【事例から学ぶ】魅力的な記事タイトルを付ける7つの方法

星の数ほどあるWeb記事の中から読者に選ばれ、中身を読んでもらうためには、記事に優れたタイトルを付けることが必要不可欠です。

今回は具体例を通して、魅力的な記事タイトルの付け方を学んでいきましょう。

記事を読み終わる頃には、記事タイトルの付け方に悩むことはなくなっているでしょう。

読者を惹きつけるのが記事タイトルの役割

記事タイトルには、何より最初に「読者の関心を引く」という役割があります。

実際に記事を読む前に、内容に期待を持ってもらえるような、魅力あるタイトルを付けられたら理想的です。

記事作成において欠かせないタイトルの決定において、知っておくべきポイントは何なのかを考えてみました。

記事タイトルは大切な要素

結論からいうと、記事タイトルはウェブ記事においてとても大切な要素です。

検索エンジンやSNS、特定のメディア上を観ている人から記事タイトルをクリックしてもらって、初めて記事を読んでもらうチャンスが生まれるからです。

SEO面を意識して記事作成するなら、タイトルに必要なキーワードを盛り込むことで、SEO効果を期待できます。

例えば、「転職エージェント」というキーワードで、検索エンジンで上位表示したい場合、「転職エージェント」を取り入れたタイトルにしていきましょう。

【事例つき】魅力的な記事タイトルを付ける7つの方法

魅力的な記事タイトルを付ける7つの方法を、具体的な事例を交えて解説していきます。

以下、読者を惹きつける魅力的な記事タイトルには、主に7つの特徴です。

  1. 読者ターゲットが明確
  2. 何に役立つのかひと目で分かる
  3. 具体性がある
  4. 汎用性の高さが現れている
  5. 『つかみ』がある
  6. 読者に伝わりやすい表現
  7. 手短でコンパクトである

この章でサンプルとして挙げたような種類にこだわらず、ぜひ自分なりのタイトルを考えながら、読んでみてくださいね。

1.読者ターゲットが明確

まず、「どのような人に向けて書かれた記事なのか」の読者ターゲットが明確なタイトル付けを意識しましょう。

例えば、「初心者向けのブログの始め方」というタイトルからは、主にブログを始めたばかりの初心者を読み手として意識しているのが明確に伝わってきます。

「“初心者”と書くとブログ中級者以上には読んでもらえなくなって、読者を限定してしまうのでは?」と心配な人もいるかもしれません。

しかし、「ブログの始め方」と書くだけでは、あまりに内容が漠然としているため、読者にとっては、記事の内容について全く予想がつきませんよね。

結果として、ブログ初心者・中級者などレベルを問わず、誰にもクリックしてもらえず、「読んでもらえない記事タイトル」となる可能性が出てきます。

「これこそ私が探していた記事だ!」とターゲットを絞った記事タイトルをつけるのが、読者と作成側の両者にとって効率良いと言えます。

Web記事はクリックさせるのが目的ではなく、しっかり記事を読んでもらい、なにかしらのアクションを起こしてもらうために作っています。

たとえば、商品購入、サービス申し込み、などが挙げられます。

読者に記事の内容に期待を持ってもらえると、最後まで読んでもらいやすく、アクションもしてもらいやすくなりますよ。

2.何に役立つのかひと目で分かる

記事タイトルをぱっと見るだけで、「どのような問題を解決してくれる記事なのか」がすぐに分かることが大切です。

なぜなら、多くの読者は「なにかしらの問題を解決するための方法」を求めてブラウジングをしているからです。

記事タイトルを通して、具体的な問題解決を手伝ってくれると分かれば、内容を読みたくなりますよね。

例えば、単に「家を綺麗にする方法」とするよりも、「キッチンのシンクを綺麗にする方法」と具体的な場所やモノを書きましょう。

読み手にとって記事の内容をイメージしやすくなって、キッチンシンク掃除したい人を惹きつけやすいからですね。

回りくどい表現はせずに、単刀直入に「この記事は一体何に役立つのか」をタイトルだけでも明確にわかるようにしましょう。

3.具体的な数字を入れる

記事タイトルに、具体的な数字を入れるのもおすすめです。

なぜなら、具体的な数字を入れることで、読者が記事の内容に期待できる情報の量や効果を客観的に予想できるからです。

例えば、「ブログのアクセスを増やす5つの方法」というタイトルでは、5つという数字が入れることで興味をひけます。

少なくとも5種類の手法を学べることが読者に伝わることで、5つの方法を知りたいと考えるからですね。

他にも「サイトのアクセスを劇的に増やす方法」よりも、「サイトの1日のアクセスを10から1000に増やす方法」など数字を入れることで、現実的に聞こえますよね。

数字という客観的な指標をタイトルに盛り込むことで、読者にアピールできます。

さらには数字に合わせて固有名詞も含めると、よりイメージしてもらいやすくなります。

例を挙げると、「Wordpressのブログのアクセスを増やす5つの方法」という風に、Wordpressという具体的なCMS名をタイトルに盛り込むことで、Wordpressユーザーにピンポイントでアピールできます。

4.汎用性の高さが現れている

今すぐにでも誰でも簡単に試せるような、汎用性の高い内容と分かる記事タイトルも魅力的です。

なぜなら、多くの読者は「最小限の時間と手間での問題解決」を望んでいるからです。

例えば、「10分で完成!簡単おやつレシピ」というタイトルからは、10分という短時間で、かつ簡単にできるという即効性や簡易性が伝わり、多くの人を引きつけます。

即効性のあるテクニックや、簡略化された手順でできる内容なら、多くの人にとって役に立つ情報といえるでしょう。

5.『つかみ』がある

魅力的な記事タイトルには、キャッチコピーのように『つかみ』やインパクトのある表現が使われています。

タイトルに入れられる限られた文字数で読者の関心を引くためには、ただ情報を並べるだけではなく、パワーワードといわれる強い言葉や、印象的な表現を工夫して盛り込むことで観てもらえる確率が高まるからです。

以前、とある有名雑誌の編集者は、「見出しに『フック』を付けるかのように、つかみのある印象的な表現で、読者の関心を引くようにしている」と語っていました。

キャッチーなタイトルがなかなか思いつかないという人には、ネット上にあるタイトル自動作成ツールを使って、参考にしてみるのも一つの手です。

また、成功しているブログなどWeb記事の実例はもちろん、日常生活で目にするさまざまなキャッチコピーを意識してみると、とても勉強になります。

例えば、「無料でできる脳トレアプリ10選」には『無料』というパワーワードが入っていますし、「中華料理の知られざる秘密」には『秘密』という強い言葉が使われていて、興味をそそられます。

注意点としては、タイトルのインパクトを重視するあまり、誇張や偏った表現をするのは止めましょう。

記事を読んだ読者を失望させるだけではなく、掲載メディア自体の信用を落とす結果になりかねません。

クリックさせるだけを目的としたタイトル付けは、「釣りタイトル」と言われ、嫌われています。

例えば、ダイエット関連商品のレビュー記事や広告で「激ヤセで驚愕の結果!」といったタイトル付けも多いですが、客観的な情報がない限り、本当に驚愕の結果が出るかは疑わしいですね。

記事内容に即していて、かつ読者の興味を引くタイトル作りは、ウェブ記事作成者の腕の見せどころと言えますよ。

6.読者に伝わりやすい表現方法

記事がターゲットとする読者の視点に立って、「なるべく伝わりやすい表現方法」を選ぶのも重要です。

なぜなら、読者の世代や属しているコミュニティによって表現や言葉遣いが異なるため、「伝わりやすい表現方法」と「伝わりにくい表現方法」があるからです。

例えば、「ヤバイ」という単語を使う人は多いですが、高齢になるほど使用頻度は落ちます。

読者が普段から慣れ親しんでいる表現方法や専門用語を知るには、同じ読者層を対象にしている他メディアやSNSなどを積極的にチェックしましょう。

経営者などのビジネスパーソンを読者対象にしているなら、ビジネスに関する記事のタイトルにビジネス用語を使うと、記事内容を端的に伝えられます。

例えば、「PDCAに代わる新時代のビジネスメソッド」というタイトルは、PDCAサイクルのビジネス用語が分かる前提で書かれており、ビジネスパーソンには伝わりますが、今まで聞いたことが無い人もいるでしょう。

タイトルを付ける際には、記事本文だけではなくタイトルにも読者ターゲットに伝わりやすい表現を用いて、記事の内容をスムーズに思い浮かべてもらえるよう工夫しましょう。

7.手短でコンパクトである

タイトルが長すぎず、30文字程度にまとめて、記事内容をコンパクトな一文で表現するのも大切です。

タイトルをコンパクトにまとめることは、読みやすさや理解のしやすさに加えて、SEO対策としても重要です。

なぜなら、検索エンジン上で表示される文字数には制限があり、一定以上の文字は表示されなくなってしまうからですね。

PCとモバイルでは検索エンジンの表示形式は異なりますが、一般的には記事タイトルを30文字以内に納めれば、どちらのデバイスでも見やすく表示できます。

正確には、Googleで検索した場合、PCでは33文字まで表示されますが、モバイルでは40~45文字まで表示されます。

記事を通して「最も伝えたいことは何なのか」を決めたうえで、分かりやすさと見やすさを重視して言葉を選んだ後、単語を前後に並べ替えたり、表現を変えてタイトル調整しましょう。

例えば、「家庭で作れるフィンランドのおすすめ料理10選とレシピ」を「家庭で作れるフィンランドのおすすめ料理10選【レシピ付き】」のように、一部をカギカッコで括って情報を整理すると見やすく、分かりやすくなる場合もあります。

まとめ

Web記事のタイトルは、読者が記事を読むかどうかの決め手になる大事な要素です。

以上で挙げたポイントを意識して、ブログ記事やレビュー記事のタイトルを少し変えるだけで、より多くの人からアクセスしてもらえるようになるでしょう。

ぜひ今日から記事作成の際に実践して、効果を実感してみてくださいね。

記事作成代行・翻訳の仕事はこちら

関連記事

文章校正をする上で知っておきたい5つのコツとツール・サービス5選

Web記事作成後のリライトする際のSEO効果や編集作業のコツ

Webライターにおすすめの資格8選!資格取得時の注意点とメリット・デメリット

記事作成時のリサーチ方法と調査のコツ

コンテンツマーケティングの種類や記事作成の方法

記事作成を効率化するための事前準備や執筆テクニック