フランス語翻訳の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のフランス語翻訳のお仕事依頼一覧となります。SNSやWEBコンテンツなどからフランス語を翻訳するお仕事一覧です。フランスでのニュース記事や今流行っていることを日本語に翻訳するお仕事も多数あります。ご応募お待ちしております。

もっと見る

フランス語翻訳の仕事

フランス語翻訳の仕事とは、フランス語で書かれた文章を適切な表現の日本語にしたり、逆に日本語で書かれた文章を適切な表現のフランス語にする仕事です。翻訳の仕事には大きく分けて文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳があります。具体的に例を挙げると、書籍の翻訳や飲食店のメニューの翻訳などの様々な仕事があるようです。フランス語は、国連をはじめ、スイスやアフリカ、カナダなどの公用語です。さらに世界の国々の第二外国語でもあるため、フランス語翻訳の仕事にはそれなりの需要があると言えます。近頃はコンピュータによる自動翻訳もできますが、コンテキストに応じた文章が求められる場合には、まだまだ人の手による翻訳には需要があるでしょう。

フランス語翻訳に必要なスキル、コツは

フランス語翻訳の仕事をするときは、翻訳先の言語でわかりやすく伝えるためのライティング力が要求されます。つまり、フランス語を日本語に翻訳するときには日本語力、日本語をフランス語に翻訳するときにはフランス語力が求められるということです。契約書やマニュアルの翻訳をするときはもちろん、ビジネスで使われる文書の翻訳をする場合でも、ただ訳すだけでは全体としてわかりづらい文章になってしまったり、その翻訳が原因で重大なトラブルに発展してしまう可能性もあります。そのため、翻訳をする文章の分野を確認しておくことが大切です。ときにはフランス語の語学力を磨くだけでなく翻訳をする文章の内容についてリサーチを進める必要もあります。

フランス語翻訳の費用感

フランス語翻訳の仕事は、翻訳会社によって様々な料金体系が設けられています。料金は翻訳会社によって異なり、いくつかのパターンがあります。多くの場合は原稿カウント制となっていて、フランス語1ワード(日本語は1文字)単位で計算されます。フランス語の場合は15円から30円程度と様々で、技術や法務などの専門知識が必要な分野になると高い単価となり、急ぎの場合には割増料金が用意されていることもあります。他にも、1ページ(日本語400字、フランス語200ワード)あたり4000円程度の単価設定がある出来高制を選べることもあるようです。また、ビジネス文書、技術文書、契約書・特許などの文書によって料金が分けられていることもあります。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)