AIはどのくらい人間に近い?人との違いについてお話しします!

AI(人工知能)が脳の再現を目指しているとしたら、AIはどのくらい人間の頭脳に近づいていると思いますか?

残念ながら、今のAIはまだ人間に近いとは言えません。

どんな部分が人間と違うのか、一緒に確認してみましょう。

人間の頭脳とAIはどこが違うの?

まず、人の脳にあってAIにないものをいくつか取り上げてみますね。

AIは意識を持っていない

AIは人と同じように、意識があって何かを考えているのでしょうか。

実はAIには、意識がありません。

何も指示がないときはじっと待機をしていますし、答えのない問題を解こうとして、無限ループにおちいってしまうこともあるでしょう。

「こっちに来て」というコマンドに従ってこちらに来たとしても、AIが自分の意思でやって来たとは考えづらいですよね。現在の通説では、AIに意識を持たせるのは困難といわれているんです。

AIは感情も持っていない

感情についてはどうでしょう? AIには笑いのツボがあるのでしょうか。

人はそれぞれ面白いと感じるツボが違っているので、好みに合わせて様々なお笑いがありますよね。爆笑動画をAIに見せてみたらどうでしょうか。たぶん笑ってくれないと思いますよ。

なぜかというと、そもそもAIには「面白い」というのがどんなことなのかわからないんですね。人間のように、嬉しさや悲しさという感情が込み上げることもありません。

人間のように自然と頭の中に疑問が浮かんできて、それについて考えることもないんです。

AIには言葉の理解が難しい

お話ししたように、AIは人と同じような「意識」や「感情」を持っていません。それに加え、AIは人間の言葉を理解するのが苦手です。

人同士の会話でさえ、言葉だけでは話の内容がわからないことがありますよね。状況が把握できていないと話の流れがわからなかったり、聞く人によって解釈が異なる場合もあるでしょう。

ちょっと考えただけでも、「それ」や「あれ」などの指示詞をAIに理解してもらうのは難しそうです。

こうすればAIに人間らしさを持たせられる!

以上のことから、AIに人間らしさを求める難しさを感じてもらえたのではないでしょうか。

「チャットボットと話してみたら、人間みたいだったよ?」と思った方もいるでしょう。

チャットボットとは「対話(chat)をするロボット(bot=robot)」のことです。
なるほど、チャットボットは人と会話をしているように見えます。いったいどうやってチャットボットに人間らしさを持たせたのでしょうね。

チャットボットは人の話を聞いていない

人間のような意識や感情を持っていなくても、相手の人間にあたかもチャットボットが会話をしていると思わせることができます。

その方法とは、膨大な量のデータを持たせること。
たくさんの会話パターンをチャットボットに覚えさせて、会話に合った返事をするように準備しておきます。そうすると、チャットボットが私たちの問いかけに応えるようにできるんですよ。

会話相手に生きていると感じさせる

チャットボットから適切な言葉が返ってくるだけで、なんだか相手を身近に感じませんか?

本当はチャットボットがあなたの話を聞いているわけではないのですが、会話に合わせた反応があると話を聞いてもらえている気がするんですね。

与えられた質問に対して、あらかじめ用意したデータベースに基づいて反応を返す。返事が用意されていない場合には、無難な会話パターンで応答する。それだけでも、話し相手はチャットボットが生きていると感じるでしょう。

あなたもAI型のチャットボットと会話したことがある!?

チャットボットに言葉のゆらぎを学習させたり、相手の話し方の癖を読み取れるようにしたものがあります。このタイプはAIチャットボットと呼ばれているんですが、あなたも気づかないうちにお話ししているかもしれないですよ。

というのも、みなさんが日頃利用するインターネットの検索エンジンやカスタマーサポートにも、似た仕組みのものがあるからなんです。今時のAIは人工的に頭脳をつくるよりも、人間の良いパートナーになる方向に進んでいるんですね。

未来のAIはもっと人間に近くなる

AIが発展していく中で、人の脳についても新たな発見があるでしょう。その発見が応用されれば、もっとAIを人に近づけられるかもしれません。

意識や感情を持ったAIと話すのを楽しみにしながら、今回のお話は終わりにしたいと思います。この機会に人間同士で会話ができることの不思議さについても考えてみてくださいね。

ライター:ヒゲッパ

関連記事

Webマーケティングとは?その特徴や用語説明!

ブロックチェーン技術の貿易業界への普及効果が産業発展に貢献する!

未経験から派遣社員としてIT企業で働くことのメリット・デメリット

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち