専門家への記事監修におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

WEB上に掲載する記事コンテンツには、何より信頼性が大切。

「この記事は信頼できるコンテンツです」というお墨付きを与えるのが、専門家による記事監修です。

「医師監修」「税理士監修」「FP監修」といった記事を見かけたことがある方も多いでしょう。

専門家への記事監修を外注依頼したい場合、どこにどのように依頼すればよいのでしょうか。

結論から言いますと、ケースによりおすすめの外注先は変わってきます。

  • 専門家へのツテがなく費用を抑えたいならクラウドソーシングの「クラウディア」
  • 監修依頼したい専門家が決まっているなら「直接依頼」
  • 早く専門家を見つけて依頼したいなら「専門家記事監修サービス」
  • 監修と記事作成を同時依頼するなら「ライティング代行会社」

この記事では、上記で紹介した「専門家記事監修におすすめの外注先」のほか、「費用相場」「依頼時のコツ」についても解説します。

最後まで読んでいただけると、外注先の見つけ方と注意点がわかるはずです。

目次

記事監修とは?

記事監修とは?

記事監修とは「記事に書かれている内容についての専門家が、ライターが書いた記事をチェックすること」です。

専門家の例としては、「医師」「ファイナンシャルプランナー」「弁護士」「税理士」「社会保険労務士」「IT系エンジニア」「起業家・企業経営者」などがあります。

記事監修では、専門家が記事に対して以下のような作業を行います。

  • 記事の内容が正しいかチェックする
  • 表現や用語をチェックする
  • 修正案を提案する

具体的な作業内容について、順番に説明します。

記事の内容が正しいかチェックする

記事監修では、記事の内容が正しいかどうかをチェックします。

専門知識のないライターが執筆した記事だと、「古い知識に基づく間違った内容」が紹介されていることもあるからです。

間違いとは言えないまでも、「誤解を招きそうな内容」が書かれていることもあるでしょう。

間違った内容やあいまいな内容を排除したいなら、専門知識をもつプロに監修を依頼しましょう。

表現や用語をチェックする

専門家による記事監修では、表現や用語のチェックも行います。

「業界用語・専門用語」「業界独特の表現」などは、専門家でないとチェックできないことも多いからですね。

専門用語の使い方が間違っていたり、表現が業界の常識からズレていたりすると、「素人が書いた記事だな」「信用できない情報だ」と思われてしまいかねません。

ただし「文法の間違い」や「誤字・脱字のチェック」は、一般的にライターとメディアの編集者が行います。

修正案を提案する

記事監修では、修正案の提案も行ってくれます。

記事をよりわかりやすく正確にし、記事の価値を高めるためです。

修正案には「用語や表現の訂正」だけではなく、「追加したほうがいい内容の提案」も含みます。

例えば「注意事項を追記したほうがいい」「○○についての説明を追記したほうがいい」といった提案があるでしょう。

ただし監修者はライターではありませんので、原則として文章・記事そのものの執筆依頼はできません。

記事監修が必要な理由

記事監修が必要な理由は「記事やサイトの価値を上げるため」です。

もう少し細分化して説明しますと、以下のようになります。

  • ユーザーからの信頼を得るため
  • Googleに評価されるため
  • 他の記事・サイトと差別化するため

順番に解説するので参考にしてみてください。

ユーザーからの信頼を得やすくなる

ネット記事の中には不正確な情報も多く存在しており、SNS上で偽情報が拡散してしまうケースも少なくありません。

そのためネットリテラシーの高い人ほど、「今読んでいる記事は信頼できるのだろうか」と疑問や不安を抱きがちではないでしょうか。

しかし記事の冒頭で「専門家が監修している」とわかりやすく伝えれば、記事の正確性・信頼性に不安を抱いている読者にも、信頼されやすくなります。

専門家の顔写真と詳細なプロフィールを掲載しておけば、より信頼感が高まるでしょう。

「信頼される記事」「安心して行動を起こしてもらえる記事」を掲載したい場合、専門家監修は有効な方法といえます。

Googleに評価されてSEO強化へとつなげる

サイトの価値を上げるための手段のひとつとして、Googleに評価されてSEO面で強くする必要も出てくることでしょう。

Google検索からWeb記事にたどり着く人も多いことから、SEOによってアクセス流入量に比例して、リリースした記事が人の目に触れる確率も高まります。

そしてGoogleに評価されるためにも、「記事監修が大きな役割を果たしている」と考えられます。

以下、記事監修を導入するとGoogleに評価されやすくなる理由です。

  • ユーザーが記事を信頼できるので、直帰率が下がる
  • 経験・専門性・権威性・信頼性(E-E-A-T※)がアップする

※E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略で、Googleの検索品質評価ガイドラインで定義されてるサイトの評価基準です。

Googleのアルゴリズムは、各記事を「ユーザーにとって価値のある情報か」や「経験・専門性・権威性・信頼性」の観点などから評価していると発表しています。

また、ユーザーに「信頼できる記事だ」と思ってもらえると、記事を一目見てサイトを離れる人の割合(直帰率)が低下し、Googleに「ユーザーにとって価値のある情報だな」と認識されやすいといえるでしょう。

専門家による記事監修は、Googleに評価されるための有効な手段と覚えておいてください。

他の記事・サイトと差別化するため

専門家による記事監修は、「記事監修がついていない記事との差別化」のためにも必要です。

ネット上に多くのWEBメディアやコンテンツがあふれている中で、「他の記事・サイトと自社の記事・サイトを差別化すること」はとても重要です。

例えば病気に関しての記事があったとき、「どこのだれかわからない人が書いた記事」と「医師が監修している記事」なら、医師が監修した記事を読みたいと思う人が多いのではないでしょうか。

また医師が監修している記事を掲載しているサイトの中でも、以下のような違いが生まれます。

  • 専門分野に関係なく、同じ医師がさまざまな記事を監修しているサイト
  • 「目についての記事は眼科医」「肌についての記事は皮膚科医」など、記事に合わせて各専門分野の医師が監修しているサイト

他サイトと差別化したい場合には、記事監修が有効な手段のひとつといえるでしょう。

専門家への記事監修におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

専門家への記事監修におすすめの外注先には、以下の4つがあります。

  • クラウドソーシングの「クラウディア」
  • 直接依頼
  • 専門家記事監修サービス
  • ライティング代行会社

概要や依頼方法を紹介します。

専門家のツテがないならクラウドソーシングの「クラウディア」

専門家にツテがなく直接依頼できない場合は、クラウドソーシングの「クラウディア」の利用がおすすめです。

クラウディアには記事監修可能な専門家が多数登録しているため、ツテがなくても希望に合う専門家が探しやすいからですね。

また以下のようなメリットもあります。

  • 初期費用がかからない
  • 専門家個人に直接依頼するため、外注費用を抑えられる
  • 1記事、1部分単位でも依頼できる
  • 「要望」や「依頼の意図」を直接伝えられる

「費用が少なく済み、少ない記事数から外注依頼できる」のが、クラウディアの代表的なメリットです。

ただ「希望する専門分野がニッチすぎる」など、場合によっては専門家が見つけられない可能性もありますので注意しましょう。

クラウディアでの外注依頼方法は「プロジェクトを提示して監修者を募る」

クラウディアでは「プロジェクト方式」「タスク方式」など、複数の依頼方式が用意されています。

専門家に記事監修を依頼したい場合は、プロジェクトを提示して監修者を募る「プロジェクト方式」が適しています。

プロジェクト方式なら、監修ができる専門家を広く募集できるからですね。

クラウディア(プロジェクト方式)での依頼の流れは、以下のようになっています。

  1. 【依頼者側】プロジェクト(依頼内容、納期、報酬など)を公開
  2. 【専門家側】プロジェクトに応募
  3. 【依頼者側】応募してきた専門家の中から、外注依頼先を決定

専門家記事監修が依頼できるクラウドソーシングサービスはいくつかありますが、

Craudia(クラウディア)』は登録者が月間1,000人以上(※1)いるクラウドソーシングサービスです。

登録者数が多いので、希望分野の専門家を見つけられる可能性が高いです。

興味がある方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【クラウドソーシング】サービスはこちら

【専門家監修】サービスはこちら

依頼したい専門家が決まっているなら「直接依頼」

依頼したい専門家がピンポイントで決まっているなら、直接依頼しましょう。

仲介サービスや代理店を挟まないぶん、外注費用を抑えられる可能性もあるためです。

「サイト全体の監修を依頼したい」など、監修記事数が多い場合には、費用を抑える効果が高い直接依頼はとくにおすすめ。

また依頼内容について専門家に直接相談できるため、「監修を依頼した意図」などが伝わりやすいメリットもあります。

一方で以下のようなデメリットがあることに注意しましょう。

  • ツテがない場合、専門家を探して依頼するのが難しい
  • 費用交渉などの手間がかかる

直接依頼の方法は「メールやSNSで直接交渉する」

知り合いに専門家がいたりツテがあったりする場合は、監修を依頼したい専門家にメールやSNSで直接交渉する方法が一般的です。

サイトやSNSで情報発信していたり、メールアドレスを公開したりしている専門家も多いからですね。

直接依頼の具体的な流れは以下のようになります。

  1. 【依頼者側】SNSやメールで専門家に連絡し、監修可否や条件について打診
  2. 【依頼者側・専門家側】条件を調整
  3. 【依頼者側】条件が合えば外注依頼

ただ全くつながりがない状態だと、いきなりSNSを通じて依頼・交渉するのは勇気がいるもの。

また「多忙」「興味がない」「条件が合わない」などの理由で、断られてしまうケースもあります。

専門家とのツテ・つながりがない場合には、直接依頼はハードルが高い手段といえるでしょう。

専門家が見つからない場合は「専門家の記事監修サービス」

記事監修してくれる専門家はSNSやクラウドソーシングを介して探すことで、意外とカンタンに見つかります。

しかし、残念ながら「なかなか専門家を見つけられない」「見つかっても条件やスケジュールが合わない」というケースも少なくありません。

どうしても専門家が見つからない場合には、専門家の記事監修サービスを活用していきましょう。

記事監修サービスなら、幅広い分野の専門家が登録されているからです。

専門家記事監修に特化したサービスには、「みんなの記事監修」や「クラウディアの記事監修サービス」などがあります。

また「医師」「管理栄養士」など職業に特化して、記事監修などのキャスティングを行うサービスも複数ありますね。

なお監修に特化したサービスは、基本的に「依頼者側が用意した記事を、監修者がチェックし、アドバイスする」だけのものです。

そのため「記事の修正」「専門家による記事執筆」には対応していないこともあります。

ただし、仲介会社を挟んでいる分の手数料が上乗せされるのはデメリットと言えるでしょう。

専門家への記事監修サービスの依頼方法は「オンライン発注」

専門家への記事監修サービスの依頼方法は、オンライン発注です。

提供できるサービスの枠組みが決まっており、詳細な打ち合わせが不要だからですね。

行うのは監修のみで、「専門家の顔出しが可能か」「専門家のサイトから被リンクできるか」も予め決まっているので、相談する必要がありません。

具体的には以下のような流れで依頼します。

  1. 【依頼者側】サイトが提供する「専門家一覧」から、希望する人を選ぶ
  2. 【依頼者側】監修依頼する記事のURLやファイルを送る
  3. 【サービス側】サイト担当者が記事を専門家に回す

「法律がモラルに反している場合」「あまりに間違いが多い場合」には依頼を断られることがありますので注意しましょう。

記事作成と専門家記事監修をまるごと外注するならライティング代行会社

ライティング代行会社の中には、記事作成代行だけではなく、専門家の記事監修にも対応できるところが多いです。

そのため記事作成と専門家記事監修を一緒に依頼したいなら、ライティング代行会社への外注がおすすめです。

ライティング代行会社は「記事作成のノウハウ」と「記事監修できる専門家の人脈」をもっているからですね。

自社で労力をかけなくても高品質な監修記事が納品されるのは、大きなメリットですね。

「ライターが記事を執筆し、専門家が監修する」というのが定番パターンです。

また代行会社の中には「専門家に記事執筆を依頼できる」「ライターが専門家にインタビューして記事を作成できる」ところも。

しかしライティング代行会社を通すと、以下のようなデメリットがあります。

  • コストがかかる
  • 会社によっては最低発注記事数が決まっている

「直接依頼」「クラウドソーシングサービス」より手間は減りますが、費用負担が増えるのですね。

また「10記事以上からしか依頼できない」「最低受注価格は100万円以上」など、最低発注記事数や最低受注額が決まっている会社も。

ちなみに法人限定となりますが、「クラウディアの記事監修サービス」でも、監修者記事の代行を引き受けています。

ライティング代行会社への外注依頼方法は「まず問い合わせとヒアリング」

ライティング代行会社への依頼方法は、まず問い合わせとヒアリングです。

記事のジャンルや文字数により、「そもそも対応できるかどうか」や「費用の見積もり」が変わってくるからですね。

具体的な以下のような流れになります。

  1. 【依頼者側】自社の希望内容が依頼可能か問い合わせ
  2. 【依頼者側・会社側】依頼内容の詳細についてヒアリング
  3. 【会社側】ヒアリングをもとに「対応可否」と「見積もり」の返答
  4. 【依頼者側】見積もりに納得できたら発注

ライティング代行会社を比較検討する際には、担当者が丁寧にヒアリングしてくれる会社を選びましょう。

希望や意図をきちんと理解したうえで記事作成を代行してもらわないと、希望とは違う記事が納品される可能性も出てくるので注意しましょう。

【専門家監修】サービスはこちら

【クラウドソーシング】サービスはこちら

専門家へ記事監修を外注依頼する時の費用相場は「医師なら30,000円~50,000円」

専門家へ記事監修を外注依頼する際の費用相場について紹介します。

医師の場合30,000~50,000円が相場

医師(医師免許保持者)の場合には、1記事につき5,000~50,000円程度が相場です。

料金に幅がある理由は、以下のとおりです。

  • 直接依頼か仲介かによって費用が変わるから
  • 文字数や記事の難易度によって費用が変わるから

仲介を通さず直接依頼するほうが、外注費用は安くなります。

また、なかには「サイトの意義に共感し、無償・格安で監修を行う」という先生方もいるようです。

反対に著名な医師などの場合は、監修費用が高くなることもあります。

>>医師監修サービスはこちら

士業の場合20,000~50,000円が相場

士業とは「○○士」と名のつく、高度な専門性を持つ職業の総称です。

例えば「弁護士」「弁理士」「公認会計士」「社会保険労務士」などがあります。

士業の先生方に専門家記事監修を依頼する場合には、20,000~50,000円程度が外注費用の相場となります。

金額に幅があるのは、以下のような理由からです。

  • 職業(資格)や個人によって料金に差がある
  • 文字数や記事の難易度によって費用が変わる

いくつも記事を監修しており、書籍なども出しているような著名な専門家だと、費用が高くなりがちです。

>>金融系監修サービスはこちら

FPなどは2,000~30,000円程度

FPや美容師(美容ライター)などに監修を依頼したい場合は、2,000~30,000円程度が相場です。

金額に幅があるのは、「業界」「記事の文字数」などによって相場が異なるからです。

失礼にならないよう、他社がどれくらいの報酬額で依頼しているのか知りたいですよね。

その場合はCraudia(クラウディア)などのクラウドソーシングサービスで、他社が公開している「専門家へ記事監修のプロジェクト依頼内容」を見てみましょう。

他社による提示額が確認できますよ。

美容ライターで2,000円~」「FPで3,000円~」などという依頼が多いようですね。

>>美容系監修サービスはこちら

専門家へ記事監修を外注依頼する際に抑えておきたい4つのコツ

専門家へ記事監修を外注する前にチェックしておきたい「4つのコツ」を紹介します。

監修者の情報をどこまで開示できるか確認する

まずは監修者のプロフィールをどこまで開示できるのかを確認しましょう。

具体的には「本名」「肩書・資格」「所属・勤務先」「専門分野」「学歴・経歴」「顔写真」の掲載可否です。

せっかく監修してもらっても、記事に掲載している監修者のプロフィールが不十分だと、読者からの信頼感を得にくいからですね。

たとえば、「名前と肩書しか載っていない」よりも、「顔写真入りで詳しいプロフィールが掲載されている」ほうが、記事の信頼度は上がります。

実際、最近では監修者を顔写真付きで紹介している監修記事が多いです。

当メディアでもこちらのページで監修者様の紹介しているので参考にしてみてください。

監修者の専門分野を詳細部分までチェックする

専門家の専門分野を詳細部分までチェックしておきましょう。

記事内容と得意分野がズレていると、いくら専門家でも「最新の知見を盛り込んだ監修ができない」というケースが考えられるからです。

例えば同じ「臨床心理士」であっても、得意としている分野は「教育分野」「医療分野」「産業分野」などにわかれます。

「子どもの心理に関する記事の監修」を「産業・労働分野で活躍している臨床心理士」に依頼しても、うまく監修できない可能性がありますね。

「子どもの心理に関する記事」であれば、教育分野などで活躍している臨床心理士に監修してもらうべきでしょう。

「専門家が過去に監修した記事の内容を確認する」などの対策をしておけば、ミスマッチが減らせます。

資格・経歴の信憑性を確認する

専門家が持つ資格や経歴の信憑性をチェックすることが大切です。

記事監修者の「保有資格」「学歴」「経歴」「勤務先」に虚偽があった場合、監修者本人はもちろん、監修者を起用した企業側の責任も問われるからですね。

とくに直接依頼やクラウドソーシングサービスを通じての依頼では、自身で調べる必要が出てきます。

契約前に「監修者の公式サイトで情報確認」「保有資格や経歴を証明する書類」を提出してもらうなどの対策が必要です。

また虚偽ではありませんが「医学博士だが、医師免許は持っていない」という人もいます。

「医師(医療行為を行う)」と「医学博士(医学的な研究を行う)」のどちらに監修してほしいのかを明確にし、適した資格を持つ専門家に依頼しましょう。

リスク回避のため、専門家記事監修サービスやライティング代行会社を利用するのも選択肢のひとつと言えるでしょう。

法人であれば、クラウディアの記事監修サービスも利用可能です。

専門家の作成記事でも追加チェックは必要

専門家が作成した記事も追加チェックしておきましょう。

専門家が執筆・監修した記事であっても、掲載されている情報が「正確」「最新」とは言い切れないケースもあるからです。

とくに医療系の記事については、自社でも以下のような点をチェックしましょう。

  • 研究発表や論文による裏付けがあるか
  • 参考文献や参照元はなにか
  • 薬機法に抵触していないか

専門家に執筆・監修してもらったからといって、記事をノーチェックでサイトに掲載するのはやめてくださいね。

また専門家による記事執筆を依頼した場合には、「言葉や表現が一般的かどうか」もチェックしたいところ。

一般の方向けの執筆に慣れていない専門家だと、「専門用語を多用した難しい記事」になってしまう可能性があるからですね。

記事が難しいと離脱率が高くなり、ユーザーの満足度には繋がりません。

専門家へ記事監修を外注依頼するメリット

専門家へ記事監修を外注依頼するメリット
専門家に記事監修を依頼するメリットについて解説します。

サイトの信頼性向上に繋がる

専門家に記事監修を依頼すれば、サイトの信頼性向上に繋がります。

専門家が記事をチェックすることで、間違いが修正でき、正確な情報発信へとつながるからですね。

読者の多くは「専門家が監修している記事は、監修のない記事よりも信頼できる」と感じるはずです。

信頼できる良質な記事コンテンツを掲載していくことで、サイト全体の信頼性も向上するでしょう。

リスク回避効果がある

間違った内容の記事によって引き起こされるリスクとしては、「SNSでの炎上」「薬機法(旧薬事法)への抵触」などが考えられます。

例えば以下のようなケースだと、大きな問題になるでしょう。

  • 間違った内容の記事を信じて病気のセルフケアをしたら、症状が悪化した
  • 投資リスクについて説明な不十分な記事を参考に、ハイリスクな投資商品を購入したら、大きな損失が出た

しかし専門家記事監修を依頼することで、リスクを回避する効果があります。

専門家による記事の監修を受ければ、以下のような項目をチェックできるからですね。

  • 記事に掲載されている情報が正しいか
  • 説明が不足していないか
  • 読者に誤解を与える表現ではないか
  • 大げさではないか

大きなトラブルを避けるため、専門家記事監修が有効です。

検索順位の上昇が期待できる

記事は読んでもらえないと意味がありません。

そのため多くの企業が、Google検索で上位に表示されるように「SEO対策」を行っています。

専門家記事監修により、検索順位の上昇が期待できます。

検索エンジン最大手のGoogleが、記事の「専門性」「権威性」「信頼性」を重視しているからです。

「専門性(Expertise)」「権威性(Authoritativeness)」「信頼性(Trustworthiness)」は頭文字をとって「E-A-T」と呼ばれます。

とくに「医療」「金融」「法律」分野の記事が上位表示されるためには、高いレベルのE-A-Tが必要です。

専門家が記事を監修することで、リリースしたばかりのサイトでも「専門性」「権威性」「信頼性」を高められます。

※参考:電通デジタルのGoogle 品質評価ガイドライン解説
https://www.dentsudigital.co.jp/topics/2018/0822-000180/

専門家へ記事監修を外注依頼するデメリット

専門家へ記事監修を外注依頼するデメリット
専門家記事監修を外注依頼する場合のデメリットについても紹介します。

専門家によっては外注費用が高額になる

専門家によっては外注費用が高額になることもあります。

専門家の実績や知名度より、料金が異なるからですね。

例えば「テレビや雑誌によく出ている」「マネジメント事務所に所属している」などの場合は、費用が高額になりやすいです。

時間がかかる

専門家に記事監修を依頼すると、時間がかかるのもデメリットのひとつです。

多くの専門家は本業をもっており、その傍らで監修作業を行うからですね。

監修をつけない記事に比べると、リリースまでの期間は長くなってしまいます。

また以下のような場合には、さらに時間は長くなりがちです。

  • 専門家記事監修サービスなどによる仲介
  • 文字数が多い記事
  • 内容が複雑で高度な記事

余裕のある記事作成スケジュールを組みましょう。

まとめ

専門家へ記事監修のおすすめ外注先と、外注依頼するときのコツについてお伝えしました。

専門家へのツテがないなら、クラウドソーシングサービスの「クラウディア」で監修者を募集するのがおすすめ。

ライティング専門会社などに依頼するよりも外注費用が抑えられるうえ、専門家に「要望」や「記事を監修してもらう意図」を直接伝えられるからです。

直接依頼やクラウドソーシングサービスで希望分野の専門家がなかなか見つからないなら、専門家記事監修サービスやライティング代行会社の利用がおすすめです。

専門家記事監修だけを依頼するなら専門家記事監修サービス、記事作成と記事監修の同時依頼なら「クラウディアの記事監修サービス」も選択肢として考えてみてください。

下記は「JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー」様が運営するアキュア公式オンラインストア内の特集記事を「クラウディアの記事監修サービス」で執筆監修した事例となります。

外注依頼するときには「サイトに掲載できる監修者のプロフィール」「監修者の専門分野」などに注意してくださいね。

この記事が専門家記事監修の外注依頼に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

【クラウドソーシング】サービスはこちら

【専門家監修】サービスはこちら

月間新規会員登録1,000人以上(※1)!日本最大級のクラウドソーシング「クラウディア」
国内はもとより世界中から、希望条件にマッチしたワーカーへ仕事を依頼。発注から納品まで全てクラウディアで完結できます。3分でカンタン無料会員登録。
※1) 2022年6月時点、当社調べ

関連記事

会社名を決めるときのポイント4つ!参考となるアイデアやネーミング例も紹介

スプレッドシート作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

美容ライターの業務委託におすすめの外注先2選!費用相場や依頼事の注意点も解説

Facebook運用代行のおすすめ外注先3選!費用相場や依頼する際のコツも解説

Instagram運用代行におすすめの外注先3選!依頼する際のコツも解説

Twitter運用代行におすすめの外注先3選|選び方のポイント&費用相場も詳しく解説