ドイツ語翻訳の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のドイツ語翻訳のお仕事依頼一覧となります。インスタグラムやWEBコンテンツなどからドイツ語を翻訳するお仕事一覧です。ドイツでのニュース記事や今流行っていることを翻訳するお仕事も多数あります。ご応募お待ちしております。

\ 1,000~
納期:最短即日納品、平均12日程度

ライティング(記事作成代行)・翻訳の発注方法

案件登録
案件登録

まずは案件登録をしましょう。案件登録をすると仕事一覧に表示されワーカーを募集できます。プロジェクト方式であれば、募集までは無料ででき、詳細など相談しながらすすめることができます。

ワーカー選定・仕事スタート
ワーカー選定・仕事スタート

応募が集まったらワーカーを精査し、選定します。見積り額だけでなくプロフィールなども参考しましょう。依頼したいワーカーの参加申請を承認するとエスクローが発生し、仕事もスタートします。

検収・納品完了する
検収・納品完了する

納品されたら成果物を確認し問題が無ければ検収OKとします。納品物を採用した時点で事前にエスクローしていた報酬がワーカーへ支払われます。相手を評価して取引終了となります。

指定した条件に該当するお仕事が見つかりませんでした。検索条件を変更して再度検索して下さい。

ドイツ語翻訳の仕事

ドイツ語翻訳の仕事とは、ドイツ語で書かれた文章を適切な表現の日本語にしたり、逆に日本語で書かれた文章を適切な表現のドイツ語にする仕事です。翻訳の仕事には大きく分けて文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳があります。具体的にはドイツ語からの翻訳チェック・校正、個人や企業ホームページの翻訳、ビジネスシーンでのやりとりに使われる文書をドイツ語に翻訳するなど、様々な仕事があるようです。ドイツ語は以前と比べて需要が少なくなっているという見方もあるようですが、その高い経済力から日本企業が数多く進出しており、スイスやベルギー、オーストリアの公用語でもあることから、ドイツ語翻訳の仕事の需要はいまだに高いと言っていいでしょう。

ドイツ語翻訳に必要なスキル、コツは

ドイツ語翻訳の仕事をするときは、日本語とドイツ語の両方のライティングスキルを磨くことが要求されます。つまり、ドイツ語を日本語に翻訳するときには日本語の文章力、日本語をドイツ語に翻訳するときにはドイツ語の文章力が求められるということです。契約書やマニュアルの翻訳をするときだけでなく、ビジネスで使われる文書の翻訳をする場合でも伝わりやすい適切な文章作成をすることが大切です。ただ日本語に訳すだけでは全体として伝わりづらい文章になってしまったり、翻訳した文章が原因でビジネス上での重大なトラブルに発展して大きな損害を出してしまう可能性もあります。そのため、正確な翻訳をするためのスキルを磨いていく必要があるでしょう。

ドイツ語翻訳の費用感

ドイツ語翻訳の仕事では翻訳会社によって様々な料金体系が設けられていて、専門的な分野になるほど料金が高くなることが多いです。多くの場合は原稿カウント制でドイツ語1ワード(日本語は1文字)単位につき15円から30円程度となっています。ビジネス文書や技術文書、契約書・特許の公的書類などによって細かく料金が分けられていたり、場合によっては1ページ(日本語400字、ドイツ語200ワード)あたり4000円などの出来高制となっていることもあります。料金は高くなりますが、翻訳会社によっては複数の翻訳者によるチェックやネイティブ翻訳者による校正をしてもらえたり、DTP編集サービスが用意されていることもあるようです。

会員登録をしてクラウディアをはじめる(無料)