在宅ワークでデザイナーの仕事はできる?在宅でできるデザイナーの仕事内容や仕事の探し方
  • 「結婚前にデザイナーの仕事をしていたから経験を活かしたい」
  • 「経験はないけど在宅でデザイナーの仕事をしてみたい」
  • 「子どもがいるから自宅でできるデザイナーの仕事はないかな?」

在宅でデザイナーの仕事がしたいと思っている人もいると思います。

結論から言うと、デザイナーの仕事は在宅でできます。

なぜなら、デザイナーの仕事の多くはパソコンを使用するため、パソコンがあれば自宅でも仕事ができるからですね。

また、働き方改革により在宅でできる仕事が増えていますが、デザイナーの仕事も例外ではありません。

そこで今回は、

  • 在宅ワークのデザイナーの仕事内容
  • 在宅ワークのデザイナーの収入
  • 在宅ワークでできるデザイナーの仕事の探し方

を紹介していきます。

この記事を読めば、どうすれば在宅ワークでデザイナーの仕事ができるのかがわかり、自分にあったデザイナーの仕事を探せるようになりますよ。

目次

在宅でできるデザイナーにはいろいろな種類がある

デザイナーの仕事は、クライアントの依頼に合ったデザインを考案・制作して提供することですが、デザイナーはさまざまな分野で活躍の場があります。

WebサイトのデザインをするWebデザイナー

Web(ウェブ)デザイナーは、さまざまなWebサイトのデザインをする仕事です。

インターネットで普段見ているサイトもWebデザイナーが構成やレイアウト、色合いなどのデザインを作っています。

Webデザイナーの仕事は今後も増えると言われており、在宅ワークにはおすすめの仕事です。

なぜなら、美味しいレストランを探す、通信販売を利用するなど、今ではインターネットは私達の生活に欠かせないものになり、Web業界の市場規模が拡大しているからですね。

Webサイト全体のデザインをしたあとは、HTML、CSSといったWeb サイトを構成する言語を使い、文章や画像を表示したり、文字に色をつけたりするコーディングを行います。

仕事によってはコーディングはWebデザイナーが行わない場合もありますが、コーディングができると仕事の幅が広がり、仕事の獲得や収入アップに繋がりますよ。

一般的に一つのサイトを作るときには、WEBデザイナーのほかに

  • Webディレクター
  • プログラマー
  • ライター
  • コーダー(Webデザイナーが兼務する場合あり)

などがチームを組み、連携して仕事をします。

在宅Webデザイナーとして働くためには、実力・スキルアップが必要となるため、未経験の人はWebデザインスクールに通って勉強するのがおすすめです。

スクールには、通学するタイプと通信・オンラインタイプがあるので、自分のライフスタイルにあったスクールを選ぶようにしましょう。

Webサイトの「旗」を作るバナーデザイナー

Webデザイナーの中には、バナーを専門としてデザインをしているバナーデザイナーもいます。

Web サイトを作るよりも時間がかからず、それほど高度な技術がなくてもできるため、在宅や副業でデザイナーをする人にはやりやすい仕事だからですね。

新人のWebデザイナーやデザイナー未経験の人が経験や実績を積むのにもおすすめの仕事です。

バナーとは

バナーは「旗」や「のぼり」を意味する言葉で、サイトの横などにある写真や文字などのクリックできる画像です。バナーの中にはWeb広告が含まれています。
バナー画像は、別サイトや同じサイトの違うページにリンクしているため、興味のあるバナーをクリックすると簡単にそのページに移動することができます。

広告・チラシ、ポスターなどのデザインをするグラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、広告・チラシ、ポスターなどの印刷物をデザインする仕事です。

紙媒体のデザインをするため、主に広告代理店やデザイン事務所などの仕事を行います。

グラフィックデザイナーは、依頼主のコンセプトや商品のターゲットを意識した作品を作る必要があります。

なぜなら、広告やチラシを見ることで、商品の売り上げやイメージが上がる効果があるからですね。

以前は、グラフィックデザイナーはパソコンを使わずに手描きでデザインをしていました。

グラフィックデザイナーと同じように印刷物をデザインする仕事にDTPデザイナーがありますが、DTPデザイナーはパソコンでポスターやチラシを制作し、印刷物として完成させる仕事です。

つまり、グラフィックデザイナーはアナログで、DTPデザイナーはパソコンで同じような印刷物を作っていたということですね。

しかし最近は、グラフィックデザイナーもパソコンを使って制作するケースがほとんどなので、現在はDTPデザイナーとグラフィックデザイナーの仕事内容はほぼ同じで、同じ職種を指すことが多くなっています。

また、グラフィックデザイナーの中にはイラストレーターを兼ねている人もいます。

イラストや漫画を描くことが好きな人であれば、キャラクターグッズデザイナーなどの分野でも働くことが可能です。

2次元や3次元のグラフィックスを作成するCGデザイナー

CGデザイナーは、コンピューターを使って2次元や3次元のグラフィックスを作成する仕事です。

テレビやゲームでまるで人間のようなリアルなCGキャラクターを見たことがある人も多いと思いますが、それを作っているのがCGデザイナーです。

CGデザイナーは今後も需要が増え、さまざまな業界で活躍できる職業です。

なぜなら、

  • 映画やテレビドラマ
  • CM
  • ゲーム
  • アニメ
  • 雑誌やポスター
  • 建築や車などの設計

など、現在はあらゆる場所でCG(コンピューターグラフィックス)が使用されているからですね。

どの業界でCGデザイナーとして働くかによって必要なスキルが違います。

写真加工のような二次元のCGを作るのか、映画やドラマなどの3次元のCGを作るかで制作内容が違ってくるからです。

まずはどの業界のCGデザイナーになりたいのかを考え、仕事を探すようにしてください。

服飾やインテリア用品の生地をデザインするテキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーは、アパレル製品やインテリア用品などの生地をデザインする仕事です。

テキスタイルデザイナーは

  • 生地のデザイン
  • 生地の素材
  • 染色方法
  • 加工方法
  • 生地の配色
  • 仕上がった製品のチェック

など、企画から仕上がりまで手掛けるため、専門的な知識や技術が必要とされる仕事です。

あまり聞き馴染みのないテキスタイルデザイナーですが、どのような仕事をするのかイメージできるように仕事内容の一例を紹介します。

ファッションデザイナーが描いたデザインをもとに

  1. デザインのイメージに合った繊維や糸を選ぶ
  2. 生地の染色方法や、加工方法などを決める
  3. 素材となる生地を作ったり選んだりする。

製品を作る元となる生地を手がけているのがテキスタイルデザイナーということになります。

アパレルメーカーやインテリアメーカー、デザイン事務所などに就職してい働いているデザイナーが多いですが、フリーランスで仕事をすることも可能です。

学生や主婦、未経験者でも在宅デザイナーになれる?

  • 「将来はデザイナーになりたいから学生のうちから働きたい」
  • 「結婚する前のスキルを活かして在宅でデザイナーの仕事をしたい」
  • 「未経験だけど在宅でデザイナーの仕事をしてみたい」

と思っている人もいますよね。

学生や主婦、未経験でも在宅デザイナーになれるのか解説します。

学生や主婦でもデザイナーになれるが即戦力になる人のみ

結論から言うと、学生や主婦でも在宅ワークでデザイナーの仕事はできます。

ただし、デザインの学校に通っていた、結婚前に実務経験があるといった方限定となります。

なぜなら、依頼する側は即戦力になる人材を求めているため、実力がわからない人に在宅で仕事をさせるのはデメリットが大きいからですね。

結婚前に実務経験がある主婦であれば、求人サイトやクラウドソーシングで在宅の仕事を見つけることができますし、知人からの紹介や、もともと働いていた職場から仕事を依頼されることもあります。

また、デザイン学校に通っている学生さんは、ポートフォリオがあれば実務経験がなくても採用に結びつくことがあります。

ポートフォリオとは

今までに作ってきた作品をまとめた作品集のことです。デザイナーが仕事を探すときには、このポートフォリオを相手側に見せて自分の実力やスキルを評価してもらうのが一般的です。

未経験の人が在宅ワークでデザイナーの仕事をするのは難しいが不可能ではない

未経験の人が在宅ワークでデザイナーの仕事をすることは難しいですが、絶対に無理かと言えばそうではありません。

基本的に在宅ワークのデザイナーに求められるのは即戦力ですが、経験がなくてもスキルがあれば採用される可能性があるからです。

例えば、前述したような「デザイン学校に通っている(いた)人」「自分の作品をまとめたポートフォリオがある人」などです。

下のグラフは、「在宅ワークでデザイナーの仕事をしたことがある51名」の調査結果です。

在宅ワークデザイナー経験の有無

51名中32名は実務経験のある人ですが、学校に通っていた12名は経験がなくても仕事に就けています。

ただし、経験がなくデザインの勉強もしたことがない場合は、在宅のデザイナーとして働くことはかなり難しいです。

そういった方は、スクールに通うなどして一度デザインの勉強をしてからお仕事探しをしましょう。

資格がなくても在宅ワークでデザイナーの仕事はできる

「在宅でデザイナーの仕事をするには資格が必要なの?」と疑問を持つ人もいると思います。

結論から言うと、資格がなくても在宅ワークでデザイナーの仕事をすることができます。

なぜなら、資格よりも実力が重視される業界だからですね。

在宅ワークでデザイナーの仕事をしたことがある51名に行ったアンケート調査では、51名中35名が「資格を持っていない」と回答しました。

つまり、約7割の人は資格がなくても在宅でデザイナーの仕事ができたということになります。

資格がなくても在宅でデザイナーの仕事はできますが、Illusurator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)といった画像編集ソフトが使えることは必須です。

また、下記のようなやりたい仕事に合った資格を持っていると、求人に応募する際には有利に働くことがあります。

在宅デザイナーの雇用形態

在宅ワークのデザイナーにはどのような雇用形態があるのか紹介します。

条件が揃えば正社員として在宅ワークで働ける

正社員として在宅でデザイナーの仕事をすることができます。ただし、すべての正社員が在宅で働けるわけではありません。

なぜなら、正社員は会社と終身雇用契約を結んでいますが、実力やスキルがない正社員を在宅で働かせるのは会社側にメリットがないからですね。

実際に在宅でできるデザイナーの求人を見たところ、正社員の求人もありましたが、在宅で働くには次のような条件がある場合が多いです。

  • 実務経験者
  • 週に1度の来社が必要
  • 業務に慣れてから在宅勤務OK
  • 妊娠や出産、介護などの事情がある人は在宅勤務OK

特に、経験の有無は重要で、在宅で正社員として働くには「在宅で働かせても大丈夫」と思ってもらえるスキルと実力、そして信用が必要となります。

在宅ワークでデザイナーの仕事をしたことがある人を対象に行ったアンケートでは、「現在の会社に交渉して、サラリーマンのまま在宅ワークを開始した」という人もいました。

現在正社員として働いている人は、在宅で働けないか会社に交渉してみるのもおすすめです。

派遣社員としてできる在宅ワークのデザイナーの仕事はほとんどない

派遣社員としてできる在宅ワークのデザイナーの仕事はほとんどありません。

なぜなら、雇う側に派遣社員を在宅で働かせるメリットがないからですね。

派遣社員を雇うときには、派遣社員だけでなく派遣元との関係も出てきます。

目の届かない在宅ワークで仕事を依頼するのであれば、自社で雇っているアルバイトやパート、またはフリーランスのデザイナーに依頼したほうが気楽ですよね。

派遣社員の在宅デザイナーの求人を探してみたところ、何件かの求人を見つけることが出来ましたが、この求人も完全在宅ではなく「週3日のうちの1日が在宅ワーク」といったような部分在宅でした。

実際に探してみるとわかると思いますが、派遣社員の在宅デザイナーの仕事はほぼありません。

パートやアルバイトなら在宅でデザイナーの仕事ができる

パートやアルバイトなら在宅ワークのデザイナーの仕事はあります。

求人サイトでアルバイトやパートでできるデザイナーの仕事を探したところ、正社員や派遣社員の求人よりも多くの求人を見つけることができました。

アルバイトやパートの求人が多い理由として正社員よりも雇用保険のことなどを含めて雇いやすく、同じ時給を払うなら派遣社員よりもアルバイトやパートの方が自社が雇用している分、扱いやすいからだと思います。

ただし、アルバイトやパートで働くにしても即戦力となる人材を求めているため、イラストレーターやフォトショップが使えること、実務経験があることが条件となっている求人が大半です。

どの種類のデザイナーなのかで求人数は異なりますが、実務経験がある人ならアルバイトやパートの雇用形態で在宅ワークができます。

在宅でデザイナーとして働くなら業務委託がおすすめ

在宅でデザイナーとして働くなら業務委託がおすすめです。

なぜなら、在宅ワークでできるデザイナーの仕事は業務委託で依頼されることが一番多いからです。

それでは、なぜクライアントは業務委託で依頼することが多いのでしょうか。

理由は、依頼する側が、案件ごとにイメージに合うデザインを制作してくれる実力のあるデザイナーを選べるからです。

逆に言えば、デザイナー側も自分の得意分野の仕事を選んで受けることができ、都合に合わせて単発の仕事を入れる働き方ができます。

ただし、業務委託で働くためにはデザイナーのスキル以外に以下のスキルも必要です。

  1. 営業力
  2. コミュニケーション能力
  3. 自己管理能力

業務委託は自分で動かなければ仕事を得ることができないため、自分のスキルや作品を売り込む営業力が必要です。

また、クライアントの希望に沿った作品を作るために打ち合わせをすることもあるのでコミュニケーション能力も必須です。

さらに、納期に間に合わないということがないように自己管理を行う必要があります。

在宅デザイナーの収入

在宅でデザイナーの仕事をしたことがある51名にアンケートを実施したところ、在宅デザイナーで得られる収入は1件400円~20万円、月収は8千円~50万円でした。

1件あたりの収入に大きな差が出たのは、何のデザインの仕事をしているかで違ってくるからですね。

1件400円の仕事は年賀状のデザイン、20万円の仕事は広告デザイナーでした。

また、副業で働いている人、本業で働いている人がいたため、月収にも差が出ました。

少し古いデータになりますが、2013年に厚生労働省が調査した「在宅ワークの実態」では、在宅ワークの平均月収は以下の通りです。

  • 5万円以下 27.7%
  • 6~9万円 18.0%
  • 10~19万円 18.5%
  • 20~29万円 13.7%
  • 30~39万円 8.7%
  • 40~49万円 4.9%
  • 50~69万円 5.1%
  • 70~99万円 1.8%
  • 100万円以上 1.8%

月収9万円以下の人が45.7%と約半数を占めています。

厚生労働省の調査と今回実施したアンケートの結果を比べると、在宅デザイナーの収入は高いことがわかります。

以上のことから、在宅デザイナーは高収入が期待でき、実力が認められれば在宅デザイナーの仕事だけでも生活ができることがわかります。

各デザイナーのそれぞれの平均年収

各デザイナーのそれぞれの平均年収を紹介します。

  • Webデザイナー:348万円
  • グラフィックデザイナー:335万円
  • DTPデザイナー:310万円
  • テキスタイルデザイナー:450万円前後

※出典「DODA 平均年収ランキング」

テキスタイルデザイナーの平均年収が他のデザイナーよりも高いのがわかります。

テキスタイルデザイナーの年収は300~500万円ですが、専門知識や経験が必要となるため、業界全体の年齢層が高く、勤続年数も長いデザイナーが多いので収入も高くなっています。

紹介した年収は在宅で仕事をしたものではありませんが、デザイナーの仕事は実力が認められれば平均年収以上の収入を得ることも可能です。

在宅ワークでデザイナーの仕事をするときは、平均年収を目安に働くと張り合いが出ておすすめですよ。

在宅デザイナーの仕事の探し方

どうやって在宅ワークのデザイナーの仕事を探したか51人にアンケートを実施しました。

仕事を探した方法 回答者数(複数回答あり)
知人や勤めていた会社からの紹介 27人
クラウドソーシングサイトで探した 14人
インターネットで検索した 12人
SNSを使って営業をした 2人
営業をした 1人
学校から 1人
会社に交渉してそのまま在宅ワークに移行 1人

アンケートの結果から在宅ワークのデザイナーの仕事の探し方は、以下の3つの方法がおすすめです。

  • 知人の紹介
  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • インターネットを使い探す

それぞれの方法について見ていきましょう。

コネやツテを活かして知人から仕事の紹介をもらおう

1番多かったのは知人からの紹介でした。

その理由として考えられるのは、Webデザイナーやグラフィックデザイナーは、スキルアップを目指して転職をする人が多いため、業界内に知り合いが増えていき、いろいろな繋がりができるからですね。

回答者の半数が「知人の紹介」で仕事を得ていることから、横のつながりが強い業界だということがわかります。

誰かと一緒に仕事をするときには、常に丁寧に接するようにすると、次に仕事に繋がって行くでしょう。

ただ、全くこの業界のことを知らない人には、仕事を紹介してくれるような知人もいないため、ある程度経験がある人でなければ仕事を得るのは難しいのが実情です。

クラウドソーシングサイトへ登録して仕事を探そう

2番目に多かったのはクラウドソーシングサイトへ登録して仕事を探す方法でした。

その理由として、クラウドソーシングサイトはカテゴリ別に仕事が振り分けてあり、「デザイン制作」のカテゴリには、多くのデザインの仕事が掲載されていて探しやすいからですね。

実際に、クラウドソーシングサイトを見ると「ポスターデザイン」や「チラシデザイン」など、さまざまなデザインの仕事があるのがわかります。

多くの案件が掲載されているので、自分のやりたい仕事が探しやすいというのが大きなメリットの一つです。

まずは、登録してどのようなデザイナーの仕事があるのかチェックしてみてください。

100万人以上が登録しているクラウドソーシングのCraudia(クラウディア)

インターネットを使って仕事を探そう

最後にインターネットで検索して仕事を探す方法もおすすめです。

クラウドソーシングサイトほど求人の数は多くないものの、おすすめ理由の一つとして、クラウドソーシングサイトではあまり扱っていないパートやアルバイトとして在宅デザイナーの仕事ができる求人があるからですね。

また、デザイナーの経験がない人にとっては仕事を見つけること自体難しいですが、パートやアルバイトで雇ってもらい、初めのうちは出社して仕事を覚え、慣れてきたら在宅で仕事をするようにすれば、実績やスキルを積むことができます。

クラウドソーシングサイトに登録しながら、インターネットでも検索してダブルでチェックしていれば、自分の希望にあった仕事を早く見つけられますよ。

仕事を探すときにはポートフォリオを用意しておこう

在宅ワークのデザイナーの仕事を探すときにはポートフォリオを用意しておきましょう。

なぜなら、採用の際にポートフォリオを重要視している企業が多いからです。

自分の希望する仕事を獲得するためには、しっかりとしたポートフォリオを作成することは必要不可欠です。

ポートフォリオは自分の実力をアピールできる一番の方法だからですね。

今までにデザイナー経験がない人でも、ポートフォリオでアピールできれば、採用される可能性も高くなりますよ。

まとめ

在宅ワークでデザイナーの仕事ができることがわかりました。

デザイナーを募集している企業は即戦力を欲しがっています。

在宅ワークでデザイナーの仕事をするためには

  • 実力とスキルのアップ
  • コミュニケーション能力
  • 自己管理能力

を磨くようにしましょう。

また、採用されるためにしっかりとしたポートフォリオを作成するようにしましょう。

実力が認められれば在宅デザイナーだけの収入で生活することも可能です。

まずは、副業からはじめて、コンスタントに仕事が入るようになったら高額所得を目指し本業にするのもおすすめですよ。

関連記事

在宅イラストレーターになるには?在宅ワークでもできるイラスト仕事の探し方

在宅ワークでもカウンセラーはできるのか?在宅カウンセラーの仕事内容や集客方法

在宅バイトもできるゲームテスターの仕事とは?報酬やメリット・デメリット

ブログで一番稼げる方法とは?ブログ収入を得られる5つの在宅ワークそれぞれのメリット・デメリット

未経験者でもOK?在宅ワークで動画編集の仕事を始める方法

在宅秘書とはどんな仕事内容?在宅秘書の必要スキルや求人募集の探し方