記事作成時のリサーチ方法と調査のコツ

記事作成の仕事を進めるうえで必要になるのがリサーチ(調査)作業です。

記事の品質を担保するために、事前の情報収集は非常に重要となります。

ところで何のためにリサーチ作業をするのか、考えたことはありますか?

初心者の方の中には「なんとなく必要だから」という理由でおこなっている方もいるかもしれませんね。

今回の記事は、記事作成時におけるリサーチについて、そもそもなぜ必要なのか、どうやって進めたらよいのかを紹介します。

初心者の方は新しい発見があるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

記事作成時にリサーチが必要な3つの目的

では、そもそも記事作成時にリサーチが必要なのはなぜなのでしょうか。

リサーチをおこなうのには、大きく分けて「知識を補う」「ライバルの調査」「事実の確認」の3つの目的があります。

それぞれ詳しく解説していきましょう。

1,不足している知識を補うため

記事作成時のリサーチでは、執筆ジャンルの不足している知識を補うために行うケースがあります。

執筆内容について何も知らない状態では記事を書けないからです。

ライターとして記事作成の仕事を受けていると、それまで縁のなかったカテゴリの仕事を依頼されることもあります。

このとき、そのジャンルの知識が一切ない状態での執筆は難しく、無理やり書いても内容の薄い記事や、何を言っているのか分からない支離滅裂な内容となりかねません。

せめて記事のテーマについて一通り説明できる程度の知識は必要なので、不明点が解消できるようリサーチを行います。

2,競合サイトを研究するため

記事作成ではSEOコンテンツの作成依頼が多いため、上位表示されている記事がどのような内容なのかを調べる必要があります。

競合調査も、リサーチの目的の一つです。

後程詳細を説明しますが、リサーチで行う競合調査は「どんな内容を取り上げているのか」を簡単にチェックする程度でOK。

熟読すると内容が競合サイトに引っ張られて似通ってしまうこともあるため注意してください。

3,正確な情報を記事に盛り込むため

正確な情報を記事に反映させることも、リサーチを行ううえで忘れてはいけないポイントの一つです。

インターネットに公開する記事は誰が読むか分かりません。

ときには読者の人生に影響を及ぼすこともあるため、記載する内容が正確かどうかには気を遣ってください。

仮にある程度知識のあるジャンルでも、知識が古くなっていることも考えられます。

盛り込む内容に誤りがないかどうか、リサーチでしっかりと確認しましょう。

記事作成時のリサーチ方法

では、具体的にリサーチはどのような方法でおこなえばよいでしょうか。

リサーチのツール別に、具体的な方法を確認していきます。

検索エンジンでテーマについて調査する

記事作成のリサーチで最も基本となるのが、検索エンジン(おもにGoogle)を使ったリサーチです。

検索エンジン経由で記事にアクセスしてくる読者が多いため、リサーチも主にGoogleで行います。

具体的に検索エンジンで調べられるのは「テーマの知識」「関連する内容」「競合サイトが取り上げている内容」です。

特に検索エンジンでのリサーチでは知りたい内容をピンポイントで調べられるため、必要な情報をピックアップできます。

また、Googleの検索結果の一番下には「関連キーワード」をチェックすることで、ユーザーが求めている情報を知れます。

以下、「記事作成 リサーチ」での検索結果となります。

関連キーワード
関連キーワード

上記の内容から「記事作成 リサーチ」と検索している人は、「Webライティングのスピードアップしたい」と考えて検索していると読み取れます。

もし、追加の記事作成をする予定がある場合、筆者であれば「記事作成の効率的な手順」の紹介記事を作成していきますね。

もちろん、すでに作っていない場合に限りとなります。

なお、テーマに関する知識を検索エンジンで集めるときは、官公庁のページやジャンルのノウハウのある企業など、信頼できる情報元に限定してください。

アフィリエイト広告での収益化をメインにしているホームページやブログだったりすると、運営者の都合から情報が捻じ曲げられている場合もあるためですね。

例えば、本当は「商品A」のほうがユーザーにメリットがあるにも関わらず、品質の劣る「商品B」をおすすめしているサイトもあります。

なぜなら、サイト経由で「商品A」の申し込みがあった場合の報酬よりも、「商品B」のほうが報酬の高い場合、運営者の収入へとつながるためです。

国や都道府県が運営するサイトをはじめとする権威あるサイトであれば、私的理由で情報を捻じ曲げたりすることもないため安心です。

書籍で知識を付ける

書籍や雑誌は、該当するカテゴリの知識を付けるために有用なツールの一つです。

Webサイトと違い、誰が書いた内容なのか一目瞭然のため、専門家が執筆したものであれば情報も比較的信用できます。

情報をピンポイントで拾う、という面では検索エンジンに劣りますが、そのジャンルの知識を広く得るのに利用されますね。

特定のジャンルの仕事を継続して受けるのであれば、専門書はいくつか持っておいて損はありませんよ。

必要に応じて官公庁や公式サービスへ問い合わせる

本や参考サイトでは明確な情報が得られない場合などは、必要に応じて官公庁やサービスの公式に問い合わせます。

なお、問い合わせを行うのは「情報が見つからない」かつ「問い合わせ先にしか分からない」場合に限定してください。

たとえば、役所での手続きについて調べる場合に、すでに役所のWebサイトにある情報をわざわざ問い合わせるのは迷惑になります。

「市税の計算方法」など、窓口以外でも分かる内容も、問い合わせて調べるには不適切です。

問い合わせによる調査や事実確認は、あくまで必要最低限にとどめるようにしましょう。

具体的なデータが欲しい場合はアンケート調査を行う

具体的なデータが欲しい場合、アンケート調査はおすすめです。

なぜなら、集まったアンケートをまとめることで、数値化できるためですね。

例えば、当メディアでは「主婦の副業ランキング」を作成する際、アンケート調査を行っています。

※参考⇒ 主婦が月3万円以上稼げる副業ランキング!223名に口コミ調査

ランキングの順位をつけるうえで、根拠となるデータがほしかったためですね。

また、アンケートでもらった回答の中には記事作成時に使える情報も多数含まれています。

アンケートを集めるのであれば、クラウドソーシングのタスクアンケートがおすすめです。

なぜなら、リサーチ専門会社に依頼するよりも低価格で抑えられるためですね。

中には1,000件以上からしか募集できないサービスもある中、クラウドソーシングのタスクであれば、10件~20件といった少数回答からも可能です。

※参考⇒ クラウドソーシング「クラウディア」の質問・アンケートの仕事・依頼一覧はコチラ

ちなみにアンケート調査は、記事作成のみでなく、マーケティングの市場調査としてもおすすめです。

件数が多くなればなるほど、マーケットユーザーのニーズをつかめるため、大企業なども頻繁に行っていますね。

プレスリリースでの発表も多く、「PRTIMES
」といったリリース配信会社で「アンケート調査」と検索すると多くの調査結果が表示されますよ。

記事作成時のリサーチのコツ

記事作成時のリサーチを行う際は、どのような点に注意して進めればよいでしょうか。

リサーチの際のコツや注意点を紹介していきます。

記事の全体像を把握してから始める

リサーチを始める前に、記事の全体像を把握するようにしましょう。

記事の方向性や目的が分からないと、何をどこまでリサーチすれば良いか分からないからです。

リサーチを始める前に「記事の目的」「誰に向けた内容なのか」「どの程度詳しく書けばよいのか」くらいは把握しておく必要があります。

記事作成にかけられる時間は有限ですので、効率的に調査ができるよう、まずはどのような記事なのかを固めてからリサーチを始めましょう。

競合調査は見出しレベルにとどめる

SEOコンテンツの作成で上位記事を調べる際は、見出しをチェックする程度にとどめるのが無難です。

というのも、あまり競合の記事をじっくり読むと、内容が引っ張られて似た記事になってしまうことがあるからです。

読者は複数の記事を読み比べて情報を得ることも多いため、似た記事はぼんやりと覚えています。

盗用した記事だと勘違いされてしまうと、その時点で離脱されるかもしれません。

また、クライアントからも「コピーの疑いあり」として修正を依頼されることもあります。

競合調査は見出しをざっくりと確認する程度にとどめ、執筆後のコピペチェックも忘れないようにしてください。

参考サイトの信ぴょう性に気を配る

検索エンジンを利用して情報を集める場合、参考サイトの情報の信ぴょう性には注意してください。

Webサイトの中には堂々と誤った内容を掲載しているものもあり、そのようなサイトを参考にしてしまうと読者に間違った情報提供をしてしまう可能性があります。

参考サイトをどこまで認めるかは案件にもよりますが、一般的には「官公庁のサイト」「そのジャンルに資格や知見のある専門家の記名記事」「サービスや商品について調べる場合は公式サイト」などが信頼できるとされていますね。

たとえば、化粧品の使い方に関する情報を調べるのであれば、大手化粧品メーカーの運営メディアなどが情報元として挙げられます。

情報の正確性は記事の質を左右する重要なポイントです。

この情報は確かなのか、誰が書いたのかは常に気にするようにしましょう。

信用できるサイトを見抜くコツ

信用できるサイトかどうかを見抜くコツとしては、以下3点の確認をおすすめします。

運営者情報を確認する

サイト内のどこかにある運営者情報ページを確認しましょう。

運営者情報ページを確認することで、信頼できる運営者かどうかわかります。

運営者が「一部上場企業」「国の機関」「権威ある専門家」などは、信頼できる情報を掲載している可能性は高いと言えるでしょう。

もし、運営者情報ページがなかったり、運営者情報がきちんと明記されていない場合、いかに有益な情報が書いてあったとしても参考にするのはおすすめできません。

ドメイン名の信頼性を確認する

ドメインとはインターネット上の住所となります。

もし、わからない場合は、こちらのページの解説がわかりやすいですね。

ドメイン名が「go.jp」「ac.jp」「lg.jp」といったサイトの場合、信頼性は高いと言い切れます。

なぜなら、「go.jp(政府機関)」「ac.jp(教育機関)」「lg.jp(各都道府県)」といったように、特定の専門機関しか取得を認められていないドメインなためです。

以下、例となります。

国税庁
https://www.nta.go.jp/

東京大学
https://www.u-tokyo.ac.jp/

東京都
https://www.metro.tokyo.lg.jp/

記事の最終更新日を確認する

いくら信頼と実績豊かな専門家が書いた記事であったとしても、信頼できない情報を掲載している場合もあります。

結論から言うと、記事の最終更新日を確認しましょう。

古い情報の場合、時流の変化で必要ない情報となったり、誤った情報となる場合があるからですね。

例えば、消費税について説明している記事が2015年の後、更新や編集していなければ使えない情報の可能性は高いです。

なぜなら、2015年当時は、まだ消費税が8%だったからですね。

もちろん、マメに編集している人もいますが、中には何年も放置状態の記事も多々あります。

リサーチ後の記事作成方法

リサーチ後の記事作成は、おおむね以下の流れで進みます。

  1. 構成の作成(既に用意されている場合も)
  2. 本文の執筆
  3. 校正
  4. 納品

構成については、リサーチ前に作成されているケースや、リサーチ後に自分で作る場合の二通りが存在します。

個人の仕事の進め方や案件によっても異なりますので、臨機応変に対応してください。

それぞれのフェーズでどのように作業をすすめるかは以下の記事で紹介しています。

参考にしてください。

WEBメディア記事作成の手順と流れをやさしく解説

まずは記事の目的と必要な情報を洗い出す

リサーチを適切かつ効率的におこなうには、まずは記事の目的と、どこまでの情報が必要か洗い出さなければなりません。

この二点が不明だと、何をどこまで調べればよいか分からず、いつまで経ってもリサーチが完了しません。

まずはこの二つのポイントを整理し、調査に着手してみてください。

関連記事

コンテンツマーケティングの種類や記事作成の方法

記事作成を効率化するための事前準備や執筆テクニック

書くのが遅いのはなぜ?記事作成に時間がかかる原因と対策

スマホで記事作成の仕事をする場合のスマホ活用術とおすすめツールやアプリ

記事作成でコピペは厳禁!無料で使えるコピペチェックツールも合わせてご紹介

記事作成でお小遣い稼ぎは可能?仕事はどこで探す?