未経験者でもOK?在宅ワークで動画編集の仕事を始める方法

子供が将来なりたい職業でYouTuberが上位にランクインするほど、YouTubeを中心とする動画市場が拡大している現在、動画編集者のニーズも高まっています。

※参考⇒ 学研総合研究所「小学生白書Web版2018年9月調査

会社員の副業や主婦のアルバイト、学生のお小遣い稼ぎとして「動画編集の仕事をやってみたい」と思っている人も多いことでしょう。

しかし、動画編集をするのに未経験者でも可能なのか、何を準備すればいいのか、どうやって仕事を探せばいいのか分からないことも多いと思います。

結論から言うと、動画編集は未経験者OKで在宅ワークでできる仕事もクラウドソーシングを使えば簡単に探すことができます。

今回の記事では、初心者が在宅ワークで動画編集の仕事を始める方法について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

動画編集の仕事は在宅ワークでできる

会社に勤務をせずに、在宅ワークで動画編集の仕事をしたいと考える人は多いと思います。

結論から言えば、在宅ワークでできる動画編集の仕事はたくさんあります。

動画編集の仕事はパソコンと編集ソフトがあればできるため、会社に勤務する必要性があまりないからです。

そのため、

  • 本業の仕事がある会社員
  • 小さなお子さんがいるママ
  • 学業の合間に自宅でサクッとアルバイトをしたい大学生

のように会社勤務ができない、またはしたくない方でも、在宅ワークで動画編集の仕事をして収入を得ることが可能です。

ただし、案件によっては週に1回打ち合わせのための出社が義務づけられていたり、最初の数回は出社して編集指導を受けなければならないケースもあります。

在宅ワークにこだわる人は仕事を探す際に「在宅のみで全て完結するのか」それとも「多少の出社が必要なのか」を必ず確認してください。

これから始めたい方にはYouTubeの動画編集がおすすめ

動画編集には、

  • 企業のプロモーションビデオ編集
  • サービスや商品の広告動画編集
  • 結婚式の映像編集
  • 個人や企業のYouTube動画編集

のようにさまざまな仕事がありますが、これから動画編集の仕事を始めたい方におすすめなのはYouTubeの動画編集です。

YouTubeの動画編集は、動画の分割、テロップやBGMの入れ込みのような最低限の編集スキルがあればできる案件が多いことから、初心者でも取り組みやすいからです。

一方、企業のPRビデオや商用の結婚式映像の編集などは、完成度の高さが求められるため初心者にはハードルが高めです。

これから動画編集の仕事を始めるなら、まずはハードルの低いYouTube動画編集で経験を積み、スキルが上がり自信がついてきたら、広告動画編集などに挑戦していくのがおすすめです。

YouTube全盛期の今、個人だけでなく企業も積極的にYouTubeを活用していることから、動画編集者のニーズは非常に高く、求人案件も豊富にあります。

ジャンルも下記のように幅広いので、自分のできそうな分野からトライしてみましょう。

【YouTubeのジャンル例】

  • 動物動画
  • アニメーション動画
  • 解説動画
  • 製作過程動画
  • ビジネス動画
  • インタビュー動画
  • ライントーク風動画

ちなみにYou Tube動画編集の仕事を場合、クラウドソーシング上では常に多くの求人案件が出ているためおすすめです。

動画編集の仕事は未経験可!ただしクライアントが求めるスキルは必要

動画編集の仕事には、未経験でできるものが多くあります。

特にYouTubeの動画編集の仕事であれば、「映像制作会社で働いていた」といった経験は必要ありません。

ただし、クライアントが求めるクオリティに応えられるレベルの編集スキルは必要です。

最低限必要なのは、下記3つのスキルです。

  1. カット作業(動画の分割やトリミング)
  2. テロップ入れ
  3. BGMや効果音の挿入

上記3つをマスターしたら、トランジッションのバリエーションを増やす、サムネイルを作れるようにするなど、ほかにもできることを増やしてスキルアップすると、クオリティの高い編集ができるようになり、幅広い求人に対応できるようになります。

編集作業のやり方を細かく説明したサイトや動画はたくさんあるので、独学でスキルを身につけることも十分可能です。

在宅で動画編集の仕事をするには動画編集ソフトが必要

在宅で動画編集の仕事をするためには、編集作業に必要な動画編集ソフトを準備する必要があります。

会社に勤務するのであれば、会社のパソコンに必要なソフトが入っていますが、在宅で仕事をする場合は、自分でパソコン環境を整えなければいけないからです。

動画編集ソフトは、無料のものから有料のものまでたくさん種類がありますが、特に有名なのが以下の2つです。

  1. Finai Cut Pro(ファイナルカットプロ)
  2. AdobeのPremiere Pro(プレミアプロ)

「ファイナルカットプロ」はMacのみで使用できる動画編集ソフト、「プレミアプロ」はMac、Windowの両方で使用可能です。

どちらもメジャーなソフトなので、ネット検索すれば使用方法を丁寧にレクチャーしているYouTubeやブログがすぐに見つかります。

「せっかく買ったのに使いこなせない」ということを避けるためには、普及率の高いソフトを買うのも一つの方法です。

在宅で動画編集をするために必要なパソコンのスペック

動画編集をするならパソコンのスペックも必要に応じて上げなければいけません。

動画編集はパソコンに負荷がかかるため、スペックが低いとパソコンの動きが遅く、サクサク作業が進まないからです。

ただし、簡単な編集作業や短い動画であれば、一般的なパソコンのスペックで問題なく作業できることもあります。

まずは、実際に作業を行ってみて、不足や不具合を感じたら外付けのストレージやコスパの良いパソコンの購入を検討してみると良いでしょう。

動画編集に必要なパソコンスペックは、以下を参考にしてください。

【動画編集に必要なパソコンスペック】

  • CPU:「Core i7」がベスト(「Core i5」以上あれば作業は可能)
  • メモリ:「8GB」以上(長時間の動画編集をするなら16GB)
  • ストレージ:SSD256GB+HDD1TBあたりが理想
  • グラフィックボード:有料の動画編集ソフトを使う場合はあった方が良い

在宅ワークでできる動画編集の仕事の雇用形態

在宅で動画編集の仕事をする場合には、次の4つの働き方があります。

  1. 業務委託
  2. 社員
  3. パート/アルバイト
  4. 派遣社員

【業務委託】在宅ワークの求人が多数ある

在宅でできる動画編集で、最も求人が多いのが「業務委託」です。

業務委託とは、クライアントから委託された業務を行い報酬をもらう雇用形態ですが、社員やアルバイトと異なるのは、会社と雇用契約を結ばない点です。

仕事を発注する側からすると、雇用契約を結ばなければ社会保険などに加入させる手間もかからず、また支払うのは報酬のみなので人件費を抑えられるメリットがあります。

また、「人手が必要なときだけ募集をかけて仕事をしてもらう」という柔軟な雇用の仕方ができます。

一方、仕事を受ける側も、会社に縛られず「自分の好きなタイミングで好きな仕事だけする」という自由な働き方ができるため、フリーランスの方、副業やWワークとして編集の仕事に携わりたい人に適した雇用形態です。

単発の仕事であれば、未経験OKの求人もありますし、クライアントに気に入られれば、継続して仕事を依頼されるチャンスもあります。

【正社員/契約社員】求人はほとんどない

在宅ワークでできる社員の動画編集者の求人は、ほとんどありません。

社員の場合、動画編集だけでなく企画や制作、動画の撮影なども行うのが一般的なので、在宅のみで仕事を完結させることが難しいからです。

もともと社員として働いていた人が、出産や育児をきっかけに在宅勤務を認められることはあっても、最初から社員の在宅ワーカーを採用するケースはまれです。

【派遣社員】部分在宅の求人はわずかにあり

派遣社員も、完全在宅の仕事はまずありません。

基本的には派遣先の会社に勤務をし、「週に1回は在宅OK」といった部分在宅の仕事がわずかにあるのみです。

また、派遣は即戦力を求めているケースがほとんどなので、経験者でなければ採用は難しいでしょう。

【パート/アルバイト】動画編集の使用経験があれば求人はある

パートやアルバイトの場合は、在宅でできる動画編集の求人が比較的多くあります。

週に1回程度の出社を求められる場合もありますが、初めに研修のために数日出社したあとは在宅でOKの仕事もあります。

ただし、パートやアルバイトと言えども企業の専属ワーカーとして働くわけなので、動画編集ソフトの使用経験などで採用が判断されます。

在宅ワークでできる動画編集の求人募集の見つけ方

在宅で動画編集の仕事をしたい場合に、求人募集を見つける方法はいくつかありますが、おすすめは以下の3つです。

  1. クラウドソーシングサイト
  2. ツイッター
  3. 求人サイト

初心者向けの求人案件を探すならクラウドソーシングサイト

動画編集の初心者の方におすすめなのが、クラウドソーシングサイトです。

クラウドソーシングサイトで扱っている仕事の多くは在宅ワークであり、また初心者向けの求人案件も多いためです。

雇用形態はほぼ業務委託となりますが、「いろいろな会社の案件に挑戦してみたい」「自分の好きなタイミングで仕事をしたい」という方にはピッタリです。

報酬は、クライアントや仕事の内容によって大きな差があります。

    【クラウドソーシングの求人例】

  • スマホゲームの広告用動画の編集(1万円)
  • 動画編集+サムネイル作成(クオリティによって単価千円~3千円)
  • 音声ファイルに合わせて動画・画像・テロップを挿入(2千円~3千円)
  • テレビ番組風テロップの挿入(2万~2万5千円)

Twitter上で動画編集者を募集しているYouTuberにDM応募

ツイッターで、動画編集者を募集しているYouTuberに直接応募する方法があります。

  • 動画を量産したいYouTuber
  • 動画の撮影はするが編集は得意でないYouTuber

などは、ツイッターで動画編集者を募集しているケースが多々あるからです。

「動画編集 求人」「動画編集 募集」などで検索し、募集しているYouTuberを見つけたらDMで応募するのが一般的です。

「継続してできる人」「動画編集の経験がある人」「ファイナルカットプロが使える人」「編集作品を1つ以上提出できる人」のように条件を設けている場合は、条件を満たした人のみが応募できます。

クリエイター専門の求人サイトを活用

在宅でできる動画編集の仕事は求人サイトでも見つけることができます。

求人サイトはIndeed(インディード)のような幅広い業種や職種を扱うサイトから、CREATIVE VILLAGE(クリエイティブビレッジ)のようなクリエイター専門のサイトまであります。

求人サイトに掲載されている動画編集の仕事は、正社員から業務委託までさまざまな雇用形態の仕事があるので、自分にあった働き方を見つけることができます。

ただし、完全在宅の仕事はそれほど多くないので、チャンスを逃さないようにこまめにサイトをチェックしましょう。

まとめ

初心者が在宅ワークで動画編集の仕事をするなら、まずはYouTubeの動画編集から始めるのがおすすめです。

YouTubeの編集には、最低限のスキルと知識があればできる難易度の低い案件もあるからです。

最も簡単に仕事が見つかるのは「クラウドソーシング」です。最初はあまり報酬を気にせずに数をこなしていろいろなタイプの動画の編集に挑戦することをおすすめします。

実績を積みスキルを磨けば、報酬の高い案件を受けたり、自分で報酬の交渉ができるようになるので稼げるようになります。

ぜひ、挑戦してみてください。

関連記事

在宅バイトもできるゲームテスターの仕事とは?報酬やメリット・デメリット

ブログで一番稼げる方法とは?ブログ収入を得られる5つの在宅ワークそれぞれのメリット・デメリット

在宅秘書とはどんな仕事内容?在宅秘書の必要スキルや求人募集の探し方

在宅事務は未経験者でもOK?在宅事務の仕事内容や求人情報の探し方

シール貼りの仕事は在宅ワークや内職バイトでもできる?

添削の仕事とは?在宅バイトでもできるの?