テスト・検証・デバッグの仕事・依頼

現在募集中のテスト・検証・デバッグの仕事依頼一覧となります。クラウディアではバグのないシステムを作るために必要なテスト・検証・デバッグに関する仕事を募集中です。テストやデバッグの経験がなくても、手順に従ってコツコツ進められる方ならスタートできます。

もっと見る

テスト・検証・デバッグの仕事とは

テスト・検証・デバッグの仕事とは、システムやソフトウェア、ゲームなどの不具合がないかどうかチェックする仕事です。 開発したシステムなどは、一通りできあがった後に、すぐに業務に使用することはできません。 ソフトウェアやゲームなどもすぐに商品としての販売はできず、完成前にテストを行うことになっています。 テストは不具合を発見するために行うものです。 業務などで使用される場面を想定して、実際にシステムを稼働させてみます。 不具合があれば、なぜ発生してしまったのか、どうすれば発生しないようにできるのか検証して修正を加えます。 この一連の作業がデバッグです。 これを何度か繰り返して、最終的に不具合がなくなれば、デバッグが完了したことになります。

テスト・検証・デバッグの仕事の流れ

テスト・検証・デバッグの仕事では、最初に正常な動作と不具合がある動作の基準を明確にします。 そして、テストを行う順番や方法などを決めてから、実際にテストを行います。 ゲームであれば、最初から実際にプレイしてみるというやり方を採るケースが多いです。 ソフトウェアであれば、一通りの機能を使用してみます。 想定通りにプログラムが動かない箇所があったり、おかしな挙動をする箇所があったりした場合にはエラーログを残しておきます。 そして、結果をまとめて文書化すればテストは終わりです。 次に不具合が見つかった箇所の検証を行います。 検証を行うことで不具合の原因が分かるため、その後にその原因を取り除くための作業を行うという流れです。

テスト・検証・デバッグの費用感

テスト・検証・デバッグの仕事の相場は1案件あたりで見てみると、30万円から60万円前後です。 機能が少なめのソフトウェアの場合には、もう少し安く済むケースも多いです。 逆に機能が豊富な業務システムなどの場合には、60万円を大きく超えることもあります。 ゲームの場合には、ゲーム内容の複雑さや長さによってもやや差があります。 また、発見された不具合の数や種類などによって、費用が高くなるケースも多いです。 発見さえすれば簡単に修正できる不具合もあれば、修正に手間と時間がかかる不具合もあります。 また、工数と人数を基準にして料金が決定されるケースも多いです。 その場合には、最初の段階で見積もりを取り内訳なども提示されます。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)