コンテンツマーケティングの種類や記事作成の方法

「コンテンツマーケティング」をご存知でしょうか。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーの興味に沿ったコンテンツを提供するマーケティング手法のことです。

この記事ではコンテンツマーケティング記事作成の4つのコツと外注するメリットを解説しています。

記事を読み終わる頃には、コンテンツマーケティングの趣旨を理解し、効果的な記事作成をするコツや外注するメリットが分かるでしょう。

目次

コンテンツマーケティングの概要と誕生のきっかけ

そもそもコンテンツマーケティングとは何なのか、なぜコンテンツマーケティングが誕生したのかについて説明します。

コンテンツマーケティングとは

「コンテンツマーケティング」とは、ユーザーに商品やサービスに対して、コンテンツを通じての購買してもらったりファンになってもらうことを目的としたマーケティング手法のひとつです。

ユーザーの悩みに寄り添ったコンテンツを用意することで、商品に対しての心理的不安を解消できたり、自身でも気づいていなかった潜在欲求へのアプローチができるからですね。

たとえばこれまで企業は他社との差別化を意識して、自社商品の性能やサービスがどれだけ優れているかを自社サイトや広告の中でアピールしてきました。

しかし、ユーザーが商品を買う動機は他社より優れていることだけではありません。

そもそも他社と比較する前に、商品を買いたいと欲するだけの悩みや欲求があるからです。

企業のアピールしたい内容ではなく、ユーザーが興味のある情報を紹介することで、ユーザーの悩みや欲求を解決してくれる企業として認知してもらえます。

コンテンツマーケティングはユーザー行動の変化に合わせてユーザーとの接点をもつ新たなマーケティング手法

コンテンツマーケティングのもうひとつの側面は、ユーザー行動の変化に合わせてユーザーとの接点をもつことです。

ユーザーの行動が変化した理由は、現代のWebサービスが広告過多だからです。

たとえば、これまで多くの企業は大手のWebサイトに広告を出したり、メールマガジンを送ったりすることでユーザーの関心を集めようとしてきました。

一方、誤クリックを誘うWeb広告であふれ、メールの受信箱に届く大量のメールマガジンに悩まされる現代では、企業から興味のない情報がたくさん送りつけられる状況にユーザーはうんざりするようになりました。

そこで、ユーザーは届く情報を受動的にチェックするかわりに、自分が興味をもつ情報を能動的に検索するようになりました。

Web環境の変化に伴うユーザー行動の変化を考慮して、ユーザーの検索でヒットするようなコンテンツ提供することでユーザーとの接点を持つマーケティング手法がコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティング記事作成の4つの種類

コンテンツマーケティングの記事は主に4種類に大別されます。

  • 検索エンジンからの集客を目的としたSEO記事
  • エデュケーショナル系記事
  • ネイティブ広告(ネイティブアド)系
  • 面白コンテンツ系記事

順番にご説明します。

検索エンジンからの集客を目的とするSEO記事

コンテンツマーケティングのひとつとして、YahooやGoogle検索エンジンからの集客を目的としたSEO記事です。

自社商品関連の分野でどのようなキーワードがよく検索されているか調べ、選んだキーワードで上位に表示される記事を目指します。

たとえば、「枕」でGoogle検索してみると、関連するキーワードが出てきます。

枕の通信販売しているネットショップであれば、「枕 ランキング」といったキーワードに対して、『運営するネットショップで実際に売れている枕の情報を元としたランキング記事』を作成したりします。

検索エンジンで上位表示されるには、コンテンツを特定の専門分野で掘り下げ、ユーザーにとって価値のあるような内容にする必要がありますね。

たとえば「枕のランキング」の記事であれは、男性向け、女性向け、種類別などが挙げられます。

また3語以上のキーワードを用いたロングテールキーワードの記事を複数用意することで、より広範囲のユーザーにアプローチすることもできます。

例)

  • 枕 ランキング 男性
  • 枕 ランキング 女性
  • 枕 ランキング 高級

SEO記事の作成方法をさらに詳しく知りたい場合は「初心者向けSEO記事の書き方をやさしく解説」の記事もチェックしてみてください。

興味や悩みの解決を目的とするエデュケーショナル系記事

ユーザーの興味や悩みの解決を目的とするのがエデュケーショナル系記事です。

ユーザーが関心を持っている情報提供することで、ユーザーの満足度や信頼度を向上させて商品購入につなげることを狙います。

たとえば寝具を販売する企業であれば、「朝気持ちよく目覚める方法」というユーザーの関心に答えることを重点とした記事を作成すると仮定しましょう。

この場合、以下のようなお役立ち記事が考えられます。

  • 眠りにつく前に控えるべき行動
  • 目覚めた瞬間に取るべき行動
  • 睡眠の深さを調べてくれるアプリ

さらに記事の最後で「そもそも睡眠の質が深くなるオーダーメイドのまくらを作るのも有効ですよ」と自社の商品を提案することで、ユーザーの興味を自社商品に向けられます。

ユーザーの抱えている悩みを解決し、自社製品へと興味を誘導するのがエデュケーショナル系記事です。

記事型の広告を読ませるネイティブ広告系記事

メディアの通常コンテンツに溶け込む自然な形式で配置するのがネイティブ広告(ネイティブアド)と呼ばれる記事です。

たとえば、ニュースを紹介するサイトの中で、ニュースの見出しと同列で「【PR】ダイエットしたい人にオススメの商品」などの見出しが表示されているのを目にすることもありますね。

大きなサイズのバナー広告と異なり、あからさまな広告に対して抵抗感を持つユーザーにも興味があれば読んでもらいやすい特徴があります。

サイトでの情報収集を邪魔することなくコンテンツの一部として表示されるためですね。

広告を作成する際は、サイトに溶け込んだデザインにする必要はありますが、一方で広告であることを明示しなければなりません。

記事内の広告部分に「Sponsored by」「PR」「プロモーション」「広告」「AD」などの言葉をつけて、広告記事であることがわかるようにしています。

メディア内に自然な形式で配置し、興味のあるユーザーに読んでもらいやすくするのがネイティブ広告系記事です。

爆発的な拡散を狙える面白コンテンツ系記事

ユニークで面白いコンテンツを作成することで大勢のユーザーの関心を惹き、新たな層にアプローチするのが面白コンテンツ系記事です。

SNSが普及している昨今では、面白いコンテンツというだけで記事のリンクが拡散され、短期間に大量のアクセスが見込めます。

ツイッターやインスタで大量の「リツィート」や「いいね」がついた記事が大手ニュースサイトで取り上げられるケースも少なくありません。

たとえば、「Yahooニュース」や「ねとらぼ」、ビジネスネタであれば「ITmedeiaビジネスオンライン」などですね。

面白さを期待して閲覧するユーザーの中には商品自体に興味の無い人が多くなりがちですが、これまで興味のなかった層が新たな顧客となってくれる可能性もありますね。

新たな顧客へアプローチし、自社商品への興味を惹くことを目指してユニークで面白い記事を書くのが面白コンテンツ系記事です。

コンテンツマーケティング記事作成の4つのコツ

結論から言うと、コンテンツマーケティング記事作成のコツはユーザー目線に立つことです。

具体的には大きく下記の4つに分類されます。

  • ターゲットとなるユーザーを決める
  • ユーザーが何に興味を持っているか考える
  • ユーザーがクリックしそうなタイトルをつける
  • ユーザーにとって読みやすい文章にする

ターゲットとなるユーザーを決める

まずは誰を対象にするか、記事のターゲットをできるだけ具体的にしましょう。

なぜなら、ターゲットを具体的にイメージするほど記事の方向性が定まり、ターゲットにとって有用な記事になるからです。

ターゲットの決め方としては、今後売上の伸びが期待される潜在的な購入者層を選びましょう。

たとえば「年齢」「性別」「収入」「家族構成」などをもとに顧客をカテゴリー分けして、商品のユーザーの中で多数を占める層に絞り込んでいく形です。

なお、ターゲットを明確に限定すると「記事の読者が減ってしまうのではないか」と思うかもしれませんが、実は検索エンジンに高く評価されるのは広く浅い情報を集めた記事ではなく専門性の高い記事です。

ユーザー目線に立つためにも、コンテンツマーケティングで最初にやるべきことは記事のターゲットを具体的にしていきましょう。

ユーザーが何に興味を持っているか考える

ターゲットが決まったら、次にターゲットが何に興味を持っているかを考えましょう。

上述したとおり、ターゲットの興味に寄り添った記事を作成するのがコンテンツマーケティングの要点だからです。

寝具のメーカーの主なターゲットを夫婦と仮定して考えたとき、ターゲットにとって大きな悩みのひとつに「配偶者のいびきがうるさくて眠れない」ことが挙げられるかもしれません。

その解決策として自社商品が有効であれば、記事作成の有効なネタになりますね。

設定したターゲットが興味を持っていることも考えて、自社商品がその解決策となるなら記事にしましょう。

ユーザーがクリックしそうなタイトルをつける

ターゲットとなるユーザーにクリックしてもらえそうなタイトルをつけましょう。

なぜなら、タイトルは記事が読まれるかどうかを左右する重要な要素だからです。

たとえば、どの層がターゲットで、どのような情報が得られるかひと目で分かるタイトルにしましょう。

また、具体的な数値を含めたり、思わず興味を惹くようなパワーワードを含めたりすることも有効です。

タイトルの付け方について詳しく知りたい方は下記の記事も参考にしてください。
※参考⇒「Web記事作成におけるタイトルの付け方と3つのコツ

ユーザーにとって読みやすい文章にする

ターゲットとなるユーザーにとって読みやすい文章にすることも重要です。

なぜなら、分かりにくいと判断された記事ではユーザーが途中で離脱してしまい、検索エンジンからの評価が下がってしまうからです。

たとえば、中高年のターゲットに対して若者言葉で文章を書いたり、漢字だらけの長文で読みづらい文章を書いたりすると、読み手にとってはストレスとなってしまいますね。

漢字をできる限り4文字以内に抑えるように意識するだけでも、文章が読みやすくなるためおすすめです。

例)
◯:行政書士の資格
△:行政書士資格

ユーザー目線に寄り添った記事作成をするのがコンテンツマーケティングのコツなので、ターゲットにとって読みやすい文章を心がけましょう。

コンテンツマーケティング記事を作成する4つの手順

コンテンツマーケティングの記事作成は以下の4つの手順からなります。

  • ターゲット、キーワードの決定
  • SEO対策、競合コンテンツの調査
  • 執筆、校正
  • 効果測定、記事の修正

ひとつずつ紹介していきます。

ターゲット、キーワードの決定

まず記事のターゲットやキーワードを決めましょう。

なぜなら、ターゲット層とズレたキーワードで集客しても、売上にはつながりません。

たとえば、女性向けの枕を販売しているのに、男性向けのおすすめ枕の特集記事を作っても購入にはつながりにくいです。

「コンテンツマーケティング記事作成の4つのコツ」で上述した内容を踏まえてターゲットやキーワードを決めましょう。

SEO対策、競合コンテンツの調査

次にSEO対策、競合コンテンツの調査を入念に行いましょう。

なぜなら、SEO対策がうまくいかないとユーザーが検索したとき上位表示されないからです。

検索エンジンが評価するのは記事の質なので、閲覧したユーザーにとって価値のある情報が何かを考え、提供するコンテンツマーケティングの取り組みは、SEO対策をする上で非常に有効です。

ただし、競合コンテンツの調査をして酷似した内容の記事を盗作するのは犯罪であり、検索エンジンからも低評価を受けるので絶対にやめましょう。

ユーザーにとって価値のある情報を盛り込み、SEO対策や競合コンテンツの調査を入念に行いましょう。

執筆、校正

書くコンテンツが決まったら、執筆と校正に移ります。

ユーザーの興味や悩みの対象と、その解決策を順序立てて紹介していきます。

ただし、「ユーザーにとって読みやすい文章にする」の項で述べたように、ユーザーが離脱しないよう分かりやすい文章で書くことを心がけましょう。

誤字脱字や表記のゆれ等があると、気になってストレスとなるので、校正でチェックするのも欠かせませんね。

ユーザーに寄り添った記事作成を実現するために、手を抜かずに執筆、校正をしましょう。

効果測定、記事の修正

作成した記事が投稿されたあと、効果測定と記事の改善も忘れてはいけません。

なぜなら、どれだけ対策をしても期待通りの結果を出す記事になるとは限らないからです。

たとえばユーザーの離脱率が高いようなら、読みやすい文章にして記事の序盤で他ページへの誘導率を高める対策が考えられます。

またGoogleの検索アルゴリズムの更新によってこれまで高かった順位が下降してしまう場合、SEO 対策をやり直す対策が必要ですね。

さらに投稿から日数が経つと、情報が古くなってユーザーにクリックされなくなるケースもありますので、その際は記事のリライトが必要になるでしょう。

記事の効果測定を行って、修正を加えることで、より効果の高いコンテンツマーケティングが実現します。

コンテンツマーケティング記事作成時に役立つツール3選

コンテンツマーケティングの記事作成時に役立つツール3選をご紹介します。

  • サイトへの流入数をふやしたいならMIERUCAがおすすめ
  • 網羅的な競合分析をしたいならKeywordmapがおすすめ
  • 導入実績で選びたいならアドエビスがおすすめ

サイトへの流入数を増やせるMIERUCA

MIERUCAはサイトへの流入数をふやすための特徴があります。

なぜなら、MIERUCAは記事のSEO対策における課題を可視化し、どのような施策を取るべきか提案してくれるからです。

たとえばキーワード調査機能、競合の分析、レポート作成といった機能で記事の効果測定と修正を手助けしてくれますね。

さらに使い方を学べる教材が豊富で、トライアル期間中もサポートを受けられるため、初心者にもオススメです、

サイトへの流入数をふやしたいなら方に利用されています。

網羅的な競合分析できるKeywordmap

Keywordmapは網羅的な競合分析できる特徴があります。

なぜなら、Keywordmapは圧倒的なデータ量を有しているからです。

たとえばKeywordmapはコンテンツマーケティングに必要な多種の機能を提供しており、時間のかかる自社と競合の上位表示キーワード調査を短時間で終わらせられることをアピールしていますね。

また、検索の裏に隠れたユーザーのニーズ調査を行い、検索意図をグラフで可視化してくれる機能もあります。

さらにインストール不要ですぐに使えるのもメリットですね。

圧倒的なデータ量で網羅的な競合分析したい方にKeywordmapは利用されています。

導入実績で選べるアドエビス

アドエビスは、導入実績の数でツールを選べる特徴があります。

なぜなら、アドエビスは1万件もの導入実績があるからです。

アドエビスはユーザーのアクセス解析やどの施策でコンバージョン率が高いかを解析し、レポートしてくれる機能を有しますね。

また電話でのサポートや、セミナーも行っています。

導入実績があり、サポートもしっかりしているツールを選ぶならアドエビスも検討してみてください。

コンテンツマーケティングの記事作成を外注するメリットと注意点

コンテンツマーケティングの記事作成は外注するのがオススメです。

外注する際のメリットと注意点をご紹介します。

記事作成を外注するメリット

第三者の視点から、企業とユーザーを仲介するバランスの良い記事を書いてくれる

1つ目のメリットは、記事作成を外注することで、第三者の視点から、企業とユーザーを仲介するバランスの良い記事を書いてくれることです。

なぜなら、企業はユーザーに商品を売り込みたいという思いが邪魔をして、ユーザー目線の視点が曇ってしまう恐れもあるからですね。

第三者に外注することによって、ユーザーに寄り添いつつ企業としてアピールできる内容も盛り込んだ記事を用意できます。

時間コストの節約になる

2つ目のメリットは、記事作成を外注することで時間コストを節約できる点です。

たとえば余った時間を商品の付加価値を上げるなどの、ユーザーの利益につながる生産的な仕事に回せます。

記事作成を外注して時間コストを節約し、自社でしかできない生産的な仕事に時間を割きましょう。

記事作成を外注するときの注意点

事前の打ち合わせや納品後の最終確認は必要

外注して自社内のリソースが節約されるとはいえ、事前の打ち合わせや納品後の最終確認は必要です。

なぜなら、外注先の企業は記事作成のプロではあっても自社の商品に精通しているわけではないからです。

納得の行く納品物を得るために、商品の説明はもちろん、どのような記事を希望しているのか詳細なすり合わせを行い、納品後には期待通りの記事になっているかチェックしましょう。

成果の出る記事にするために、事前の打ち合わせや納品後の最終確認は必ずしましょう。

まとめ

コンテンツマーケティング記事作成の4つのコツと外注するメリットを解説しました。

コンテンツマーケティングの記事作成においては、ユーザー目線に立ってユーザーの興味や悩みに答える情報提供することを意識しましょう。

またコンテンツマーケティングの記事作成は外注するのがオススメです。

この章がコンテンツマーケティングの記事作成の際にお役に立てましたら幸いです。

記事作成代行・翻訳の仕事はこちら

関連記事

文章校正をする上で知っておきたい5つのコツとツール・サービス5選

リライトで記事作成するときのコツとSEO効果について

Web記事作成におけるタイトルの付け方と3つのコツ

Webライターにおすすめの資格8選!資格取得時の注意点とメリット・デメリット

記事作成時のリサーチ方法と調査のコツ

記事作成を効率化するための事前準備や執筆テクニック