スクレイピングの仕事・依頼

現在募集中のスクレイピングの仕事依頼一覧となります。クラウディアではWebスクレイピングやWebデータ抽出、クローリングの仕事を募集中です。ウェブサイトをクロールして情報の取得・収集する技術をお持ちの方や、スクリプト言語に詳しい方は必見ですよ。

もっと見る

スクレイピングの仕事とは

スクレイピングの仕事とは、インターネット上に存在する情報を収集して加工する内容の仕事です。インターネット上の情報を収集するという点では、クローリングとよく似ていますが、情報の加工まで行う点で異なります。情報を加工することで、新たな価値を生み出すというわけです。マーケティングなどでもよくスクレイピングが行われています。例えば、ネットオークションで出品されている特定の商品の落札価格を一覧にするようなことが挙げられます。特定のWebサイトに使われている画像のみを一括でダウンロードするようなこともスクレイピングです。ブラウザでWebサイトにアクセスして手動で情報収集や加工をすることも可能ですが、かなり時間がかかってしまうでしょう。スクレイピングなら効率的に情報収集や加工が行えます。

スクレイピングに必要な資格・スキル

スクレイピングではPythonというプログラミング言語を使用することがほとんどです。 スクレイピングの仕事をするのであれば、Pythonのスキルを身に付けなければなりません。 また、スクレイピングでは、Webサイトから集めた情報を加工するため、Webサイトの構造について理解できるだけの知識が必要です。 WebサイトはHTMLやCSS、JavaScriptなどで作られているので、これらの基礎的なスキルが求められます。 JavaScriptはjQueryというライブラリーを使って作られることも多いため、jQueryのスキルも備えておくといいでしょう。 また、取得した情報を使って作業を自動化するためにはコマンドラインを扱えなければなりません。 クラウド上でプログラムを実行するのであれば、GTIに関する知識も使います。

スクレイピングとAPIの違い

アプリやWebサイトなどでは、APIを利用することで、外部のサービスからデータを取得しているケースも見られます。 この仕組がスクレイピングとよく似ているでしょう。 しかし、APIの場合には情報を集めるというよりは、情報を持っている側から提供してもらうという点で異なります。 情報の提供側は、提供先で他のサービスを行う際に利用されることを承認しているのです。 これに対して、スクレイピングでは特にそのような事情はなく、単に公開されている情報を収集します。 APIと異なり、Webサイト側では特に開発者向けにデータを提供しているわけではありません。 APIが提供されているのであれば、スクレイピングよりも、APIを利用した方が楽に情報収集できます。 スクレイピングはAPIの提供をしていないWebサイトから情報を収集する際に行うものです。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)