ソフトウェア・業務システム開発の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のソフトウェア・業務システム開発の仕事依頼一覧となります。顧客管理システムやグループウェア、スケジュール管理ツールなど、様々なソフトウェア・業務システム開発の仕事を募集中です。ソフトウェア開発経験がある方をお待ちしています。

もっと見る

ソフトウェア・業務システム開発の仕事とは

ソフトウェア・業務システム開発の仕事とは、業務で使用するソフトウェアやシステムなど作る仕事です。クライアント企業の業種によって必要とされるソフトウェアや業務システムは異なります。そのため、顧客企業の業種が違えば、開発対象のソフトウェアや業務システムもかなり違ってくるでしょう。同業種であれば、オープンソースソフトウェアなどを用いて似たソフトウェアや業務システムを作る場合も多いです。例えば、金融系の企業であれば、顧客の資産を管理するシステムを作ります。製造業であれば、製造工程を管理するためのシステムを作ることが多いです。商品の受発注を管理するシステムや人事管理を行うためのソフトウェアを作る場合もあるでしょう。

ソフトウェア・業務システム開発に必要な資格・スキル

ソフトウェア・業務システム開発では、顧客との打ち合わせや折衝などを行う機会が意外と多いです。そのため、ソフトウェアや業務システムを作るのに必要となる技術的な知識だけでなく、コミュニケーション能力も必要になります。顧客企業の要求を汲み取るためには、顧客企業の業種に関してある程度の知見が必要です。そして、マネジメントスキルが求められます。技術的な面に関しては、開発対象のソフトウェアやシステムのによって異なります。業務システムではサーバーを扱うことが多いため、サーバーに関する知識が必要になります。サーバーでは、LinuxやUNIXなどのOSを使用するため、それらのOSに関する知識も必要です。ネットワークを扱う場合には、ネットワーク機器の構成に関する知識が求められます。

ソフトウェア・業務システム開発の仕事の流れ

ソフトウェア・業務システム開発では、最初に顧客企業へのヒアリングを行います。どんなソフトウェアや業務システムが必要なのか把握し、見積もりを提示し、契約を締結すると、次は要件定義です。要件定義では、どんなソフトウェア・業務システムを作るのか具体的に決まります。要件定義に基づいてソフトウェアや業務システムの設計を行います。設計はシステム全体の基本設計を行ってから、サブシステムを作るためのパッケージ設計、その後にプログラム設計という順番です。プログラム設計まで終えたら、プログラム開発を行います。一通り全てのプログラムが完成したら、テストを行わなければなりません。プログラム単位のテストから始まり、サブシステム、システム全体という順番でテストしていきます。不具合箇所が見つかったら修正を行い、それが終わると運用テストです。運用テストで問題がなければ、クライアントに納品します。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)