記事作成でお小遣い稼ぎは可能?仕事はどこで探す?

「手軽に始められるお小遣い稼ぎがしたい」「隙間時間をお金に換えたい」こんな方の注目を集めているのが記事作成のお小遣い稼ぎです。

しかし、実際にやって挑戦するとなると様々なハードルが存在します。

  • どこで仕事を見つければいいのか分からない
  • 記事なんて作ったことないし自信がない

こんな不安からなかなか始められない方も多いです。

そんな人のために、この記事では記事作成のお小遣い稼ぎについて「そもそもどんな仕事?」「仕事はどこでとればいい?」「いくらになるの?」といった疑問に回答しています。

記事作成のお小遣い稼ぎを検討している方はぜひチェックしてください。

記事作成でお小遣い稼ぎはできる

そもそも「記事作成でお小遣い稼ぎはできるのか」という問題があります。

結論から言うと、記事作成の仕事は非常に需要が高く、お小遣い稼ぎの仕事にも適していますね。

現在、企業・個人の多くがWEBメディアを持っており、WEB用の記事作成できる外注ワーカーを必要としています。

専門のメディアからアフィリエイトブログまで、幅広いメディアで記事作成ができる人を募集しているのです。

難易度の高いものも多いですが、比較的やさしい仕事も多く見られます。

実際、弊社運営のクラウドソーシングのライティング(記事作成代行)募集ページをチェックしてもらうと、多くの募集案件があるとわかります。

そのため、記事作成の仕事はお小遣い稼ぎにも適しているのです。

お小遣い稼ぎができる記事作成の仕事内容

記事作成はお小遣いを稼ぐのに適していますが、記事作成の仕事全てがお小遣い稼ぎに向いているわけではありません。

では、お小遣い稼ぎができる記事作成の仕事とは、どんな内容なのでしょうか。

仕事の詳細について詳しく見てみましょう。

検索エンジンで調査した内容をまとめるのが主な仕事

お小遣い稼ぎとして挑戦できる記事作成の仕事は、テーマに沿った内容を検索エンジン(Googleなど)で調べてまとめるのが主な内容です。

お小遣い稼ぎ向きの難度が低い案件では、専門的な知識などはあまり求められません。

指定の内容をインターネットで調査し、文章として練り直す作業がメインになります。

その他、使ったことのある商品やサービスの体験談など、アンケートに近い募集などもありますね。

総じて難度が低く、比較的気楽に始められるのが特徴です。

おすすめは1000文字前後までのボリュームの小さい仕事

お小遣い稼ぎの仕事としておすすめなのは、1000文字前後までの短めな記事の作成です。

というのも、大ボリュームの案件は調査と執筆に時間がかかる分、疲労感が大きいからですね。

気楽に始めるお小遣い稼ぎというよりは、副業やプロライター向けの案件といえます。

長文が苦にならない方なら挑戦してみても良いのですが、いきなりボリュームの大きい案件から始めて、お小遣い稼ぎ自体が嫌になってしまっては意味がありません。

そのため、慣れないうちは短めの記事から挑戦するのが無難です。

仕事の難易度は案件によって異なる

「記事作成」という大きなカテゴリで見ると、難易度は案件によって大きく異なります。

専門知識が必要なプロ向けの案件から、質より量を重視されるものまでさまざまです。

知識と経験をつけて高単価の案件に挑戦するのも方法の一つですが「お小遣い稼ぎでいい」という場合は、難度の低い案件を多くこなすのも選択肢になります。

自分にはどちらが適しているのか考えてみましょう。

お小遣い稼ぎができる記事作成の仕事の探し方

記事作成の仕事を始めようとしても、仕事がどこにあるか分からなければ挑戦できません。

この章では、案件をどこで見つければ良いのかを解説します。

クラウドソーシングは案件を見つけやすい

結論からいうと、最も案件数が多く自分に適したものを見つけやすいのはクラウドソーシングサイトです。

多くのメディア運営者が外注先を探す窓口として利用しています。

クラウドソーシングサイトとは、仕事をして欲しい企業と仕事をしたい個人を繋ぐ仲介サービスのようなものです。

募集が閲覧できるだけでなく、報酬の未払い防止機能や、発注者の過去の実績の閲覧機能など、受託者をトラブルから守ってくれるサービスも提供されています。

受託者側に手数料が発生するサイトも多いですが、その分を補って余りあるメリットがあると言って良いでしょう。

初心者は、まずはクラウドソーシングサイトへの登録から始めてみましょう。

会員数100万人以上日本最大級クラウドソーシングCraudia(クラウディア)

ポイントサイトにも案件はあるが単価は低め

クラウドソーシングサイトのほか、ポイントサイトの中にも記事作成の案件は存在しますが、基本的にはおすすめできません。

ポイントサイトの案件は文字単価に換算すると0.5円以下のものがほとんどであり、案件数も安定していないからです。

安定してお小遣いを稼ぎたいのであれば、ポイントサイトよりクラウドソーシングサイトをおすすめします。

ただし、ポイントサイトにはお試し商品を使った感想を書く、レビュー記事の募集が多いという特徴もあります。

お試し商品には美容関連の商品が多いことから、色々な種類のコスメを体験しながらお小遣い稼ぎしたい方にはおすすめでしょう。

業界最強の還元率でお小遣いが稼げるポイントサイト!アメフリ

自己アフィリエイトでレビュー記事を書いてお小遣い稼ぎ

アフィリエイトでお小遣い稼ぎするため記事作成しようと考えている人も多いと思います。

これからアフィリエイトするなら、自己アフィリエイトを活かしたレビュー記事作成のお小遣い稼ぎはおすすめです。

自己アフィリエイトサービスとは、自分で商品やサービスの申し込みをすることでアフィリエイト広告の成果報酬を得る方法です。

大手アフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)では、自己アフィリエイトサービスを用意しています。

例えば、アフィリエイト最大手のa8.netでは「セルフバック」という自己アフィリエイトサービスが用意されていて、商品点数も豊富です。

セルフバックの中には年会費無料のクレジットカード作成や株やFXの口座作成も用意されています。

無料申し込みで報酬を得て、さらに申込時の体験談を活かしてアフィリエイト広告を貼ったレビュー記事作成もできます。

あなたが書いた記事内のアフィリエイト広告をクリックして申し込みがあれば、追加のお小遣いが入ってくるのでおすすめですよ。

また、a8.netでは毎月レビュー記事コンテストも開催しており、入賞すると賞金獲得できます。

まとめると「自己アフィリエイトの報酬」「レビュー記事から申込時の成果報酬」「レビュー記事コンテスト入賞時の賞金」と、同時に3種類のお小遣いが可能なやり方となります。

記事作成の仕事でお小遣いを稼ぐコツ

記事作成の仕事をいきなり始めても「書くのが辛くてやめてしまった」「提案が採用されない」と悩んでいる方も多いです。

記事作成の仕事を安定して続けるにはちょっとしたコツがあります。

どんな点に注意すればいいか見てみましょう。

興味のあるジャンルや知識のあるジャンルから始める

記事作成の仕事に慣れてくるまでは「興味のあるジャンル」「本業や趣味で知識を持っているジャンル」から始めることをおすすめします。

というのも、記事作成の仕事に慣れないうちから未経験のジャンルに挑戦すると、調査する内容の多さから挫折してしまう人もいるからです。

例えば、興味がないにも関わらず金融系の記事作成の案件に応募してしまう人も少なくありません。

金融系の記事は作成自体が難しいことから、1記事あたりの報酬が高いからです。

いくら目の前の報酬が良かったとしても、途中で投げ出してしまったり、記事作成に何倍もの時間がかかってしまっては、お小遣い稼ぎとしてはイマイチです。

上記の理由から、アウトドアが好きな人であれば「旅行」「キャンプ」「温泉」といった自分が興味あるテーマから書いていくことをおすすめします。

クラウドソーシング内の「検索ボックス」で興味あるテーマを検索することで見つかりやすくなりますよ。

会員数100万人以上日本最大級クラウドソーシングCraudia(クラウディア)

お小遣い稼ぎは、何よりも楽しく取り組めることが重要。

まずは筆を進めやすいジャンルから挑戦してみてください。

クラウドソーシングの提案文を丁寧に作る

クラウドソーシングの提案文はなるべく丁寧に作るようにしましょう。

依頼者は応募者からの提案文を見て、どのワーカーを選ぶかを決定するからです。

提案文とは、クラウドソーシングの「プロジェクト案件」で必要な、公開されている案件に対して送る営業メッセージのようなもの。

提案文を雑に作ると「雑な人だなぁ」という印象を与えてしまい、採用率が下がってしまいます。

  • 募集文に記載がある質問には全て回答する
  • 募集に対してどう貢献できるのか記載する
  • 使いまわしの提案文を使わない

以上のような点に注意して提案文を作成してみてください。

ライティング(記事作成代行)募集ページで他の人が「どんな提案文」を書いているのかチェックしてみるのもおすすめです。

隙間時間の利用ならタスク案件もおすすめ

隙間時間を利用して仕事をしたいのであれば、タスク案件もおすすめです。

タスク案件とは、プロジェクトと違い「応募と同時に記事を納入する」スタイルの仕事のことで、依頼主が成果物をチェックして承認か非承認か決定します。

非承認になるとお金にならないリスクはありますが、短時間で完了できる仕事が多く、手軽に取り組める点がメリットです。

プロジェクト案件のような着手前の提案も必要ないため「あまり時間を取れない」「隙間時間でお金を稼ぎたい」という人にはおすすめです。

タスク・軽作業・事務の仕事・依頼一覧はこちら

記事作成の仕事でお小遣いはいくら稼げる?

記事作成でお小遣い稼ぎをした場合、報酬はいくらになるのでしょうか。

稼げる金額について見てみましょう。

お小遣いを稼ぐのが目的なら文字単価1円までが相場

案件によって細かい違いはありますが、お小遣い稼ぎで挑戦できる記事作成の報酬は、文字単価1円までが相場となります。

まとまった金額を稼ぎたいのであれば、0.5円以上の案件に絞るのがおすすめです。

仮に文字単価0.8円の案件だと仮定すると、1000文字のボリュームの案件を月に20本こなせれば、一ヶ月に16,000円稼げる計算になります。

高単価の案件はスキルか知識を要求される

記事作成の仕事の中には、文字単価2円以上の高単価のものも存在しますが、その分スキルや知識を要求されます。

伝わりやすい文章の書き方や、記事のジャンルに対する知識や資格を求められるので、気軽に挑戦できる仕事ではありません。

もちろん、徐々に慣れてきて本格的なライティングの仕事に挑戦したいのであれば、こういった仕事も視野に入れて問題ないでしょう。

最初は低単価の案件で記事作成の仕事に慣れたら、高単価の案件も検討してみてください。

まずはクラウドソーシングサービスに登録してみる

記事作成の仕事でお小遣い稼ぎがしたいのであれば、まずはクラウドソーシングサービスに登録し、どんな仕事があるのか見てみるのがおすすめです。

得意ジャンルや知識のあるジャンルなど、自分にあった案件を見つけたら、文字数が少なく挫折しにくいものから挑戦してみてください。

会員数100万人以上日本最大級クラウドソーシングCraudia(クラウディア)

関連記事

スマホで記事作成の仕事をする場合のスマホ活用術とおすすめツールやアプリ

記事作成でコピペは厳禁!無料で使えるコピペチェックツールも合わせてご紹介

外注ライターへ記事作成依頼用のマニュアルは必要?どうやって作る?

記事作成代行サービスの依頼相場と依頼費用を決める際に注意すべきポイント

インタビュー取材記事作成の流れや書き方

ブログ記事の作成代行サービスとは?どんな依頼ができる?