3dプリンター作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

3dプリンターを活用し、自社の商品やキャラクターなどを作成する法人や個人事業主の中も多いと思います。

なぜなら、3dプリンターを活用したものは立体的でクオリティが高いからです。

例えば、オリジナルのキャラクターを3dプリンターで作成すると、造形物が完成します。

3dプリンターを活用することで、今まで作れなかった造形物を作り出せるのです。

しかし、3dプリンターの機械本体が高価なため、購入しにくいのです。

3dプリンターで作成を行っていた場合は、外注先に依頼することをおすすめします。

本記事では、プリンター作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法を詳しく解説してきます。

3dプリンター作成におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法

3dプリンター作成におすすめの外注先3選として、「3Dayプリンター」「DMM.make」「株式会社アリエル」を挙げます。

この章では、3dプリンター作成の外注依頼におすすめな3つの外注先の特徴をそれぞれ解説していきます。

おすすめ①注文から納品までスピーディー「3Dayプリンター」

「3Dayプリンター」は、注文から納品までにかかる時間が短くておすすめです。

作業の各工程に専門担当者がいるため、スムーズに造形物を作成できるからですね。

例えば、早急な納品を希望するお客様には、工場からスタッフが直接届けます。

3Dデータがあるお客様から注文を受けた場合でも、3日で完成品が届きます。

また、3Dデータがないお客様や1つの試作品を希望するお客様など、幅広く対応してくれていますよ。

さらに「3Dayプリンター」は国内が200社以上のパートナーと提携しています。

400台以上のプリンターを効率的に活用できるところが、「3DAY」の強みでしょう。

1日でも早く希望する造形物が欲しい方は、「3Dayプリンター」をおすすめします。

おすすめ②豊富な素材が選べる「DMM.make」

「DMM.make」は豊富な素材の中から好みのものを選びたい場合におすすめです。

なぜなら、アクリルや石膏など数多くの素材を取り扱っているからですね。

例えば、注文する造形物の用途や大きさによって、素材を変えられうえ、33種類の素材の中から、希望に合ったものを選べます。

また、造形物を作るだけではなく、販売することも可能です。

注文者には販売手数料や出品手数料が発生しません。

自らが注文した造形物を作ってもらいながら、クリエイターズマーケットに出品できますよ。

豊富な素材から出品する造形物を注文して、販売してみましょう。

おすすめ③単品・大量作成が可能「株式会社アリエル」

「株式会社アリエル」は、単品から大量の造形物を作成できておすすめです。

専門部門「3dプリンター事業部」があり、単品から注文できるシステムを導入しているのです。

例えば、オリジナルキャラクターを作成したい場合に、試作品として1個でも注文できます。

また、大量にオリジナルのキャラクターが必要になった場合でも作ってもらえます。

株式会社アリエルは「3dデータセンター®」を運用しているため、3dデータが無いお客様にも対応可能です。

3dプリンターで希望の造形物を作りたい人は、「株式会社アリエル」に相談してみましょう。

3dプリンター作成の外注費用相場は造形物のデータ有無、サイズ、素材で変化

3dプリンター作成を外注依頼する時の費用は注文する造形物のデータ有無、サイズ、素材で変わってきます。

同じ形のものを注文する場合でも、サイズが少し変わるだけで、数千円から数万円の費用が加算されます。

また、注文する造形物は使用する素材によっても費用が変わってくるため、「具体的なもの」「大きさ」「素材」を決めておきましょう。

仮に大きさや素材で迷っている場合は、複数の見積もりを出してもらいましょう。

上記理由から、3dプリンター作成を外注依頼する時は1社だけではなく、複数の会社から見積もりを出してもらってください。

注文者は自らの希望に合う会社を絞って、具体的な話を進めていきましょう。

3dプリンター作成を外注依頼する際の3つのコツ

3dプリンター作成を外注依頼する際には、3つのコツがあります。

  • 問い合わせを行い、担当者の対応を確認する
  • 複数の業者から見積もりをもらう
  • 業者の口コミや評判を集める

この章では、3dプリンター作成を外注依頼する際の3つのコツを項目ごとに解説していきます。

コツ①問い合わせを行い、担当者の対応を確認する

3dプリンター作成を外注依頼するコツの1つ目は、問い合わせを行い、担当者の対応を確認することです。

担当者とのコミュニケーションを取りやすいかどうかで仕事の進み方も変わってくるうえ、なにかしらのトラブルが起きた際にも対応しやすいからですね。

例えば、2社の各担当者に同じ問い合わせを相談した時に「A社よりB社の方が素早い対応」と差が出てきます。

また、注文者と担当者の相性もあるため、自らに合った人物を選ぶよう、複数の業者の担当者に問い合わせ、会話をする中で判断していきましょう。

さらに注文した後もアフターフォローがあるのか、確認してください。

注文者は造形物が届いた後も、問題があった場合に相談しやすくなるからですね。

コツ②複数の業者から見積もりをもらう

3dプリンター作成を外注依頼するコツの2つ目は、複数の業者から見積もりをもらうことです。

なぜなら、各業者によって見積もり金額に差が生じるからです。

例えば、オリジナルのキャラクター1体を注文した時に「A社1万円」「B社1万5千円」「C社2万円」と費用が変わってきます。

3dプリンター作成の業者によって料金制定が違うため、比較することは大事です。

また、相見積もりすることで、値下げ交渉もしやすくなります。

なぜなら、ライバルの業者に負けずに仕事を請け負いたい場合、値下げしてくる場合もあるためですね。

ただし、依頼者側から「他の会社はもっと安かったからもっと安くしろ」と、上から圧をかけるような交渉はおすすめできません。

ムリヤリ値段を下げられた相手が不快に思い、仕事自体を断られたり、ムリヤリ仕事を取ったとしても、その後の仕事の進行に支障をきたす場合もあります。

コツ③業者の口コミや評判を集める

3dプリンター作成を外注依頼するコツの3つ目は、業者の口コミや評判を集めることです。

なぜなら、実際に業者を利用した人の意見を参考にできるからですね。

例えば、A社とB社で迷っている場合に口コミや評判が集まっていると、具体的にどんな仕事をしてもらえて、どんな物ができてくるのか具体的にイメージしやすくなります。

業者の口コミや評判を集める方法としては、インターネットを活用すると効率的に情報収集ができるでしょう。

また、自らの周囲の人に業者の評判を尋ねてみるのも良い方法です。

以前に3dプリンター作成を外注した人がいれば、ネットの口コミよりもさらに信憑性の高い話を聞けるでしょう。

注文者は業者の口コミや評判を集めて、総合的に判断してください。

3dプリンター作成を外注依頼するメリット

3dプリンター作成を外注依頼する3つのメリットがあります。

  • 造形物の完成度が高い
  • 数種類から素材を選べる
  • データから製品が完成するまで任せられる

外注依頼する3つのメリットについて、項目ごとに解説していきます。

メリット①造形物の完成度が高い

3dプリンター作成を外注依頼するメリットの1つ目は、造形物の完成度が高いことです。

なぜなら、専門の機械やスタッフが造形物を作っているからですね。

例えば、クオリティの高いキャラクターを作成したい場合は、専門の業者に頼むと納得できる造形物が完成します。

また、新たに付け加えたい部分があった時に専門スタッフに依頼すれば、状況によって対応してくれるでしょう。

オリジナルの造形物を作成する時は、業者に一度相談してみることをおすすめします。

仕事でお客様に渡す造形物を作りたい人は、完成度の高い業者に頼みましょう。

メリット②素材を数種類の中から選べる

3dプリンター作成を外注依頼するメリットの2つ目は、素材を数種類の中から気に入った物を選べることです。

業者によっては、造形物の素材を数多く取り扱っているからですね。

例えば、3dプリンター作成の業者「DMM.make」では33種類の素材を取り扱っています。

注文者は造形物に合った素材を複数の種類から選べるため、他社と同じ造形物にならないように、オリジナルの要素を盛り込みやすいです。

そのため3dプリンター作成を外注する時は、複数の素材を比較してみましょう。

また、業者に素材のサンプルをもらって、実物の感触を確認していきましょう。

メリット③データ作成から製品が完成まで丸投げできる

業者によっては造形物をデータから完成まで一連の作業ができます。

3dプリンター作成を外注依頼するメリットの3つ目は、データから造形物が完成するまですべて任せられることです。

なぜなら、注文したい造形物を担当者に相談すると、データから作ってくれるからですね。

3dプリンターのデータを依頼した場合、当然費用は発生しますが、そのぶん時間や労力を抑えられるメリットもありますよ。

日々の業務で多忙な人や会社は、業者にデータから造形物の完成まで任すのもおすすめです。

3dプリンター作成を外注依頼するデメリット

3dプリンター作成を外注依頼する2つのデメリットがあります。

  • 費用が割高になる
  • 担当者や業者によって仕上がりが変わる
  • 完成品を手にするまでに時間がかかる

この章では3dプリンター作成を外注依頼する2つのデメリットについて、項目ごとに解説していきます。

デメリット①担当者や業者によって仕上がりが変わる

3dプリンター作成を外注依頼するデメリットの1つ目は、担当者や業者によって仕上がりが変わることです。

3dプリンター作成の業者によって、取り扱っている機械の種類や担当者の技量が違うからですね。

例えば、3dプリンター作成の業者で担当者の経験年数や技術力が異なってきます。

機械の性能は本体価格によって違いがあり、特徴や取り扱える材料にも影響します。

また、どのようなジャンルが得意な3deプリンター作成業者なのか、確認しましょう。

作りなれているジャンルのほうが失敗リスクも低く、値段も安くなる可能性もあるためです。

なぜなら、作りなれていて作業工程時間が短縮できる分、費用を抑えられるからですね。

ただし、すべての業者に当てはまるわけではなく、制作クオリティが高い業者でそのぶん価格が高くなるケースもあります。

自らが納得できる造形物が作成できる業者を見つけるため、さまざまな業者を相見積もりして、その中から選んでいきましょう。

デメリット②完成品を手にするまでに時間がかかる

3dプリンター作成を外注依頼するデメリットの2つ目は、完成品を手にするまでに時間がかかることです。

注文者が業者に外注依頼すると複数の工程があるため、ある程度の時間が必要になるからです。

例えば、データから業者に依頼すると、3dプリンターのデータを作成後、造形物を作る工程を踏むことになります。

そのため、造形物を完成させるためには時間がかかるのです。

3dプリンター作成の外注依頼する場合は、時間に余裕を持つようにしてください。

もし注文者が造形物を早く手に入れたい場合は、事前に業者へ相談してみましょう。

まとめ

3dプリンター作成を外注依頼する場合は、メリットとデメリットを把握しましょう。

3dプリンター作成は複数の業者から見積もりを出してもらってください。

さらに複数の業者の口コミや評判を集めることで、決断しやすくなります。

自らが3dプリンター作成を行うためには、機械を購入しなければいけません。

機械を購入する場合は、3dプリンターの性能によって数百万円かかります。

3dプリンター作成を検討している場合は、専門業者に外注依頼した方が効率的に造形物を手に入れられるでしょう。

月間新規会員登録1,000人以上!日本最大級のクラウドソーシング「クラウディア」
会員登録している100万人以上の中から、希望条件にマッチしたワーカーへ仕事を依頼。発注から納品まで全てクラウディアで完結できます。3分でカンタン無料会員登録。

関連記事

インタビュー記事を取材ライターに依頼する際におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法

プレスリリースの書き方やおすすめの配信サイト5選も紹介

作曲におすすめの外注先2選とそれぞれへの依頼方法【アプリ・サービス含めて解説】

広告の種類にはどんなものがある?各広告の特徴や費用対効果を解説

ブランド名はなぜ重要?名前の決め方や作成時のコツを解説

事務作業におすすめの外注先3選とそれぞれへの依頼方法