Wixホームページ作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

一般的に、ホームページ作成を専門のWebデザイナーに外注すると、高額な費用がかかりそうだと不安に思う方も多いでしょう。

Wixは、HTMLやCSSなどの言語やwebデザインの知識がなくても簡単にホームページを作成できるツールとして注目されています。

Wixには700種類もの様々なテンプレートや拡張機能が用意されていて、クリックやドラッグだけでホームページを作成できるからです。

Wixで作成してもらうことによってデザイナーの工数が少なくなり、クオリティと費用のバランスが取れたホームページを作成してもらえます。

本章では、Wixホームページ作成におすすめの「外注先」「費用相場」「外注する時のコツ」「外注するメリット・デメリット」をご紹介します。

Wixホームページ作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

Wixホームページ作成のおすすめ外注先を3つ挙げました。

  • 実績のある企業に任せたいなら、Wixer Designがおすすめ
  • 親身に対応してくれる企業に任せたいなら、DESIGN LAB.がおすすめ
  • 手頃な価格で依頼したいならクラウドソーシングで探すのがおすすめ

順番にご紹介していきます。

実績のある企業に任せたいなら、Wixer Designがおすすめ

実績のある企業に任せたいなら、Wixer Designに外注するのがおすすめです。

なぜなら、Wix公認のWebデザイナーを代表に擁しており、Wixに特化した「デザイン」「SEO」「Webマーケティング」を提案しているからです。

例えば、「集客」「ブランディング」「EC」など目的に合わせた戦略的なホームページをハイレベルな品質で構築してくれますね。

また、社内にホームページ専門の担当者がいない場合でも、月額またはスポットサービスでホームページの安定的な運用をサポートしてくれます。

Wixの使い方やSEO対策など紹介するセミナー・企業研修を開催しているので、参加すればWeb担当者育成につながるノウハウを得ることもできますね。

さらに、制作実績として大手企業のホームページが多数紹介されているのも安心できるポイントです。

実績のある企業にハイレベルなWixホームページ作成を任せたいなら、 Wixer Design のホームページでサービスや料金を確認し、「問い合わせ」をクリックして見積もりを取りましょう。

親身に対応してくれる企業に任せたいなら、DESIGN LAB.がおすすめ

親身に対応してくれる企業に任せたいなら、DESIGN LAB.に外注するのがおすすめです。

なぜなら、DESIGN LAB.では全てのプランにクライアントを丁寧にサポートしてくれる特典がついているからです。

具体的には下記の7つが特典として含まれていて、初心者にやさしいサービス設計となっています。

  • 電話やメールの説明だけではわからないことを詳しく話してくれる訪問サービス
  • 「ドメイン」「サーバー」「メール」の設定
  • デザイン、レイアウトの設計
  • 写真撮影
  • 文章作成
  • 制作途中での変更OK
  • アクセス解析設置

サービスの手厚さから、中小企業のホームページ制作実績が豊富です。

また、Wixの強みであるアニメーション機能を有効に使ったホームページ作成を標準でパッケージしているところも強みですね。

ただし個人事業のため、2021年5月現在では1ヶ月に3社限定での対応となるようです。

親身に対応してくれる企業に企画からサポートまで任せたいなら DESIGN LAB. のホームページでサービスや料金を確認し、「お問い合わせ」をクリックして見積もりを取りましょう。

手頃な価格でWixホームページ作成を依頼したいならクラウドソーシングで探すのがおすすめ

クラウドソーシングとは、仕事を外注したい人と受注できるスキルを持った人をマッチングするネットワークサービスのことです。

手頃な価格でWixホームページ作成を依頼したいならクラウドソーシングのサイトで探すのがおすすめです。

なぜなら、クラウドソーシングのサービスに在籍している人の多くは実績作りを目的として登録しているフリーランスのWebデザイナーだからです。

例えば、クラウディアでホームページ作成のWebデザイナーを探す場合、

「仕事を依頼する」
>「Webサイト・HP制作、運用管理」
>「Web・ホームページデザイン」

を選択してWixでのホームページ作成経験があるワーカーを募集してみましょう。

応募してきたWebデザイナーの過去の実績を見比べて、自分の期待するイメージに近いホームページを作れる人の採用ができます。

その後はサービス内のチャット機能でコミュニケーションを取り、自分が期待する納品物のイメージをくわしく共有することも可能です。

さらにクラウディアでは、本人確認や仮払い制度などを導入することにより、トラブル発生を未然に防ぐ対策もとっています。

クラウドソーシングを利用して、手頃な価格でWixホームページ作成を外注依頼しましょう。

【公式】https://www.craudia.com/

Wixホームページ作成を外注依頼時の費用相場は3万円〜50万円

Wixホームページ作成を外注依頼時の費用相場は3万円〜50万円ほどです。

費用に幅が生じる要因は、外注先と依頼する工程に応じて金額が大きく変動するからです。

例えば、写真や文章を自分で用意し、フリーランスのWebデザイナーにWixのテンプレートを用いたホームページ作成依頼する場合、3万〜5万円で対応してくれるでしょう。

また、短納期かつ低価格重視の企業に依頼する場合、5万〜15万円ほどが想定されます。

さらに、最初の企画からサポートまで企業に任せてしっかりしたホームページを作成しようとすると、20万〜50万円ほどかかります。

なお、Wixのプランや企業のサポートサービスによっては月額で料金が発生することも注意してください。

ちなみに、後述する「小規模事業者持続化補助金」を申請して採択されれば、ホームページ作成の費用の2/3を補助してもらうこともできます。

ホームページに求めるクオリティに見合った予算を用意するとともに、事前準備を徹底することで予算を大きく抑えられることも覚えておきましょう。

Wixホームページ作成を外注依頼する際の4つのコツ

Wixホームページ作成を外注依頼する際には4つのコツがあります。

  • くわしい提案依頼書を作成する
  • 相見積もりを取る
  • 見えない機能にも注意を払う
  • 「小規模事業者持続化補助金」を申請する

項目ごとに詳しく解説していきます。

くわしい提案依頼書を作成する

結論からいうと、一番大切なのはくわしい提案依頼書を作成することです。

なぜなら、外注先と明確なイメージが共有できないと、期待通りのホームページが納品されないからです。

提案依頼書には、下記のような内容をできるだけ具体的に盛り込みましょう。

  • ホームページ作成によって達成したい目的・目標
  • 予算
  • 商品、サービスの詳しい説明
  • ターゲット
  • 競合他社の情報

また予算を安く抑えるために、可能であればホームページに載せる写真や文章などをあらかじめ用意しておきましょう。

外注先によってはクライアントの代わりに用意してくれるサービスもありますが、その分費用が高くなってしまいます。

具体的な提案依頼書を作成し、外注先と明確なイメージを共有することで、納得のいくホームページを作成してもらいましょう。

複数の見積もりを取って最も条件に合った外注先を選ぶ

複数の見積もりを取ることで、納得のいくサービス・費用でホームページ作成してくれる外注先を見つけましょう。

なぜなら、Webデザイナーや企業は競合により費用やサービスを多様に差別化しているからです。

例えば、同じ価格帯の企業でも、下記のように強みが異なります。

  • 初期のマーケティング戦略に力を入れてくれる企業
  • オリジナリティの高いデザインを作ってくれるWebデザイナー
  • アフターフォローの費用が安い企業

特にホームページは定期的な更新が必須なので、ホームページ完成後の修正などといったサポート体制は要チェックです。

なお、予算や期待するサービス内容を伝えるだけで複数社の相見積もりを一括で取ってくれるサービスもあります。

自分の希望するホームページの内容や予算が決まったら一括で見積もりを依頼してみましょう。

小規模の法人なら「小規模事業者持続化補助金」を申請しよう

「小規模事業者持続化補助金」とは、小規模の法人・個人事業主を対象とした補助金のことです。(参考:経済産業省 ミラサポplus

対象資格を満たす小規模の法人なら「小規模事業者持続化補助金」を申請しましょう。

なぜなら、小規模事業者持続化補助金はウェブサイト作成にかかる費用の3分の2、上限額50万円を補助してくれるからです。

実際に補助金を利用したホームページ作成を支援するため、小規模事業者持続化補助金の採択をサポートする行政書士を紹介してくれる企業もあります。

しかし、小規模事業者持続化補助金を申請するために多くの書類が必要な上、審査には時間がかかるので注意しましょう。

詳しい応募申請手続きについては、全国商工会連合会日本商工会議所のウェブサイトに記載されていますのでご覧ください。

前述したとおりWixホームページの作成費用は数十万円かかることも珍しくないので、3分の2という補助額はとても大きいものです。

外注する費用を抑えるために、小規模事業者持続化補助金の対象となる場合は、しっかりと準備を整えて申請に臨みましょう。

SEO対策や安全対策(SSL化)の有無をチェックする

SSL(Secure Sockets Layer)化とは、インターネット上のデータ通信を暗号化し、悪意のある第三者からの盗聴や改ざんを防ぐ仕組みのことです。

Wixホームページ作成を外注する時は、SEO対策やSSL化に取り組んでもらえるかをチェックしましょう。

SEO対策やSSL化は見た目からは分かりづらいですが、多くのユーザーを集客し、訪れたユーザーの個人情報を保護するために欠かせない機能だからです。

例えば、SEO対策をして検索エンジンの特性を踏まえて有効なキーワードを盛り込むことで、自分のホームページを検索ランキングの上位にランクインさせ、多くのユーザーを集客することができますね。

またホームページをSSL化することによって、ユーザーが資料請求やサービス購入で個人情報を入力する際、悪意のある第三者からユーザーの個人情報を守り、サービスの信頼性を高めることができます。

Wixホームページ作成を外注する際は、SEO対策や安全対策(SSL化)にも対応してくれるかどうか確認しましょう。

Wixホームページ作成を外注依頼するメリット

Wixホームページ作成を外注依頼するメリットとして次の2点が挙げられます。

  • 費用とクオリティのバランスが取れる
  • プロによるマーケティング、アフターサポートが受けられる

詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

費用とクオリティのバランスが取れる

Wixホームページ作成を外注する1番のメリットは、費用とクオリティのバランスが取れた外注依頼になるということです。

なぜなら、Wixのテンプレートを使うことで費用をおさえつつ、プロのデザイナーのクオリティを担保したホームページ作成ができるからです。

Wixホームページは作り方が簡単で、テンプレートを選べば作成ができるものの、自由度に乏しく、オリジナリティを発揮するのが難しいという欠点があります。

一方、プロのデザイナーに頼むことで、オリジナリティのあるデザインや有効性の高いアイデアを組み込むことはできるものの、求めるクオリティに応じて費用がかかるという欠点があります。

つまりWixでホームページ作成を外注するのは、「Wix」と「ホームページ作成外注」両者の欠点を補い合うバランスの良い組み合わせと言えますね。

ある程度高いクオリティを期待しつつ充分な予算が用意できない場合、Wixホームページを外注してクオリティと費用のバランスを取れるのは大きなメリットです。

プロによるマーケティング、アフターサポートが受けられる

プロによるマーケティング、アフターサポートが受けられることもWixホームページ作成を外注するメリットの1つです。

なぜなら、ホームページ作成に期待している目的を達成するためには、的確なマーケティングでデザイン構成を練り、完成後も地道に修正していくことが欠かせないからです。

例えば、プロテインサプリメントの売り上げ向上という目的で、集客用のホームページを作成するとしましょう。

メインターゲットが学生の場合、大学生に人気のSNSのアカウントから相互リンクを貼り、利用したユーザーの高評価なレビューをホームページ上に表示するデザインなどが考えられます。

また、ホームページからの購入者が期待していたほど伸びない場合は、ECサイトへのリンクのボタンをページの上部に移動させる、実際のユーザーのビフォー・アフター写真を成功ストーリーとして掲載するなどの修正が検討されます。

マーケティング、アフターフォローのノウハウを有するプロに任せることで、ホームページ作成に期待していた目的実現の近道になるでしょう。

Wixホームページ作成を外注依頼するデメリット

Wixホームページ作成を外注するには下記2点のようなデメリットもあります。

  • 自社にノウハウが蓄積されない
  • Wix自身に機能的なデメリットがある

以下でくわしく解説していきます。

自社にノウハウが蓄積されない

外注することで、自社にWixホームページ作成のノウハウが蓄積されないというデメリットがあります。

Wixは初心者向けのホームページ作成ツールで、解説するコンテンツも豊富にあるため、外注することでホームページの作成方法を学ぶ機会を失ってしまうといえます。

しかし、企業によってはWixの使い方を解説するイベントの開催をしている場合もあるので、外注するなら積極的に活用するのが良いでしょう。

先におすすめとして挙げた企業の中だとWixer Designが当てはまりますね。

自社にノウハウが蓄積されないことはデメリットの1つです。

Wix自身に機能的なデメリットがある

Wix自身にも避けては通れない機能的なデメリットがあります。

なぜなら、Wixはプロが自由にカスタマイズできることよりも、初心者が簡単に使えることを重視したツールだからですね。

例えば、以下の点が挙げられます。

  • プランに応じて容量制限や帯域制限がある
  • 最初に決めたテンプレートを後から変更できない
  • 複雑な階層構造のホームページを作成することはできない
  • Wixをやめたり、Wixがサービス終了するとホームページが資産として残らない
  • 本格的なSEO対策はできない

Wix自身のデメリットを理解した上でホームページを作成依頼しましょう。

まとめ

Wixはテンプレートや拡張機能の組み合わせで簡単にホームページを作成できるため、外注先の工数も少なく、一般的なホームページ作成より安価に外注できるところが大きな強みです。

Wixホームページ作成を外注する前には入念に準備をしましょう。

詳細な依頼書を作成すれば外注先とのイメージのすり合わせがはかどりますし、ホームページに載せるコンテンツの準備や補助金の手配をすることで、費用の削減にもつながります。

自分の期待するWixホームページ作成に適した外注先を見つけ、納得のいくホームページを手に入れる上で、本章がお役に立てましたら幸いです。

なお、Wix以外の一般的なホームページ作成外注について調べたい場合は、クラレポ内の「ホームページ作成の外注先3選とそれぞれへの依頼方法」もご覧ください。

月間新規会員登録1,000人以上!日本最大級のクラウドソーシング「クラウディア」
会員登録している100万人以上の中から、希望条件にマッチしたワーカーへ仕事を依頼。発注から納品まで全てクラウディアで完結できます。3分でカンタン無料会員登録。

関連記事

インタビュー記事を取材ライターに依頼する際におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法

プレスリリースの書き方やおすすめの配信サイト5選も紹介

作曲におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法【アプリ・サービス含めて解説】

広告の種類にはどんなものがある?各広告の特徴や費用対効果を解説

ブランド名はなぜ重要?名前の決め方や作成時のコツを解説

事務作業におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法