映像編集・映像制作の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中の映像編集・映像制作の仕事一覧になります。映像編集・制作は複数の映像をつなぎ合わせて1つの映像に加工する仕事です。時間内に伝えたいことがまとまるように加工していきます。変種ソフトを使って、素材をもとに音声や字幕を追加できる方が取り組める仕事です。

もっと見る

映像編集の仕事とは

映像編集とは、動画に様々な加工・編集作業を行って映像として仕上げる仕事です。撮影された生の動画データに、音楽や効果音、ナレーション、テロップを付加したり、無駄な部分を切り取ったり、撮影してきた複数の動画を繋ぎ合わせたりすることによって、映画、テレビ番組、CM、ミュージックビデオなどを制作します。簡単な加工しか行われない動画制作とは異なり、映像編集では世界観やイメージ、コンセプト、伝えたいメッセージといったものを反映させるように大きな加工が行われます。そのため、動画制作に比べて高度な専門性が必要とされます。編集の仕方によって、視聴者が感じ取るメッセージが正反対になってしまうこともあるため、非常に重要な仕事です。

映像編集の初心者に必要なスキル、コツは

映像編集の初心者に必要なスキルとしては、依頼者が映像を通じて伝えたいことを理解する能力や編集作業で使用するPCやソフトウェアの操作への習熟が挙げられます。また、依頼者から注文を受けて分からないことや曖昧な点があった場合に質問し、正確に表現したいことを把握するためにはコミュニケーション能力も必要となります。初心者の場合は、監督やディレクターといった上司の指示を受けて映像編集の仕事に従事することが多いので、上司の指示を正確に理解する力も不可欠です。その上で、適切なBGMや効果音を選択したり、テロップのフレーズを考えたりする能力も求められます。映像編集の初心者のコツとしては、分からないことがあったら同僚や上司に質問するという姿勢を持つことが挙げられます。

映像編集の費用感

映像編集の相場は、加工の度合いによって異なってくるため、一概に論じることができません。ナレーションが必要な場合は、ナレーターの手配が必要になりますし、音楽が必要な場合は作曲を依頼したり、使用許可を得たりする手間がかかるため、高くなる傾向があります。逆に素材をすべて依頼者が用意して、動画制作に近い水準の加工度合いで済む場合は安くなる傾向があります。目安としては、1時間程度の映像の編集作業の場合、数十万円~数百万円程度というケースが多いです。映像のクオリティによっては、もっと高くなることもあります。特に映画の場合、特殊なコンピューターグラフィックスで加工することもあり、数億円~数十億円になるケースも存在します。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)