セキュリティ対策の仕事・依頼

現在募集中のセキュリティ対策の仕事依頼一覧となります。クラウディアではインターネット上のウイルス・スパイウェアなどの様々な脅威からパソコンを守る、セキュリティ対策の仕事を募集中です。情報漏洩を防ぐため、情報セキュリティに詳しい方の対応をお待ちしています。

もっと見る

セキュリティ対策の仕事とは

セキュリティ対策の仕事とは、企業が保有しているデータを外部からの攻撃から守るために行う仕事です。 企業では顧客の個人情報や取引先企業の情報など、重要な情報を数多く保有しています。 商品開発などに関わる情報も多いです。 そのような情報は企業が使用しているサーバーに保存されていますが、サーバーはインターネットに繋がっています。 悪意を持った人がサイバー攻撃を仕掛けることで、サーバーに保存されている情報が盗まれたり漏れたりしてしまう可能性があるのです。 DOS攻撃などを受けて、サービスの提供ができなくなってしまう場合もあります。 セキュリティ対策では、攻撃されても損害を被らないような体制を整えます。 あらゆる企業がITを利用する現代においては非常に重要度が高い仕事です。

セキュリティ対策に必要な資格・スキル

セキュリティ対策の仕事では技術面のスキルだけでなく、コンサルティング面でのスキルも必要になります。 技術面では、OSセキュリティやアプリケーションセキュリティ、ファイヤーウォール、セキュアプログラミング技法、セキュリティプロトコルなどの知識が必要です。 サーバーやネットワーク、データベースなど、他の分野のITエンジニアからセキュリティエンジニアになるケースが多いです。 資格は情報処理推進機構が実施する情報セキュリティスペシャリスト試験に合格しておくといいでしょう。 コンサルティング面では、情報セキュリティマネジメントや不正アクセス手法、法令などの知識が求められます。 経営者と話をしたり折衝したりする機会も多いため、コミュニケーション能力も必要です。

セキュリティ対策の費用感

セキュリティ対策にかかる費用は、企業規模によって差が大きいです。従業員数が100人未満の企業では、セキュリティ対策の初期費用として平均で約190万円かけています。これが100人以上300万人未満の規模になると約470万円です。300人以上1,000人未満なら約720万円、3,000人以上なら約3,400万円もかけています。企業規模が大きければ、扱う個人情報や企業データなども多いため、セキュリティ対策にも費用がかかることがうかがえるでしょう。また、従業員1人あたりという視点で見てみると、100人未満の小さな企業では約19,000円、3,000人以上の大企業なら11,000円です。大企業の方が安く済んでいることになります。セキュリティ対策を依頼する場合には、この従業員1人あたりの費用を基準にして高いか安いか判断するといいでしょう。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)