サムネイル作成におすすめの外注先4選と依頼のコツ、メリットやデメリット

サムネイルは有用性が高いため、ブログやHPなどの記事一覧やYoutubeなど、様々な部分で使用されています。

サムネイル表示させれば、時間をかけずにページを読み込めて、必要な画像だけを拡大表示して見ることが可能になるため、使用データ容量を抑えることにもつながりますね。

また、ブログや動画などの収益にも影響する重要な役割を果たしています。

今回は、サムネイル作成におすすめの外注先4選と依頼のコツ、メリットやデメリットについて解説していきます。

サムネイル作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

わかりやすく、見たくなるようなサムネイルの作成は、意外と難しいものです。

一番最初に視聴者の目に入るコンテンツであるため、自分で作成するのは自信がない方もいるでしょう。

この章では、サムネイル作成におすすめの外注先5選とそれぞれへの依頼方法を解説しますね。

様々な観点から自分に合うクリエイターを見つけるなら「クラウディア」

様々な観点から自分に合うクリエイターを見つける外注先として、クラウドソーシングの「クラウディア」があります。

経験豊富なクリエイターが多数在籍しており、口コミや予算も照らし合わせて選べるからですね。

※参考⇒ クラウディアのワーカー一覧

例えば、ビジネス系のYoutubeを運営しているなら、ビジネス系を得意とするクリエイターへ依頼も検討できます。

また、幅広い価格設定なので、予算に合わせた依頼先を気軽に探せますね。

「得意カテゴリ「職業を選択」「業種を選択」などの項目からカテゴリの絞りこみもできるので、より細かい要望にそう形でクリエイターを決められます。

まずはテスト的に募集してみるのもおすすめです。

登録自体は無料で、応募が集まらなかった、もしくは希望する内容のワーカーが集まらなかった場合、金銭の支払いが発生しないためですね。

  • 「どれぐらいの応募があるのか?」
  • 「どんなワーカーが来るのか?」
  • 「いくら必要になるのか?」

応募することで具体的にイメージできるようになりますよ。

利用手順は簡単、3ステップ

「クラウディア」の利用手順は簡単で、3ステップでできます。

サービス提供は、全てオンラインで完結するので、依頼が簡単にできるからですね。

時間や場所も問わず、好きなタイミングで利用できるのも良いポイントです。

まずは、他のサービスとの比較や価格設定などをしながら、依頼内容を検討します。

例えば、クラウディア内の項目、「キーワード検索」「ワーカー一覧」「仕事一覧」などをチェックしていきましょう。

気になったワーカーがいたら、クラウディア内のメッセージ機能を使い、出品者に事前に問い合わせも可能です。

依頼する仕事内容や費用が明確になったら、プロジェクト形式での依頼がおすすめです。

■プロジェクト方式とは?
クライアントが初めから報酬やスケジュールを決めず、見積や計画など希望にあった条件を提示してくれたワーカー(複数人可)と仕事を進めていく方式です。
中長期にわたって進めるお仕事にむいています。
ワーカーはクライアントが提示する予算目安を参考に、希望の報酬を提示しましょう。
その際に提示した金額が取引終了時の報酬となります。

希望条件にマッチしたワーカーからの応募があったら、仕事の依頼や仮払いを済ませて、納品を待つ形となります。

会員数100万人以上のクラウドソーシングCraudia(クラウディア)

イメージに合ったデザインの作成できるのは「モノジャーナル」

自分のイメージに合ったデザインのサムネイル作成できる外注先は「モノジャーナル」です。

元東大教員が代表を務めるデザイン制作会社で、一つ一つ丁寧なコミュニケーション、企業や個人の「らしさ」を表現してくれる会社だからですね。

モノジャーナルが最も得意としているのはロゴデザインですが、サムネイルのみの作成も行っており、企業理念やビジョンなどを基に、「デザインの力で問題解決できるをテーマ」に作って貰えます。

また、短納期対応している面もメリットと言えるでしょう。

気軽に高品質なサービス

「モノジャーナル」では、気軽に高品質なサービスを受けとれます。

「料金」 「量」 「質」のバランス良く発注可能な委託先として気軽に依頼できるからですね。

まず、Webサイトより問い合わせをし、料金の見積もりや納期の相談をしながら依頼するかどうかを決める流れとなっています。

料金の目安はありますが、 素材の種類や希望のスタイルなどでも工数は変化するので、それに合わせて見積り額も変わっていきますね。

用途に合わせ、ノウハウに沿ったサムネイル作成して貰えるので、品質を重視するならおすすめです。

また、基本的に短納期ですが、急ぎの場合は特急料金(通常価格+20%)でも対応して貰えるので、必要に応じて利用してみましょう。

https://mono-journal.com/

時代に合わせた提案をしてくれるのは「ミライアーツ」

時代に合わせた提案やサポートを行ってくれる外注先は「ミライアーツ」です。

サムネイル作成だけでなく、HP制作、Web広告代行といった幅広いサービスも行っている会社なので、新しい顧客層の獲得など様々な提案を行ってくれるからですね。

もちろん、サムネイル作成のみの依頼も可能ですし、会社からでも個人からでも依頼できます。

常識に囚われない潜在的なニーズに対応した制作をして貰えますし、コミュニケーションもきちんと取って貰えるのも良いですね。

依頼は要問い合わせ、相談しながら決めていく

「ミライアーツ」への依頼は要問い合わせで、ヒアリングを通して詳細など決めていく流れです。

一人一人のニーズに合わせた最善の解決策を提案して貰える会社なので、相談を通して料金や納期なども具体的に決めていくからですね。

依頼の流れは、問い合わせで詳細を教えて貰えますし、問い合わせフォームからでも直接電話することも可能です。

http://www.mirai-arts.com/

とにかく格安で依頼できるのは「べルウェザー」

とにかく格安でサムネイル作成が依頼できる外注先は「ベルウェザー」です。

プロのクリエイターにより、必要なカテゴリーに合わせて、流入数を上げるための目立つサムネイル作成が、格安でスピーディーに依頼可能な会社だからですね。

最速即日〜2営業日で納品も可能で、チケット(回数券)による特別割引価格も用意されています。

制作物は、全て商用利用も含む二次使用が可能なうえ、依頼用テンプレートも用意されているので、初めての方でも利用しやすいです。

サムネイルの具体的なイメージの準備が必要

「ベルアーツ」での依頼は、サムネイルの具体的なイメージの準備をおすすめします。

入稿フォームに、サムネイルのイメージや雰囲気、目的など、必要項目を入力する必要があるからですね。

また、画像に使用する素材画像の準備も必要ですが、無い場合は、フリー素材のみであれば対応して貰えます。

まず、問い合わせフォームより見積もりなどの相談をした後、入稿フォームに入力し、入金という流れですね。

納期までに制作物が完成し、チェック後、納品版を受け取ります。

デザインのイメージなど、自分で行わなければいけない工程もありますが、格安でできるという点は良いですね。

https://bellwether.click/

サムネイル作成の外注依頼する際のコツ

この章では、サムネイル作成の外注依頼する際のコツや外注先の選び方を解説しますね。

ターゲット層や目的を明確に伝える

サムネイル作成の外注依頼時には、ターゲット層や目的を依頼先に明確に伝えましょう。

サムネイルは目的に合わせたものを作成することで、効果を最大限に引き出せるからですね。

また、言葉だけでなく「既に完成して形になっているもの」の共有をおすすめします。

イメージを明確に伝えることで、より自分の理想に近い形にもなる可能性が高まるからですね。

目的共有のためにも、きちんとコミュニケーションが取れて、希望やコンテンツに合ったサムネイルの提案がある会社を選んでいきましょう。

ウェブマーケティングができる会社を選ぶ

ウェブマーケティングができる会社を選びましょう。

集客を増やしたい場合など、綺麗なサムネイルよりも目を引くサムネイルが必要で、数値的に考えられる会社の方が求める成果が出やすいからですね。

例えばサムネイルのクリック率や申し込み率を計測してもらえると、次回のサムネイル作成時に活かせるデータとなります。

上記理由から、元々マーケティングに強い会社なのか映像会社なのか、あらかじめ見極めておくのをおすすめします。

また、Youtubeのサムネイル画像を作るのであれば、Youtubeのサムネイル作成が得意な外注先を選んでいきましょう。

ジャンルや流行り廃りによって、クリックされやすいサムネイルの種類も変わるからですね。

継続依頼できる価格設定なのか確認する

依頼主がサムネイルに使える費用を元に継続依頼できる価格設定なのか確認しましょう。

動画にはサムネイルが付きものなので、複数回にわたって何度も依頼できる価格でないと、コスト面で圧迫されます。

また、動画とサムネイルのどちらも作成したい場合、セットで作成してくれる会社もあるので、料金設定など事前に確認しておくと良いですね。

サムネイル作成の外注依頼時の費用相場

この章では、サムネイルの市場価格や相場について解説します。

サムネイル作成の外注依頼が初めてで不安な方はぜひ参考にしてみてください。

クリエイターの制作レベルに応じて価格は変動する

サムネイルの価格はクリエイターの制作レベルに応じて価格は変動します。

引き受ける個人や企業に応じて、スキル面はもちろん、作業工程やかける費用も変化するためです。

例えば、Youtubeのサムネイルであれば、サムネイル初心者レベルのクリエイターからデザイン会社出身のプロのクリエイターまで、およそ1,000円~5,000円といったところです。

場合によっては1枚1,000円以下のケースもありますが、品質も低い可能性も高いので注意しましょう。

サムネイルの消費税は10%

サムネイル作成の外注依頼時の消費税は10%です。

サムネイル作成は、軽減税率の対象とならないからですね。

事前に税込価格なのか税別価格なのかあらかじめ確認しておきましょう。

サムネイル作成を外注依頼するメリット

この章では、サムネイルを作成してみたいという方に、サムネイル作成を外注依頼するメリットについて解説しますね。

高品質のサムネイルが出来上がる

外注依頼することで、高品質のサムネイルを作成できます。

経験のあるプロの方にお願いすることで、ノウハウを活かし、視聴者により受けの良い編集を提案してくれるからですね。

サムネイル一つで見た目のイメージが大きく変わるので、やはり高品質なものを作成しても損はないでしょう。

知識が無くても作成できる

サムネイル制作に関する知識が無くても、サムネイルを作成できます。

専門的な知識や技術を持っている人達に頼めるので、知識が無くても作成できるからですね。

デザインの知識や画像加工ソフトの使い方など、自力でより良いものを作るのには時間と勉強が必要なので、その点依頼すると楽に作成できます。

時間や人員の節約ができる

サムネイル作成に必要な時間や人員の節約ができます。

サムネイルは動画やブログなどに付随して作られることがほとんどなので、継続的に自力や専門スタッフを雇用しての作成となると、手間や人件費などもかかってしまうからですね。

外注依頼することで手間と人件費が減らせ、効率良くコンテンツを運営できます。

サムネイル作成を外注依頼するデメリット

サムネイル作成を外注依頼するデメリットも解説します。

外注依頼する分のコストがかかる

外注依頼すると、コストがかかってしまいます。

良心的な価格で作成して貰えるクリエイターも多いですが、依頼回数を重ねることでいつの間にか高コストになっているケースも多々あります。

もし自分で覚える時間と気力がある場合は、自身で作成する選択肢も考えておきましょう。

カスタムサムネイルが作成できる「Photoshop」「PhotoScape」「Phonto」と言ったアプリケーションや、スマートフォンで使用できる「Canva」などを利用することで作成できるでしょう。

安定して発注できない場合がある

外注依頼すると、安定して発注できない場合もあります。

個人やフリーランスの方に依頼する場合、クリエイター個人の事情に左右されてしまうこともあるからですね。

個人やフリーランスの場合、専門の制作会社に比べると比較的安価で頼めたりもしますが、諸事情などにより納期が遅れたり、継続が断られてしまうリスクもあります。

会社などに依頼すれば、価格は上がりますが、その点心配は要等ないので、検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、サムネイル作成の外注依頼について解説してきました。

サムネイルの品質は運営しているコンテンツの入り口として重要なので、専門の会社やプロのクリエイターに依頼するのはおすすめと言えるでしょう。

個人のクリエイターの方であれば比較的安価な値段で、自分に合った方を探せる場合もあり、初心者にもおすすめですが、安定した発注、より高品質なものを求めるのであれば、会社に依頼する方が良いですね。

料金プランや、コミュニケーションの丁寧さなど、何社か比較し、自分に合った依頼先を見つけていきましょう。

また、当記事を読んだ結果、サムネイル作成を依頼したくない方は、アプリケーションもあるのでトライしてみるのもおすすめです。

代表的なソフトとしては、「Photoshop」「PhotoScape」「Phonto」や、スマホアプリの「Canva」などが挙げられます。

皆さんにとって、満足のいくサムネイル作成できることを願っています。

関連記事

Excel(エクセル)作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

イラスト作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

文字起こしにおすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

資料作成におすすめの外注先7選とそれぞれへの依頼方法やコツ、メリット・デメリット

SNS運用代行におすすめの外注先9選とそれぞれへの依頼方法やメリット・デメリット

パンフレット作成におすすめの外注先12選と依頼方法のコツやメリット・デメリット