筆耕の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中の筆耕の仕事依頼一覧となります。筆耕は招待状などの宛名や住所、案内看板を毛筆で代筆することです。毛筆を頻繁に使う方や、毛筆書写検定の有資格者など実務で活かせるスキルを持つ方に紹介可能です。依頼者の希望に沿って、書写できる方も取り組めます。

もっと見る

筆耕の仕事とは

筆耕は、筆で文字を書いて報酬を得る仕事です。筆耕は学校で教わる書道とは異なる「ビジネス書道」の分類され、具体的な仕事の依頼としては結婚式などの招待状の表書きや席札、卒業証書などの賞状、のし、命名書、目録などがあります。パソコン印刷が主流となっている現在ですが、まだまだ温かみのある手書きが求められる場面は多く、筆耕の需要は多くあります。筆耕の仕事をするためにはきれいな字が書けることが大前提であり、誰でもできる仕事ではありません。また、筆耕の仕事をするのであればひたすらに文字を書き続けなければいけません。筆耕をメインの仕事にするのであれば、文字を書くのが好きであるということが何よりも重要だといえます。

筆耕に必要なスキル、コツは

筆耕の仕事は、少し字がきれいというだけでは通用しません。報酬を得られるだけの美しい文字を書くのは職人技であるため、スキルを上げるためにはコツコツと練習する必要があります。筆耕の仕事は多岐にわたりますが、その中でも基本となるのが賞状を書く仕事です。賞状を書くスキルを身に着けることで筆耕の仕事に不可欠な細字のスキルもマスターすることができるため、仕事の幅がぐっと広がります。5㎜ほどの小さな文字もきれいに書けるように、しっかり練習しましょう。また、似たような案件であっても同じ文字や文章を書くということはあまりありません。どのような文字やレイアウトでも対応できるようにするために、地道に経験を積んでいきましょう。

筆耕の費用感

会社で正社員として雇われて筆耕の仕事をするケースはあまり多くはなく、派遣やアルバイト、あるいは在宅ワークで仕事をすることが一般的です。そのため、こなした案件の数に応じて報酬が支払われることになります。仕事の単価としては、名入れの場合は1枚50円~数百円、ペン書きのあて名書きでは1枚20~30円、毛筆のあて名書きでは1枚40~60円が相場となっています。また、出張して全文を筆耕する場合には日給で1万円ほどが支払われます。筆耕で生計を立てるためには多くの数をこなす必要がありますが、力を入れて文字を書き続けると腱鞘炎になってしまうことがあります。そのため、多くの案件をこなすためには力を入れすぎずに文字を書くコツをつかむことも重要になります。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)