サーバー管理・保守の仕事・依頼

現在募集中のサーバー管理・保守の仕事依頼一覧となります。クラウディアではネットワークを常に安定して稼働させるために必要なサーバー管理・保守の仕事を募集中です。快適にサービスが利用できるサーバー運用、トラブル発生時の復旧対応ができる方はご応募ください。

もっと見る

サーバー管理・保守の仕事とは

サーバー管理の仕事は、サーバーが正常に稼働し不具合が発生することなく使用できる状態を保つために行う仕事です。 サーバーが止まってしまうと、そのサーバーを利用して提供されているサービスも全て止まってしまいます。 業務システムであれば業務が滞り、ネットサービスであれば利用者が困惑してしまうでしょう。 サーバー管理の仕事を行う人がいることで、そのような状況を防止し、システムを快適に利用できます。 また不具合が発生した場合に、復旧作業やデータのバックアップなどの対応を行うのがサーバー保守の仕事です。 万が一サーバーに不具合が生じてしまっても、すぐに復旧できるのは、サーバー保守の仕事をしている人がいるためです。 いずれも、既に構築が終わり稼働を始めた後のサーバーを対象として行います。

サーバー管理・保守に必要な資格・スキル

サーバー管理・保守の仕事をするには、サーバーOSに関する知識が必要です。 サーバーに使用されるOSは通常のパソコンで一般的に使用されているOSとはやや異なります。 主にLinuxやUNIX、Windows ServerなどのOSがServerに使われていることが多いです。 これらのサーバーOSのうち全ての知識が必要というわけではありませんが、最低でも1つに関しては、知識を身に付けておきましょう。 また、コンピュータアーキテクトの知識も必要です。 普段の使用でどの程度の負担がかかっているのか、どのくらいまでの負担なら耐えられるのか、把握できなければなりません。 負担状況に応じて設定の変更などを行うこともあります。 資格はLinux技術者認定資格やマイクロソフト認定プロフェッショナルを取得しておくと有利です。

サーバー管理・保守の費用感

サーバー管理・保守の費用感は、サーバーの構築にかかった費用を基準にして考えると分かりやすいです。 1年間のサーバー運用・保守費用の相場は、サーバー構築にかかった費用の約15パーセント程度と捉えておくといいでしょう。 100万円かけて構築したサーバーであれば、1年間で約15万円の維持費がかかります。 15パーセントを大きく超えるようであれば、高いと言えるでしょう。 ただし、サーバーの用途やスペックなどによっても、相場にやや差が出る場合もあります。 スペックの高いサーバーや、負担がかかりやすい利用環境の場合には、相場よりもやや高くなってしまうかもしれません。 トラブル発生時の対応方法などによっても、費用に差が出る場合が多いです。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)