浮気かな?と思ったらするべき6の事

昨今の世の中、スマートフォンの普及に伴いSNSの活発化、ゲームアプリでのボイスチャット機能の充実により、気軽に全国・全世界の人々とコミュニケーションが取れる時代となりました。
色々な人々とのコミュニケーションが自宅に居ながら活発に取れる、接することが出来て見聞を深めることができる・・・便利だと思います。聞こえは良いです。
しかし、裏を返せば色々な人々と接することが容易になった分、隣にいる恋人・結婚相手から気持ちが離れやすくなった・浮気をする事が容易になったのではないでしょうか。
今日は私自身の経験を元に、浮気を疑ったらするべき事をご紹介します。

1・・・話し合う
当然ですが話し合うことは大事です。恋人関係であれ夫婦関係であれ将来を共に生きていく間柄であれば、腹を割って話すことは当然だと思います。ただし決して感情的になってはいけません。浮気の有無も証拠も無いまま感情的になってしまうと、かえってお互いの関係が悪い方向に進みます。とにかく冷静になって話し合いの場を設けてください。

2・・・態度の変化を見極める
浮気をしていると少なからず罪悪感に苛まれます。その罪悪感を軽減する為に優しくする人は少なくないでしょう。普段手伝わないことを急に手伝い始めたり、記念日でも無いのにプレゼントを買って来たり、やましいことを打ち消す行動をしてくるのです。しかし、一概に浮気が原因でそのような行動を取るわけではないので、そういった行動を取った瞬間に浮気を疑うのはやめましょう。

3・・・浮気を元にしたテレビ番組や、ドラマを急に見なくなる
自分が浮気をしていると、浮気を題材にしたテレビ番組やドラマは他人事のように思えなくなり、罪悪感に苛まれる為避けるようになります。そういった行動が目に付いたら要注意です。

4・・・身だしなみの変化を見極める
恋人でも夫婦でも長年付き添った間柄であれば、段々気を許していくので多少身だしなみに気を使わなくなる傾向があります。女性であれば、男性は気づきにくいかもしれませんが化粧・服の好みの変化、男性であれば、髭の生やし方の変化や、ダイエット・筋肉トレーニングを始めるといった行動にも注意が必要です。しかしただ単純に、健康面で気を使い始めた可能性を否定できないため注意が必要です。

5・・・お金の使い方の変化
夫婦で家計簿を付けている場合、どちらかに任せっきりにしないで家計簿の内容を、常日頃から把握しておく事が浮気の防止にも繋がります。収入を隠したり、お金の使い方を話したりした時に感情的になる場合は、何か隠している事があるかもしれません。注意しましょう。

6・・・スマートフォンのチェック
とにかく浮気の温床となってしまうスマートフォン。チェックするべき項目をまとめます。

・お風呂やトイレ、ちょっとした外出(近くのコンビニなど)する時も肌身離さず持っているか。
よく聞く話ですが、浮気相手から連絡が来た時にバレたくないという心理からこのような行動を取ってしまうものです。ちょっとコンビニに行って来ると言って電話する可能性もゼロではありません。注意しましょう。

・携帯見せて。と言った問いかけに感情的になる。
「ちょっと携帯見せて」といった、軽い問いかけに対して感情的になるのは何かがあるからです。しかし、浮気をしていなくても携帯を見せたくない人はたくさんいると思います。断られたからと言ってこちらも感情的になって険悪になるのは良くないので冷静になりましょう。

・通話履歴、入っているアプリ、SNSアカウントを確認
これは相手に内緒で携帯を見ることが出来た時にする行動です。ただ見ただけでは何も判断が出来ないのと、あまりじっくり見ている時間は無いと思うので、とにかく自分の携帯で通話履歴画面、アプリ一覧、SNSアカウントはしっかりと撮影し時間がある時に調べましょう。ここで見落としがちなのはSNSによるダイレクトメッセージのやりとりのチェックです。忘れずに撮影してください。浮気が発覚した時は証拠としても使えます。

ここまでするべき事を紹介しましたがいかがでしたでしょうか?浮気を見つける、浮気を防止する一番の対策としてはやはりお互いに興味を持ち合うことだと思います。日頃の小さな不満の積み重ねでいつの間にか会話が減ってしまったり気持ちが離れてしまったりした結果、浮気に発展してしまうのです。
これを読んだ浮気を疑っている方、浮気をこれからしてしまいそうな方、まずは自分自身を見つめ直して、お互いの将来を話し合うことをおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?