Webマーケティングとは?その特徴や用語説明!

近年、企業の広告の主流は、Webマーケットに移行してきています。新聞を購読する人が減り、雑誌は紙媒体から電子書籍に変わり、テレビを見るよりYouTubeや動画専門チャンネルを見る機会が増えました。

消費者は物を購入する際に、まずネット検索で情報を集め、好みの商品を数点に絞り込み、比較して購入の意思決定をするようになりました。大手広告代理店によるテレビCMがメジャーだった時代から、誰でも低予算でネット広告できる時代になりました。

Webマーケティングの特徴やメリット、用語や形態について見てみましょう。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとは、インターネットを介して宣伝広告をすることです。ブログやSNSなどのWebサービスや、企業のポータル、eコマースのサイトに、テキストや画像のバナー広告をのせ、自社サイトに誘導します。Webマーケティングは、インターネットを通じて、商品やサービスを売る仕組みです。

Webマーケティングでは、新聞や雑誌、看板やテレビCMの広告に比べ、素早く広告の成果を知ることができます。広告主は、ネット上に掲載された広告がクリックされる回数で、潜在的顧客の反応や傾向を把握します。アクセス解析により、どの広告が効果的で、最終的な売り上げにつながるかがわかります。

Webマーケティングの特徴

Webマーケティングでは、宣伝効果をタイムリーに知り、比較的低予算で、変更を加えながら、商品やサービスをプロモーションできるのが特徴です。広告バナーが何回クリックされたのか、来訪者が何秒サイトに留まったのか(離脱率)などが、明確な数値で管理できます。そのため、消費者行動を見ながら、マーケティング対策を立てることが可能です。

販売者は、一度サイトを訪れた潜在的顧客に、検索履歴に基づいて広告を再表示し、自社サイトへの再来を促します。その際には、クッキーと呼ばれる、ネットユーザーの検索履歴がつかわれます。広告主は、ネット上で信頼関係を築き、商品購入へと導くことができます。

Webマーケティングのメリット

Webマーケティングのメリットは、多額の広告資金を持たない者でも、マーケティングに参加でき、売り上げを伸ばせるという点です。ネット通販の商品の購入や、美容室の予約サイトでは、口コミが高い宣伝効果を持ちます。グルメサイトでは、小さな町の飲食店が、瞬く間に地域の人気店となり、収益を倍増したという例もあります。

Webマーケティングでは、SNSやサイトを通して、ブランド・イメージを短期間に低コストで作ることができます。実店舗では、設計プランニングに費用や時間がかかるのに比べ、ネットでは、短期間・低予算で、企画の変更や修正までできるのがメリットです。また、販売時期を逃さない、キャンペーンやセールなどの販促も行いやすいです。

Webマーケティングの基本用語

企業の販促も、ネット通販時代に対応してゆく必要があり、多くの企業でWebマーケティングへの取り組みが必須となってきています。そのため仕事で、急にその担当者に指名されることもあるかもしれません。Webマーケティングをするには、アクセス解析などの専門的知識が必要になります。まず、Webマーケティングの基本用語を理解しましょう。

SEO対策

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略です。Webの検索エンジンは、サイトの構成や検索キーワードの使用頻度で、サイトを評価して、検索結果に表示される順番を決めます。検索で上位に表示されるように、サイトを最適な状態に近づける対策をすることを、SEO実施と言います。

コンバージョン

コンバージョン(Conversion)とは、広告の最終目的である、商品やサービスの購入のために、消費者が広告をクリックする行動を言います。コンバージョン率が高いほど、売り上げが伸び、広告の効果が高いと言えます。

離脱率

離脱率とは、サイトに訪れた人が、そのサイトにしばらくとどまり、必要な情報がないと判断して次のサイトへ移動する時間や割合です。離脱率の高いサイトは、広告の効果が低く、成果を生むことが難しくなります。

グーグルアナリティックス

グーグルアナリティックスは、サイトの広告の投資収益率を測定し、サイトを改善して収益率をアップする、アクセス解析ツールです。高性能で多機能ですが、ウェブサイトの仕組みを理解する必要があり、専門性の高いツールです。

Webマーケティングの様々な形態

Webマーケティングには、様々な方法があります。商品の種類や予算によって、適した広告形態を選びましょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、サイトに広告バナーを表示してもらう方法です。バナーをクリックした人が、資料請求したり、サービスに申し込んだり、商品を購入した場合に、バナー表示サイトのオーナーに、報酬を支払うシステムです。

SNS広告

SNS広告とは、ツイッターやLINE、Instagramなどのソーシャルメディアに広告をのせる方法です。趣味や関心が同じグループの消費者を、ターゲットに設定して広告できるため、効果的なマーケティングが可能です。

リターゲティング

リターゲティングは、Webブラウザのクッキー(Cookie)の履歴をもとに、一度サイトを訪れたことのある人のウェブページ上に、広告を掲載して自社サイトへの再訪をうながすやり方です。ネット通販で、一度チェックした商品の広告バナーが、その後数日間サイトに表示され続ける仕組みになっています。

セールスレター

健康食品やビジネス講座で、資料を取り寄せた潜在的顧客のメールアドレスに、商品やサービスの良さをアピールするメールを送ります。メールによるセールスレターは、興味を持った潜在顧客に限定できるため、効果的なマーケティング手法と言えます。

リスティング広告

グーグルやヤフーの検索窓に、「引っ越し」「運送業者」などと検索すると、最寄りの引越し業者が数件、検索ページの一番上に表示されます。これはリスティング広告といって、特定のキーワードに対して広告がリストアップされるように、企業が広告費を払って行っているものです。リスティング広告をのせるには、費用がかかります。

まとめ

Webマーケティングは、販売促進において、もはや避けては通れない広告媒体です。SEO実施や、グーグルアナリティックスなどのアクセス解析は非常に複雑で、素人では対処できない面もあります。基本用語や形態を理解し、自社製品の広告に、Webマーケティングを有効に取り入れてゆくようにしましょう。

ライター:ocplanning

関連記事

AIはどのくらい人間に近い?人との違いについてお話しします!

ブロックチェーン技術の貿易業界への普及効果が産業発展に貢献する!

未経験から派遣社員としてIT企業で働くことのメリット・デメリット

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち