vtuber作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

インターネットが普及した社会では、パソコンやスマートフォンなどからYou Tubeを観る人も多いと思います。

中にはvtuberを活用し、自社のPRを検討する法人や個人事業主もいるでしょう。

vtuberを作成して、YouTubeから自社独自のビジネスPRも可能です。

また、vtuberのキャラクターが人気になると注目度が上がるでしょう。

本記事では、vtuber作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法を詳しく解説してきます。

vtuber作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

vtuber作成におすすめの外注先3選として、「株式会社Search」「Gugenka®」「クリエイトVT」を挙げます。

この章では、vtuber作成の外注を依頼するおすすめの3つの外注先の特徴を解説していきます。

おすすめ①自社独自のvtuber作成と運営実績を持つ「株式会社Search」

「株式会社Search」は実体験からお客様の問題を解決しようと、力を入れている会社です。

「株式会社Search」は、自社でvtuberの作成と運営しているため、独自のノウハウがあるからおすすめです。

なぜなら、自社でvtuberの作成と運営を行っているからこそ、お客様の立場で物事を考えられるからです。

また、クオリティの高いvtuber作成できるスタッフが在籍しているだけでなく、お客様の問い合わせから納品まで、一連の流れをスムーズに行ってくれます。

vtuberを初めて作成する方や検討している方は、一度問い合わせをしてみる価値はあるといえるでしょう。

http://www.searchweb.jp/vtuber/index.html

おすすめ②セルルック表現が得意「Gugenka®」

「Gugenka®」は、セルルック表現を取り入れるのにおすすめの制作業者です。

なぜなら、セルルック表現の3DCGの制作実績が豊富なためですね。

例えば、過去の実績には、株式会社サンリオがプロデュースする「ほわん」やホール情報誌のイメージキャラクターといった3DCGモデリングを担当しています。

また、「Gugenka®」は自社で開発したスタジオで、配信技術の開発や選定まで行っています。

セルルック表現の3DCGの依頼を検討している方は、過去の実績を確認してから問い合わせしてみましょう。

https://gugenka.jp/

おすすめ③イチからすべて任せるなら「クリエイトVT」

「クリエイトVT」は、イチからvtuber制作や運営を行いたい場合、全ての工程をおまかせできます。

vtuber制作や運営に必要である「知識」「技術」「機材」「サービス」のすべての仕事をやってもらえるからですね。

過去の実績には、エンタメ系の会社とオリジナルIPを開発したり、vtuber初の映画館でのライブを行ったりと様々な活動をしています。

また、「クリエイトVT」はvtuber制作だけではなく、ライブイベントなどの運営もサポートしてくれます。

vtuberの知識が無い方でも安心できるため、依頼しやすい業者といえるでしょう。

https://create-vt.jp/

vtuber作成を外注依頼時の費用は10万から300万

vtuber作成を外注依頼時の費用は、10万から300万です。

外注依頼する内容によって費用が変わるため、大きく差が生じるからですね。

例えば、「2Dキャラクター10万」、「3Dキャラクター100万」と金額差は大きいです。

vtuber作成を依頼する場合に「デザイン」「イラスト」「モデリング」など、依頼する内容で費用が変わってきます。

また、業者にvtuber作成後に運用も任させた時には、別途サポート費用がかかってきます。

業者に3Dのvtuber作成と運用の両方を依頼した場合は費用が高くつくため、見積もりや打ち合わせで細かいとこまで事前に決定しておきましょう。

ちなみに外注の費用を抑えたい方は、クラウドソーシングでvtuber作成を依頼する方法もあります。

vtuber作成費用を抑えるならクラウドソーシングがおすすめ

vtuber作成の外注依頼を検討している方で費用を抑えたい方は、クラウドソーシングもおすすめの外注先の候補に入れましょう。

なぜなら、依頼主側の提示する金額内で交渉可能だからですね。

例えば、プロジェクト形式で依頼した内容に対して、募集のあった内容の中からもっとも安い金額で提案をしてきたワーカーを選ぶことも可能です。

もし仕事に興味を持った方からメッセージが来た場合は、具体的な内容をメッセージでやり取りします。

クラウドソーシング・スキルシェア【Craudia(クラウディア)】

vtuber作成を外注依頼する際の3つのコツ

vtuber作成を外注依頼する際には、3つのコツがあります。

  • 複数の業者から見積もりを出す
  • 業者とのやり取りの中で担当者の対応を確認
  • サンプルを作ってもらう

この章では、vtuber作成を外注依頼する際の3つのコツを項目ごとに解説していきます。

コツ①複数の業者から見積もりを出してもらって比較する

vtuber作成を外注依頼するコツの1つ目は、複数の業者から見積もりを出してもらって比較していきましょう。

なぜなら、業者によって見積もり金額に差があるからですね。

例えば、自社のvtuber作成を依頼した場合、「A社20万」「B社30万」「C社50万」と費用が変わります。

さらに見積もりの内容や費用を具体的に記載してもらうことで、納得感も変わってきます。

依頼者は疑問に感じたことがあれば、業者に質問してみましょう。

vtuber作成を依頼する前に費用だけではなく、コミュニケーション力や対応力も確認できますよ。

コツ②業者とのやり取りの中で担当者の対応を確認

vtuber作成を外注依頼するコツの2つ目は、業者とのやり取りをする中で担当者の対応を確認することです。

なぜなら、依頼者と担当者の相性も良い担当者を選んだほうが仕事もスムーズに進むからですね。

例えば、複数社の業者に問い合わせした場合、「A社の方がB社より接客が丁寧」と違いが出てきます。

さらに、業者が一回の依頼だけではなく、アフターフォローも行ってくれるのかも相談しておくのもおすすめです。

コツ③サンプルを作ってもらう

vtuber作成を外注依頼するコツの3つ目は、複数の業者に問い合わせをした時に、サンプルを作ってもらえるのか相談してみましょう。

完成イメージとズレが無いか事前に確認できるからですね。

例えば、サンプルを見比べる中で、もっとも気に入った業者を選ぶことで失敗リスクを減らせます。

依頼者はクオリティの高いものを手に入れたいのであれば、事前に確認しておくことをおすすめします。

vtuber作成を外注依頼するメリット

vtuber作成を外注依頼することは、3つのメリットがあります。

  • クオリティが高い
  • サポートを受けられる
  • メインの業務に集中できる

外注依頼する3つのメリットについて、項目ごとに解説していきます。

メリット①高いクオリティを求められる

vtuber作成を外注依頼するメリットの1つ目は、高いクオリティを求められる点です。

専門の機械やソフトに加え、素人とは比べ物にならない知識と経験豊富な作成スタッフもいるからですね。

また、経験値の高い人ほど、vtuber作成中に新たな要望があった時に相談しやすいです。

豊富な経験を持つスタッフが在籍する会社を選ぶことで、納得できるものを手に入れられる確率は高まるといえるでしょう。

メリット②サポートを受けられる

vtuber作成を外注依頼するメリットの2つ目は、サポートが受けられることです。

業者は依頼者の要望に応えられるサポートシステムを整えているからですね。

例えば、vtuber作成後にトラブルがあった場合に解決してくれます。

業者や担当者によって、サポートの範囲や対応スピードは異なります。

そのため、問い合わせや打ち合わせを行った時には、トラブルが起こった場合の対応方法なども事前確認するのをおすすめします。

メリット③メインの業務に集中できる

vtuber作成を外注依頼するメリットの3つ目は、メインの業務に集中できることです。

業者によっては、vtuber作成から運用まで依頼した場合に一連の工程をすべてを任せられるからですね。

作成以外のこともお願いしたいのであれば、担当者と打ち合わせをする際、どこまでサポート対応してくれるのかを相談してみましょう。

あわせて別途費用がいくら必要なのか、見積もりを出してもらいましょう。

vtuber作成を外注依頼するデメリット

vtuber作成を外注依頼することは、3つのデメリットがあります。

  • 費用が割高
  • 業者によって、クオリティに差が生じる
  • 納品まで時間がかかる

この章ではvtuber作成を外注依頼する3つのデメリットについて、項目ごとに解説していきます。

デメリット①費用が割高

vtuber作成を外注依頼するデメリットの1つ目は、費用が割高になることです。

なぜなら、「人件費」「材料費」「利益」の3つが費用になっているからですね。

例えば、クオリティの高さに応じて、事件費や材料費がかかってきます。

vtuberを作成する場合に数人のスタッフが担当すると、そのぶん人件費も上乗せされます。

しかし費用が割高になる分、クオリティの高いものが作成できたり、自分の時間を短縮できたりしますよ。

デメリット②業者ごとにクオリティ差が生じる

vtuber作成を外注依頼するデメリットの2つ目は、業者ごとにクオリティ差が生じることです。

業者によって、スタッフの経験年数や技量が変わってくるから仕方がありません。

例えば、vtuber作成の際に業者ごとに使用する機械やソフトウェアが変わったり、スタッフの技量の差が生じたりします。

依頼者は自らの要望にそった業者を探し出し、納得できるものを手に入れましょう。

複数の業者に問い合わせして、サンプル作成してもらうことをおすすめします。

デメリット③納品まで時間がかかる

vtuber作成を外注依頼するデメリットの3つ目は、納品まで時間がかかることです。

なぜなら、vtuber作成にはいくつもの工程や打ち合わせがあるからです。

例えば、vtuber作成を発注した場合にイラストから外注すると時間がかかります。

また、業者に外注依頼する内容によって、納期が変わってきます。

vtuber作成を一から依頼する方は、担当者に納期を確認してみましょう。

もし急遽vtuberが必要な場合、vtuber作成の納期を早められるのか、相談してみましょう。

まとめ

vtuber作成を外注依頼する場合は、メリットとデメリットを確認してください。

vtuber作成の外注を検討している方は、複数の業者から見積もりとサンプルを出してもらいましょう。

さらに複数の見積もりやサンプルを比較することで、自らの希望に合った業者を選べます。

依頼者がvtuber作成から運営をするためには、時間や労力がかかります。

また、自らが作成したvtuberのクオリティが必ず高くなるとは限りません。

クオリティの高いvtuberを手に入れたい方は、専門の外注業者に依頼することをおすすめします。

月間新規会員登録1,000人以上!日本最大級のクラウドソーシング「クラウディア」
会員登録している100万人以上の中から、希望条件にマッチしたワーカーへ仕事を依頼。発注から納品まで全てクラウディアで完結できます。3分でカンタン無料会員登録。

関連記事

インタビュー記事を取材ライターに依頼する際におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法

プレスリリースの書き方やおすすめの配信サイト5選も紹介

作曲におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法【アプリ・サービス含めて解説】

広告の種類にはどんなものがある?各広告の特徴や費用対効果を解説

ブランド名はなぜ重要?名前の決め方や作成時のコツを解説

事務作業におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法