初心者でもわかる記事作成のコツ!分かりやすい文章を書くために注意する点とは?

近年、副業として記事作成の仕事に取り組む人が増加しています。

  • プライベートの時間が増えたから副業で収入を増やしたい
  • 文章力を鍛えて本業に活かしたい
  • WEBライティング技術を身に着けてブログで稼ぎたい

こういった方にとって、記事作成はまさに打ってつけの副業だからです。

しかし、仕事として書く記事は、個人のブログや日記に書くのとは勝手が異なります。

「そもそも記事作成ってどうやって書けばいいの?」
「わかりやすい文章を書くにはどうすればいいの?」

上記のように文章の書き方で悩む方も多いでしょう。

今回の記事では、記事作成の仕事をしたいと考えている方向けに、記事作成の手順と分かりやすい文章の書き方をやさしく解説しています。

  • 記事作成の手順
  • 読みやすい文章を書く注意点
  • 文章力を向上させるための注意点

など、記事作成の仕事のコツを紹介しますので参考にしてください。

初心者でもわかる記事作成の手順

効率的に記事作成を行うには、いくつか踏まなければならない手順が存在します。

いきなり記事を書き始めても、途中で迷子になってしまうためクオリティの高いものはできません。

記事作成の手順は大きく以下の5つの段階に分けることができます。

①記事のテーマを決める
②記事の構成を作成する
③構成に沿って情報収集を行う
④本文を執筆する
⑤見直しを行う

具体的にどんなことを行うのか、それぞれ詳細を確認していきましょう。

①記事のテーマと目的を決める

最初に「記事のテーマ」と「記事の目的」を決定します。

テーマと目的とは、すなわち「何を狙い、何について書く記事か」ということです。

以上の二点が決まっていなければ、以降のフェーズに進むことができません。

テーマを決定するには、最低でも以下の四点の洗い出しを行います。

  • 誰に向けた記事なのか(ターゲットとする読者層)
  • メインとして伝えたいメッセージ
  • 記事の最終目的
  • 狙うキーワード(Googleなどの検索で上位表示を狙う場合)

例として、パチンコの不健康さを訴え、トレーニングジムの体験入会を狙う記事の場合、以下のような内容にできます。

誰に向けた記事なのか パチンコは不健康ではないかと気にしつつ打ってしまう人
伝えたいメッセージ パチンコは体にも心にも悪いのでジムに入って健康になろう
記事の最終目的 ジムの体験入会を成約させる
狙うキーワード パチンコ 不健康

以上はあくまで一例ですが、伝えたい内容と想定読者を決定しておくと、後々の内容を決定付ける指標になります。まずはテーマを決めてみてください。

②記事の構成(骨組み)を作成する

テーマと目的に沿った記事の構成を作成します。

構成を作らずに執筆を始めるのは、羅針盤も海図も持たずに航海するようなものなので、迷子防止のためにあらかじめ作っておきましょう。

構成とは、どんな内容の記事にするのかを明確化するための設計図のようなもので、プロットとも呼ばれます。

具体的には、記事をどんな内容にするかを見出しレベルにまで落とし込んだものです。

さきほどのパチンコ記事の例だと、以下のようになります。

大見出し1:パチンコが不健康な理由
中見出し1:腰痛持ちになる
中見出し2:運動不足でお腹が出る

大見出し2:不健康以外にもあるパチンコのデメリット
中見出し1:お金がなくなる
中見出し2:モテなくなる

大見出し3:パチンコ打ちが今すぐジムに通ったほうがいい3つの理由
中見出し1:筋肉がついてモテる
中見出し2:パチンコ代を自分への投資に使える

大見出し4:今なら無料で体験が可能

③構成に沿って情報収集を行う

構成を作成するに当たって、書籍やインターネットを利用して情報収集が必須です。

誤った情報を提供しないよう、官公庁やサービスの公式サイトなど、信頼性の高い情報で裏取りできたものだけを紹介します。

構成をどこまで作り込むかはライターによって個人差がありますが、記事作成に慣れないうちは、各見出しの内容や文章の流れをメモしておくと執筆が行き詰まりにくいです。

④本文を書く

構成が完成したら、構成を確認しながら本文の執筆を行います。

構成がしっかりと作り込んであれば「何を書けばよいか分からない」ということは少ないです。

書き進めていく上で追加の調査が必要になることもあるので、必要に応じて都度情報をチェックしていきます。

⑤見直し(校正作業)を行う

書きあがった文章の見直しを行います。

記事の品質を左右する重要なフェーズですので、最後まで気を抜かずに取り組んでいきましょう。

校正で何をチェックするかはライターによって違いはありますが、最低でも以下のような項目は確認が必要です。

  • 誤字脱字のチェック
  • 文書のねじれや論理の飛躍のチェック
  • 言葉の誤用のチェック
  • 見出しと文章の結論にずれがないか

なお、掲載先によってはメディアの性質を反映した「レギュレーション(執筆規則)」が用意されていることもありますね。

独自のルールがある場合は、規則に沿った執筆内容になっているかも確認します。

初心者でも読みやすい記事を書くための注意点

WEBに掲載する記事は、読みやすさに対して、特に配慮が必要となります。

というのも、WEBの記事は「読みにくいな」と感じるとすぐにサイトから離脱されてしまうからです。

では、初心者が記事作成を行う場合、具体的にどんな点に注意すれば読みやすくなるのでしょうか。

この章では、読みやすい記事を書くための注意点として、代表的な四つのポイントを紹介します。

  • ひらがなと漢字のバランスに注意する
  • スマホからの閲覧を前提にする
  • 語尾を連続させない
  • 一文を長くしすぎない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ひらがなと漢字のバランスに注意して書く

記事を書く際は、ひらがなと漢字のバランスに注意しましょう。

というのも、漢字が多すぎると「黒すぎて抵抗感を感じる」文章になるからです。

ぱっと見た際の印象に影響するため、漢字とひらがなの量の調整が必要になります。

たとえば、以下の二つの文章を比較してみましょう。

例)
①パチンコ中は長時間着席するため、体に腰痛や筋力低下等の悪影響を及ぼす可能性が高い。
②パチンコ中は長い間イスに座っているため、腰の痛みや筋力の低下などのリスクが高い。

①の文章はわざと漢字が密集するように書き、②は①を修正したものです。

内容はほぼ同じですが、①の文章の方が、目に入ったときの抵抗感は強いと思います。

例のように、漢字が多すぎる文章は読者に読みにくさと疲労感を与えるので、適度に漢字とひらがなの量の調整が必要です。

スマホからの閲覧を想定して適度に改行する

基本的に、WEBに掲載する記事は「スマホからの閲覧」を想定し、それに合わせて記事を作る必要があります。

というのも、WEBメディアのほとんどは、パソコンよりスマホからの閲覧の方が多いからです。

見本として、某ビジネス系サイト、一週間のアクセス解析データを掲載しておきます。

Googleアナリティクスのデバイスカテゴリデータ
※参照:Googleアナリティクスのデバイスカテゴリデータ

サイトテーマやジャンルによって多少の差はあれど、70%~80%がスマホユーザーとなりますね。

記事作成はパソコンで行うことが多いと思いますが、スマホで読まれることを前提に適度に改行します。

具体的に何行で改行するかは、メディアの執筆ルールやフォントサイズにもよるため一概には言えません。

特に指定がない場合は、掲載先メディアにスマホでアクセスしてみて、何文字程度で改行するのが適切か確認してみましょう。

語尾の連続に注意する

語尾の連続にも注意が必要です。

同じ語尾が連続すると幼稚な印象を与えやすいため、読者からの信頼を損ねてサイトから離脱されるリスクが高まります。

以下の二つの例文を見てください。

例1)
サバを読むという言葉は、サバの傷みやすさから生まれたと言われています。劣化の激しいサバを早く出荷するため、正確さよりスピードを優先して数えたことが由来となっています。

現在では、主に数値や数量を都合よくごまかすという意味で使われます。

例2)
サバを読むという言葉の由来は、サバの傷みやすさです。劣化の激しいサバを早く出荷するため、正確さよりスピードを優先して数えたことから生まれました。現在では、主に数値や数量を都合よくごまかすという意味で使われます。

一番目の文章は「ます」を三回連続させているのに対し、二番目の文章は語尾の連続がありません。

後者の方が洗練された印象を受けるのではないでしょうか。

以上のように、記事作成は語尾一つとっても印象が大きく変わります。

一文を長くしすぎない

一文を長くし過ぎるのも、読者に対して疲労感を与えやすいです。

一か所に情報を詰め込みすぎてしまうため、情報を得る前に「文章を読み解く」という作業が発生してしまいます。

以下の例文を見てみましょう。

例1)
犬はとても感受性の高い生き物のため、飼い主の感情や機嫌を敏感に察知することが可能なので、人間に寄り添ってくれる良いパートナーになれますが、同時に感受性の高さからストレスを感じやすい生き物でもあります。

言いたいことは分かりますが、少々文章を繋げ過ぎていますので二つの文に分けてみましょう。

例2)
犬はとても感受性の高い生き物のため、飼い主の感情や機嫌を敏感に察知することが可能です。そのため、人間に寄り添ってくれる良いパートナーになれますが、同時にその感受性の高さが原因でストレスを感じやすい生き物でもあります。

このように適度に文章を分割すると、読みやすさの向上につながります。

初心者が文章力をアップするためのコツ

単純に文章を読みやすくする他にも、より伝わりやすく理解しやすい文章にするコツはいくつか存在し、以下の三点が代表的です。

  • 記事と見出しの主張を意識する
  • 論理の飛躍を起こさない
  • ねじれ文にならないよう注意する

それぞれ詳しく確認していきましょう。

記事全体と見出しレベルでの主張を意識する

記事で伝えたいメッセージと、各見出しのメッセージの整合性は常に意識します。

というのも、見出しと記事のメッセージが食い違っていると、主張に一貫性がなくなり読者が混乱するからです。

例えば、副業が前提のプログラミング学習の記事を作成する場合を考えてみましょう。

記事で伝えたいメッセージが「サービスで学習して、しっかり基礎を固めてから副業に挑戦しよう!」なのに対し、見出しレベルで「勉強もほどほどに、実際の仕事でスキルを身に着けよう!」と紹介すると、それぞれの主張に食い違いが発生します。

構成を作り込んでおけばこういった失敗は減少しますが、執筆の際にも意識すると、より精度が上がりますね。

論理の飛躍を起こさない

読みやすい文章を作るために、文中に論理の飛躍を発生させないよう意識します。

というのも、論理の飛躍は、読者にストレスを与える原因の一つだからです。

論理の飛躍とは、文章で何かを説明する際、結論に行き着くまでの前提を飛ばしてしまうことです。

例えば、以下の文章でも論理の飛躍が発生しています。

例)鶏卵は生産農家が多く、競争が激化している。今後はブランド化が必要になるだろう。

一見、現状でも文章は成立しそうですが、「競争が激化する」ことに対し、なぜ「ブランド化が必要」なのかという説明が抜けています。

「薄利多売競争から抜け出すため」や「個人向けの販売を強化するため」など、一言解説が必要ですね。

論理が飛躍した文章はスムーズに頭に入りにくいため、注意が必要です。

ねじれ文を書かない

記事作成に慣れてきたライターでもたまにやってしまうのが、「ねじれ文」です。

ねじれ文は読んでいて強い違和感があるため、ねじれが発生していないかは常に意識したいところですね。

簡単に説明すると、ねじれ文とは主語と術語がかみ合っていない文章を指します。

たとえば、以下の文章は、意図的にねじれを発生させて書いたものです。

例)
・今日の晩御飯は肉じゃがを作りました
・田中君の志望校はT大に合格しました

ここまで極端だとすぐに気付くのですが、以下のように文章がやや長いと発見し辛くなります。

例)賃貸借契約書とは、不動産を賃貸するときの諸条件をまとめた契約書を作成します。

文章がねじれないよう、執筆中は主語と述語を意識するクセをつけておきましょう。

初心者が早く記事作成できるようになるためのコツ

副業で記事作成を行う場合、品質を落とさずいかに短時間で執筆するかは重要な問題です。

というのも、業務委託の場合は記事の本数を増やせば増やすほどお金になるからですね。

では、初心者がより早く記事を作成するにはどうすればよいのでしょうか。

この章では、執筆時間を短縮するための三つのコツを紹介します。

  • 構成を詳しく作り込む
  • ツールを使って記事作成を効率化する
  • ブラインドタッチを習得する

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

構成を詳しく作り込む

より早く記事を書きあげたいのであれば、構成を詳しく作り込むのは必須です。

というのも、構成の作り込みが甘いと何を書けばよいか分からなくなったり、追加調査が発生して時間をロスしたりすることがあるからですね。

ライターによってどこまで構成を作るかは異なりますが、一つの基準となるのが「見ただけで執筆に入れるレベルまで作り込む」という点。

具体例として、筆者が当記事を書く前に作ったこの章の構成を見てみましょう。

上記はあくまで一例ですが、構成作りの際に文章の流れとそれぞれのパートに書く内容をメモしておけば、執筆時に頭の中で文章として組み立てるだけで執筆できます。

記事入力が効率化するツールを使う

ツールを利用することでも、記事作成にかかる時間は短縮できます。

記事作成は、機械にやってもらった方がより早く正確になるフェーズが多いのです。

代表的なものだと、よくつかうワードの辞書登録などが挙げられます。

その他にも、以下のようなツールは記事作成の仕事でよく利用されていますね。

  • Google Documentの自動変換機能
  • テキスト編集ソフトの置換機能
  • 読み上げ機能による校正作業の効率化

自分に合ったツールを利用して執筆を効率化してみてください。

ブラインドタッチの訓練をする

キーボードを見ずにタイピングするブラインドタッチの習得も記事作成の速度を上げるのにおすすめです。

というのも、手元を確認しながらの執筆よりタイピングのスピードが速くなることが多いからですね。

また、編集画面を確認しながらの入力が可能なため誤入力や誤変換にも気付きやすくなり、校正作業の時間も短くなります。

ブラインドタッチができなくてもライターとして仕事をすることは可能ですが、余裕があれば練習することをおすすめします。

初心者が記事作成するのにおすすめのテーマ

初めて記事作成をする場合、「いきなり専門知識の必要なテーマはハードルが高い」「どんな案件に応募すればいいかわからない」と悩む人もいるでしょう。

記事作成の仕事は数多くのジャンルがあり、難易度も千差万別のため、経験が浅いうちはどんなテーマを選べばよいか分からないかもしれませんね。

結論から言うと、記事作成の初心者には、以下の三つのテーマがおすすめです。

  • 商品紹介記事
  • ポイ活や節約ジャンル
  • レビュー記事などの体験談

それぞれどんな理由でおすすめなのか解説していきます。

商品紹介記事は分かりやすい記事作成の基本

初心者におすすめのテーマの一つは、商品紹介記事です。

というのも、商品紹介は記事作成における基本が詰まったジャンルだからですね。

商品紹介系の記事では、以下のような内容を調査し、読者に分かりやすく伝えることが必要になります。

  • 商品の特徴
  • おすすめの理由
  • 誰向けの商品なのか
  • どんな悩みを解決できるのか

読みやすい商品紹介を作れる力は、他のジャンルにも応用可能です。

初心者のトレーニングにぴったりなので、よければ挑戦してみてください。

ポイ活・節約ジャンルはマネー系の中でも難易度が低い

ポイ活や節約といったジャンルは、人気カテゴリであるマネー系の中でも取り組みやすくおすすめです。

というのも、公式サイトの情報が充実しているため情報収集が比較的容易だからですね。

また、ジャンルに慣れて知識が増えてくれば「ポイ活→ポイント投資→投資」「節約→貯金→金融商品」など、少しずつ高単価のジャンルに挑戦できるようになります。

新規参入がしやすく、ステップアップの足掛かりにもなるためおすすめのジャンルです。

体験談やレビュー記事はオリジナリティを出せる

ジャンルを問わず、商品のレビュー記事や体験談を記事にするのは初心者におすすめです。

何故なら、レビューや体験はあなただけのオリジナルの内容であり、他のライターには真似できないからですね。

商品やサービスを選ぶ際にレビューを参考にする人は多く、様々なWEBメディアで需要があります。

自分の感じたことを分かりやすく人に伝える訓練にもなるので、初心者の方はぜひ挑戦してみてください。

初心者が記事作成の仕事を探すにはクラウドソーシングがおすすめ

初心者が記事作成の仕事をするなら、クラウドソーシングサービスを利用するのがおすすめです。

というのも、クラウドソーシングサービスは案件の数が多く、初心者歓迎の仕事も多数掲載されているからですね。

クラウドソーシングは「仕事を頼みたい人」が、不特定多数の「仕事が欲しい人」に募集を掲載できるサービスで、取引の仲介も行ってくれます。

報酬から手数料が引かれるというデメリットがある一方、成果物の持ち逃げ防止対策があり、募集も豊富にあるという利点があります。

まずはクラウドソーシングサイトで初心者向けの仕事を探し、記事作成に慣れていきましょう。

まとめ

記事作成の仕事をするにあたり、分かりやすい文章を書くスキルは必須です。

今回紹介した内容はあくまで一例ですが、文章力を向上させるヒントになるかと思いますのでぜひ参考にしてください。

「いきなりプロみたいな文章は書けない…」と思うかもしれませんが、クラウドソーシングサイトには「初心者歓迎の添削つきの仕事」も多く掲載されています。

提出した原稿にフィードバックをもらえるため、文章力の向上が期待できますね。

今回紹介した内容を実践することで、少しずつ読みやすい文章を書けるようになっていきますので、仕事を通してこつこつ練習してみてください。

関連記事

記事作成の副業って?どうやって始めるの?

記事作成の発注ってどうするの?注意すべきポイントは?

初心者向けSEO記事の書き方をやさしく解説

記事作成にオススメの便利ツール12選

記事作成バイトの仕事内容と稼ぎ方のコツ