コミュ障は仕事できない?オススメの仕事や克服するポイントについて徹底解説

みなさんはコミュ障という言葉を聞いたことがありますか?

コミュ障とはネット上に使用されている俗語で、「人とのコミュニケーションが苦手な人」のことを指します。

自分はコミュ障だから、と言って人とのコミュニケーションを避けてしまったり、1人で過ごすことが多くなってしまったりすることもありますよね。

コミュ障だと「自分に合う仕事を見つけることが難しい」と苦手意識を持つ人もいるでしょう。

結論から言うと、コミュ障でもできるオススメの仕事がありますよ。

今回はコミュ障にオススメの仕事やコミュ障克服のポイントについて徹底解説します。

この記事を読み終えるころには、コミュ障にオススメの仕事についてイメージができていることでしょう。

そもそもコミュ障とは?

ではコミュ障にはどんな特徴があるのでしょうか。

結論から言うと、コミュ障には3つの特徴があります。

  1. 完璧主義であること
  2. 考え方がネガティブであること
  3. 周りの目を気にしすぎること

この章ではコミュ障3つの特徴について見ていきます。

1.完璧主義であること

コミュ障には完璧主義の人が多いです。

完璧主義の人は常に「こうしないと気が済まない」「こうあるべきだ」など考えていますね。

この考え方がコミュニケーションにも出てくるのです。

例えば、「変なことを言わないようにしないといけない」「絶対に失言はできない」などです。

ふさわしい言葉を選ばないといけない、と無意識にプレッシャーをかけているうちに何を話していいかわからなくなってしまい、コミュ障が出てしまうのですね。

2.考え方がネガティブであること

結論からいうと、コミュ障はネガティブ思考の人が多いです。

なぜなら、言いたいことがうまく伝えられないことで「どうせ話しても無駄だな」とネガティブに考えてしまうからですね。

例えば恋愛の場面では、自分はコミュ障で異性と楽しく会話できないと考えてしまい、どんどん恋愛から離れていく人もいるのです。

しかし実際は、他の人から見るとコミュニケーションに違和感がないと思われるのですよね。

3.周りの目を気にしすぎること

結論からいうと、周りの目を気にしすぎることもコミュ障の特徴です。

なぜなら、周りの目を気にしすぎて雑談やちょっとした会話ができなくなってしまうからですね。

例えば、女の子のグループ内で「こんなことを言ったら仲間外れにされてしまうかも」とか「あとで他の人に陰口を言われるかも」と考えすぎて気軽に話ができないこともあります。

しかし、周りの目を気にすることは逆に言うと人に気を遣えるとも言えますよね。

コミュ障が「仕事できない」と悩むポイント

コミュ障が「仕事できない」と悩むポイントは3つあります。

  1. 言いたいことが伝わらない
  2. トラブルになりやすい
  3. 雑談ができない

この章ではコミュ障の仕事の悩みについて見ていきます。

1.言いたいことが伝わらない

コミュ障は仕事で言いたいことが伝わらないのは悩みの1つです。

なぜなら、前章で解説したように周りの目を気にしすぎてしまうので、物事を遠回しに言いすぎてしまうことや、前置きが長くなりすぎて本題が伝わらないこともありますね。

例えば仕事でプレゼンをする時は言いたいことをいかに簡潔にわかりやすく伝える必要もありますが、コミュ障の場合言葉を選びすぎるがゆえに文章は長くなってしまいます。

話が長くなるとプレゼンの聞き手は「結局何が言いたいのだろう」と思ってしまいますね。

プレゼンの対策としては、下書きの原稿を作りプレゼン前までに暗記をするという方法が良いでしょう。

もしくは、結論から話すPREP法を取り入れるのもオススメです。

※参考⇒ PREP法 – Wikipedia

2.「言った言わない」のトラブルになりやすい

コミュ障は仕事上で「言った言わない」のトラブルになりやすいとも言えます。

なぜなら、言いたいことをうまく伝えることが難しいので、聞き手が勘違いしてしまうからですね。

例えば、チームで仕事をしているとお互いの進捗確認が大事ですよね。

しかし、進捗がうまく伝わらず、実は自分だけ大きな後れを取っていてチームに迷惑をかけてしまうことがあるでしょう。

チームが大きくなればなるほど、コミュ障が仕事上のトラブルになりやすいですね。

コミュ障が仕事上で多くの人と関わる場合は、口頭の報告だけでなくメールやチャットでのコミュニケーションを使うのも1つの方法ですよ。

3.雑談ができない

仕事上で雑談ができないこともコミュ障の悩みです。

なぜなら、たとえ雑談でさえも失言をしないようにと考すぎてしまい、うまく言葉が出てこなくなるのですね。

また、ネガティブ思考のコミュ障も多いので、楽しい話を自らするのもハードルが高いでしょう。

雑談の時には無理して会話を生み出せずに、笑顔でうなずくことや聞き役に徹することで相手に良い印象を与えることもできますよ。

コミュ障にオススメの仕事は?

コミュ障だから自分に合う仕事がないかもしれないと思う人もいるでしょう。

結論から言うと、コミュ障には人間関係を必要としない仕事がオススメです。

  1. 工場のライン作業
  2. 長距離ドライバー
  3. 在宅ワーク

この章ではコミュ障にオススメの3つの仕事について解説します。

1.工場のライン作業

工場のライン作業はコミュ障にオススメの仕事です。

なぜなら、他の人と常にコミュニケーションをとる必要がなく、1人で黙々とできる仕事だからです。

工場のライン作業とは、ベルトコンベアで流れてくる製品を加工したり、梱包したりするお仕事ですね。

定位置で同じ作業を繰り返す仕事なので、他の人と会話をする必要がありません。

工場のライン作業は食品から精密機器など様々な業種があるので、自分の興味がある業種に応募するといいでしょう。

正社員へのこだわりがないのであれば、製造業の求人案件を多数持つ派遣会社へ登録することで紹介してもらえる確率は高まります。

2.長距離ドライバー

長距離ドライバーもコミュ障にオススメの仕事の1つです。

なぜなら、長い時間1人で車を運転する仕事で、他の人と会話をする必要がないからですね。

仕事中は自分の好きな音楽やラジオを聞いて過ごせるのは魅力的ですね。

しかし、長距離ドライバーは早朝や夜間の仕事もあり、時には車内で睡眠をとることもあるので体力勝負といえるでしょう。

運転が好きで体力に自信のあるコミュ障には長距離ドライバーの仕事がオススメです。

3.在宅ワーク

在宅ワークもコミュ障にオススメの仕事です。

なぜなら、家にいて1人で仕事ができるので上司や同僚と常に会話をする必要がありませんね。

webデザイナーやライターの在宅ワークであれば、自分1人で作業を進め、納品物を提出するだけなので、対面のコミュニケーションはほとんどないでしょう。

さらに、在宅ワークなので家事やプライベートの用事を済ませやすいという点も魅力的ですね。

1人でコツコツと作業をしたい人や、家で仕事をしたいというコミュ障には在宅ワークがオススメです。

コミュ障でもできる仕事はどうやって探す?

コミュ障でもできる仕事を探す方法は2つあります。

  1. 求人サイトを利用する
  2. クラウドソーシングに登録する

この章では仕事を探す2つの方法について解説します。

1.求人サイトを利用する

結論からいうと、コミュ障でもできる仕事を探すには求人サイトがオススメです。

なぜなら、前章で述べたような「工場のライン作業」「長距離ドライバー」は求人サイトで簡単に探せますね。

工場のライン作業であれば、求人サイトの条件検索で「工場 軽作業」などで検索すると300件ほどの求人がヒットしますよ(※2020年5月16日時点の結果です)

転職エージェントを利用するという方法もありますが、転職エージェントはコンサルタントとの面談が必須なので、あまりオススメではないですね。

求人サイトの場合は自分で直接応募ができて、書類通過すれば企業の担当者と電話や対面での面接があります。

「面接」と聞くと心配になる人もいるかもしれませんが、事前に話す内容をノートに書いて暗記できるくらいにしておけば、スムーズに面接を進められますよ。

2.クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとは、企業がインターネット上で不特定多数のクラウド(群衆)に業務をアウトソーシング(発注)する、比較的新しいお仕事の形態です。

結論からいうと、コミュ障がクラウドソーシングに登録するのはオススメです。

なぜなら、クラウドソーシングはパソコンさえあれば時間や場所を選ばず仕事ができますね。

クラウドソーシングで在宅ワークをすれば、他の人とコミュニケーションは必要最低限になるので、コミュ障でも安心して仕事ができるでしょう。

webデザイナーやライターの仕事はクラウドソーシングのサイトを利用すれば見つけやすいですね。

クラウドソーシングを利用する時は、作業ができるパソコンを準備し、つねにクライアントとメッセージのやりとりができるようにしておくことがポイントですよ。

さらに、クラウドソーシング運営会社が仲介してくれるのもオススメです。

仲介手数料は発生しますが、発注者となにかコミュニケーション上でのトラブルが発生した際も相談すれば手助けしてくれるからですね。

例えば、発注者に質問や回答の正しい意図が伝わらず怒らせてしまったり、お金を支払わないと言っているとなった場合などに相談しましょう。

コミュ障を克服する3つのポイント

結論から言うと、コミュ障を克服するためには3つのポイントがあります。

  1. 自分に自信を持つこと
  2. 無理に話そうとしないこと
  3. 話し相手に興味を持つこと

この章ではコミュ障を克服するための3つのポイントについて解説します。

1.自分に自信を持つこと

自分に自信を持つことはコミュ障克服のポイントです。

なぜなら、自信がないという気持ちは自分の表情にも表れてしまうので、相手に暗い印象を持たれてしまいますよね。

もしご自身が話しかける立場であった時に暗い表情の人、ネガティブ思考の人と積極的に話そうとは思わないでしょう。

「少しくらい失敗しても大丈夫」「自分ならできる」という前向きな気持ちを持つことが大事ですよ。

日ごろから笑顔を心掛け、自分から挨拶をするだけでも、周りからの印象がよくなるでしょう。

2.無理に話そうとしないこと

コミュ障を克服するには無理に話そうとしないことも大事です。

なぜなら、「自分から何か話さないと」と無意識にプレッシャーをかけてしまうことでコミュ障が出てしまうからですね。

人とコミュニケーションをする上では、必ずしも自分から話題を振らないといけないわけではありません。

聞き役に回るのもコミュニケーションでは重要ですね。

ただ聞くだけではなく、相手の話にうなずいたり、共感したり、質問して話を深堀することも大事ですよ。

楽しい話には笑顔で、悲しい話にはさみしい気持ちで聞いてあげると相手も話を聞いてもらっているという満足感が高まるでしょう。

3.相手に興味を持つこと

相手に興味を持つとはどういうことでしょう。

例えば、相手の些細な変化に気づくことですね。

週明けに友達や同僚と会った時に、髪型が変わっていたり、新しい洋服やアクセサリーを身に着けていたりすることがありますよね。

相手に興味を持ち、些細な変化を褒めることもコミュ障克服にポイントになります。

なぜなら、目の前の事実を口に出して伝えればいいだけですね。

また、人から褒められて嫌な気持ちになる人はほとんどいないでしょう。

些細な変化について褒める例をご紹介します。

  • 髪型変わりましたね。似合っていますよ
  • 今日つけているネックレスオシャレですね。どこで買ったのですか
  • 素敵な色のセーターですね。気持ちが明るくなります

コミュ障を克服するためには、些細な話題からスタートするといいですね。

まとめ

コミュ障は「完璧主義」「ネガティブ思考」「他人の目を気にしすぎる」という特徴のために、誰かとのコミュニケーションが難しくなってしまうのですね。

言いたいことが伝わらず、トラブルになることもあるのでコミュ障だと仕事を見つけることに不安がある人もいますが、工場のライン作業や長距離ドライバー、そしてクラウドソーシングに登録するという方法で、オススメの仕事を見つけられるでしょう。

仕事のための面接や、プレゼンをする必要がある時はあらかじめノートに話すことを全部書いて練習することもポイントですよ。

コミュ障を克服するには、自分に自信を持ち、些細な会話からスタートすること、そして常に笑顔を忘れないようにするといいでしょう。

関連記事

女性におすすめ!ハンドメイドの在宅ワークの魅力と収入を徹底調査

在宅テレアポの仕事内容は?どれくらい稼げる?

経理の仕事は完全在宅ワークでできるの?有利なスキルや資格は?

在宅プログラマーになるには?仕事内容や年収はどれくらい?

在宅ワークのテープ起こしはどんな仕事?初心者や未経験者でもできるのか?

在宅ワークでライターはできる?在宅ライターの仕事内容や仕事の探し方