用を基準にしてみると、年間15パーセントが相場とされています。 300万円かけて開発したシステムであれば、年間45万円程度かけて管理運用や保守を行うことになるでしょう。 また、システム管理・運用・保守にはソフトウェアに関するものと、ハードウェアに関するものがあります。 年間15パーセントというのは、その両方を含めた数字です。 システムを新規で構築するのであれば、毎年の管理・運用・保守にかかる費用のことも考慮した上で決める必要があります。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)