動画作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

法人や個人事業主は動画作成を行い、様々な内容を配信します。

なぜなら、法人や個人事業主は作成することでお客様に自らをPRするからです。

例えば、「会社の紹介」「商品やサービスを紹介」「セミナー」などがあり、お客様に自らの取り組みを理解してもらったり、興味を持ってもらいやすいです。

お客様に興味を持ってもらうことで自らのサービスや商品が購入され、利益につながります。

しかし、動画作成は用途によって内容が異なるため、知識や技術が必要です。

そのため、動画作成を行っている会社に外注を依頼することで自らの作業負担を軽減できるのです。

本記事では、動画作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法を詳しく解説していきます。

動画作成におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法

動画作成におすすめの外注先4選として、以下サービスをおすすめします。

  • スタジオ ダ・ヴィンチ
  • 合同会社SENTIC
  • 株式会社ロックハーツ
  • クラウドソーシング

この章では、動画作成の外注を依頼におすすめな4つの外注先の特徴を解説していきます。

おすすめ①豊富な実績がある「スタジオ ダ・ヴィンチ」

「スタジオ ダ・ヴィンチ」は、フォー・ファィヴが運営している撮影スタジオです。

スタジオは「A-studioからC-studio」まで存在し、「調理のできるスタジオ」「オフィスシーンのスタジオ」「店舗シーンやイベントもできるスタジオ」と分かれています

「スタジオ ダ・ヴィンチ」は、豊富な実績がある撮影スタジオとしておすすめです。

「スタジオ ダ・ヴィンチ」では様々な状況に応じた撮影ができるため、広告代理店やテレビ局などがスタジオを利用していますね。

例えば、CMやPR動画作成で店舗のシーンが必要な場合、多目的スタジオの「C-studio」で撮影します。

依頼者は、動画制作に必要になるシーンを「スタジオ ダ・ヴィンチ」で撮影できます。

また、撮影機材や小物も使い放題になっているため、事前に準備するアイテムが少なくてもOKなのもメリットですね。

上記の理由から、撮影から編集までにかかる費用が安く、約20万に抑えられるケースも少なくありません。

依頼者は費用を抑えながら様々な場面に合った撮影が取れるので、効率的な動画制作ができます。

おすすめ②クオリティの高い動画制作「合同会者SENTIC」

「合同会者SENTIC」はクオリティの高い動画制作をする会社です。

なぜなら、機能性が良い「シネマカメラ」を使って撮影しているからです。

例えば、シネマカメラはデジタル一眼カメラよりも高いカラーグレーディング耐性があります。

情報量が多い記録形式の「RAW」に対応しているシネマカメラは、映像を作る時に重要となる「明るさ」「バランス」「コントラスト」の調整が行いやすくなっています。

合同会者SENTICは、「実写映像」「アニメーション」「CG」など幅広いジャンルまで対応できますよ。

また、クライアントの依頼を少人数で対応するため、費用を抑えるように取り組んでいるのです。

クライアントの要望に応えながらクオリティの高い動画制作してくれる会社です。

おすすめ③動画作成スピード重視なら「株式会社ロックハーツ」

「株式会社ロックハーツ」は、スタジオは東京都と福岡県の2カ所あり、住まいから近い方で撮影ができます。

「株式会社ロックハーツ」は、動画作成スピード重視する方におすすめの撮影会社です。

映像クリエイターやオペレーターの対応が早く、お客様の要望に応える高い技術を持っているからですね。

例えば、お客様から動画のイメージを伝えるだけで、要望に合った動画作成を作ってくれますよ。

また、個人だけではなく法人のお客様にも対応し、「商品のPR動画」「マニュアル動画」などの作成もできます。

お客様が会社に来店した時には映像クリエイターもいるため、映像制作を迅速に行ってくれます。

早急に動画作成を行いたい人は、「株式会社ロックハーツ」に外注を依頼しましょう。

おすすめ④費用を抑えられる「クラウドソーシング」

「クラウドソーシング」は動画作成の費用を抑えられます。

なぜなら、クラウドソーシングでは個人との取引になり、費用の交渉ができるからですね。

例えば、クラウドソーシングに登録して動画制作を発注すると、興味を示してくれたワーカーから連絡が入ります。

ワーカーから連絡が入った後はクラウドソーシングのサイト内で、メッセージのやり取りを行います。

そして、メッセージのやり取りの中で仕事の内容や費用を相談していきます。

依頼者は複数のワーカーとやり取りをする場合もあり、費用面や内容などを検討しながら受注先を決められますよ。

クラウドソーシングの「動画作成・動画制作の仕事・依頼ページ」を観れば、どのように依頼するか明確にイメージできるのでおすすめです。

会員数100万人以上のクラウドソーシングCraudia(クラウディア)

動画作成の外注依頼時の費用相場は20万円から50万円と幅広い

動画作成サービスの公式サイト上の料金を見比べた結果、動画作成の外注依頼時の費用相場は、20万円から50万円と幅広いです。

なぜなら、依頼する動画の種類や撮影方法、撮影時間などによっても費用が異なるからですね。

例えば、会社の紹介動画作成の見積もりを3社に取った場合でもそれぞれ費用が変わってきたりします。

  • A社30万
  • B社50万
  • C社55万

動画制作の会社によって、作業を行う人数や取り扱う機材が異なってくるため、費用に差が生じるのです。

さらに動画作成に新たなオプションを加えることで、別に料金が発生します。

動画制作会社は動画を依頼ごとにオーダーメイドで制作していきます。

以下が動画の一部の種類です。

  • 会社の紹介
  • 商品・サービスの紹介
  • CM
  • ブランディング
  • マニュアル
  • セミナー

制作に関しては「作業人数」「納期」「経費」が依頼者ごとに異なるため、明確な費用が決まっていません。

動画作成を外注依頼する際の3つのコツ

動画作成を外注依頼する際には、3つのコツがあります。

  • 動画作成の外注先の中から複数社の見積もりを取る
  • 過去の制作実績やサンプルを出してもらう
  • 外注先の担当者との相性を事前に確認する

この章では、動画作成を外注依頼する際の3つのコツを項目ごとに解説していきます。

コツ①動画作成の外注先の中から複数社の見積もりを取る

動画作成を外注依頼するコツの1つ目は、動画作成の外注先の中から複数社の見積もりを取ることです。

なぜなら、動画作成を外注する業者によって、料金が異なるからです。

例えば、CM動画の作成を複数社に依頼した時、「A社50万」「B社70万」「C社100万」と料金に差が生じます。

外注する業者によって、料金設定や作業内容が違う場合もあるのです。

そのため、動画作成を外注する複数の業者から見積もりを出してもらうことをおすすめします。

コツ②過去の制作実績やサンプルを見せてもらう

動画作成を外注依頼するコツの2つ目は、過去の制作実績やサンプルを見せてもらうことです。

依頼者は本契約前に動画作成の業者のサンプルを確認できれば、納得する動画を作ってくれるのか判断できます。

例えば、問い合わせの時に「サンプルと過去の制作実績を見せて欲しい」とお願いしてください。

また、過去の実績を見られると業者の「得意・不得意」のジャンルも浮き彫りになります。

上記理由から、複数の業者のサンプルと実績を確認して、動画作成の外注先を選んでください。

コツ③外注先の担当者との相性を事前に確認する

動画作成を外注依頼するコツの3つ目は、外注先の担当者との相性を事前に確認することです。

相性が悪い担当者と上手くコミュニケーションが取れないことで、当初のイメージと全く違う動画が仕上がってくるリスクを防ぐために必要だからです。

あくまでたとえですが、ポップで明るい動画を作る予定だったのに、仕上がってきたのはシリアスな動画だったら困りますよね。

また、コミュニケーション取りやすい相手のほうが、後から動画に追加したい内容が出てきた場合でも、頼みやすくなることも考えられます。

ただ、外注業者によっては、オリジナルな内容の取り入れや後からの追加編集が難しいこともあります。

お互いのトラブルや食い違いを防ぐよう、動画が基本的な形式で契約した内容の対応しかできないようにしている業者もあるからですね。

そのため、依頼者は外注先の担当者と事前に契約内容や、途中で内容追加できるのかの確認など、事前に打ち合わせしておきましょう。

動画作成を外注依頼するメリット

動画作成を外注依頼する3つのメリットがあります。

  • クオリティの高い動画を作成してもらえる
  • 外注先によって、柔軟に対応してもらえる
  • 業務に集中できる

外注依頼する3つのメリットについて、項目ごとに解説していきます。

メリット①クオリティの高い動画を作成してもらえる

動画作成を外注依頼するメリットの1つ目は、クオリティの高い動画を作成してもらえることです。

なぜなら、外注業者は動画制作のスキルや経験を持った人が担当しているからです。

例えば、依頼者が要望した内容よりも、クオリティの高い動画を作ってくれることも珍しくありません。

プロ仕様の動画作成専用の機材やアプリを使っているため、クオリティの高い動画が完成する可能性は高いからです。

さらに機材やアプリを所持しているだけでなく、使いこなす技術と経験も持ち合わせています。

そのため、素人が動画作成するよりも理想の仕上がりになる可能性は高いと言えますね。

メリット②外注先によって、柔軟に対応してもらえる

動画作成を外注依頼するメリットの2つ目は、外注先によって柔軟に対応してもらえることです。

さまざまな動画作成スキルを持つ業者に依頼すると、状況に応じていくつものパターンの動画を作ってもらえたりします。

例えば、テレビCM用、You Tube用、動画広告などですね。

また、動画以外の制作仕事も取り扱っている業者への依頼もおすすめです。

  • ホームページ作成
  • 名刺作成
  • STPデザイン

なぜなら、動画で撮影した写真画像などを他に転用したり、組み合わせたりできるからですね。

撮影した画像を自社のホームページや名刺作成の中に使うことでコストを抑えることへつながったりします。

メリット③業務に集中できる

動画作成を外注依頼するメリットの3つ目は、業務に集中できることです。

外注業者に動画作成を依頼することで、そこに使う労力や時間を費やさずに済むからです。

例えば、動画作成するためには知識や技術がある人員や時間を確保しなければいけません。

動画制作に慣れていない人がイチから勉強して作成するとなると、相当な時間や労力がかかることも考えられます。

また、なにの知識も経験もない素人がいきなりクオリティの高い動画を作ることも難しいでしょう。

上記理由から、会社や自らの業務に支障が出ないよう、またクオリティの高い動画を作りたいのであれば、外注業者に依頼することをおすすめします。

動画作成を外注依頼するデメリット

動画作成を外注依頼する3つのデメリットがあります。

  • 動画作成を外注すると費用が割高
  • 動画作成の外注先の質を見極める必要がある

この章では動画作成を外注依頼する3つのデメリットについて、項目ごとに解説していきます。

デメリット①動画作成を外注すると費用が割高

動画作成を外注依頼するデメリットの1つ目は、動画作成を外注すると費用が割高になることです。

なぜなら、クオリティの高い動画を作成するために「労力」「時間」「経費」がかかってくるからですね。

例えば、業者が依頼者から依頼を受けた場合、動画作成にかかった経費に利益を加えます。

動画作成の業者は利益を出さなければ、会社が倒産してしまいます。

特に従業員を雇っている会社の場合は、給与分も利益を出さなければいけません。

依頼者はクオリティの高い動画を手に入れられ代わりに、費用が割高になることはいなめません。

デメリット②動画作成の外注先の質を見極めるのが難しい

動画作成を外注依頼するデメリットの2つ目は、動画作成の外注先の質を見極めるのが難しいことですね。

なぜなら、依頼主であるあなた自身が動画作成の知識がなく、判断がつかなかったりします。

例えば、大丈夫だと判断して依頼した業者から、イメージとかけ離れた動画が納品される失敗例も多々あります。

業者によって動画制作する人のスキルや経験に差が出るため、納品物に差が出るのは仕方ありません。

クオリティの高い業者を見極めるためには、複数の業者のサンプルや実績を確認、見比べていくことでできる限りリスクを抑えるようにしましょう。

信頼できる友人知人からの口コミ紹介やインターネットで評判をチェックするのもおすすめです。

また、失敗するリスクを防ぐためにも、自らが調べた内容で疑問が出たら、積極的に業者へ質問していきましょう。

まとめ

動画作成を外注依頼する場合は、メリットとデメリットを把握しましょう。

動画作成は複数の業者から見積もりやサンプルを出してもらってください。

複数の業者の見積もりやサンプルを比べると、クオリティの高いところを探しやすいからですね。

また、自らが動画作成すると時間や労力がかかるため、業務に支障が出ることも考えておきましょう。

効率的に業務や動画を手に入れたい場合は、動画作成の業者に外注依頼を検討してください。

会員数100万人以上!日本最大級のクラウドソーシング「クラウディア」
会員登録している100万人以上の中から、希望条件にマッチしたワーカーへ仕事を依頼。発注から納品まで全てクラウディアで完結できます。3分でカンタン無料会員登録。

関連記事

韓国語翻訳におすすめの外注先4選と依頼方法【アプリ・サービス含めて解説】

パワーポイント作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

360度動画作成におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法

AR動画作成におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法

VR動画作成におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法

経理業務におすすめの外注先4選とそれぞれへの依頼方法