データベース設計・構築の仕事・依頼の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のデータベース設計・構築の仕事依頼一覧となります。商品データベースなどの様々なデータベース設計・構築の仕事を募集中です。データベース管理システムの設計や構築経験者、データベース言語のスキルがある方、スタートしてみませんか?

もっと見る

データベース設計・構築の仕事とは

データベース設計・構築の仕事は、新たにデータベースを作るときに必要になる仕事です。 最初にどのようなデータベースを作るのかはっきりさせなければなりません。 経営陣やマーケティング担当者、商品開発担当者などと打ち合わせや折衝を行う機会が多いです。 そして、データベースの仕様を決めるのがデータベース設計です。 設計に合わせて、必要なソフトウェアを作ったり、データを出し入れできる環境を整えるのがデータベース構築です。 ITを活用する上でデータベースは欠かせません。 データベースはデータを保管しておく倉庫のような役割を果たしており、必要なときにデータを効率よく取り出せるようにして作ります。 特にビッグデータを取り扱う場合においては、データベースの重要性は高いです。

データベース設計・構築に必要な資格・スキル

データベースの設計・構築の仕事をするには、RDBMSを使いこなせるだけのスキルが必要です。主なRDBMSとしては、Access、Microsoft SQL Server、Oracleなどがあります。また、データベースの設計においては、クライアント企業の担当者と話をする機会が多いため、高いコミュニケーション能力が必要です。クライアントの要求を反映させるためには、論理的思考力も重要でしょう。資格に関しては、情報処理推進機構が実施するデータベーススペシャリスト試験が有用です。かなり難易度が高い資格であるため、データベースに関する高いスキルを証明できます。ワンランク下の応用情報技術者試験や、そのさらに下の基本情報技術者試験から順番にステップアップして取得する人も多いです。他にOSS-DB技術者認定試験やオラクルマスターなども取得しておくといいでしょう。

データベース設計・構築の費用感

データベースの設計や構築を依頼するのにかかる費用の相場は、小規模なシステムなら80万円程度です。概ね1ヶ月程度で完成します。小規模というと、主に税理士や弁護士などの事務所をイメージするといいでしょう。顧客管理や帳票出力などを行うことができます。データ量としては数百件くらいです。もっとデータ量を多く格納したい場合には、100万円程度かかります。見積もりを出したり請求書の出力や入金などの業務管理システムも備え付ける場合には、備え付ける機能により費用も変動します。小規模でも機能が豊富だと、80万円で収まらないケースも出てくるでしょう。BtoB系の業務を行っている企業であれば、100万円はかかるものと捉えておくのが無難です。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)