記事作成バイトの仕事内容と稼ぎ方のコツ
「パソコン一台で手軽に稼げるバイトはないかなぁ」
「隙間時間を利用してお小遣い稼ぎできる仕事が欲しい」

近年、こんな方の注目を集めているのが記事作成のバイトです。

というのも、記事作成はパソコンさえあれば気軽に参入することが可能で、スキル次第で大きく稼ぐことも可能だからです。

では、記事作成のバイトにはどうすれば挑戦できるのでしょうか。

今回の記事では、記事作成バイトについて、種類や稼ぎ方のコツを紹介します。

  • そもそもどんな仕事なのか
  • いくら稼げるのか
  • 未経験でもできる仕事はあるのか

以上の内容を紹介します。

これから記事作成の仕事をしたい方の参考になる内容ですので、ぜひご一読ください。

記事作成バイトはどんな仕事?

まず、記事作成バイトの仕事内容を見てみましょう。

記事作成バイトの仕事内容は、その名のとおり「お金をもらって記事を書くこと」です。

一般的には「ライター」という呼び名の方が有名かも知れません。

具体的には、記事作成の仕事はどんな内容なのでしょうか。

この章では、記事作成バイトの仕事について以下の順に紹介していきます。

  • 記事作成バイトはどこに需要があるのか
  • 特に需要の高いジャンルは何か
  • 雇用形態はどうなるのか

一つずつ詳しく見ていきましょう。

記事作成バイトはメディアの運営者に代わって記事を作る仕事

結論から言うと、記事作成バイトは「メディアの運営者に代わって記事を書く仕事」です。

なぜ記事作成をわざわざ他人に依頼するのかというと、「メディア運営者は文章のプロではない」からですね。

個人の趣味のブログであれば、わざわざお金を払って記事執筆を頼む必要もありませんが、商業用のWEBメディアや企業サイトの場合、収益や集客につなげる必要があります。

特に「商品の販売」や「広告収入の増加」などの目的がある場合、「より分かりやすく、詳しい内容の記事」が必要になるため、社内で記事作成が素人の人間が書くのではなく、外注が利用されるのです。

「ライター」と呼ばれる執筆のプロに依頼するのはこういった理由があります。

なお、ライターを利用する媒体は雑誌からWEBメディアまで様々ですが、参入しやすく募集が多いのはWEBメディアやブログなどのWEB媒体です。

SEOライティングの募集が多い

ライターの仕事の種類は様々ですが、2019年4月現在、需要が高いのは「SEOライティング」の仕事です。

SEOライティングとは、特定のキーワードをGoogleなどの検索エンジンで上位表示するための対策を施した記事執筆のことです。

なお、記事作成の仕事は、他にもいくつかの種類があります。

書籍代筆 著者に代わって書籍の内容を文章化する
いわゆるゴーストライター
シナリオライター ゲームやアニメなどのシナリオ(脚本)を制作する
WEBメディアコラム執筆 WEBメディアへの寄稿記事の一つ
SEOより内容を重視されることもある
広告ページの作成 見込み客向けのセールスページの作成などを行う

近年WEBメディアが乱立しており、規模の大小に関わらず企業は自社サイトを持っています。

ライバルより上位に表示し集客を有利にしたいという需要から、SEOライティングの需要が高くなっているのです。

直接雇用より業務委託の仕事が多い

記事作成のバイトは、直接雇用より業務委託の仕事が多いです。

というのも、記事作成の案件は様々な事情から急に終了することがあるからですね。

「運営元の予算不足」や「記事の充足」など理由はケースバイケースですが、ある日突然「来月で終了します」と決定されることも多くあります。

継続が不安定であるという一面から、人員の調整が難しい直接雇用より、流動的に対応が可能な業務委託は好まれる傾向にあります。

直接雇用のアルバイトの求人もありますが、自社メディアを持っている会社が不定期に少数を募集している程度なので、メインの雇用形態は業務委託です。

記事作成バイトのメリット

他の仕事と比較して、記事作成のバイトにはどんなメリットがあるのでしょうか。

代表的な以下の二点を紹介していきましょう。

  • 実力次第で大きく稼げる
  • 分かりやすく伝えるスキルが身につく
  • パソコンさえ使えれば場所を選ばず仕事できる

一つずつ詳しく解説していきます。

記事のクオリティ次第で大きく稼げる

記事作成のバイトは「執筆記事のクオリティ」と「書く速さ」次第ではサラリーマンより稼ぐこともできます。

というのも、記事作成の仕事は「1本いくらの仕事を」「何本こなせるか」で収入が決まるためです。

例えば、単純に計算して「1本1万円」の記事を「1日2本」書き、「月に20日」働けば月に合計40万円の収入になります。

高単価の案件を獲得するには、営業力とクライアントからの信頼を得ることは不可欠ですが、上記は決して非現実的な数字ではありません。

スキルを磨けば高収入を狙えるのも、記事作成の仕事の魅力です。

分かりやすく伝えるスキルが身につく

記事作成のバイトでは、物事を分かりやすく伝えるスキルが身に付きます。

というのも、「分かりやすく伝えること」が記事作成の主な仕事だからですね。

記事作成のバイトでは、読者にスムーズにメッセージを伝える訓練ができます。

実生活でのコミュニケーションでも大いに役立つでしょう。

パソコンさえあれば場所を選ばず仕事できる

記事作成のバイトはパソコンさえあれば場所を選ばずに仕事できます。

  • 自宅で作業をしたい在宅ワーカー
  • カフェをはじめさまざまな場所で作業をしたいノマドワーカー
  • 隙間時間を活かして副業するサラリーマンやOL

などにも人気の仕事といえるでしょう。

さらに、文字さえ打ち込めれば仕事ができるため、入力スピードが速いのであればスマホでも仕事できます。

スマホでも大量の文章を書くことに抵抗感なく、パソコンのタイピングよりもスマホのフリック入力のほうがデータ入力スピード速い方におすすめです。

なお、記事作成とまではいかないかもしれませんが、アンケートモニターであれば、長文を書く必要がないため、スマホでの仕事も十分可能です。

記事作成バイトのデメリット

記事作成の仕事は非常に魅力的なものですが、一方でデメリットも存在します。

未経験から挑戦するのであれば、一通り頭に入れておきましょう。

記事作成バイトの代表的なデメリットは以下の三点です。

  • 最初のうちは激安案件で疲弊しやすい
  • クライアントとの相性に注意が必要
  • 完全出来高制の仕事が多い

一つずつ詳細を解説していきます。

激安案件で疲弊しやすい

未経験から挑戦する場合に注意が必要なのは、インターネット上に掲載されている「激安案件」を引き受けて疲弊することです。

報酬が安すぎていくら書いてもお金にならず、心理的に消耗してしまうリスクがあります。

「未経験歓迎」「初心者OK」として募集していることが多く、初心者は受注しがちなのですが、「仕事が欲しいから」というだけの理由で受注するのはおすすめできません。

どの程度が激安かは業務内容にもよりますが、1文字0.5円以下だと初心者でも警戒した方がよいでしょう。

「実績作りのため」「文章の添削をしてもらうため」と目的があれば良いのですが、「未経験OKだから」という理由だけで受注してしまうのは危険と言えます。

クライアントとの相性が悪いとスムーズに仕事が進まない

記事作成に限った話ではありませんが、「クライアントとの相性」次第では思うように仕事を進められないことがあります。

というのも、ライターとクライアントで仕事に対する希望が異なる場合、お互いの意思疎通がスムーズに行えないためです。

例えば、「スキルアップを優先し記事作成に集中したいライター」と「企画や運営の相談にも乗って欲しいクライアント」の場合はどうでしょうか。

企画の提出を求められたライターは「えっ、そんなことまで私がやるの?」と感じるでしょう。

一方、断られたクライアントは「一緒にメディアを作って行きたいのに、誠実に仕事をしない人だなぁ」と不満に思うかもしれません。

こういった事態は、どちらが悪いというものではなく「希望や進め方の合意」が取れていないことから発生します。

受注前に要望の聞き取りをし、作業範囲や求められる内容を確認するようにしましょう。

完全出来高制の仕事が多い

記事作成の仕事は、完全出来高制の案件が多いです。

というのも、記事作成の報酬は作成した原稿に対して支払われるため、「一本いくら」または「一文字いくら」という報酬形態になるからですね。

完全出来高制の報酬形態は、たくさん書くほどお金になるため必ずしもデメリットとは言えません。

しかし、初心者のうちは記事の作成にも時間がかかるため「こんなに働いたのにこれだけ?」と驚いてしまうかもしれません。

品質を維持しながら作成速度を上げることで収入は増加しますが、一般的なパート・アルバイトのように、時間給でお金をもらうことに慣れていると、最初は辛いと感じるかもしれません。

記事作成バイトは未経験者でもできる

記事作成バイトに取り組む際、気になるのが未経験者でも大丈夫かという点。

結論から言うと、記事作成バイトは未経験者でも挑戦可能です。

ただ、高い収入を得るためにはそれなりのスキルが必要になります。

この章では、未経験から記事作成のバイトをする際のポイントを以下の三点紹介します。

  • 未経験OKの仕事は多い
  • ジャンルによっては専門知識が必要
  • 高単価の案件に挑戦する際に必要なスキル

それぞれ順に確認していきましょう。

インターネットには未経験OKの仕事が多く掲載されている

インターネット上に掲載されている記事作成の仕事は、未経験OKなものも多いです。

そのため、記事作成が初めての人でも挑戦できます。

なお、未経験OKの仕事は報酬が低い傾向にあるので、記事作成の仕事に慣れてきたら高単価の仕事に挑戦するのがおすすめです。

専門的な記事はジャンルの知識が必要になる

記事作成の仕事そのものは未経験でも参入できますが、専門的な記事は全くの未経験では難しいです。

記事のカテゴリによっては、執筆する上で予備知識が必要になることがあります。

たとえば、新商品のサプリメントについて書く商品紹介記事を考えてみましょう。

医薬品や化粧品などは、商品の効能を消費者が誤解しないよう、「薬機法(薬事法)」という法律で広告の表記内容に規制が設けられています。

記事を作成する際は薬機法の知識が必須になるので、知識のない未経験者が挑戦するのは難しいでしょう。

例に挙げたものの他にも、予備知識がなければ記事を書けないジャンルは多く存在します。こういった案件に挑戦するのは、ある程度実績を積み、知識を勉強した後が良いでしょう。

高単価の案件にはリサーチ力と文章力が必須

高単価の案件に挑戦するには、正確な情報を調査する「リサーチ力」と、過不足なく知識を伝える「文章力」が必須です。

記事作成の仕事は正しい知識を分かりやすく伝えるのが目的であり、高単価の案件ほど求められる基準は厳しくなります。

「正確な情報」の定義は案件によって異なりますが、一般的には

  • 自分が体験したこと
  • 専門家の記名記事
  • 専門家の執筆した書籍
  • 国や官公庁のサイト
  • 研究機関の発表

などが対象となることが多いです。

高単価の案件では、以上のような情報を拾い上げ、知識の無い人でもわかるように優しくまとめる力が求められます。

記事作成バイトはいくら稼げるのか?

記事作成のバイトでは具体的にどの程度の金額を稼げるのでしょうか。

この章では、記事作成バイトの報酬の相場について、以下の三点に絞りご紹介します。

  • 未経験OKの仕事は1文字0.5円~1円程度
  • スキルアップすることで金額は増額する
  • 時給の場合1,000円~1,500円程度

一つずつ詳細を見ていきましょう。

未経験OKの仕事は1文字0.5円~1円程度が多い

未経験OKの仕事の場合、1文字あたり0.5円~1円程度の報酬のことが多いです。

一記事3,000文字の仕事であれば、1,500円から3,000円程度になります。

「思っていたより相場が安い…」と思う方もいるかもしれませんが、経験の浅いライターの記事は校正(記事のチェック・修正)に時間がかかるため、その分単価が安くなるのです。

クライアントによっては記事の修正点や改善点を教えてくれることもあるので、経験を積みステップアップするのに適しています。

スキルアップすることで1記事1万円以上も可能

スキルを向上させ記事の品質を高めることもできれば、記事の単価も上がっていきます。

仕事によっては一記事1万円以上稼ぐことも可能です。

高い執筆スキルを備えたライターは重宝されるので、報酬も相応の金額になります。

とはいえ、初めから高額案件に応募しても、未経験だと採用してもらえない可能性が高いです。

まずは焦らずにスキルを高め、質の良い記事を作れるよう訓練していきましょう。

時給の仕事は一時間1,000円から1,500円程度

完全出来高制の仕事と比べると数は少ないですが、記事作成は一部時給の仕事も存在します。

時給制の仕事の場合、業務委託でも直接雇用のアルバイトでも時給1,000円から1,500円くらいが相場になるようです。

なお、時給の仕事は多くの場合経験者のみの募集ですね。

時給の仕事に挑戦したい場合、まずは完全出来高制の仕事で実績を積むことをおすすめします。

記事作成バイトにおすすめの仕事の探し方は?

記事作成バイトの仕事はインターネットで探すのがおすすめです。

記事作成バイトの仕事はパソコンとインターネットがあれば完結することが多く、全国の募集に応募できます。

では、具体的にどんなサイトを見て仕事を探せばよいのでしょうか。

この章では、インターネットを使って記事作成バイトの仕事を探す三つの方法を紹介します。

  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • WEBメディアに直接問い合わせをする
  • SNSでライター募集を探す

それぞれ詳しく見てみましょう。

クラウドソーシングは業務委託の記事作成案件が豊富

クラウドソーシングサイトでは、記事作成募集が多く掲載されています。

クラウドソーシングとは、仕事を頼みたい企業や個人が、不特定多数のワーカーに対する募集を掲載できるサービスのことですね。

WEBメディアは外注ライターに依頼することが多いため、クラウドソーシングとは相性が良いのです。

クラウドソーシングサービスでは案件が公募されているほか、実績のあるワーカーには指名依頼が届くこともあります。

記事作成の仕事を獲得する窓口の一つとして活用できるので登録を検討しても良いでしょう。

ライターを募集しているWEBメディアへの営業もできる

WEBメディアによっては、メディアの中や運営会社の採用HPで記事作成の募集を掲載していることがあります。

メディアでライターを募集している場合は、メールなどで直接コンタクトを取ってみても良いでしょう。

なお、直接募集しているケースでは実績の提示を求められることが多いですね。

記事作成バイトの経験を積んだ方におすすめです。

SNSでライターの募集を探す

TwitterなどのSNSでも、ライターの募集をしていることがあります。

SNSのアカウントは応募者の人柄が分かりやすいため、記事作成バイトの募集でもしばしば利用されますね。

「#ライター募集」などハッシュタグをつけて募集していることがあるのでチェックしてみましょう。

なお、こちらも直接募集と同じく実績を要求されることが多く、未経験OKの仕事は少ないです。

提示可能な実績をいくつか作った後に挑戦してみてください。

まとめ

記事作成のバイトは、パソコン一台あれば未経験でも挑戦できる仕事であり、スキル次第では大きく稼ぐことも可能です。

未経験から記事作成のバイトをする場合、クラウドソーシングサイトで難易度の低い仕事から挑戦してみるのがおすすめです。

高単価の仕事は魅力的ですが、報酬が高い分それなりの実績と知識が要求されます。

まずは初心者向けの仕事に応募し、少しずつ慣れていくことから始めましょう。

関連記事

記事作成の副業って?どうやって始めるの?

記事作成の発注ってどうするの?注意すべきポイントは?

初心者向けSEO記事の書き方をやさしく解説

記事作成にオススメの便利ツール12選

初心者でもわかる記事作成のコツ!分かりやすい文章を書くために注意する点とは?