文字起こしにおすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

「会議の議事録作成に時間がかかる」「インタビューした音声ファイルを少ない工数で記事にしたい」というお悩みはありませんか?

時間や工数を節約したいなら、音声ファイルからテキストファイルにする文字起こしの工程を外注するのがおすすめです。

なぜなら、文字起こしを専門にするプロのワーカーが大勢いるからですね。

この記事では「文字起こしにおすすめの外注先4選」「文字起こしの形式」「外注依頼時のコツ」「外注依頼するメリット・デメリット」をご紹介します。

記事を読み終わる頃にはどの外注先に文字起こしを依頼すればよいか、外注依頼時にどのようなことに気をつけたらよいかがわかるでしょう。

文字起こしにおすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

まず文字起こしにおすすめの外注先4選をご紹介します。

  • 安価に外注したいならクラウドソーシングで個人ワーカーに任せるのがおすすめ
  • 東京反訳は信頼と実績のある会社として多くの法人に利用されている
  • テープリライトは高いクオリティを求める人に利用されている
  • VoXTは音声認識AIを用いた格安の文字起こしサービスを提供している

安価に外注したいならクラウドソーシングで個人ワーカーに任せるのがおすすめ

安価な価格で外注したいなら、クラウドソーシングで個人ワーカーに任せるのがおすすめです。

なぜならクラウドソーシングにはテープ起こしのできるワーカーが大勢おり、法人よりも安価な価格で仕事を請け負っているからです。

例えば、クラウドソーシングサービスのクラウディアで探す場合、「タスク・軽作業・事務」のカテゴリから「テープ起こし・文字起こし」を選んで外注したい案件を公開募集できます。

応募してきたワーカーのプロフィールや実績を見比べて、仕事を任せたい人を選びましょう。

また、チャットボットが充実していて、わからない点があれば選択肢の中から質問を選ぶだけで必要な情報を提示してくれます。

さらにクラウディアでは、本人確認や仮払い制度などを導入することにより、トラブル発生を未然に防ぐ対策もとっています。

個人ワーカーに安価な価格で文字起こしを外注依頼するなら、クラウドソーシングのクラウディアを利用しましょう。
https://www.craudia.com/mypage/top

東京反訳は信頼と実績のある会社として多くの人に利用されている

東京反訳は「省庁」「民間企業」「医療機関」をはじめとする信頼度の高い取引先と、年に2万件以上の取引実績と多くの人に利用されています。

なぜなら社内の試験をクリアした質の高いワーカーが、業界最大規模の700人もいるからですね。

たとえば東京反訳のワーカーたちは全てNDA(秘密保持契約)を交わしている上、さらに高いセキュリティを要する内容については「セキュリティルームプラン」で作業をします。

社外に出せないデータに関しては、出張作業を行ってくれるサービスもありますよ。

また文字起こしにまつわる一連の作業を全て代行してくれるサービスも有り、英語の会議なら、動画の文字起こしから翻訳と字幕挿入までをワンストップで対応してくれます。

さらに近年ではAI学習用のデータを文字起こしで作成するなど、世間のニーズの変化に柔軟に対応。

質の高いワーカーが高いセキュリティで守られた仕事環境の中で文字起こしをしてくれる、ことから、音声データの外部流出を避けたい人に便利なサービスと言えるでしょう。

外注依頼する場合は、東京反訳のホームページから問い合わせ可能です。
https://8089.co.jp/

テープリライトは高いクオリティを求める人に利用されている

テープリライトは高いクオリティの文字起こしを求める人に利用されています。

なぜなら、ライターと校閲者の2人体制で文字起こしを行い、原稿の質を担保しているからですね。

たとえば、「会話部分をカットせず読みやすい文章にしてほしい」という人や、「不要な雑談はカットして、前後の流れが自然になるようにしてほしい」という人など、個々のニーズに柔軟に対応してくれます。

また、「医薬業界」「裁判関連」「外国語」の文字起こしに専門性があり、専門用語でも対応してくれます。

上記理由から、テープリライトは、高いクオリティと柔軟な対応を期待する人に利用されていますね。

外注依頼する場合は、テープリライトのホームページから問い合わせ可能です。
https://www.taperewrite.co.jp/

VoXTは音声認識AIを用いた格安の文字起こしサービスを提供している

VoXT(ボクスト)は音声認識AIを用いて格安の文字起こしサービスを提供するサービスです。

格安の理由は、音源を自動でテキストへ変換するため人の手を介さないからですね。

たとえば「VoXTセルフプラン」なら、1分33円と破格の値段で音声ファイルをテキストに変換してくれます。

無料アプリをダウンロードして音声ファイルを読み込ませると、テキストに変換される仕組みとなっています。

ただし、音声の不明瞭なところや専門用語については完璧に文字に起こすことはできないので、精度が悪い箇所については自分で修正する必要がありますね。

なお人の手で文字起こしをする「VoXTフル」というサービスもありますが、こちらは他社と同様の費用がかかります。

簡単な音声ファイルをAIを使って安く文字起こししたい方にVoXTは選ばれています。

外注依頼する場合は、VoXTのホームページから問い合わせ可能です。
https://voxt.jp/

文字起こしの形式

文字起こしを外注する際、下記の3つの形式があります。

素起こし 不要な語句や重複した単語をなるべくそのまま残し、会話の雰囲気を表現する形式です。
ケバ取り 音声から、あいづちなどの意味のうすい語句や、重複した単語を除いた文章をつくる形式です。
整文 ケバ取りした文章の口語表現を文語表現に直したり、ですます調に直したりする形式です。

予算面では、安価な形式から順に、「ケバ取り」「素起こし」「整文」となります。

素起こしの方が予算の高い理由は、意味のうすい語句もタイピングする分だけ工数がかかるからですね。

用途に合わせて最適な形式で文字起こしを外注しましょう。

文字起こしを外注依頼時の費用相場は1分あたり200〜300円

結論から言うと、文字起こしを外注依頼時の費用相場は音声1分あたり200〜300円です。

たとえば30分の講演テープを文字起こしすると6,000〜9,000円かかります。

また、音声の長さではなく文字数で費用を決める場合もあり、1文字1円程度が相場となっています。

さらに、希望する納期が短い場合や専門性を要するジャンルの場合は追加料金が発生するケースもあります。

300円〜600円ほどかかるので、なるべく納期に関しては余裕を持って外注依頼しましょう。

まとめると、文字起こしを外注依頼時の費用相場は音声1分あたり200〜300円で、納期やにジャンルによっては300円〜600円ほどかかります。

文字起こしを外注依頼する際の3つのコツ

文字起こしを外注依頼する際には3つのコツがあります。

  • 納品物の内容や用途をしっかり把握する
  • 専門性やセキュリティが求められるなら法人に外注する
  • 相見積もりを取る

納品物の内容や用途をしっかり把握する

文字起こしを外注する上で最初にすべきなのは、納品物の内容や用途をあらかじめ把握しておくことです。

なぜなら、内容や用途を明確にすることで、どの外注先のどのようなサービスを選べばよいかはっきりするからです。

たとえば2時間を超える音声ファイルの文字起こしを短納期で依頼するなら、個人ワーカーに任せるのは分量的に難しいので、必然的に法人の外注先へ依頼することになるでしょう。

また専門用語を含んでいるもののなるべく安価に済ませたいという案件なら、その専門分野の知識がある個人ワーカーを探すというプランも考えられます。

外注する前に、納品物の内容や用途をあらかじめ把握して、適切な外注先にコンタクトを取りましょう。

専門性やセキュリティが求められるなら法人に外注する

文字起こしに専門性やセキュリティが求められるなら法人に外注しましょう。

法人は様々な専門分野に対応できるワーカーを抱えていますし、作業のセキュリティ強化にも責任を持って取り組んでいるからですね。

たとえば、多くの法人は「医薬業界」「裁判関連」「学術関連」「外国語」などの専門性を求められる分野に対応しています。

またセキュリティ面では、ネットワークの制限された部屋で作業したり、出張先のPC内で作業を完結させたりするサービスを行う法人もあります。

高いクオリティのサービスに対応してくれる個人ワーカーを見つけるのは大変なので、文字起こしに専門性やセキュリティが求められるなら法人に外注しましょう。

相見積もりを取る

文字起こしを外注する際は、複数の見積もりを取って自分に最適な外注先を見つけましょう。

相見積もりを取ることで、適切な相場の把握や、各外注先の強みと弱みの把握につながるからです。

たとえば法人であれば、各法人のWebサイト上で手軽に見積もりを作成できるツールを用意しているところが多いです。

音声ファイルの長さや納期、用途を入力すれば、予算が表示されます。

自分の予算や期待する納品物のイメージをよく検討し、複数の外注先にまとめて見積もりを依頼してみましょう。

文字起こしを外注依頼する2つのメリット

文字起こしを外注依頼するメリットは下記の2点です。

  • 時間の節約になる
  • プロが最適な文章に直してくれる

順番にご説明します。

時間の節約になる

時間コストを節約できるのが文字起こしを外注するメリットの1つです。

余った時間を社内でしかできない他の業務に回せるからですね。

たとえば1分の音声ファイルを文字起こしするのに通常3〜6分の時間がかかります。

これは文字起こしに慣れているワーカーの例で、不慣れな初心者の場合はより多くの時間がかかるでしょう。

ただし、ワンストップで全ての作業を任せる場合でも、納品物の最終確認は怠らないようにしましょう。

時間コストを節約して、余った時間を他の業務に回せるのが文字起こしを外注するメリットです。

プロが最適な文章に直してくれる

文字起こしを外注するもうひとつのメリットは、プロが顧客のニーズを汲んで最適な文章に直してくれることです。

「あー」「えー」といった相槌や言い間違えを削る、ケバ(不要箇所)取り作業だけではありません。

たとえばフォーマルな会議の議事録なら、なるべく無駄な部分を削ぎ落として要点を抑えた整文にしてくれるでしょう。

逆に著名人との対談の様子をネット記事にする場合、口語表現をそのまま書いて素起こしの形式にしたり、文末に(笑)を挿入したりすることで和やかな会話の様子を表現することができますね。

「外注依頼する際のコツ」の項でも触れたように、文字起こしの納品物をどのような用途で利用したいかを考えて、ワーカーに明確に伝えることが重要です。

プロの手で、ニーズに合った最適な文章にしてもらえるのが文字起こしを外注するメリットです。

文字起こしを外注依頼するデメリット

文字起こしを外注依頼するデメリットは下記の2点です。

  • 費用や外注先とのやり取りの手間がかかる
  • 適切な外注先を選ばないと、納品物の質やセキュリティにリスクが生じる

それぞれ詳しくご説明します。

費用や外注先とのやり取りの手間がかかる

費用や外注先とのやり取りの手間がかかるのが文字起こしを外注依頼するデメリットの1つ目です。

外注先のワーカーの人件費がかかりますし、外注先を選別して必要な情報を伝える工程にも時間がかかるからですね。

何度も同じ形式で外注するならともかく、短時間で終わる単発の文字起こし作業をわざわざ外注すると、場合によってはコストが割高になる恐れもあります。

社内で発生する(工数×人件費)と外注時の費用を比較して、外注すべきかどうか判断しましょう。

適切な外注先を選ばないと、納品物の質やセキュリティにリスクが生じる

文字起こしを外注するデメリットの2つ目は、適切な外注先を選ばないと、納品物の質やセキュリティにリスクが生じるという点です。

なぜなら、誰でも対応できる案件と、専門性やセキュリティの求められる案件もあるからですね。

たとえば専門用語の含まれる音声ファイルの場合、知識のあるワーカーに頼まないと正しく文字起こしできない場合があります。

また、機密事項の含まれる議事録の作成依頼をする時は、情報管理体制の整った法人に外注しないと機密情報が漏洩するリスクが大きくなります。

自分の依頼したい文字起こしが専門性やセキュリティを要する案件なら、適切な外注先を選ばないとリスクが生じることを心に留めておきましょう。

まとめ

「文字起こしにおすすめの外注先4選」「文字起こしの形式」「外注依頼時のコツ」「外注依頼するメリット・デメリット」をご紹介しました。

時間や工数を節約したいなら、音声ファイルからテキストファイルにする文字起こしの工程を外注するのがおすすめです。

ただし、適切な外注先を選ばないと、納品物の質やセキュリティにリスクが生じるので注意しましょう。

この記事が、文字起こしの外注を検討している方の参考になれば幸いです。

関連記事

データ入力におすすめの外注・代行先4選とそれぞれへの依頼方法

Webデザイン作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

WordPress作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

Excel(エクセル)作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

イラスト作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

資料作成におすすめの外注先7選とそれぞれへの依頼方法やコツ、メリット・デメリット