契約書作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

ビジネスの場面で契約書作成する機会があり、用途に応じて様々な種類の契約書が存在します。

適切な契約書を作成するには、専門的な知識を持つ人間の力が必要です。

なぜなら、法律に則った文章を記載する必要があるからです。

例えば、契約書に記載漏れや間違いなどの不備があった場合、契約先とトラブルに発展するリスクもあります。

作成者は契約書の内容を正しく記載していれば、トラブルを未然に防げます。

しかし、契約書作成に自信が無い人はどのような方法を取るか迷うでしょう。

契約書作成は専門家に任せることで様々な負担を軽減できるため、おすすめです。

契約書作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法について、詳しく解説してきます。

契約書作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

契約書作成におすすめの外注先3選として、「契約ドットコム」「SHARES」「専門家」「クラウドソーシング」を挙げます。

この章では、契約書作成の外注を依頼するおすすめの4つの外注先について、ポイントや特徴を解説していきます。

ネットで全国対応の契約書作成代行サービス「契約ドットコム」

「契約ドットコム」は法務堂事務所が運営するウェブサイトです。

契約ドットコムは、インターネットを活用した「契約書作成代行サービス」で全国対応をしているからおすすめです。

依頼者はインターネット上で依頼から完成までの一連を行えるため、大変便利だからですね。

例えば、遠方の人で事務所に足を運べない場合、メールで依頼や完成した契約書を受け取れます。

また、契約ドットコムでは「お一人様専用特設サイト」を設けています。

「お一人様専用特設サイト」では、完成した契約書のイメージ画像を確認できます。

完成した契約書に不備があった場合は、サイト上から修正を頼めます。

インターネット上で契約書作成の外注を依頼した人には、おすすめのサービスと言えるでしょう。

短時間で専門家を比較「SHARES」

SHARES(シェアーズ)は、契約書作成の行える専門家を比較できておすすめです。

8士業の専門家が登録しているSHARES(シェアーズ)は、契約書作成が行える専門家を複数見つけ出して、見積もりを出してくれるサービスなためですね。

例えば、複数の専門家の料金を比較したい場合に見積もり依頼できます。

依頼者は複数の専門家から見積もりが届いた後、専門家とやり取りを行って発注先を決めてください。

専門家とのやり取りはSHARES(シェアーズ)内のチャットや電話で行えるため、気軽に相談できます。

SHARES(シェアーズ)の特徴は「見積もりが無料」「短時間で複数の見積もりを受け取れる」「24時間、相談できる」の3つです

依頼者は専門家とやり取りを行いますが、SHARES(シェアーズ)が両者の間に入っているため、相談しやすくなっています。

困ったことがあった場合は、事務局オペレーターが個別に対応してくれるでしょう。

お住いの周辺の士業や専門家に依頼

お住いの周辺の士業や専門家「行政書士」「弁護士」「社会保険労務士」などに、契約書作成の外注もおすすめです。

家から通いやすい場所だと、直接会って色々と相談できるため安心感あります。

例えばメールのやり取りで相手に伝えにくい点があった場合でも、直接外注先に足を運び、現物の契約書を確認できるため、細かい要望も伝えやすいです。

さらに専門家が契約書作成を行うことで、契約書の不備や記載漏れの心配がありません。

契約書は種類によって内容に違いがあり、法律に則って作成されます。

そのため、専門の知識を持った人が契約書を作成した方が効率的です。

依頼者は専門家に契約書作成の依頼することで、仕事の時間を確保できるでしょう。

契約書を作れる人がわからない場合、クラウドソーシングで募集はおすすめ

契約書の作成を依頼したいけれど、「どこに頼めばいいかわからない」とお悩みの方も多いと思います。

契約書作成できる人がわからない場合は、クラウドソーシングでの募集はおすすめです。

なぜなら、作成したい契約書の内容を書いて募集することで、作成できる専門家の方が応募してくれるからですね。

例えば、「会社のサービス名を商標登録したいので作ってくれる方を募集します」と、応募をかけるカタチです。

また、クラウドソーシングには、弁護士、社労士、行政書士、司法書士といった多くの専門家が登録しているため見つかりやすいメリットもあります。

実際、100万人が登録しているクラウドソーシング「クラウディア」の仕事を依頼するワーカーを探すページの検索ボックスに「行政書士」と打ち込み検索してみると、多数見つかります。

プロジェクトの応募しても、実際に仕事を依頼するまで費用が発生することもないので、「試してみて損はない」と言えるでしょう。

契約書作成を外注依頼時の費用相場は数万円から数十万円

契約書作成を外注依頼時の費用相場は数万円から数十万円の費用がかかります。

なぜなら、依頼する契約書の種類や外注先の料金に差が生じるからです。

例えば、コンサルティング契約書「50,000円」、業務委託契約書「30,000円」など契約書の種類で費用が異なります。

また、契約書作成の最低料金がA社「13,800円」、B社「16,500円」など、料金設定に差があるのです。

以下、契約書の一例となります。

  • 業務委託契約書
  • 売買契約書
  • 消費貸借契約書
  • 請負契約書
  • 賃貸借契約書
  • 雇用契約書
  • コンサルティング契約書
  • 利用規約
  • 示談書
  • 誓約書
  • 株式譲渡契約書
  • 離婚協議書

契約書作成を急ぐ時は見積もりを出してもらう前に伝えていると、納期のトラブルが起きません。

基本料金に別のオプションが追加された場合は追加費用が発生するため、事前に見積もりを出してもらいしょう。

契約書作成を外注依頼する際の3つのコツ

契約書作成を外注依頼する際には、3つのコツがあります。

  • 契約書作成の外注先から複数の見積もりを取る
  • サンプルの契約書から質と対応を確認
  • 契約書作成後の対応の有無を確認

この章では、契約書作成を外注依頼する際の3つのコツを詳しく解説していきます。

契約書作成の外注先から複数の見積もりを取る

契約書作成を外注依頼するコツの1つ目は、契約書作成の外注先から複数の見積もりを取ることです。

なぜなら、契約書作成を外注依頼する業者によって料金が異なるからです。

例えば、A社「20,000円」、B社「25,000円」と同じ契約書でも料金に差が生じます。

複数の専門家から見積もりを出してもらい、料金や内容を比較してみましょう。

クラウドソーシング「クラウディア」で募集して、依頼してきた人の提案金額を見比べる、もしくは8士業の専門家が登録しているSHARES(シェアーズ)を活用して、見積もりを出す方法は有効です。

専門家によってはインターネット上で相談から契約書作成まで行ってくれるため、遠方の人でも外注依頼できます。

サンプルの契約書から質と対応を確認する

契約書作成を外注依頼するコツの2つ目は、サンプルの契約書から質と対応を確認することです。

依頼者がサンプルの契約書を出してもらえることで、業者の質や対応力が分かるからです。

例えば、契約書に修正や追加があった場合に迅速に対応してくれるのか、見極められます。

専門家が作成した契約書の正確さや内容の不備について、しっかりと確認してみましょう。

また、契約書の修正や追加がある場合に迅速かつ丁寧に対応してくれるのか、細かいことまで尋ねてみることをおすすめします。

契約書作成後のサポートの有無を確認する

契約書作成を外注依頼するコツの3つ目は、契約書作成後のサポートの有無を確認することです。

なぜなら、契約書作成後にクライアントとトラブルになることも有り得るからです。

例えば、契約書に記載されていない点があった場合に、クライアントと話し合いをして解決しなければいけません。

依頼者は契約書作成を専門家に依頼することで、ビジネス上のリスクを軽減できます。

事前にリスクを軽減することも大事ですが、トラブルが発生した時も対応できるようにしておきましょう。

契約書作成した専門家が依頼後もサポートしてくれるのか、話し合いしておきましょう。

契約書作成を外注依頼するメリット

契約書作成を外注依頼する3つのメリットがあります。

  • 適切な契約書を作成
  • 契約先とのトラブルを未然に回避できる
  • 法律とビジネスが両立の契約書作成ができる

外注依頼する3つのメリットについて、項目ごとに詳しく把握していきましょう。

適切な契約書を作成

契約書作成を外注依頼すると、適切な契約書を作成してもらえます。

なぜなら、専門家は契約書作成に必要となる知識や書き方を知っており、法律に則って作業を行ってくれるからですね。

例えば、契約書の種類によって記載にする内容を適切に入れてくれます。

契約書には様々な種類があるため、それぞれの書類に合った内容を記載しなければいけません。

仮に契約書にミスがあった場合、効力が無くなってしまいトラブルに発展することもあります。

契約書は個人でも作成できますが、正しい契約内容の記載は難しいです。

豊富な経験がある専門家に外注依頼することで、安心してクライアントと取引できる契約書が仕上がってくることでしょう。

契約先とのトラブルを未然に回避できる

契約書作成を外注依頼するメリットとして、契約先とのトラブルを未然に回避できます。

なぜなら、専門家は契約書作成に必要な知識を身につけており、事前にトラブル回避する内容を記載しているからです。

例えば、離婚時に必要な契約書を作成する場合に「養育費をいくらにすればいいのか?」とった内容の提案だったりですね。

専門家は依頼者が不利益にならないように、法律に則った契約書の内容を作成してくれます。

契約の文章の内容だけではなく、言い方や表現で依頼者に不利益が生じないように配慮しているのです。

ただし、作成する資格を持っていても専門家とは言えないこともあるので注意しましょう。

なぜなら、同じ弁護士であっても「離婚に強い」「債務整理に強い」など、得意な分野が違ったりするからですね。

そのため、過去の実績などを聞ける範囲内で色々と聞いてみてから、「この人なら大丈夫」と思える人を選ぶようにしていきましょう。

法律とビジネスを踏まえた契約書ができる

ビジネスシーンの中で契約書を用意することも多いです。

契約書作成を外注依頼すると、法律とビジネスを踏まえた契約書ができます。

行政書士や司法書士といった専門家は契約書作成が業務の1つで、法律とビジネス踏まえた内容を記載できます。

例えば、事業のM&A、プロジェクトのタイアップ、スポンサー契約など、互いのトラブルを防ぐのはもちろん、利益や配当面でもミスがないか考える必要があります。

上記理由から、行政書士と弁護士の両方の専門家が在籍する事務所は、契約書のみならず契約後のサポートも行ってくれるため、効率的かつ的確な対応を取ってくれるでしょう。

契約書作成を外注依頼するデメリット

契約書作成を外注依頼する3つのデメリットがあります。

  • 外注するため費用が割高
  • 契約書の種類で外注先を選び直す
  • 外注先によって、トラブルの際の対応が異なる

外注依頼する3つのデメリットについて、項目ごとに詳しく把握していきましょう。

契約書作成を外注すると費用が割高

無料テンプレートを使うのと違い、オリジナルの契約書作成を外注すると費用が割高になります。

なぜなら、専門家がクオリティーの高い契約書を作成する労力と経費がかかっているからですね。

例えば、依頼者の会社の規模や業種など条件によって、記載する内容が異なるため、ヒアリングの必要性も出てきます。

弁護士だと、30分の相談だけで5,000円の費用がかかり、中には30分10,000円を超えてくる人もいます。

専門家に契約書作成を外注依頼することは費用が割高になる分、クオリティーの高い契約書を手に入れられるでしょう。

契約書作成の種類で外注先を選び直す

契約書作成の種類によって外注先を選び直さなければいけません。

なぜなら、外注先によって契約書作成に「得意」「不得意」があるからです。

例えば、「社労士」といっても、企業側のサポートに強い人もいれば、労働者側のサポートに強い人と、強みが分かれたりします。

外注先を選ぶ場合は在籍している専門家や実績を見て、どのような契約書の作成が得意なのか確認しましょう。

事前に外注先の情報を公式ホームページや知り合いから聞いてみることをおすすめします。

クラウドソーシングを利用する場合は、プロフィールページから確認もできますよ。

外注先次第でトラブルの対応が異なる

契約書作成を外注依頼すると、外注先次第でトラブルの対応が異なります。

なぜなら、外注先に在籍する専門家によって書類作成後の対応が変わってくるからですね。

例えば、弁護士は行政書士に比べて、契約書作成に加えて交渉も行えるし、大きなトラブルに発展した際、裁判でも戦ってくれます。

しかし、行政書士は幅広い契約書作成できますが、交渉や相談の部分で業務が制限を受けます。

そのため、契約書作成後にトラブルが起きた場合に対応できる範囲が変わってきます。

外注先を選ぶポイントの1つとしては、契約書作成後もトラブルに対応してもらえるのか確認しましょう。

まとめ

契約書作成を外注依頼する場合は、メリットとデメリットを把握しましょう。

契約書作成できる複数の専門家から見積もりやサンプルの契約書を出してもらって、外注先を選ぶようにしていきましょう。

インターネットの普及で全国各地から契約書作成の依頼ができるため、遠方の人もメールや電話で依頼できます。

クオリティーの高い契約書作成を求めている場合は、専門家に外注依頼することをおすすめします。

関連記事

3Dモデル作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

漫画作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

バナー作成のおすすめ外注先5選とそれぞれへの依頼方法

名刺作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

チラシ作成でおすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

ホームページ作成の外注先3選とそれぞれへの依頼方法