Webディレクションの仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のWebディレクションの仕事依頼一覧です。Webサイトを構築する様々な製作スタッフを取りまとめるリーダーとなる、Webディレクションの仕事を募集しています。業務を円滑に進めるWebディレクターとして貢献できる方は対応が可能。

もっと見る

Webディレクションの仕事とは

Webディレクションとは、webディレクターのことでWeb業界のプロジェクトを指揮監督し管理する人のことです。Webディレクターはスケジュールの進行管理・コンテンツの品質管理・プロジェクトメンバーの選定・クライアントとスタッフの調整などが主な業務となります。Webデザインやマーケティングのスタッフをまとめるためにも、Webディレクターに必要な能力は各案件のスケジュール管理やクライアントとの打ち合わせを十分にすることです。WebプログラマーやWebデザイナーなど、Webに関わるスタッフたちを指揮してクライアントの希望するコンテンツを作り上げていくことが役割となります。他にもクライアントへコンテンツの企画や提案を行うWebプランナーを担う役割もあります。主に企画書作成から取材・撮影などを行う場合もあります。

Webディレクションの仕事の流れ

Webディレクションの仕事の流れとしては、まずはクライアントと打ち合わせをしてどんな情報を発信してどんなことをしてみたいか、ということをヒアリングしその後製作スタッフの作業フローを決めていく流れとなります。また、サイトの目的によって必要になってくる流れが変わってくることも特徴の一つ。制作するのが「広告メディアサイト」の場合、満足度や話題性の高いコンテンツでページビュー数や広告枠の価値を上げる必要があります。これには、Webマーケティングに関する知識やセンスがWebディレクターには必要になってきます。「新規顧客獲得サイト」の場合、ユーザーにいかに問い合わせやサービス申し込みなどへ誘導していくかが必要になってきます。これには、ユーザーに利用しやすいコンテンツやサービス内容に特化したサイトを作り上げることから始まります。それぞれの各サイトでの目的を確認したらスタッフと一緒に作業を進め指揮していくと同時に、クライアントとの打ち合わせや変更点も調査する交通整理を行います。

Webディレクションの費用感

Webディレクションの費用とは、「見積もり金額に応じて変化してくるパターン」と「ディレクション作業が必要な日数に応じて変動するパターン」の2種類が特徴となっています。見積もり総額の10%~30%がディレクション費となります。例えば制作費が100万円だとすると、その制作費の10%~30%を追加した分がディレクション費用となります。また、ディレクション作業が必要なパターンでは、Webディレクターの1日あたりの単価に対して、作業に必要な日数をかけて費用を出す方法もあります。これはディレクターの1日あたりの単価×作業に必要な日数がディレクション費となります。例えばディレクターの1日あたりの単価の相場は4~6万円となります。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)