アプリケーション開発 (スマホ含む)の仕事・依頼

現在募集中のアプリケーション開発の仕事依頼一覧となります。クラウディアでは様々なアプリケーション開発 (スマホ含む)の仕事を募集中です。PC用だけでなく、スマホ用のアプリ開発者も対象です。これまでのスキルを元にアプリケーションを開発してください。

もっと見る

アプリケーション開発 (スマホ含む)の仕事とは

アプリケーション開発の仕事とは、パソコンにインストールして使用するソフトウェアや、ブラウザ上で動作するWebアプリケーションを作る仕事です。また、スマホアプリを作る仕事も含まれます。他に企業などで使用する業務アプリケーションを作る仕事も多いです。開発したアプリケーションにより、業務効率がアップすることがあれば、大きなやりがいを感じられるでしょう。アプリケーション開発の仕事で必要となるスキルは、開発対象のアプリケーションにより異なります。主にHTMLやCSS、JavaScriptといったWeb系の言語は使用する機会が多いです。他にJavaやC言語、C#、C++、Objective-Cなどのプログラミング言語の知識が求められます。また、アイデア力や提案力、デザインなどの能力が必要になる場面も多いです。

アプリケーション開発 (スマホ含む)の仕事の流れ

アプリケーション開発の手法は、ウォーターフォール開発とアジャイル開発の2つに大きく分かれます。ウォーターフォール開発では、最初にアプリ全体に関して企画を作り要件定義を行います。後で変更しなくても済むように最初の段階でしっかりと決めておかなければなりません。予算や工期なども要件定義の段階で決定します。要件定義の後は、外部設計、内部設計の順番に進め最後にテストを行います。テストで発見したバグの修正などを行うと完成です。アジャイル開発では全体に関しての企画や要件定義を行うのではなく、部分部分で行い少しずつ作って行きます。必要に応じて改善を重ねながら小さなサイクルを繰り返して徐々に完成に近づける仕組みです。

アプリケーション開発 (スマホ含む)の費用感

アプリケーション開発の費用感は、アプリケーションのタイプによって大きく異なります。一般的な業務アプリケーションであれば、50万円から300万円程度でできることが多いです。通販サイトなどで使用するショッピングカート系であれば、100万円から300万円程度かかります。SNS位置情報系のアプリケーションだとやや高めで、500万円から1,000万円程度です。ゲームアプリも高めで、300万から1,000万円程度が相場でしょう。具体的な料金は、「人件費×開発期間(月)」を基準にして決めることが多いです。1ヶ月の人件費は下請けの個人プログラマーで40万円から60万円程度かかります。システムエンジニアなら初級者で60万円から100万円程度、上級者で100万円から160万円程度です。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)