プロジェクトマネジメント・要件定義の仕事・依頼

現在募集中のプロジェクトマネジメント・要件定義の仕事依頼一覧となります。クラウディアではプロジェクトのマネジメント・要件定義をする仕事を募集中です。あなたのプロジェクトマネージャーとしての経験を活かして、一覧にある様々な業務の対応をお願いします。

もっと見る

プロジェクトマネジメント・要件定義の仕事とは

プロジェクトマネジメントの仕事は、担当するプロジェクトの全体を把握し管理することです。プロジェクトにおいて非常に大きな役割を果たします。プロジェクトマネジメントの仕事は多岐にわたりますが、中でも大きな比重を占めるのが要件定義です。要件定義とは、開発するシステムに関する概要を決めることを指します。実装する機能などの大枠を決め、これからどのようなシステムを作るのかイメージできるようにします。要件定義を行うためには、クライアント企業の担当者と面談やヒアリングを行わなければなりません。クライアントの要求を汲み取り、それを要件定義に反映させます。予算やスケジュールなども、要件定義の段階でクライアントと折衝して決めます。

プロジェクトマネジメント・要件定義に必要な資格・スキル

プロジェクトマネジメントの仕事をするには、業界に関する知識を身に付けておく必要があります。あまり深い知識を求められることは稀ですが、幅広い知識が必要です。ITスキルに関しても、特定分野の深い知識よりも広く浅い知識が求められます。また、コミュニケーション能力やリーダーシップ、スケジュール管理、予算管理などスキルが必要です。資格は、情報処理推進機構が実施しているプロジェクトマネージャー試験を取得しておくといいでしょう。IT資格の中ではかなり難関の部類に入りますが、プロジェクトマネージャーとして必要なスキルがあることを示せます。要件定義に関しても、求められるスキルはプロジェクトマネジメントの仕事と大部分共通します。とりわけヒアリング能力や立案能力が重要でしょう。

プロジェクトマネジメント・要件定義の仕事の流れ

要件定義はプロジェクトにおいて、最初の段階で行われる仕事です。上流工程と呼ばれることもあります。要件定義では、まずはクライアント企業と打ち合わせを行い、クライアント企業の要求を汲み取ります。次にそれを要件定義書に落とし込み、どのようなシステムを作るのか、大枠を決めていフェーズです。そして予算やスケジュールなどを決めます。ここまでが要件定義です。次に基本設計を行い、それを元にして詳細設計を行います。詳細設計まで終わると、具体的に必要なプログラムが決まるので、プログラマーに仕事を割り当てて、制作を進めるフェーズです。各プログラムが完成したらテストを行い、不具合箇所を修正します。最後にクライアントに納品するという流れです。プロジェクトマネジメントの仕事では、こうした一連の流れを管理します。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)