SNS運用代行におすすめの外注先9選とそれぞれへの依頼方法やメリット・デメリット

TwitterやInstagramなど人々に欠かせないツールとなっているSNSが担う役割は大きく、企業の商品・サービスを発信するマーケティングにおいて、よく利用されています。

定期的に情報を発信し続けることは容易で無いため、SNSマーケティングのプロに運用を一括で任せる企業も増えてきました。

今回は、SNS運用代行会社を見つけたい方へ向け、SNS運用代行のおすすめ外注先9選や依頼方法、依頼する際のポイントや費用相場、メリット・デメリットについて解説しています。

目次

SNS運用代行におすすめの外注先9選とそれぞれへの依頼方法

SNS運用代行会社によって代行する業務は異なります。

例えば、「SNS投稿代行」「ターゲット層の分析」「コメント返信」「画像編集」「アクセス解析」「コンテンツの企画・制作」「コメントの監視」等がありますね。

この章では、筆者がおすすめする「SNS運用代行おすすめ外注先9選」とそれぞれへの依頼方法を解説しますね。

幅広い業種の大企業での導入実績を誇る「グローバルリンクジャパン」

幅広い業種の大企業での導入実績を誇る外注先は「グローバルリンクジャパン」です。

SNS活用を検討中の企業からすでに運営中の企業まで状況に合わせたSNSの運用代行をして貰えるうえ、最新のITツールを駆使したSNSマーケティングもできる会社だからですね。

たとえばSNSの効果を向上させるため、「ブランディング」「サービス認知度」「費用対効果」「エンゲージ」などを行ってもらえます。

また、SNSごとに基本料金が決まっており、代行を依頼したい業務に合わせて追加料金が発生するシステムなので、必要な部分のみコストをかけられます。

運用代行の自動見積もりができる

運用代行の自動見積もりができます。

SNSごとに細かくわけられた代行サービスプランが用意されており、自分に合うプランを選べるからですね。

はじめに自動見積もりやヒアリングなどで要望を伝え、それを基に運用プランの提案、問題がなければ
運用代行サービス開始される流れです。

公式ページからは、サービス内容の資料ダウンロードすることで事前確認も可能です。

https://www.globallinkjapan.com/

複数のSNS運用を一貫して代行してくれるのは「メンバーズ」

複数のSNS運用を一貫して代行してくれる外注先は「メンバーズ」です。

SNSの専門家として、新規アカウントの立ち上げ準備から日々の運用、将来的拡大まで支援してもらえます。

さらに企業が保有するSNSアカウントが複数ある場合でも対応可能です。

SNSアカウントを一括で運用できるサービスを提供して貰えるからですね。

また、50社以上の運用代行事例で、2012年にはFacebookから公式デベロッパー認定も受けています。

30名規模のSNS専任運用体制で、効率的な投稿管理が行われているからこその結果と言えるでしょう。

SNSを活用して、海外へ向けて情報発信したい場合、アカウント開設から運用まで対応しています。

基本運用プランは月払いで初期費用は要相談

基本運用プランは月払いで、初期費用は要相談です。

業務の一部のみ代行するわけでなく、事前計画・設計段階からトータルでの支援、提供価値の最大化やビジネス成果創出を目的としているからですね。

申し込みの流れとしては、公式サイトより問い合わせ、無料見積もりや、サービスのプランなどを検討していく形となっています。

https://www.members.co.jp/services/smm/socialmedia_support.html

アカウントの立ち上げから運用まで幅広く代行可能な「ライトアップ」

アカウントの立ち上げから運用まで幅広く代行可能な外注先は「ライトアップ」です。

「ライティング」「ソーシャルマーケティング」「システム開発」「経営支援」など、一通りの業務を幅広くサポートしてくれるからですね。

また、一部の運用だけ委託することも可能です。

さらに企業のブランドの特徴に合わせたデザインを考慮したアカウント運用して貰えますよ。

Webコンテンツの作成実績をSNSアカウントの作成にも応用している形となります。

見積もりや実績の相談のみでもOK

見積もりや実績の相談のみでもOKです。

案件に応じて専門性の高いスタッフが配備されてて、様々なアプローチのできる体制が整っているからですね。

依頼の流れは、まず電話やメールフォームで問い合わせ、お客様の悩みにマッチしたプランを提案する形です。

たとえばSNSアカウント運用の方向性を決めたり、見積もりや制作スケジュール等の相談などですね。

すべての内容に疑問がなくなった時点で制作スタートの流れとなっています。

https://www.biz4.jp/social_media

常に変化に最適化する運用を行うのは「バケット」

SNSアカウント運用する中で状況は常に変化し続けます。

SNS運営者側から突然のルール変更であったり、フォロワー数が急上昇したりですね。

常に変化する状況に合わせてアカウントの運用の最適化を行ってくれる外注先は「バケット」です。

実際に運用を代行する中で継続的に数値チェック、根拠を重視した改善施策の取れる運用力が強みだからですね。

2008年から様々な業種のSNS活用サポートをし、蓄積されたノウハウを用いながら、あらゆる面から総合的なサポートをして貰えます。

初回費用が必要、運用のボリュームにもよる

初回費用が必要で、運用のボリュームにより料金も変化します。

ビジネスゴール達成を目標においたプランニングで、企画から制作・投稿する体制を社内でまとめられているからですね。

まずは公式サイトより問い合わせをし、ヒアリングを基に、料金見積もり等をする流れとなっています。

https://bucket.co.jp/

Instagramの企業アカウント運用に強みを持つ「サイバー・バズ」

Instagramの企業アカウント運用に強みを持つ外注先は「サイバー・バズ」です。

SNSアカウント運用専門チームがあり、特にInstagramアカウント運用に関するノウハウが蓄積されている会社だからですね。

「企画」「制作」「投稿」「振り返り」まで運営した結果を月1回のレポート報告にて、投稿内容の改善から次の施策を提案してもらえます。

さらには自社ツールを活用した定量分析から、様々なインフルエンサーの活用等、包括的なサポートも可能です。

また、Facebook、Twitterアカウント運用やInstagram広告キャンペーン・実施にも合わせて対応していますよ。

Instagram活用の目的に合わせて適切なプランが掲示される

Instagram活用の目的に合わせて、適切なプランが掲示されます。

「基本運用プラン」「制作/運用プラン」「投稿選出/運用プラン」等、目的に合わせて選べるからですね。

また、認知拡散を目的としたキャンペーン設計や広告運用をワンストップで依頼可能です。

依頼の流れとしては、Webサイトより資料請求や問い合わせ、具体的なプランや見積もりを相談していく形となっています。

https://www.cyberbuzz.co.jp/snsaccount/

SNSの特性に合ったアカウント運用・コンテンツ制作できる「サムライト」

SNSの特性に合ったアカウント運用・コンテンツ制作できる外注先は「サムライト」です。

主要SNSに対応、目的やターゲットに応じて最適なプラットフォームを選定することで成果を最大化できるからですね。

また、戦略設計から運用方針策定、クリエイティブ企画制作や運用、効果分析まで一貫した取り組みをしているのも特徴と言えるでしょう。

インフルエンサーの活用やキャンペーン等も適度に組み合わせることで、費用対効果の高いSNSマーケティングを実現可能です。

各種様々なプランが用意されている

各種様々なプランが用意されています。

主要SNS別の目的に合わせ具体的な支援・対策が行われ、具体的なプランから選べるからですね。

例えば、「Instagramアカウント運用支援」「SNS×キャラクター運用支援」「Lineキャンペーン支援」等、目的別のプランがあります。

まずは問い合わせ、ヒアリング後に具体的なプランを掲示して貰い、契約、運用設計の開始、サービスの開始の流れとなります。

https://somewrite.com/contents/performance/tag/sns_account/

初歩的な業務から高レベルな業務まで幅広く対応しているのは「フロントサポート」

初歩的な業務から高レベルな業務まで幅広く対応している外注先は「フロントサポート」です。

初期設定から投稿ライティングやキャンペーンまで段階に合わせたサービスが提供されるからですね。

たとえば運用支援フローとして、「アカウント開設支援」「調査・分析」「コンサルティング」「運用・監視」「効果検証・レポート」等があります。

実績面で観ると、運用期間10ヶ月でフォロワー数7倍、SNS経由のゲームアプリのPVが590万アップ等などが紹介されています。

自社開発APIと専任担当者の運用で、効率的に運用を行えるよう仕組み化されているのも魅力と言えるでしょう。

一律の料金プランは無い

一律の料金プランは無いです。

企業フェーズに合わせる形でのサポート提供しているためですね。

料金をはじめとした詳細については電話やメールでの問い合わせ、もしくはWebからは資料請求可能です。

https://frontsupport.jp/

安価な料金が魅力なのは「マークス」

安価な料金が魅力な外注先は「マークス」です。

月額30,000円〜の運用代行プラン、SNS映えする写真の撮影プラン等、安価な料金でのサービス提供があるからですね。

キャンペーンの実施等、追加料金を支払うことによって、より本格的なSNS運用できるようになります。

過去100以上のHP制作の実績も活かしての、SNS映えするクオリティの高い投稿内容を作成して貰うことも可能です。

専門スタッフによる最適なプランを提案して貰える

専門スタッフによる最適なプランを提案して貰えます。

「フォロワー数を増やしたい」「ブランドイメージを伝えたい」など、要望を一番に考慮したサービスが特徴だからですね。

問い合わせ後にヒアリング、提案や見積もりが行われ、運用準備後に運用スタート、結果分析・改善という流れでサービスが行われます。

https://marqs.co.jp/

経験やノウハウが足りない方向けの「ソーシャルメディアラボ」

経験やノウハウが足りない方向けの外注先は「ソーシャルメディアラボ」です。

累計1,000社以上の実績があり、企業アカウント運用に関するノウハウはもちろん、幅広いサービスを提供可能だからですね。

たとえば「UGC創出」や「ソーシャルリスニング」等が挙げられます。

また、24時間365日の監視体制でリスク対策も行っており、デジタル戦略からSNSの投稿やキャンペーンまで一貫した支援も受けられますよ。

まずは資料請求か無料相談がおすすめ

まずは資料請求か無料相談をおすすめします。

SNSアカウントの運用代行を希望する業務内容によって料金が異なり、一般公開されていないからですね。

対応範囲は幅広く、ワンポイント代行のプランも選べるので、比較的相談しやすいと言えるでしょう。

https://gaiax-socialmedialab.jp/

SNSの運用方針が決まっているならクラウドソーシングで代行者を探すのがおすすめ

  • ツイッターで仕事の内容についてつぶやいてほしい
  • インスタグラムで自社の商品の撮影画像をアップしてほしい
  • 公式LINEのユーザー対応してほしい

SNSの運用方針がある程度でも決まっているのであれば、クラウドソーシングで代行してくれる人を探すのもおすすめです。

個人に直接依頼できるため、専門業者へ依頼するよりも格安の金額で代行依頼できる可能性が高いからです。

また、大勢の中から自分に合った人を選べるのもクラウドソーシングならではの特徴と言えるでしょう。

たとえば、クラウドソーシングのクラウディアで「SNS運用」で検索すると対応可能なワーカーが多数見つかります。

検索結果で出てきたワーカーさんの中から、依頼したいアカウントに即した人を選んでいきましょう。

クラウドソーシング「クラウディア」の公式サイトへ無料登録する

SNS運用代行を外注依頼時の費用相場

SNS運用代行の外注依頼に対して、どれくらいの費用がかかるのか全くイメージつかない方も多いと思います。

この章ではSNS運用代行を外注依頼時の費用相場について解説しますね。

初めてSNS運用代行を導入する方におすすめのサービスは「月額10万円以下」

初めてSNS運用代行を導入する方におすすめのサービスは「月額10万円以下」です。

SNSへの投稿や記事作成といった基本的な業務を代行して貰え、コストを抑えながらSNS運用を始められるからですね。

記事作成の原案となる原稿を依頼者側で作成したり、投稿する写真の質を落とすことで2〜5万円に費用を抑えることもできます。

ただし、本格的にSNSを運用するにあたっては、プラン内で対応してもらえない場合もあるため注意が必要です。

まずはお試しで利用し、使用感と結果を見て、今後のSNS運用方式を検討していきましょう。

ほとんど全てのSNS業務を代行して貰えるのは「月額20〜30万円」のサービス

ほとんど全てのSNS教務を代行して貰えるのは「月額20〜30万円」のサービスです。

SNS運用の基本となる記事作成、投稿に加え、コメント確認・返信や簡易的なレポーティングを含め、運用代行の幅を広げてくれるからですね。

サービスによっては、月次レポートを通した改善点の提案や、ミーティングの開催を含める場合もあります。

月額10万円以下のサービスと比べ、代行可能な業務内容はもちろん、サポートが充実するため、より成果に直結するSNS運用できるようになりますよ。

より発展的・理想的なSNS運用をしたい方におすすめのサービスは「月額40万円以上」

より発展的・理想的なSNS運用をしたい方におすすめのサービスは「月額40万円以上」です。

上記の価格帯になると、より発展的なSNS運用をして貰えるからですね。

SNS運用に関する業務の代行はもちろん、広告の運用やSNSキャンペーンの実施、インフルエンサーマーケティングの実施等があげられます。

業務を代行してもらうことには変わりませんが、ミーティングを通して一緒に施策を立てるため、より効率的なSNS運用が可能です。

SNS運用代行を外注依頼する際のポイント

この章では、SNS運用代行の外注依頼を検討する際の業者選びのポイントを解説していきます。

自社の業種での運用実績があるか確認する

自社の業種での運用実績がある会社なのか、確認していきましょう。

SNS運用においては、自社の業種やターゲットの年齢・コミュニティ等も考慮したコンテンツの作成・配信を行う必要があるからですね。

SNS運用代行会社によって、得意な業種があるため、具体的なサービス内容を確認し、自社の特徴や目的に合った会社選びが大切です。

客観的な評価基準を持っているか確認する

データを元にした客観的な評価基準を持っている会社なのか、確認していきましょう。

具体的な目標を達成させることが大切なので、KPIなど目標値の設定や、導入効果の測定基準を明確にしている会社を選ぶ必要があるからですね。

特に企画段階からすべて任せる場合であれば、売り上げにどう影響するかの結果まで正しく評価できる代行会社を選ぶようにしていきましょう。

また、「自社のニーズに応えるための具体的な手法を持っているか」といった点も合わせてチェックすることもおすすめします。

プランの業務内容と費用は明確かつ適正かを確認する

プランの業務内容と費用は明確かつ適正か確認していきましょう。

業務内容の幅が細かく分かれている場合もあり、投稿の確認や分析等、希望する業務内容とマッチしていない場合もあるからです。

複数の代行会社の費用を比較してみると適正価格が分かり易いので、多少面倒でも相見積もりしてみることをおすすめします。

また、広告・キャンペーン費用を別途用意する必要がある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

一例としては、アカウント開設の作業や、ペルソナ設計、KPI設定などコンサルティング的な内容として初期費用がかかる等ですね。

SNS運用代行を外注依頼するメリット

この章では、SNS運用代行を外注依頼するか迷っている方に、SNS運用代行を外注依頼するメリットの解説をしていきます。

空き時間を有効的に使える

空き時間を有効的に使えるメリットがあります。

SNS運用に関する業務を一括で管理してくれるため、SNS関連の業務以外にも時間を費やせるためですね。

企業のSNS運用には、売り上げアップや認知拡大など、様々なメリットもありますが、SNSマーケティングを導入することで、本来の業務効率が低減したりその他の悪影響が出るのは問題です。

時間を有効的に使いたい方は、SNS運用に関する業務を全ての丸投げ依頼もひとつの選択肢として言えるでしょう。

SNS運用に関する知識がなくても大丈夫

SNS運用に関する知識がなくても大丈夫なメリットがあります。

SNS運用の経験やノウハウがなくても、フォロワーの獲得や自社サイトへの訪問者数アップといった成果が見込めるからですね。

たとえばプロ目線で、競合サイトの分析やコンテンツ作成・配信などを行ってくれたりします。

SNS運用ミスによる企業のイメージ低下リスクを抑える

SNSは、良くも悪くも情報を素早くたくさんの人に届ける特徴ゆえ、一定の炎上リスクが伴います。

定期的に発信していく中で、炎上リスクを完璧に防ぐのはムリと言えるでしょう。

実際、気をつけて運営しているはずの公的機関や大手企業のSNSが炎上ケースもしばしば見受けられます。

代行会社に依頼することでSNS運用ミスによる企業のイメージ低下リスクを抑えるメリットがあります。

SNS代行会社にはこれまでの運営経験に合わせ、度を超えた批判的なコメントなどを常時監視するサービスもあるからですね。

万が一、炎上してしまった場合でも、迅速かつ正しく対応してもらうことで、社会的信頼の喪失やブランドイメージダウン等のリスクを下げられるはメリットと言えるでしょう。

SNS運用代行を外注依頼するデメリット

この章では、SNS運用代行を外注依頼するデメリットについて解説していきます。

初期費用をかけずにSNS運用を始めたい方にはおすすめできない

初期費用をかけずにSNS運用を始めたい方にはおすすめできません。

SNS運用を任せた範囲相応のコストがかかってしまうからですね。

たとえば、SNS運用を代行会社に丸投げにすると、月数十万円かかる場合もあります。

上記理由から、SNS運用代行の外注依頼を検討する際は、費用対効果も考えたうえで決めていきましょう。

思うような結果が得られない場合もある

依頼先によっては思うような結果が得られない場合もあります。

SNS運用だけに当てはまる話ではありませんが、業者ごとに運営スタイル、プラン、料金なども異なるからです。

投稿の企画から分析・改善まですべて代行を依頼する場合、事前にしっかりと企業の目的やイメージ等、共有しておくのをおすすめします。

まとめ

今回は、SNS運用代行について解説しました。

専門の代行会社にSNS運用を依頼することで、費用はかかりますが、多くのメリットを受けられます。

事前に複数の会社を比較し、自分の目的や予算に沿ったサービス選びが大切で、うまく利用すれば大幅な売上アップも期待できることでしょう。

SNS運用代行会社は、初めての方でも安心して利用できます。

また、専門業者のプロのノウハウを取り入れることで成果が出やすくなるだけでなく、他業務に専念することで空き時間の有効活用も可能です。

すでに多くの企業がSNSを利用したマーケティングを行なっている中、SNS運用代行会社の利用を一度検討するうえで参考となれば幸いです。

関連記事

データ入力におすすめの外注・代行先4選とそれぞれへの依頼方法

Webデザイン作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

WordPress作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

Excel(エクセル)作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

イラスト作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

文字起こしにおすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法