スペイン語翻訳の仕事・依頼

クラウディアで現在募集中のスペイン語翻訳のお仕事依頼一覧となります。ツイッターやWEBコンテンツなどからスペイン語を翻訳するお仕事一覧です。スペインでのニュース記事や今流行っていることを翻訳するお仕事も多数あります。ご応募お待ちしております。

もっと見る

スペイン語翻訳の仕事

スペイン語翻訳の仕事とは、スペイン語で書かれた文章を適切な表現の日本語にしたり、逆に日本語で書かれた文章を適切な表現のスペイン語にする仕事です。翻訳の仕事には大きく分けて文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳があります。具体的な例では、スペイン語圏のお客様に返信するためのメール業務やスペイン語に翻訳された漫画のチェック、ビジネスで必要とされるマニュアルを日本語に翻訳するなど、様々な仕事があるようです。ラテンアメリカとスペインのスペイン語には多少の違いはありますが、スペイン語は英語に次ぐ国際語で昨今の中南米の経済成長もあって注目が高まってきている言語です。このことからも、スペイン語翻訳の需要は増えていると言っていいでしょう。

スペイン語翻訳に必要なスキル、コツは

スペイン語翻訳の仕事をするときは、日本語とスペイン語の両方のライティング力が要求されます。言い換えると、スペイン語を日本語に翻訳するときには日本語の文章力、日本語をスペイン語に翻訳するときにはスペイン語の文章力が求められるということです。マニュアルや公的文書の翻訳をするときだけでなく、ビジネスで使われる文書の翻訳をする場合でも伝わりやすい適切な表現の文章を作成する必要があります。ときにはスペイン語の語学力を磨くだけでなく翻訳をする文章の持つ背景についてリサーチを進めることもコツと言えるでしょう。スペイン語に関係することだけでなく、いろいろな分野に興味を広げ、翻訳の仕事の専門性を高めていくことも大切です。

スペイン語翻訳の費用感

スペイン語翻訳の仕事には、翻訳会社の得意分野や原稿の種類によって様々な料金体系が設けられています。多くは原稿カウント制といって、スペイン語1ワード(日本語は1文字)単位で計算されることが多いようです。スペイン語の場合は15円から30円程度となっていて、学術系や法務などの専門知識が必要な分野になるに従い高めの単価となります。1ページ(日本語400字、スペイン語200ワード)あたり4000円などの出来高制、スペイン語からテープ起こしをした上での翻訳を依頼できることもあるようです。料金には複数の翻訳者によるチェックやネイティブによるチェックが含まれている場合もあるので、値段だけで比較するのは難しいです。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)