Excel(エクセル)作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

「Excel(エクセル)で処理すべきデータが多すぎて残業が終わらない」「VBAでマクロを書いて業務を効率化したいけどスキルがない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。

結論から言うと、エクセル作成はフリーランスや企業に外注するのがおすすめです。

なぜなら、効率よくエクセル作成業務を代行してくれるエクセル専門のワーカーが大勢いるからですね。

この記事では「エクセル作成におすすめの代行外注先4つとそれぞれへの依頼方法」「外注依頼時の費用相場」「外注依頼時のコツ」「メリット・デメリット」をご紹介します。

記事を読み終わる頃には最適な外注先と、依頼する際の注意点がわかることでしょう。

エクセル作成におすすめの代行外注先4つとそれぞれの特長・依頼方法

エクセル作成におすすめの代行外注先4つとそれぞれの特長・依頼方法
エクセル作成におすすめの外注先として4つの選択肢をご紹介します。

  • クラウドソーシング
  • Craudiaアシスタント
  • クラリテ
  • HELP YOU

それぞれの外注先の特長を見ていきましょう。

とにかく安価に外注したい人=「クラウドソーシングのクラウディア」

クラウドソーシングとは、仕事を外注したい人と受注したい人をマッチングするネットワークサービスのことですね。

クラウドソーシングのクラウディアは、とにかく安価な価格でエクセル作成を外注依頼したい人に利用されています。

なぜなら、在籍している人の多くが実績作りを目的とするフリーランスのワーカーで、企業より安い金額で案件が受注されるからです。

例えば、クラウディアでエクセル作成のワーカーを探す場合、

「仕事を依頼する」
>「タスク・軽作業・事務」
>「リスト作成」や「データチェック」などのエクセル作業内容

を選択してエクセル作成が代行可能なワーカーを募集してみましょう。

応募してきたワーカーの経歴や過去の実績を見比べて、信頼できそうな人を採用できます。

企業から派遣されるワーカーに依頼するのと違い、クラウディアに登録している大勢のワーカーの中からワーカーを選べるのも優れた点ですね。

また、採用したワーカーとはサービス内のチャット機能で連絡を取りあい、作業内容や納品形式をくわしく共有することも可能です。

さらにクラウディアでは、本人確認や仮払い制度などを導入することにより、トラブル発生を未然に防ぐ対策もとっています。

クラウディアを利用して、手頃な価格でエクセル作成を外注依頼しましょう。

【クラウドソーシング】サービスはこちら

長期にわたって仕事を外注したい人=「Craudiaアシスタント」

Craudiaアシスタントは、長期に渡ってエクセル作成を外注したい人に広く利用されていますね。

なぜなら、価格が安価で、サービスの質も充実しているからです。

たとえば社員を雇う費用(業界標準)の半分くらいのコストで、高い実務能力のオンラインアシスタントがエクセル作成を代行してくれます。

また、依頼する業務量に応じて柔軟に料金プランを変更できるので、忙しい時期とそうでない時期のギャップで契約内容に不満を感じることもありません。

さらに、最初の初期限定無料トライアル期間があるため、担当するアシスタントの実力を見極めてから契約できます。

なお、通信の暗号化や最新のセキュリティソフトの導入を行っているので、セキュリティのリスクにも十分配慮しています。

Craudiaアシスタントは、長期に渡ってエクセル作成を外注する人に広く利用されています。

安さとサービスの質を両立していてセキュリティにも気を遣っているからですね。

長期にわたって仕事を外注したい人は下記より見積もりの問い合わせをしましょう。

【オンラインアシスタント】サービスはこちら

エクセルが苦手で丸ごと任せたい人=「クラリテ」

クラリテは、エクセルが苦手で丸ごと任せたいという方に利用されていますね。

なぜなら、希望の内容やイメージを伝えれば、要望とおりの成果物を作成してくれるからです。

たとえば、エクセルファイルを使用する業務を引き継いだ後の使い方が分からないときに使い方の説明や、よりシンプルなツールの開発をしてくれます。

また、人件費を抑えての高品質低価格を実現できていますね。

単純な業務は在宅のスタッフや海外のワーカーで対応し、複雑な作業は経験豊富な社内スタッフが作業できるからです。

エクセルが苦手で丸ごと任せたいという方はクラリテのホームページから見積もりの問い合わせをしましょう。

クオリティの高いオフィス業務代行サービスを求める人=「HELP YOU」

HELP YOU はクオリティの極めて高いオフィス業務代行サービスの企業として利用されています。

なぜなら、採用率1%の優秀なアシスタントが業務を担当してくれるからです。

導入事例の紹介をみると、300社以上から平均継続利用率98%という高い実績があるとわかります。

100名以上の大企業だけでなく1〜10名規模のスタートアップ企業でも利用されています。

また、エクセル作成以外にも、「経理/総務」「人事/採用」「営業サポート」「ECサイト/ メディア活用」「カスタマーサポート」など幅広いオフィス業務に対応してくれます。

さらに、定期的な顧客満足度ヒアリングをもとに、それぞれの会社の課題に柔軟に対応したオリジナルサービスを提供してくれますね。

まとめると、選抜された優秀なアシスタントが会社の課題を把握して、クオリティの高いサービスを提供してくれるのがHELP YOUの強みです。

クオリティの高いオフィス業務代行サービスを求めるならHELP YOUのホームページから見積もりの問い合わせをしましょう。

関連記事:スプレッドシート作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

関連記事:資料作成におすすめの外注先7選とそれぞれへの依頼方法やコツ、メリット・デメリット

エクセル作成を外注依頼時の費用相場は「2000円〜100万円」と幅がある

結論からいうと、エクセル作成を外注依頼時の費用相場は2000円〜100万円です。

費用に幅があるのは、エクセルが単純作業から高度な自動化システムまで対応できる汎用性の広いソフトだからですね。

たとえばデータ整理やリスト化などの単純作業なら数万円以内で安価に外注できるのに対して、システム開発のような高度なエクセル作成依頼ほど、スキルのある人材の人件費がかかって10万〜100万円と高額になります。

費用を抑えたい場合は、企業よりもクラウドソーシングで個人のフリーランスに依頼した方が安価に外注できる可能性は高いです。

また、納期を急いだり、機能を追加したりすると追加でのオプション費用がかかることもあるので、注意してください。

エクセル作成を外注依頼する際の2つのポイント

エクセル作成を外注依頼する際のポイントは次の2つです。

  • 「いつまでに」「何を」依頼するか、要件を明確にする
  • 最も条件に合った外注先を選べるように複数の見積もりを取る

順番にご説明します。

「いつまでに」「何を」依頼するか、要件を明確にする

結論からいうと、いつまでに何を依頼するか、依頼する前に要件を明確にすることが大切です。

外注先と明確なイメージ共有ができていないと、希望よりも多くの工数がかかったり、期待通りのエクセルデータが納品されなかったりするからです。

見積もりを取る前に、下記のような内容をできるだけ具体的にしましょう。

  • エクセル作成依頼の目的・目標
  • いれてほしい機能やその優先順位
  • 予算
  • 希望する納期

要件を明確にし、外注先と共通認識を得ることで、最適な外注先が見つかり、期待通りのエクセルデータを納品してもらえるはずです。

最も条件に合った外注先を選べるように複数の見積もりを取る

納得のいくサービス・費用でエクセル作成をしてくれる外注先を見つけるために、複数の見積もりを取りましょう。

なぜなら、ワーカーや企業は競合により費用やサービスを多様に差別化しているからです。

ひとくちにエクセル作成の業務と言っても、企業によって少しずつ強みが異なります。

  • 費用が安い
  • 無料お試し期間がある
  • 料金据え置きで追加の業務にも対応してくれる

なお、予算や期待するエクセル作成業務を伝えるだけで複数社の相見積もりを一括で取ってくれるサービスもあります。

外注したいエクセル作成業務の内容や予算が決まったら、一括で見積もりを依頼してみましょう。

エクセル作成を外注依頼するメリット3つ

エクセル作成を外注依頼するメリット3つ
エクセル作成を外注依頼するメリットは次の3点です。

  • 時間コスト削減や仕事の効率化・業務改善につながる
  • プロに任せるため、エクセルでありがちなミスが減る
  • 内製化することによっておこるエクセル作成業務のリスクが減らせる

時間コスト削減や仕事の効率化・業務改善につながる

時間コストの削減や仕事の効率化、業務改善できるのがエクセル作成を外注するメリットの1つです。

外注して余った時間を社内でしかできない生産的な業務に回したり、仕事を効率化するエクセル作成を外注して業務改善につながったりするからですね。

たとえば、商品データの販売データ集計を外注することで浮いた時間を、商品の改良やマーケティング戦略の改善に使えます。

また社内の担当者にスキルがなくても、外注先で作業を自動化できるマクロを組んでもらうことで業務の効率化をはかれます。

エクセル作成の業務が頻繁に発生するなら社内に専任のワーカーを雇う選択肢もアリでしょう。

しかし外注先のクオリティや料金によっては、専任のワーカーを立ち上げるよりも効率よく安価に仕事を進めていけますよ。

時間コストを節約して、業務改善できるのもエクセル作成を外注するメリットと言えるでしょう。

プロに任せるため、エクセルでありがちなミスが減る

プロに任せることで、エクセル作成でありがちなミスが減るのも外注依頼のメリットです。

なぜなら、エクセル作成を専門に担当するプロはミスしやすいポイントを把握しているからですね。

たとえば、営業実績のリストを更新したときにコピーペーストや範囲指定のミスで項目の重複や漏れが発生する場合があります。

プロに任せることで、エクセル作成でありがちなミスを減らしましょう。

内製化することによっておこるエクセル作成業務のリスクが減らせる

外注することで、内製化によっておこるエクセル作業業務のリスクが減らせます。

内製化していると、会社や従業員の都合で突然のリソース不足が生じることがあるからですね。

たとえばエクセル作成を社内で内製化していると、エクセル作成業務の担当者が突然退職した場合に代わりの担当者を採用しなおすまで業務が回らなくなります。

また、新たな社員を採用するのにもコストがかかりますね。

エクセル作成を外注すれば、長期間安定してエクセル作成業務を回せます。

エクセル作成を外注依頼するデメリット2つ

エクセル作成を外注依頼するデメリット2つ
エクセル作成を外注依頼するデメリットは下記の2点です。

  • 自社にエクセル作成のノウハウが残らない
  • データ流出など情報セキュリティ上のリスクがある

以下で詳しくご説明します。

自社にエクセル作成のノウハウが残らない

エクセルは世界中で広く使われているソフトで、使い方の解説をしているブログや書籍も豊富に存在します。

自社にエクセル作成のノウハウが残らないのはデメリットと言えます。

外部に丸投げすることで、社内でエクセル作成業務を学ぶ機会を失ってしまうからですね。

たとえば、外注依頼して得られたマクロを修正して別の用途で使いたいとき、社内にマクロの中身をわかっている人がいたほうがメリットあります。

なぜなら軽微な修正のたびに外注依頼することになるからですね。

上記のように、自社にノウハウが蓄積されないことはデメリットの1つと言えるでしょう。

データ流出など情報セキュリティ上のリスクがある

デメリットの2つ目は、情報セキュリティ上のリスクがあるという点です。

なぜなら、流出しては困るようなデータを外注先に提供せざるを得ない場合があるからですね。

たとえば「顧客情報」「市場調査のデータ」「経理関連データ」など、流出すると信頼や優位性、社員のプライバシー侵害に関わるデータがたくさんあります。

また、セキュリティ上のリスクがあるデータはなるべく外注先に出さないのは基本ですが、やむを得ず提供する場合は、しっかりとしたセキュリティ対策を取っている外注先に依頼するのがおすすめです。

エクセル作成を外注依頼する際は、セキュリティのリスクが生じるので注意しましょう。

まとめ

「Excel(エクセル)作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法」「外注依頼時の費用相場」「外注依頼時のコツ」「メリット・デメリット」をご紹介しました。

エクセル作成を外注することで社内のコストを削減したり、業務の効率化のためのツールを入手できたりします。

どのような業務を外注したいか明確にして相見積もりを取り、自分のニーズに最適な外注先を選びましょう。

この記事が、エクセル作成の外注先でお悩みの方にとってなんらかのお役に立てましたら幸いです。

【クラウドソーシング】サービスはこちら

【オンラインアシスタント】サービスはこちら

関連記事:スプレッドシート作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

関連記事:資料作成におすすめの外注先7選とそれぞれへの依頼方法やコツ、メリット・デメリット

月間新規会員登録1,000人以上(※1)!日本最大級のクラウドソーシング「クラウディア」
国内はもとより世界中から、希望条件にマッチしたワーカーへ仕事を依頼。発注から納品まで全てクラウディアで完結できます。3分でカンタン無料会員登録。
※1) 2022年6月時点、当社調べ

関連記事

インフォグラフィック制作におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

会社名を決めるときのポイント4つ!参考となるアイデアやネーミング例も紹介

スプレッドシート作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

美容ライターの業務委託におすすめの外注先2選!費用相場や依頼事の注意点も解説

Facebook運用代行のおすすめ外注先3選!費用相場や依頼する際のコツも解説

Instagram運用代行におすすめの外注先3選!依頼する際のコツも解説