クラウドソーシング型
ビジネスマッチングサービス。

ライティングからシステム開発まで
Craudiaでは様々なお仕事の依頼・受注ができます。

Craudiaではお取引額に応じた手数料を、ワーカー様から頂いております。そのため万が一お取引が成立しなかった場合、
クライアント様はご利用料金が一切掛かりません。

※オプション機能を利用した場合、別途料金が発生します。

会員登録無料

新規会員登録

下記のメールアドレスに認証メールを送ります。

外部アカウントでもログインOK!!

シーンで選べる多彩な取引方式

  • タスク方式

    多くの成果物を大量に採用する方式です。アンケートやライティングに向いています。

  • コンペ方式

    多くの成果物の中から、優れた物を採用する方法です。ロゴ作成などデザイン的な仕事に向いています。

  • プロジェクト方式

    見積や計画など希望にあったワーカーと取引する方法です。中長期にわたって進める仕事に向いています。

  • 時間制方式

    時間に対して報酬を支払う(時給)方式です。作業時間の修正は専用のアプリで行います。

過去事例

  • 記事作成募集

    1記事600文字

    240円/記事

    83納品

    10日間募集

  • アイデア募集

    キャッチコピー考案

    30,000

    172提案

    10日間募集

  • デザイン募集

    コーポレートロゴ作成

    40,000

    74提案

    14日間募集

  • Webサイト構築

    コーポレートサイト作成

    ~50,000

    8提案

    30日間募集

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、「不特定多数の群集(crowd)に業務委託する(sourcing)」という意味であり、この2つの言葉を組み合わせた造語「crowd+sourcing=crowdsourcing(クラウドソーシング)」を指します。インターネット上で、発注者側であるクライアントと受注者側の不特定多数の作業者(ワーカー)をマッチングするサービスです。

ある一定のプロセスを委託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)に対し、クラウドソーシングは1記事数百円といった単位(マイクロタスク)での取引ができるため、主婦層のお小遣い稼ぎや、副業、内職、在宅ワークといったライトなイメージでも人気が高まっています。

海外ではクラウドソーシングの歴史は意外に古く、1990年代の終わりごろに米国で発祥したと考えられています。発祥当初のクラウドソーシングとは主に開発よりの案件が多く取引されていましたが、昨今ではアンケートやライティング、翻訳、デザイン、ロゴ作成、事務作業と多岐にわたる仕事の需要も増えています。 クラウドソーシングが日本に上陸したのは、2000年代半ばとされ、2011年の東日本大震災により在宅ワークやテレワークといった雇用形態に注目が集まるとともに、日本におけるクラウドソーシング市場も急速に拡大しています。

クライアントとワーカー間での報酬の支払いの際に、トラブルがおきないよう、前もって発生すると予想される金額を一時的に担保するエスクロー(仮払い)制度など充実しており、ユーザーが安心して取引できる環境が整っていることも大きな特徴です。

このようにクラウドソーシングとは新世代のワークスタイルであり、インターネットの繋がる環境とPCさえあれば、場所や時間に制限されることなく、自由に仕事をすることができます。

今後、主婦層や学生の副業・内職・在宅ワークの支援として、また、企業とプロの技術者やフリーランスのマーケットプレイスとして、広く普及していくことは間違いないでしょう。

今すぐ会員登録(無料)
close

多才なワーカー集結で求めるスキルがココにある!小額から仕事が頼める!

自由な時間に仕事ができる!クラウドソーシングならクラウディア!