記事作成の発注ってどうするの?注意すべきポイントは?

「記事作成の外注を検討しているけれど、どこに依頼すればよいのか分からない…」

こんなお悩みを抱えてはいませんか?

文章のプロに記事作成を依頼したくても、初めてだとどこに依頼できるのか分からないという方は多いものです。

当記事では、WEBサイト用の記事作成を外注する際、どのように発注すればよいかを解説していきます。

  • 記事作成はどのような流れで行うのか
  • どこに発注できるのか
  • 料金はどのくらいかかるのか

このような内容を紹介していきます。記事作成の発注方法が分からない方の疑問にお答えしていますので、ぜひ参考にしてください。

記事作成の発注ってどうやってするの?

そもそも、記事作成の発注はどのように行えばよいのでしょうか。

ここでは、記事作成を発注する際の流れと、依頼先の二つの種類について解説していきます。

記事作成の発注の流れ

記事作成の依頼は、ライター探しから記事の納品まで、おおむね以下のような流れで行います。

  1. ライターを探し依頼内容の共有をする
  2. 業務委託契約を締結する
  3. テーマの詳細の打ち合わせ
  4. 記事の納品
  5. 記事のチェック(必要に応じて修正依頼をする)
  6. 検収・支払い

案件の内容やライターに依頼する業務範囲に応じて細かい違いはありますが、以上のような流れで進むのが一般的です。

なお、個人へ発注するのか、記事作成代行業者へ依頼するかでも、発注の流れは変化します。

個人への発注と業者への発注の二種類が存在する

記事作成の発注は「個人で活動しているフリーランスへの発注」と「記事作成代行業者への発注」の二つのパターンが存在します。

個人への発注と業者への発注は以下のように性質が異なり、どちらにも需要がありますね。

個人への直接依頼 業者と比較して料金が安くなることも多い。
ライターとのやり取りは自分で行う必要がある。
ライター選びに失敗すると音信不通になるなどのリスクがある。
記事作成代行業者への発注 依頼に不随するライターとのやりとりが不要。
記事の品質には代行業者が責任を持つため、個人への依頼と比較すると低リスク。
希望に応じて記事作成を丸投げすることもできる。

実際に発注するときは、予算や案件にかけられる手間など、様々な状況を考慮して依頼先を選定していきます。

記事作成の発注先はどんなところがあるの?

では、具体的に記事作成の発注はどこに行えばよいのでしょうか。

WEBに掲載する記事の発注先は、現在は以下の三種類が代表的です。

  • クラウドソーシングサービス
  • 記事作成代行業者
  • 個人のフリーランス

それぞれどんな特徴があるのか確認してみましょう。

クラウドソーシングサ―ビスを利用する

記事作成の依頼先として広く利用されているのがクラウドソーシングサービスです。

多数のライターが受注窓口として利用しているため、希望に合致したライターを見つけやすいというメリットがあります。

クラウドソーシングとは、仕事をしたい不特定多数の個人に対して募集を公開できる仕組みのことで、納品物のやりとりや報酬の受け渡しもサポートしてくれるサービスが多数展開されていますね。

クラウドソーシングサービスを利用しているライターは自分のアカウントでプロフィールを公開しているため、どのライターに頼むかの決定材料にできます。

また、ライターのプロフィールでは過去の業務でのクライアントからの評価が公開されます。

サービス上での評判が抑止力となるため、音信不通や作業者の怠慢の予防が可能です。

個人への発注を検討している場合、スムーズにライターを探せます。

記事作成代行サービスを利用する

記事作成代行サービスも、発注先の一つとして検討できます。

個人に発注するよりやや料金は高くなりますが、その分発注に不随するリスクや周辺業務から解放されるというメリットがありますね。

また、代行業者は、自社の従業員や業務委託としてライターを複数抱えていることが多いです。

万が一担当ライターが執筆できなくなった際も、代わりを手配してもらえるため安心して任せるられます。

予算に余裕があり、確実に記事の品質を担保したいときにおすすめできる発注先です。

SNSで個人に依頼する

TwitterやInstagramなどのSNSを通し、個人のフリーランスに発注するケースです。

ライター選びに成功すれば、熟練者や専門知識のある人材を業者に頼むより低価格で確保できることがあります。

また、ライター選びで重要となる「人となり」をチェックできる点もメリットです。

一点問題を挙げると、個人へ依頼する場合は人選に慎重になる必要があります。

残念ながら、インターネットを介しての発注では、いい加減な仕事をするライターも少なくないからです。

  • 依頼完遂前に音信普通になる
  • 納期までに仕上げてくれない
  • 他のサイトからコピーした記事を納品する

こういったリスクがあるため「過去の実績を公開している」「人柄がよさそう」など、いくつか基準を設けてのライター選びをおすすめします。

記事作成を発注する際の料金はどれくらい?

記事作成を発注する際、料金はどの程度かかるのでしょうか。

結論から言うと、記事作成の料金は案件の状況によって変化するため一概には言えません。

この章で、ケース別に相場はどの程度なのかを確認してみましょう。

  • 知識や作業量で料金は上がる
  • 個人の場合の料金相場
  • 記事作成代行サービスを利用した際の相場

一つずつ詳細を見てみましょう。

要求する知識量や作業量で相場が変動する

記事作成の料金は、執筆に必要な知識や作業量に応じて変化します。

専門知識の必要な記事は難易度が高く、作業量の多い記事はその分時間を取られるからです。

例えば「料理」や「生活の知恵」など誰でも取り組みやすいジャンルより、金融や不動産といった専門知識の必要な記事の方が相場は高くなります。

また、記事だけの執筆よりも、企画や構成作成の伴う案件の方が作業時間は増すため、料金は上がりますね。

以上のような事情から、記事作成の料金は「〇文字なら〇円」と一概には言えません。

どの程度の費用がかかるか不明な場合は、依頼前に見積もり取ることをおすすめします。

高品質な記事が欲しい場合は文字単価2円から

個人に依頼する場合、高品質な記事を希望するのであれば文字単価2円は考慮しておく必要があります。

つまり、5000文字の記事であれば1記事1万円です。

というのも、経験を積んだライターは案件を複数抱えていることが多く、多忙さから「2円未満の仕事は断る」と決めている人も多いためですね。

初心者でもよければ1円以下の発注も可能ですが、校正や修正依頼が大量に発生する可能性が高く、記事の公開までに時間も手間もかかります。

記事の品質をキープしたいのであれば、最低でも文字単価2円程度は計算しておきましょう。

代行サービスを利用する場合は文字単価3円から

代行サービスを利用する際の相場は、おおむね文字単価3円からです。

個人に頼むときより相場が高いのは、依頼に伴う不随業務を依頼者の代わりに引き受けるからですね。

たとえば、「案件の進行管理」「納期の調整」「万が一の代わりのライター探し」などが挙げられます。

発注者にとっては品質を担保するための安心料といったところでしょうか。

なお、3円未満でも記事作成を請け負う業者は存在しますが、必然的に抱えているライターへの報酬はそれ以下の金額になります。

低単価でも記事作成を請け負うライターは、未経験者や初心者のことが多いです。

記事の品質にこだわりたい場合は激安業者を避けた方が無難でしょう。

記事作成の発注先を決める際のポイントは?

実際に記事作成を発注する際は、どこに頼めばよいのでしょうか。

この章では、ケース別に発注先の選ぶ基準を四点紹介します。

  • 料金で選ぶ
  • 対応で選ぶ
  • 丸投げできるかどうかで選ぶ
  • 過去の実績で選ぶ

それぞれ詳しく見てみましょう。

低価格で引き受けてくれる相手を選ぶ

低価格で引き受けてくれる相手を選ぶのも一つの方法です。

そもそも先立つものがなければ記事の依頼はできませんし、複数本の依頼を検討している案件では一本あたりの予算をかけられないからですね。

低予算の案件だと、おすすめは個人への依頼です。

クラウドソーシングで金額込みの見積もりを募集したり、ライターの作業量を減らして料金を安くしてもらったりと、何かと融通が利きます。

ただ、あまりにも報酬を低くすると経験者は敬遠するため、予算の節約は慎重に行ってください。

個人への依頼は提案文や対応で選ぶ

クラウドソーシングやSNSで記事を発注するケースでは、募集に対する提案や、やり取りでの対応が一つの基準になります。

というのも、きちんと仕事をしてくれる相手かどうかチェックできるからです。

最も顕著なのはクラウドソーシングの募集に対する提案ですね。

提案文に募集内容が反映されていない場合や、明らかに使いまわしの提案文を送ってくるライターは避けた方がよいでしょう。

依頼者の要望より報酬を重視する傾向が強いため、契約後のトラブルが起こりやすいです。

募集内容をきちんと見ているか、人柄は良さそうかは必ずチェックしましょう。

丸投げ発注可能かどうかで選ぶ

記事作成を丸投げできるかどうかで発注先を決めるのも選択肢の一つです。

というのも、発注者によっては記事作成や案件の管理にあまり時間を取れないこともあるからですね。

丸投げできるのは主に代行サービスを利用するケースで、最初の打ち合わせを終えた後は納品までお任せできる業者も存在します。

納期管理や進行管理、ライターとのやり取りなど、付随業務がわずらわしい方は代行業者に丸投げすれば手間を削減できますね。

過去の実績で選ぶ

個人に依頼する場合も代行サービスを頼む場合も、過去の実績は一つの基準になります。

以前にどんな仕事をしたか分かれば「専門知識の有無」「文章力」「安心して任せられるかどうか」を推し量れるからです。

代行業者は公式サイトで過去の実績を公開していることがあります。

また、発注予定のジャンルに近い実績を持っているライターであれば、記事作成もスムーズに進められるでしょう。

過去の実績は、個人のライターであれば「クラウドソーシングサイトのプロフィール」「SNSのアカウント」などに掲載されていることが多いです。

プロフィールのチェックが面倒な場合は、募集ページの依頼文面に「過去のライティング実績を観せてください」と一文入れておくのもおすすめです。

記事作成を発注する際に注意すべきポイントは?

記事作成を発注する際は、安心して依頼するために注意すべきポイントがあります。

この章では、その中で代表的な三点を紹介していきましょう。

  • 個人に依頼する際は契約書を作る
  • 記事の目的は詳細に伝える
  • 作業範囲を明確にする

それぞれ詳細を確認していきます。

個人への直接依頼では契約書を用意する

クラウドソーシングや代行業者を介さずに個人に直接依頼するケースでは、業務委託契約書を用意しましょう。

「業務内容」「支払日」「納品期限」など諸条件を書面にすることで、安心して仕事を任せることができるからです。

税務上の観点からも業務委託契約書を作ることは必須です。

税務調査に来た際、契約を結んでいると証明できないと、経費として認められない可能性もあるためですね。

また、WEBを介しての仕事では発注者からの報酬の不払いや遅延が後を絶たちません。

契約書なしの仕事はライター側も警戒するため、書面を用意しておくことで「悪質なクライアントとは違う」とアピールできます。

なお、契約書には本名や住所の記載が必要なため、ライターが音信不通になるのを防止できますね。

個人に依頼する際はぜひ契約書を用意しておきましょう。

外部への情報開示を防ぐ場合は「秘密保持契約書(NDA)」を用意

個人、企業問わず外部の第三者へ仕事内容が漏れるのを防ぎたい場合、「秘密保持契約書(NDA)」を用意しましょう。

秘密保持契約書を結んでおくことで、自社の記事を書いたことはもちろん、ライターへ渡したマニュアルをはじめとした、さまざまな情報流出を防げるからですね。

契約書の作成方法は行政書士や社労士へ依頼するのがおすすめ

契約書を作成する際、

  • 「契約書名+テンプレート」
  • 「契約書名+雛形」
  • 「契約書名+見本」

など、YahooやGoogleで検索する人も多いと思います。

確実性を求めるのであれば、行政書士や社労士といった専門家へ契約書作成の依頼するのが確実です。

万が一トラブルが起きた際、契約書があったとしても何からすれば自分では判断つかないからですね。

行政書士や社労士へ正式依頼して作ってもらった契約書であれば、トラブル内容を相談することですぐ対処方法が出てきます。

なぜなら最初からトラブルを加味して、契約書を作成しているからですね。

さらに、各企業や各オウンドメディアごとに方針やルールも違いますが、それに応じて必要となる契約書も変わってきます。

無料テンプレートを元に自分が作った契約書だと、内容に抜け漏れがあったりそもそも法的に使えない場合も出てきます。

そのため、トラブルを防ぎたいのであれば、多少費用を必要としても専門家へ依頼することをおすすめします。

「専門家へ依頼すると契約書の作成料金も高いんじゃないの?」と考える人も多いと思います。

契約書に盛り込む内容に応じて料金も変化しますが、よほど盛り込む契約が多くない限り、3万円以内で収まりますよ。

ちなみに契約書は紙面で用意する必要もなければ、印鑑も必要ありません。

弁護士ドットコムの「クラウドサイン」を使うことで、オンライン上で契約締結できるからです。

もし、上記の契約が手間だし面倒だと感じる場合は、クラウドソーシングを使うのがおすすめです。

クラウドソーシング運営会社が間に入ってくれていることで、トラブル対応もしてくれるからですね。

テーマや記事の目的は詳細に伝える

記事の掲載先サイトや記事の目的は、可能な限り詳細に共有しておきます。

というのも、ライターと発注者の間で認識に齟齬があると、希望と異なる記事が完成することもあるからです。

最低でも以下の内容はライターと共有することをおすすめします。

例として、化粧品のメーカーの販売サイトを挙げてみましょう。

ライターとの共有事項(化粧品販売サイトの例)

記事の最終目的 例)自社商品である化粧水を購入してもらう
想定読者 例)肌荒れに悩む20代女性
記事のボリューム 例)3000文字程度
検索エンジンで狙う
キーワード
例)肌荒れ 化粧水 使い方
記事のトーン 例)ややライトでフレンドリーな「ですます調」

他にも、要望や盛り込んで欲しい内容があれば全て伝えます。

ライターとの情報共有は、高品質の記事を納品してもらうのに非常に重要です。

抜け漏れのないよう整理しておきましょう。

作業範囲を明確にしておく

直接契約やクラウドソーシングサイトで個人に発注する場合、契約締結前にライターの作業範囲は明確にしておきましょう。

というのも、後から作業を追加されるのはほとんどのライターが嫌がるからです。

記事作成業務は、大きく以下の5段階に分解できます。

  1. 企画・テーマの作成
  2. 構成の作成
  3. 記事執筆
  4. 文字装飾・画像選定
  5. サイトへの納入

例えば、当初「記事の執筆」「画像選定」を頼んで発注したライターに、「やっぱりサイトへの入稿もして欲しい」「企画も考えて欲しい」と後出しするとトラブルのもとになります。

なるべく後から作業を追加せずに済むよう、事前に作業範囲を整理しておきましょう。

どこまで任せればよいか分からないときは、それも合わせて相談することをおすすめします。

まとめ

記事作成の発注は、慣れないうちはどう進めればよいか分からないものです。

予算に余裕があるなら、最初は記事作成代行業者に依頼するとスムーズですね。

慣れてきたらSNSなどで優秀なフリーランスをスカウトすることもできます。

まずは予算や現在の状況を整理して、自分にあった発注先を選んでみてください。

関連記事

記事作成の副業って?どうやって始めるの?

初心者向けSEO記事の書き方をやさしく解説

記事作成にオススメの便利ツール12選

初心者でもわかる記事作成のコツ!分かりやすい文章を書くために注意する点とは?

記事作成バイトの仕事内容と稼ぎ方のコツ