記事作成代行サービスの依頼相場と依頼費用を決める際に注意すべきポイント

記事作成代行サービスの外注を検討する際、多くの人が悩むポイントの一つが「費用をいくら支払えばいいのか?」という問題です。

「費用相場が分からない」「依頼内容に合った料金設定が分からない」という問題から、なかなか発注に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

実は記事作成代行サービスの費用というのは、依頼するジャンルや作業内容によって相場が存在します。

この記事では「記事作成の種類」「依頼する作業内容ごとの相場」や、費用を算出する際の注意点を紹介していきます。

【種類別】記事作成代行サービスの依頼相場

記事作成代行サービスの費用は、記事の種類が一つの料金の基準になります。

具体的にいくらかかるのかを見てみましょう。

WEBコラムは文字単価1円から

WEBコラムの執筆を記事作成代行サービスへ依頼したい場合、外注料金はおおむね文字単価1円からとなります。

仮に3000字のボリュームであれば、3,000円が最低価格です。

「1円から」としているのは、作成代行する記事の難易度に応じて、価格が変動するためですね。

案件の難易度やライター自身の知名度に応じて、文字単価5円以上の発注となる場合もあります。

専門知識の必要ない記事であれば、文字単価1円から2円程度の依頼となることが多いです。

SEOコンテンツの料金は文字単価1円から

SEOコンテンツを記事作成代行サービスへ依頼した際の料金も、文字単価1円程度から発注が見られます。

こちらも難易度に応じて費用に差があり、高額な場合は文字単価10円超での発注も見られますね。

SEOコンテンツを発注する際に必要となる費用の基準のひとつは、ライターに要求するSEOの知識・経験です。

SEO記事を作成するためのマニュアルを用意できる場合は、低めの料金で経験の浅いライターに発注するのも一つの方法となりますね。

一方、発注側にSEOの知見がなく、マニュアルの作成や指示出しが難しいのであれば、予算を多めに用意しSEOに慣れているライターを選んだ方がよいでしょう。

※参考⇒ 初心者向けSEO記事の書き方をやさしく解説

取材記事は一本15,000円から

取材記事の料金は一本15,000円程度からです。

コラムやSEOコンテンツと比較して最低料金が高いのは、記事作成にかかる手間を反映しているため。

取材記事では「取材先の選定」「アポイントメントの取り付け」「インタビュー」「文字起こし」など、記事の作成以外にも付随する作業が発生します。

この分が上乗せされていると考えてください。

なお、取材先の選定から納品までを一人のライターが担当しないケースもあり、その場合は作業が減る分料金も安くなります。

※参考⇒ インタビュー取材記事作成の流れや書き方

タスクアンケート記事は文字単価1円以下

クラウドソーシングの「タスクアンケート」で得た内容をWEBメディアの記事内に使用する人も多いです。

タスクアンケートのテーマによっても相場差ありますが、文字単価1円を超えることはほぼありません。

なぜなら、タスク自体がアンケート機能であって、純粋な記事作成代行サービスとは言えないからですね。

記事作成代行サービスとしての料金ではなく、アンケートとしての料金となるため、他の選択肢よりも相場は低いです。

ただし、アンケートと言っても、発注者側の質問自体が具体的かつ優れていると、記事代行サービスに負けないレベルに役立つ回答が集まることも少なくありません。

他にも、集まったアンケート結果を元に調査データ記事を作成するケースも多々あります。

※参考⇒ 質問・アンケートの仕事・依頼一覧はコチラ

記事作成代行サービスに付随する作業の依頼相場は?

記事作成代行サービスを依頼してから完成するまでには、記事作成の他にも付随する作業が発生します。

この「付随作業」を外注する場合、記事作成とは別に料金が発生しますね。

どんな作業にいくらかかるのか、具体的に確認してみましょう。

リライトの料金は元の原稿料の半分から一本分程度

リライトとは、過去の記事や他のライターの作成した記事の手直しのことを指します。

リライトを外注する場合、料金はおおむね元の記事の半分から一本程度です。

料金に幅があるのは、リライトの内容に応じて作業量が変わるからですね。

リライトの作業量は「記事に掲載している情報の更新」から「構成はそのままにほぼ書き直し」まで案件によって様々です。

最初から書き直すのであれば労力もかかってくるため、新規記事の発注と同じ程度の料金になることもあります。

文字起こしの料金相場は1分100円前後が目安

文字起こしの料金は1分につき100円程度がひとつの目安になります。

30分の音源であれば3,000円程度の料金です。

文字起こしは「テープ起こし」とも呼ばれる作業で、インタビューやセミナーの音源を打ち込んで文章データにすることですね。

文字起こしの発注で注意が必要なのが「長い音源を未経験者には頼まない方がよい」という点。

というのも「音声を聞きながらひたすら内容を打ち込む」という作業は、人によっては非常に辛い作業だからです。

耐えきれずに途中キャンセルされることもあるため、30分以上の長い音源は経験者に頼むのが無難ですね。

テープ起こしを依頼するのであれば、クラウドソーシングがオススメです。

発注すれば高確率で応募が集まるし単価も安いため、テープ起こし業者への依頼するよりも手間と費用がかからないためですね。

なお、依頼時のコツとしては、期限を3日以内など短期間にすることです。

テープ起こしの経験が豊富な方であれば、納期まで3日でも普通ですが、未経験者やまだ経験の浅い初心者がするには抵抗感がある日時設定なためですね。

筆者の経験則となってしまいますが、納期を3日以内に区切ってから、途中キャンセルもなくなったうえに、ケバ取りなどもしっかりされている上級者の文字起こし記事が納品されるようになりました。

テープ起こし・文字起こしの仕事・依頼一覧はコチラ

校正の料金相場は一本1,000円から

記事の校正作業は、一本1,000円から5,000円程度が料金相場です。

校正の料金は「どこまでチェックしてもらうか」という点で変化します。

「誤字脱字をチェックする」程度であれば、料金は低めに設定しても問題ないでしょう。

一方で、記事中に記載されている情報の裏取りや、隅から隅まで言葉の使い方のチェックをおこなうのであれば、手間も時間もそれなりに高くなるので料金も上がります。

弁護士への「リーガルチェック(※)」や、薬事ライターなどに「薬機法」のチェックなどは、1記事あたり5万円以上かかる場合もあります。

※補足情報:リーガルチェックとは、記事内容が法的に問題ないかどうかを、弁護士や司法書士などにチェックしてもらう行為です。

弁護士が契約書類の作成費用と同料金を設定している場合もあるためですね。

校正の依頼を検討するのであれば「どこまでのチェックを外注するか」を基準に検討してみてください。

監修費用は監修者ごとに異なるため相場を出すのは難しい

書籍や雑誌の記事やWEBメディアの記事に対して専門家による記事監修依頼するケース多いです。

監修依頼の金額は監修者がこれまでに積み上げてきた知名度や実績で差が大きいため、決まった相場感はありません。

金額自体も監修者自体が決めるため、見積もり金額は個人差大きいです。

あくまで筆者の経験則での話となってしまいますが、専門家だと安い方だと5,000円~20,000円、テレビなどいくつものメディアに取り上げられている人で50,000円~数十万円。

さらに、多くの人が名前を知っているような芸能事務所に所属している有名人になると、年間数百万円以上で一年更新となるケースもあります。

更新しない場合、監修者として記事掲載できなくなります。

「なぜ、そんなに高いのか?」と疑問を感じた方もいると思います。

監修費用に合わせて画像や名前を使用する「肖像権」の費用分も追加されるためですね。

アイドルやタレントに監修依頼する場合は、監修費用というよりもむしろ「広告」と考えたほうが良いでしょう。

記事作成代行サービスの依頼費用を決める際に注意するポイント

記事作成代行サービスを依頼する予算を組むとき、いくつか注意が必要なポイントが存在します。

  • 発注先ごとの依頼料金の違い
  • 予算と品質の関係
  • 報酬と記事作成の難易度について

それぞれ詳しく確認していきましょう。

発注先によって依頼料金は変化する

記事の内容や依頼する作業範囲のほか、「どこに発注するか」という点でも料金は変動します。

というのも、依頼先によって費用の相場や性質が異なるためですね。

記事作成を発注するとき、候補に挙がる発注先は主に以下の三種類です。

クラウドソーシングサイト 個人に対する発注の仲介サービス。
低予算でもライターが見つかりやすい一方、ライターによって品質にムラが出やすい。
フリーランス WEBで活動しているフリーランスへの直接依頼。
代行業者より安くプロのライターに出会える。ライター選びがキモとなるため、過去の実績を提示できる人に絞るのがおすすめ。
代行業者 記事作成の代行を請け負う会社に依頼する。品質や納期を保証してくれるため、個人への依頼と比べて安心感が高い。進行管理が必要な分依頼料は高め。

発注先にはそれぞれ特徴があるため、使える予算を考慮したうえ、もっとも適したものを選んでください。

会員数100万人以上のクラウドソーシングCraudia(クラウディア)

予算を削りすぎると記事品質に影響する

安価での依頼にこだわりすぎると、記事品質が低下する恐れがあります。

というのも、受注する側からすると、低料金の仕事は数をこなさなければまとまったお金にならないからです。

結果として一件あたりにかけられる時間が少なくなるため、記事品質の低い記事になってしまう危険があります。

記事の量より質にこだわりたいのであれば、ある程度予算を確保しておきましょう。

具体的には、個人への依頼の場合は「文字単価2円」から、代行業者に依頼するのであれば「文字単価3円」程度からを目安にしてください。

報酬は記事の難易度が一つの基準になる

報酬を考えるうえで、一つの基準になるのが記事の難易度です。

というのも、専門知識の必要な記事は、担当できるライターが少ない分相場が高いからですね。

たとえば「医療」「不動産」「法律」などは、品質の高い記事を書くには知識が必要なので低単価で依頼するのは難しいでしょう。

一方、専門知識の必要ないジャンルであれば、低めの単価でも依頼できることがあります。

「依頼するライターにどの程度のレベルを求めるのか」「専門知識はどの程度必要なのか」という点を明らかにし、予算を決定してみてください。

初めて記事代行サービスを外注するなら業者依頼がおすすめ

初めて記事作成代行サービスを利用するのであれば、最初は記事作成代行業者への外注がおすすめです。

というのも、発注に付随する「案件の進捗管理」「ライターの選定や依頼」といった面倒な内容を代わりにやってくれるからです。

記事の品質に納得いかない場合は修正を依頼できますし、万が一担当ライターが書けなくなったときも自分で代わりを探す必要がありません。

個人でライターを探すときと比較して、納品までに発注者側で必要な作業が少ないため非常に楽ですよ。

依頼内容に応じて見積もりを取ることができるので、一度検討してみてください。

関連記事

スマホで記事作成の仕事をする場合のスマホ活用術とおすすめツールやアプリ

記事作成でコピペは厳禁!無料で使えるコピペチェックツールも合わせてご紹介

記事作成でお小遣い稼ぎは可能?仕事はどこで探す?

外注ライターへ記事作成依頼用のマニュアルは必要?どうやって作る?

インタビュー取材記事作成の流れや書き方

ブログ記事の作成代行サービスとは?どんな依頼ができる?