データクレンジングの仕事・依頼

現在募集中のデータクレンジングの仕事依頼一覧となります。クラウディアでは重複や誤り、表記ゆれを無くしてデータの品質を高めるデータクレンジング、またはデータクリーニングの仕事を募集中です。作業経験のない方でも細かい作業が得意な方なら対応できます。

もっと見る

データクレンジングの仕事とは

データクレンジングの仕事とは、データベースに保存されているデータの表記方法などを統一する仕事です。 重複しているデータを削除したり、内容が誤っているデータを修正したりすることもあります。 データの精度を向上させて利用しやすくするのがデータクレンジングの目的です。 例えば、企業名などをデータベースに保存する際には、株式会社を(株)で表記することがあるでしょう。 アルファベットが全角で表記されているものと半角で表記されているものが混在していることもあります。 住所や電話番号を記載する際にも、ハイフンの有無などで複数の表記方法が可能です。 そのようなデータの表記方法に統一性を持たせることで、データの汎用性を高めます。

データクレンジングの仕事の流れ

データクレンジングでは、最初にデータのプロファイリングを行います。 データが現在どのような状態にあるのか把握し、どう直せばいいのか方向性を見極めるための作業です。 そのためには、データの欠損状況や表記揺れの状況、不整合、重複などについて調べ上げます。 形式面だけでなくデータの正誤についても吟味しなければなりません。 次にどのように修正を加えるのか決めます。 表記揺れはどの表記方法に統一するのか、重複はどれを残すのかといったような具合です。 そして実際の修正作業に取り掛かります。 欠損データの補充や表記揺れの標準化、誤りのあるデータの内容修正などを先に行うケースが多いです。 その後に重複データを統合するという流れで行います。

データクレンジングの費用感

データクレンジングの費用感は、約10万件のデータが格納されているデータベースなら、20万円から25万円程度と捉えておくといいでしょう。 基本的にデータ量が多ければ、それに比例して料金も高くなります。 小規模なデータベースなら数万円程度で、データクレンジングを依頼できますが、何十万件ものデータがある場合には費用も数十万円になるでしょう。 また、料金の金額は基本料金プラス件数に応じた従量料金という形で決めるやり方が一般的です。 小さなデータベースの場合には、基本料金の比重が大きいため、データ量の割には高いと感じるかもしれません。 データ量が多い場合には、基本料金よりも1件あたりの単価を重視して決めると安く済みます。

会員登録をしてCraudiaをはじめる(無料)