働き方改革推進にともない、在宅ワークや副業は新しい働き方として注目を集めるようになりました。 特にライティングの仕事は、隙間時間にお小遣いを稼ぎたい学生や、子どもがいない日中に仕事をしたい主婦に魅力的な仕事として注目を集めています。 「Webライター」「セールスライター」など多種多様な在宅ライターの仕事 在宅ライターの仕事は「Webライター」「セールスライター」など多種多様です。 現在、募集が掛けられているライターのジャンルには、以下のようなものがあります。 Webライター テクニカルライター コラムライター セールスライター コピーライター 取材ライター それぞれ特徴がありますから、自分の得意分野やスキルが活かせるジャンルを選んで、仕事をスタートさせるようにしましょう。 そうすることで、さらなるキャリアアップ、スキルアップを図ることもできます。 さらに、在宅ライターの求人は、増加傾向にあります。 なぜなら、オウンドメディアを立ち上げる企業が増えたことで、在宅ライターへのニーズは高まる一方であり、その書き手が必要とされているためです。 ※参考:あの有名企業も?2019年に開設した注目のオウンドメディア12選 また、特別な資格や設備が必要なく、パソコン一台あれば作業が開始できる手軽さから「隙間時間にライターとして仕事をしたい」と考える人も、増加傾向にあります。 重要と供給がマッチしたことにより、ライティングの仕事は注目度の高い仕事といえるでしょう。 SEO知識があるWebライターは重宝される Webライティングの仕事とは、企業のWebサイトのコンテンツライティングや、アフィリエイトブログ記事を作成する仕事です。 企業のコンテンツやアフィリエイトブログの記事は、基本的にユーザーが求めている情報をまずは提供し、後半部分で商品を紹介するスタイルが一般的となっています。 なぜそのようなスタイルを取るかというと、Webライターの仕事は、GoogleやYahoo検索から記事へ流入してくるオーガニック検索からの集客を狙っているからです。 検索エンジンから来たユーザーに「読んでもらう」「見つけてもらう」ためのライティングが、Webライターのミッションとなります。 SEO対策知識や、自分が得意とするカテゴリを持っているWebライターは依頼主側から重宝されます。 テクニカルライターは専門知識を分かりやすく解説するスキルが必要 テクニカルライターは、一般の人を対象に、専門的な知識を分かりやすくライティングする仕事です。 他のライティングの仕事に比べて、テクニカルライターの仕事はある程度時間を確保し、作業に集中できる環境が必要な種類の仕事となります。 家電などの取り扱い説明書執筆や、マニュアルライティングは長文が多い傾向にあり、隙間時間にサクサクと執筆できる類の文章ではないためですね。 また、テクニカルライターには専門知識をより深める向上心が求められます。 対象ジャンルに関する知識を深めることにより、より良質な記事提供が可能となって、作業効率アップも期待できるからですね。 そのため、得意とする領域を一つ決めることはおすすめです。 品質の高い記事を短時間で執筆できるようになれば、ライターとしての評価アップに合わせて報酬アップも期待できるでしょう。 オリジナルな切り口がコラムライターには欠かせない コラムライターは、社会情勢やニュースについて自分の意見を書くことが求められる仕事です。 「コラム記事」というと、自分の経験や意見を書けばいいの?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。 結論から言うと、オリジナルな切り口がコラムライターには欠かせません。 面白いコラムというものは、筆者の考えや切り口が必須となるためです。 筆者独自の視点やポリシーがなくては、ユーザーを惹きつけるコラムが書けません。 また、客観性のある根拠や情報をしっかりとリサーチし、それをベースとした自分なりのスタンスを持って、記事を作成するスキルが求められます。 ライティングスキルや、自分なりの意見を持つのと同様に、しっかりとしたリサーチ力を持つことが、面白いコラム記事を書くために必要なスキルなのです。 セールスライターは顧客心理やマーケティング戦略を理解する必要がある ダイレクトメールや企業のホームページのコンテンツ、メールマガジンの文章を書くのが、セールスライターの仕事です。 セールスライターには、文章力以上に顧客心理やマーケティング戦略を理解するスキルが求められます。 セールスライターの仕事は、読者の購買欲を高め、紹介されているサービスや商品の成約させるライティングを求められるからです。 上記の理由から、セールスライターの仕事は、営業担当者のように売り上げに直接影響を持つ特徴があります。 コピーライターはキャッチコピーを作るセンスが必要 コピーライターには、読んだ人の印象に強く残ることを目的としたライティングが求められます。 コピーライターの仕事は、文章力以上に魅力的なキャッチコピーを作るセンスが求められる仕事といえるでしょう。 ブランドイメージや商品の印象が短いコピーに大きく左右されるため、社会情勢やトレンドを踏まえて時代にフィットした広告文を書くスキルやセンスが求められるためです。 また、コピーライターは、多くの場合、広告代理店などで執筆経験を積んだのちに、フリーランスとして活躍する人が多い傾向にあります。 大手広告代理店では、仕事内でテレビCMや雑誌広告のキャッチコピーを作ることに携わることも多く、そのときの知識や経験を活かせるからですね。 「未経験OK」なキャッチコピー作成の募集案件もありますが、よほどのセンスがない限り、実際には実務経験を積むことでステップアップしていく流れが一般的です。 取材ライターはコミュニケーションスキルが命 取材ライターは、電話や対面で取材を行い、それを記事にまとめる仕事です。 結論からいうと、取材ライターに一番求められるスキルは「コミュニケーションスキル」となります。 なぜかというと、取材はライターの仕事でありながら「書く力」よりも「聞き出す力」の方が重要な仕事だからです。 取材において要となるのは「相手の言葉を引き出すこと」です。 会話を楽しみながら、話のポイントを瞬時に判断して確認し、結論へと結びつけるスキルが必要となります。 また、電話取材や、メールアンケートによる記事作成の仕事もありますが、基本的に取材ライターの仕事に取材は必須です 取材先のスケジュールに合わせて出向く必要があるため、時間的に融通を利かせられる環境が必要だからです。 取材ライターの場合、ライターが撮影も兼任するケースが多いため、撮影スキルがあるとさらに重宝される存在となれるでしょう。 取材ライターの仕事は、これまで紹介してきたライティングの仕事の中では、より専門知識が求められる仕事です。 なぜなら、専門知識が無いと質問自体のレベルが低くなってしまい、質問のレベルが低いと取材する人から得られる回答のレベルも低くなってしまうからです。 取材をこなせるようになると記事単価アップも期待できますし、案件数も増加しますから、環境が整えば挑戦してみるのもいいでしょう。 文章構成や文章力を買われて編集者としてお誘いを受けることもある 結論から言うと、クライアントから文章構成や文章力を買われて、企業から「編集者」としてのお誘いを受けるケースもあります。 なぜなら、内容がよくても読みづらい記事を誰かに編集してほしいと考えている企業も多いからです。 リライトや編集を最初から目的として仕事募集する場合もありますが、ライターの中から編集者として抜擢されることも少なくありません。 編集者の報酬は企業ごとによって異なりますが、固定給や時給で支払われることもあります。 学生や主婦、未経験者でも在宅ライターに「なれる」 結論からいうと、ライターという仕事は、未経験の学生や主婦でも「私はライターです」と名乗れるため誰でもなれます。 資格や目に見えるスキルが明確ではない職種だからです。 ただし、資格が必要でなくても、やることの奥が深くて難しさのある仕事です。 例えば、文章力はベースとして必要ですが、それ以上にリサーチ力やコミュニケーション力が求められる仕事となります。 しかし、その分やりがいや達成感の大きな仕事なため、「挑戦してみたい!」という人はぜひチャレンジしてみることをおすすめします。 最初は未経験でも、少しずつキャリアを積み重ねることで、ライターとして活躍することは十分可能です。 初心者の在宅ライターデビューにはクラウドソーシングがおすすめ ライターの雇用形態には、以下のようなものがあります。 クラウドソーシングサイト経由のクラウドワーカー 直接雇用 業務委託やフリーランス 結論からいうと、初心者の在宅ライターデビューに一番適しているのは、クラウドソーシングサイト経由で仕事をスタートさせるスタイルです。 クラウドソーシングサイトでは、インターネット上で仕事を完結させるノウハウがしっかりと構築されているためです。 手数料は必要とはなりますが、その分さまざまな不安材料をクリアにしてくれるシステムが、クラウドソーシングにはあります。 例えば、顔の見えない取引に不安を感じる方もいるでしょう。 そのような不安を払しょくするために、クラウドソーシングサイトが仲介することで、安全性の確立を実現しています。 また、発注する企業が未経験者向けにマニュアルを完備しているケースが多い点も、クラウドソーシングサイトの魅力です。 クラウドソーシングサイトには、ライターデビューを目指す人にとって安心で、安全な環境が整っています。 仕事を依頼したい企業と、仕事を請け負いたい個人を結びつけるクラウドソーシングサイトは、ライター志望者にとって強い味方となってくれるでしょう。 さらに、クラウドソーシングサイトに掲載されている案件には「未経験可」「初心者歓迎」から「プロレベル」まで、企業側が希望するスキルを分かりやすく提示されています。 自分のレベルに合わせた案件を選んでキャリアを積み、ステップアップを図ることが可能です。 今後、企業にライターとして直接雇用されるためにも、フリーランスとして活動するためにも、ある程度キャリアは必要です。 未経験からライターデビューを目指すなら、最初の一歩としてクラウドソーシングサイトの活用をおすすめします。 会員数 100 万人以上日本最大級クラウドソーシング・Craudia(クラウディア) 在宅ライターの収入は文字単価「0.5円」から「数十円」と差がある 在宅ライターの収入は、文字単価に設定されている幅が広いというのが現状です。 結論からいうと、文字単価で「0.5円」~「数十円」まで、さまざまな価格設定がされています。 ライティングの種類や、ライターのキャリアやスキルに準ずるため、一律でいくらとは設定されていないというのが実情だからです。 例えば、コピーライティングなら「コンペ形式で20文字以内のコピーで数万円」という設定もありますし、「初心者ライターによるコラム執筆は文字単価で0.5円」なこともあります。 しかし、この価格設定は、あくまでクライアント側が提示したものです。 価格に納得ができない場合は、その仕事を受けなければいいのですから、仕事を受ける最低ラインは自分の中で設定しましょう。 設定した金額以下の報酬であれば、よほど魅力的な条件が付かない場合、受けないと決めてしまうのもひとつの方法です。 また、ライターデビューしたばかりの時期は、どうしても単価が安い傾向にあります。 経験を積み重ねてキャリアが出来てくれば単価は自ずとアップしますし、場合によっては自分からクライアントに交渉することも可能です。 最初は単価が低くても、キャリアを積むためにお金をいただきながら勉強していると考え、割りきって引き受けるのもいいでしょう。 在宅ライターの仕事はインターネットで検索すべし 「ライターの仕事を見つけるのは、難しいのではないか」「仕事の探し方が分からない」と悩まれる人も、多いかもしれません。 結論からいうと、在宅ライターの仕事はインターネットで探すのが一番近道です。 クラウドソーシングサイト、求人サイト、各企業のHPとインターネット上で公開されているライター求人情報が、一括で検索できるためです。 簡単に、まとめて検索が可能ですから、検索結果の中から自分が希望する条件や仕事内容に近いものを選ぶようにしましょう。 また、クラウドワークを希望するか、直接雇用を希望するかなどの条件が絞り込めている場合は、検索ワードに「クラウドワーク」「求人」等と追加しましょう。 検索結果として、自分の希望する条件により近い案件を表示させることが可能です。 まとめ 在宅ライターの仕事には、種類さまざまなことをお分かりいただけたでしょうか。 在宅ライターとして活躍したいと考えるなら、まずはキャリアを積むことが一番の近道です。 未経験からデビューし、キャリアを積むためには、クラウドソーシングサイトの存在が味方となります。 最初は単価が安い案件からスタートし、キャリアを積んで、収入をアップさせるというのが、在宅ライターの基本的なスタイルです。 コンテンツは世の中にあふれ、ニーズは間違いなくある仕事です。 一つひとつの案件を丁寧にこなし、記事のクオリティを上げていくことで、収入アップを目指しましょう。

働き方改革推進にともない、在宅ワークや副業は新しい働き方として注目を集めるようになりました。

特にライティングの仕事は、隙間時間にお小遣いを稼ぎたい学生や、子どもがいない日中に仕事をしたい主婦に魅力的な仕事として注目を集めています。

「Webライター」「セールスライター」など多種多様な在宅ライターの仕事

在宅ライターの仕事は「Webライター」「セールスライター」など多種多様です。

現在、募集が掛けられているライターのジャンルには、以下のようなものがあります。

  • Webライター
  • テクニカルライター
  • コラムライター
  • セールスライター
  • コピーライター
  • 取材ライター

それぞれ特徴がありますから、自分の得意分野やスキルが活かせるジャンルを選んで、仕事をスタートさせるようにしましょう。

そうすることで、さらなるキャリアアップ、スキルアップを図ることもできます。

さらに、在宅ライターの求人は、増加傾向にあります。

なぜなら、オウンドメディアを立ち上げる企業が増えたことで、在宅ライターへのニーズは高まる一方であり、その書き手が必要とされているためです。

あの有名企業も?2019年に開設した注目のオウンドメディア12選

また、特別な資格や設備が必要なく、パソコン一台あれば作業が開始できる手軽さから「隙間時間にライターとして仕事をしたい」と考える人も、増加傾向にあります。

重要と供給がマッチしたことにより、ライティングの仕事は注目度の高い仕事といえるでしょう。

SEO知識があるWebライターは重宝される

Webライティングの仕事とは、企業のWebサイトのコンテンツライティングや、アフィリエイトブログ記事を作成する仕事です。

企業のコンテンツやアフィリエイトブログの記事は、基本的にユーザーが求めている情報をまずは提供し、後半部分で商品を紹介するスタイルが一般的となっています。

なぜそのようなスタイルを取るかというと、Webライターの仕事は、GoogleやYahoo検索から記事へ流入してくるオーガニック検索からの集客を狙っているからです。

検索エンジンから来たユーザーに「読んでもらう」「見つけてもらう」ためのライティングが、Webライターのミッションとなります。

SEO対策知識や、自分が得意とするカテゴリを持っているWebライターは依頼主側から重宝されます。

テクニカルライターは専門知識を分かりやすく解説するスキルが必要

テクニカルライターは、一般の人を対象に、専門的な知識を分かりやすくライティングする仕事です。

他のライティングの仕事に比べて、テクニカルライターの仕事はある程度時間を確保し、作業に集中できる環境が必要な種類の仕事となります。

家電などの取り扱い説明書執筆や、マニュアルライティングは長文が多い傾向にあり、隙間時間にサクサクと執筆できる類の文章ではないためですね。

また、テクニカルライターには専門知識をより深める向上心が求められます。

対象ジャンルに関する知識を深めることにより、より良質な記事提供が可能となって、作業効率アップも期待できるからですね。

そのため、得意とする領域を一つ決めることはおすすめです。

品質の高い記事を短時間で執筆できるようになれば、ライターとしての評価アップに合わせて報酬アップも期待できるでしょう。

オリジナルな切り口がコラムライターには欠かせない

コラムライターは、社会情勢やニュースについて自分の意見を書くことが求められる仕事です。

「コラム記事」というと、自分の経験や意見を書けばいいの?と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。

結論から言うと、オリジナルな切り口がコラムライターには欠かせません。

面白いコラムというものは、筆者の考えや切り口が必須となるためです。

筆者独自の視点やポリシーがなくては、ユーザーを惹きつけるコラムが書けません。

また、客観性のある根拠や情報をしっかりとリサーチし、それをベースとした自分なりのスタンスを持って、記事を作成するスキルが求められます。

ライティングスキルや、自分なりの意見を持つのと同様に、しっかりとしたリサーチ力を持つことが、面白いコラム記事を書くために必要なスキルなのです。

セールスライターは顧客心理やマーケティング戦略を理解する必要がある

ダイレクトメールや企業のホームページのコンテンツ、メールマガジンの文章を書くのが、セールスライターの仕事です。

セールスライターには、文章力以上に顧客心理やマーケティング戦略を理解するスキルが求められます。

セールスライターの仕事は、読者の購買欲を高め、紹介されているサービスや商品の成約させるライティングを求められるからです。

上記の理由から、セールスライターの仕事は、営業担当者のように売り上げに直接影響を持つ特徴があります。

コピーライターはキャッチコピーを作るセンスが必要

コピーライターには、読んだ人の印象に強く残ることを目的としたライティングが求められます。

コピーライターの仕事は、文章力以上に魅力的なキャッチコピーを作るセンスが求められる仕事といえるでしょう。

ブランドイメージや商品の印象が短いコピーに大きく左右されるため、社会情勢やトレンドを踏まえて時代にフィットした広告文を書くスキルやセンスが求められるためです。

また、コピーライターは、多くの場合、広告代理店などで執筆経験を積んだのちに、フリーランスとして活躍する人が多い傾向にあります。

大手広告代理店では、仕事内でテレビCMや雑誌広告のキャッチコピーを作ることに携わることも多く、そのときの知識や経験を活かせるからですね。

「未経験OK」なキャッチコピー作成の募集案件もありますが、よほどのセンスがない限り、実際には実務経験を積むことでステップアップしていく流れが一般的です。

取材ライターはコミュニケーションスキルが命

取材ライターは、電話や対面で取材を行い、それを記事にまとめる仕事です。

結論からいうと、取材ライターに一番求められるスキルは「コミュニケーションスキル」となります。

なぜかというと、取材はライターの仕事でありながら「書く力」よりも「聞き出す力」の方が重要な仕事だからです。

取材において要となるのは「相手の言葉を引き出すこと」です。

会話を楽しみながら、話のポイントを瞬時に判断して確認し、結論へと結びつけるスキルが必要となります。

また、電話取材や、メールアンケートによる記事作成の仕事もありますが、基本的に取材ライターの仕事に取材は必須です

取材先のスケジュールに合わせて出向く必要があるため、時間的に融通を利かせられる環境が必要だからです。

取材ライターの場合、ライターが撮影も兼任するケースが多いため、撮影スキルがあるとさらに重宝される存在となれるでしょう。

取材ライターの仕事は、これまで紹介してきたライティングの仕事の中では、より専門知識が求められる仕事です。

なぜなら、専門知識が無いと質問自体のレベルが低くなってしまい、質問のレベルが低いと取材する人から得られる回答のレベルも低くなってしまうからです。

取材をこなせるようになると記事単価アップも期待できますし、案件数も増加しますから、環境が整えば挑戦してみるのもいいでしょう。

文章構成や文章力を買われて編集者としてお誘いを受けることもある

結論から言うと、クライアントから文章構成や文章力を買われて、企業から「編集者」としてのお誘いを受けるケースもあります。

なぜなら、内容がよくても読みづらい記事を誰かに編集してほしいと考えている企業も多いからです。

リライトや編集を最初から目的として仕事募集する場合もありますが、ライターの中から編集者として抜擢されることも少なくありません。

編集者の報酬は企業ごとによって異なりますが、固定給や時給で支払われることもあります。

学生や主婦、未経験者でも在宅ライターに「なれる」

結論からいうと、ライターという仕事は、未経験の学生や主婦でも「私はライターです」と名乗れるため誰でもなれます。

資格や目に見えるスキルが明確ではない職種だからです。

ただし、資格が必要でなくても、やることの奥が深くて難しさのある仕事です。

例えば、文章力はベースとして必要ですが、それ以上にリサーチ力やコミュニケーション力が求められる仕事となります。

しかし、その分やりがいや達成感の大きな仕事なため、「挑戦してみたい!」という人はぜひチャレンジしてみることをおすすめします。

最初は未経験でも、少しずつキャリアを積み重ねることで、ライターとして活躍することは十分可能です。

初心者の在宅ライターデビューにはクラウドソーシングがおすすめ

ライターの雇用形態には、以下のようなものがあります。

  • クラウドソーシングサイト経由のクラウドワーカー
  • 直接雇用
  • 業務委託やフリーランス

結論からいうと、初心者の在宅ライターデビューに一番適しているのは、クラウドソーシングサイト経由で仕事をスタートさせるスタイルです。

クラウドソーシングサイトでは、インターネット上で仕事を完結させるノウハウがしっかりと構築されているためです。

手数料は必要とはなりますが、その分さまざまな不安材料をクリアにしてくれるシステムが、クラウドソーシングにはあります。

例えば、顔の見えない取引に不安を感じる方もいるでしょう。

そのような不安を払しょくするために、クラウドソーシングサイトが仲介することで、安全性の確立を実現しています。

また、発注する企業が未経験者向けにマニュアルを完備しているケースが多い点も、クラウドソーシングサイトの魅力です。

クラウドソーシングサイトには、ライターデビューを目指す人にとって安心で、安全な環境が整っています。

仕事を依頼したい企業と、仕事を請け負いたい個人を結びつけるクラウドソーシングサイトは、ライター志望者にとって強い味方となってくれるでしょう。

さらに、クラウドソーシングサイトに掲載されている案件には「未経験可」「初心者歓迎」から「プロレベル」まで、企業側が希望するスキルを分かりやすく提示されています。

自分のレベルに合わせた案件を選んでキャリアを積み、ステップアップを図ることが可能です。

今後、企業にライターとして直接雇用されるためにも、フリーランスとして活動するためにも、ある程度キャリアは必要です。

未経験からライターデビューを目指すなら、最初の一歩としてクラウドソーシングサイトの活用をおすすめします。

会員数 100 万人以上日本最大級クラウドソーシング・Craudia(クラウディア)

在宅ライターの収入は文字単価「0.5円」から「数十円」と差がある

在宅ライターの収入は、文字単価に設定されている幅が広いというのが現状です。

結論からいうと、文字単価で「0.5円」~「数十円」まで、さまざまな価格設定がされています。

ライティングの種類や、ライターのキャリアやスキルに準ずるため、一律でいくらとは設定されていないというのが実情だからです。

例えば、コピーライティングなら「コンペ形式で20文字以内のコピーで数万円」という設定もありますし、「初心者ライターによるコラム執筆は文字単価で0.5円」なこともあります。

しかし、この価格設定は、あくまでクライアント側が提示したものです。

価格に納得ができない場合は、その仕事を受けなければいいのですから、仕事を受ける最低ラインは自分の中で設定しましょう。

設定した金額以下の報酬であれば、よほど魅力的な条件が付かない場合、受けないと決めてしまうのもひとつの方法です。

また、ライターデビューしたばかりの時期は、どうしても単価が安い傾向にあります。

経験を積み重ねてキャリアが出来てくれば単価は自ずとアップしますし、場合によっては自分からクライアントに交渉することも可能です。

最初は単価が低くても、キャリアを積むためにお金をいただきながら勉強していると考え、割りきって引き受けるのもいいでしょう。

在宅ライターの仕事はインターネットで検索すべし

「ライターの仕事を見つけるのは、難しいのではないか」「仕事の探し方が分からない」と悩まれる人も、多いかもしれません。

結論からいうと、在宅ライターの仕事はインターネットで探すのが一番近道です。

クラウドソーシングサイト、求人サイト、各企業のHPとインターネット上で公開されているライター求人情報が、一括で検索できるためです。

簡単に、まとめて検索が可能ですから、検索結果の中から自分が希望する条件や仕事内容に近いものを選ぶようにしましょう。

また、クラウドワークを希望するか、直接雇用を希望するかなどの条件が絞り込めている場合は、検索ワードに「クラウドワーク」「求人」等と追加しましょう。

検索結果として、自分の希望する条件により近い案件を表示させることが可能です。

まとめ

在宅ライターの仕事には、種類さまざまなことをお分かりいただけたでしょうか。

在宅ライターとして活躍したいと考えるなら、まずはキャリアを積むことが一番の近道です。

未経験からデビューし、キャリアを積むためには、クラウドソーシングサイトの存在が味方となります。

最初は単価が安い案件からスタートし、キャリアを積んで、収入をアップさせるというのが、在宅ライターの基本的なスタイルです。

コンテンツは世の中にあふれ、ニーズは間違いなくある仕事です。

一つひとつの案件を丁寧にこなし、記事のクオリティを上げていくことで、収入アップを目指しましょう。

会員数 100 万人以上日本最大級クラウドソーシング・Craudia(クラウディア)

関連記事

コミュ障は仕事できない?オススメの仕事や克服するポイントについて徹底解説

女性におすすめ!ハンドメイドの在宅ワークの魅力と収入を徹底調査

在宅テレアポの仕事内容は?どれくらい稼げる?

経理の仕事は完全在宅ワークでできるの?有利なスキルや資格は?

在宅プログラマーになるには?仕事内容や年収はどれくらい?

在宅ワークのテープ起こしはどんな仕事?初心者や未経験者でもできるのか?