写真・カメラ撮影の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中の写真・カメラ撮影の仕事一覧です。WEBサイトや紙媒体のものを中心に載せるための写真撮影の仕事になります。閲覧者の印象に残るような写真撮影ができる方が取り組めます。撮影する角度や明るさ、影などを効果的に考えられる方が向いています。

もっと見る

写真撮影の仕事とは

写真撮影とは、芸術や広告・宣伝のために商品や風景・人物などを撮影する仕事です。大きく分けて、芸術目的の写真撮影と商業目的の写真撮影の2種類が存在します。芸術目的の写真撮影については、生活費を稼げるのはごく一部のフォトグラファーのみとなります。商業目的の写真撮影であれば、様々な写真撮影の需要が存在するため、一定レベルの撮影スキルがあれば安定的に仕事を獲得することが可能です。商業写真といっても、報道写真、商品を撮影する「物撮り」、モデルを撮影する「人物撮り」など多種多様なジャンルが存在し、それぞれ必要とされるスキルが異なります。写真撮影を専門にしている業者が存在しますが、最近ではクラウドソーシングサイトでの受発注も盛んになっています。

写真撮影に必要なスキル、コツは

写真撮影に必要なスキルとしては、まずカメラやスタビライザー、照明といった撮影機材の操作方法に習熟することが挙げられます。特に、一眼レフのカメラは素早い動きの物体や暗い場所での撮影にも適しているため、その操作に習熟すべきでしょう。それに加えて、人物が撮影対象の場合は、適切にコミュニケーションを図ってリラックスさせる能力も重要となります。写真撮影のコツとしては、撮影対象を中心に捉え、ピントを合わせ、適切な明るさで明瞭に撮影することが挙げられます。特に、高速で動く物体を撮影する場合、一瞬のチャンスを逃さないために精神を研ぎ澄ませておく必要があります。また、人物を撮影する場合は、冗談を言ったり、世間話をしたりして、良い表情が出るように気を遣いましょう。

写真撮影の費用感

写真撮影の相場は、撮影内容によって大きく異なります。撮影対象物、場所、アシスタントの有無など様々な要素に左右されます。おおよその目安として、専用スタジオで「物撮り」をする場合は1カット(何枚か撮影し、その中から1枚選ぶ)につき数百円~数千円程度が相場となっています。また、専用スタジオで証明写真や七五三、結婚記念、宣材などの「人物撮り」をする場合は、1カットにつき数千円以上が相場となっています。なお、衣装代は含みません。アシスタントが必要な場合は、人件費が上乗せされます。報道写真の場合、撮影内容によって価格が大きく異なり、スクープ写真を撮影すれば数百万円以上の値段が付くこともあります。芸術写真は、購入者の感性に左右される部分が大きく、相場というものは存在しません。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)