在宅ワークを安全に始める方法と安全でおすすめな在宅ワークを紹介

働き方改革で、政府が副業を推進したことにより、自宅で好きな時間に働ける在宅ワークに注目が集まっています。

しかし、在宅ワークについて検索すると、「詐欺」や「危険」という言葉が出てくることもあり、「在宅ワークって大丈夫なの?」と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では、在宅ワークを安全に始める方法や、安全な在宅ワークの見極め方について解説していきます。

在宅ワークは危険なのか?

結論から言うと、在宅ワークは危険でありません。サイトやクライアント選びをきちんと行えば、在宅ワークの仕事は安全です。

なぜなら、悪質なサイトやクライアントには「仕事内容」や「求人募集の仕方」に特徴があるため、それらを避ければ安全な仕事を選ぶことができるからです。

「単純作業や人手が必要な業務は外部に依頼したい」という考えから、在宅ワーカーを募集している企業はたくさんあります。

次章から紹介するポイントを押さえて、安全なサイトやクライアントの元で在宅ワークを始めてくださいね。

安全な在宅ワークの仕事は「クラウドソーシングサイト」で探そう

安全な在宅ワークの仕事は、「クラウドソーシングサイト」で探すことをおすすめします。

クラウドソーシングサイトは、以下の3つの理由によりさまざまなリスクが少なく、在宅ワークが初めての人でも安心に行えるからです。

クラウドソーシングサイトとは?

「仕事を依頼したい企業」と「仕事をしたい人」の仲介をする業務委託のマッチングサービスを行うサイトのこと

1.報酬の支払いを仲介してくれる

クラウドソーシングサイトは、仕事の受発注だけでなく報酬の支払いも仲介してくれます。

クライアント(仕事の発注者)がクラウドソーシング(仲介サイト)に仮払いを済ませた後でないと、ワーカー(仕事を行う人)が実作業に入れない仕組みになっています。

そのため、「指示通りに仕事をしたのに報酬が支払われない」ということがありません。

2.違法性のある仕事の掲載ができない

クラウドソーシングサイトには利用規約があり、違法性のある仕事は掲載できません。

また、「商品の購入」「企業のメルマガへの登録」のような、業務委託以外を目的とする求人の掲載もできません。

クラウドソーシングサイトが仲介することにより、仕事内容がある程度ふるいにかけられているため、企業や個人が直接募集する仕事よりも安心と言えます。

3.クライアントに個人情報が知られない

クラウドソーシングの場合、電話やメール、LINE(ライン)、SNSなどの個人情報がクライアントに知られることがありません。

あなたのプロフィールも実名である必要はなく、ハンドルネームで登録できます。

さらに、クラウドソーシング上で仕事をする際のクライアントとのやり取りは、サイト内のメッセージ機能を使って行います。

また、クラウドソーシングサイトの多くは、クライアントとワーカーの直接連絡を禁止しているので、聞かれたとしても答える必要もありません。

※参考⇒ クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】

安全に在宅ワークの仕事をする6つのポイント

安全に在宅ワークの仕事をするポイントは、悪質なクライアントや業者が募集している求人かどうかを見極めることです。

この章では、悪質なクライアントや業者の特徴を知り、安全に在宅ワークの仕事をする方法を6つ紹介していきます。

1.「ユーザーの評価」「仕事の発注率」が低いクライアントは避ける

クラウドソーシングサイトでは、仕事を発注したクライアント、仕事を受けたワーカーの両方に評価がつきます。

ですから、評価を見れば悪質なクライアントを判別することができます。

通販サイトやフリマアプリに置き換えてみると分かりますが、星1つや星2つの評価は、よほど不誠実な対応をされたり、不快な思いをしなければ付けませんよね。

つまり、悪い評価が多くついているクライアントは、多くの方が不満を感じているクライアントだということです。

また、仕事の契約が成立した確率を示す「発注率」が低いクライアントも避けた方が無難です。

発注率が低いのは、悪い評価がつく度に退会と再登録を繰り返している可能性があるからです。

クラウドソーシングで応募をする前には、必ずクライアントの評価と発注率をチェックしてください。

2.報酬なしのトライアルテストを課すクライアントを避ける

報酬なしの「トライアルテスト」を課すクライアントとは契約しないようにしましょう。

トライアルテストとは、クライアントが継続して仕事を依頼したい案件や、1度に複数件の仕事を依頼したい場合に、ワーカーの適性やスキルを知るために行います。

アルバイトでいう試用期間のようなものです。

ライティング(記事作成)の募集ではよくありますが、報酬なしの場合は受けてはいけません。

初めからタダで原稿を手に入れる目的で募集をしている可能性があるからです。

例えば、「テストとして最初に1,000文字以上の文章を書いてきてください」といって、テスト納品した1,000文字の記事をタダで使われるケースなどが挙げられます。

本採用より金額は少ないとしても、きちんと報酬が発生するクライアントを選びましょう。

3.具体的な仕事内容がわからない求人には申し込まない

具体的な仕事内容が記載されていない求人は注意が必要です。

  • 契約後に予想外の仕事をさせられる
  • 報酬に見合わない仕事をさせられる
  • 違法行為やグレーゾーンの仕事をさせられる

といったリスクがあるからです。

例えばデータ入力なら、「どんなデータを」「何に入力して(例:エクセルファイルに)」「報酬はいくらか(例:1枚5円)」のように依頼内容や報酬が具体的に記載されている求人であれば安心です。

「スマホがあれば誰にでも簡単にできる仕事です」「詳しいお仕事内容は申込後にお知らせします」のように、何の仕事なのかわからない求人には応募しないでください。

4.初期費用のかかる仕事は受けない

求人への応募後に、教材費・研修費・機材費などの名目で初期費用が必要と言われた場合は、仕事を受けないようにしましょう。

「費用はかかるけれどもすぐに元が取れる」といった根拠のない利益保証や、「30日以内に利益が出なければ費用を返金する」のような申し出は詐欺の常套手段です。

健全な在宅ワークであれば、初期費用はかかりません。

万が一、上記のようなクライアントに遭遇した場合は、サイト運営元や消費生活センター(電話番号:188)に連絡しましょう。

5.条件の良すぎる求人は疑う

「簡単・ラクな仕事で高収入が稼げる」といった条件の良すぎる求人は疑いましょう。

好条件をエサにして応募者を募っている可能性があるからです。

「細かい条件がある案件は面倒」と思うかもしれませんが、例えばライティングの仕事なら、「◯◯文字に満たない記事は承認できません」「他のサイトの記事をコピペした記事はNGです」のように、報酬を得るための条件がきちんと記載されているクライアントの方が信頼に値します。

「超簡単な仕事で高収入」「頑張り次第で月に50万円稼げます」といったうたい文句や、メリットばかり強調している求人には応募しないでください。

6.敬語を使わないクライアントとは仕事をしない

敬語を使わない、メッセージのやり取りが馴れ馴れしいといったクライアントは要注意です。

ビジネスマナーが備わっていないクライアントとのやり取りは、

  • 指示が分かりにくい
  • 責任を押しつけてくる
  • 高圧的な態度を取る

のように、トラブルになったりストレスが溜まったりするため、安心安全に仕事ができないからです。

やり取りをするうえで、不信感があるクライアントの元では継続して仕事を受けないようにしましょう。

安全性の高いおすすめの在宅ワーク

在宅ワーク初心者でも始められる仕事から、本業としてしっかり稼ぎたい人向けの仕事まで、それぞれの安全性とおすすめポイントを紹介します。

タスクアンケート

タスクアンケートの仕事は安全な確率が高いです。

タスクアンケートは単発で、設問に対して回答する単純な仕事なので、クライアントとやり取りすることがないためです。

単価は低いものの、どのサイトでもアンケートの案件は多いので、コツコツと継続して仕事がしたい在宅ワーク初心者におすすめです。

※参考⇒ タスク・軽作業・事務の仕事・依頼一覧はこちら

クラウドソーシングを利用したライティング(記事作成)

ライティングは、求人サイトや個人のサイト、インスタグラムなどでも募集がある人気の在宅ワークです。

在宅ワークが初めての人は、安全性の高い「クラウドソーシングサイト」の利用をおすすめします。

クラウドソーシングなら万が一報酬の未払いが生じても、サイトが解決してくれるので安心です。

また、

  • 求人数が多い
  • 初心者や未経験者でも書ける簡単な記事もある
  • 記事作成のノウハウを教えてくれるクライアントもある
  • ライティングスピードが上がったり、良い記事をかけるようになれば高収入が得られる

といったメリットがあるのも魅力です。

※参考⇒ ライティング(記事作成)の仕事・依頼一覧はこちら

専門性の高い仕事

Webデザインやプログラミング、システムエンジニアといった専門性の高い仕事は、安全な在宅ワークと言えます。

在宅ワーク詐欺は、「スキルや経験がないけどラクに稼ぎたい」という心理につけ込んだものが大半だからです。

専門性の高い仕事の場合、一般的なクラウドソーシングサイトだけでなく、専門職に特化した在宅ワークの求人サイトもあります。

継続的に仕事を依頼されることもあり、在宅ワークだけで生計を立てることも可能です。

※参考⇒ システム開発・運用の仕事・依頼一覧はこちら

安全性に疑問のある在宅ワーク

以下の在宅ワークは安全性に疑問があるため、注意が必要です。

チャットレディ

チャットレディとは、TV電話のようにWEBカメラを使って画面越しに男性と会話をする仕事です。

  • 年齢不問
  • 在宅でできる
  • 好きな時間に働ける
  • 費用は一切かからない
  • 高額報酬が目指せる

といった理由から興味を持つ人も多いかもしれませんが、安全面では疑問があるためおすすめできません。

チャットレディ最大の不安材料は、「個人情報が守られない」ことです。

ネット上に自分の顔を公開するため、公開した画像や動画が流出する危険性があるからです。

一度画像や動画が流出すると、半永久的にネット上に残ってしまいます。

また、映像に映り込んでいる背景から自宅を特定されたり、相手の男性がストーカー化したりするなどのリスクもあります。

高収入に釣られて安易に始めることは避けましょう。

商品購入代行

商品購入代行とは、指定された商品を依頼者に代わって購入する仕事です。

商品を購入するだけなので誰でも簡単にできますが、

  • 立て替えた商品代金が支払われなかった
  • 指定された商品を購入してコメントするステマの仕事内容だった
  • 定期コースの商品購入の案件で解約を忘れ、自腹をきることになった
  • 個人情報を悪用して、高額な購入契約をさせられた
  • メルマガやDMが頻繁に届くようになった
  • 取り込み詐欺や荷受け詐欺などの案件だった

といったトラブルの報告が多数寄せられており、2017年には逮捕者も出ています。

現在、取り締まりが厳しくなっているので、商品購入代行としての仕事募集は行われていませんが、応募してみたら商品購入代行だったというケースがあるので注意してください。

まとめ

在宅ワークの注意点や不安点をいろいろとご紹介してきましが、大半のサイトやクライアントはきちんとした会社なのでそれほど心配はいりません。

以下の点に気をつけて、安全に楽しく在宅ワークを始めましょう。

【在宅ワークを選ぶ際の最重要ポイント】

  • 大手で実績のあるクラウドソーシングサイトや求人サイトを選ぶ
  • クライアントの「評価」や「発注率」をチェックする
  • 初期費用がかからない仕事を選ぶ
  • 条件が良すぎる求人は注意する

関連記事

正社員でもリモートワークしやすい職種やメリット、デメリット

リモートワークにオススメの便利ツール17選

フリーランスでも貰える助成金や補助金とは?種類や申請方法、メリット・デメリットも解説!

在宅ワーカーの93%が悩みを抱えている?在宅ワーク経験者1000人にアンケート調査

在宅ワークは本業にできる?本業におすすめの在宅ワークを紹介

月収5万~10万円以上の在宅ワーカー80名の口コミ!高収入を稼げる在宅ワークを徹底調査