ブロックチェーン技術の貿易業界への普及効果が産業発展に貢献する!

働き方改革の流れのなかでペーパーレス化が進行していますが、貿易業界においては大きな革新的動向が見られており、今後の企業運営において、刷新的な変革になってくることに見られています。

貿易業務において、膨大な書類処理から、手続きの煩雑さまであり、多忙でありました。

事務処理の電子化だけでなく、作業効率の向上に推進力となっているのが、国際決済や契約手続き処理をスマートコントラクトで、安全裡に正確に処理することによる画期的な業務効率化のビジネススタイルが構築されてきていることにあります。

ブリッジ通貨の活用による国際決済の即時化などが変革への決定的な技術力に

これは、NTTデータを筆頭に住友商事も協賛に入りながらオールジャパン体制を構築しています。

ブロックチェーンの活用により、国際的なコンソーシアムの構築で、仮想通貨をブリッジ通貨とした決済方式の導入により、即時的な決済を実現していきます。

これにより、企業の機動性は、ペーパーレス化とともに企業競争力を高めて、世界の貿易における企業競争力へと成長しています。

貿易業界特有の大量な書類処理は、電子化で効率が急速に上昇!

仮想通貨で使用されているブロックチェーンの安全性能を貿易業務に適用することで、今までに克服しえなかったデータ検証などのセキュリティー面などでの諸問題を解消して、驚異的な効率性を実現します。

従来の手作業での業務が一転して、電子化された処理のなかで、行うことを実現していますので、変革は大きなものとなります。

ブロックチェーンの技術により、技術が搭載された業務用のPCでは、ノードによるデータ検証が行われることで、今まで人間が目視で確認してきた作業に変わって作業処理を行います。

このブロックチェーンの採用においては、大規模なデータベースが必要とならないことや、仲介管理業務として、データ管理セクションを設ける必要がないので、ランニングコストも極めて低いものとして、高度なパフォーマンスを実現します。

ブロックチェーンによる一元的な情報管理が企業力を活性化する

当然ながら、一元的なデータ管理は問題なく実現できますので、このシステムに加入することで、取り引きにおいて、サプライチェーンのレベルまでリアルタイムで把握することも実現できます。

発送の遅れなどに関しては、情報の取得が早まることで、経験則的な知識により、別の企業への追加発注などにより、対応力を高めることもできます。

これにより、貿易において、買い手側が効率的な計画まで立てることが可能にもなります。

この革新は、企業競争力としても大きな活力になると言えます。

従来の書類処理の課題の克服となる電子化は、驚異的なスピードを実現する

今までの貿易業務においては、書類が、荷物と別の扱いで独立的に搬送されていたことから、ブロックチェーン上での電子化により、作業処理の作業範囲の広さとスピードの向上は、かなり高いものになります。

今までには、書類の到着の遅れから、荷物が先行して到着していても、処理が滞ることで、数日間に間において、荷物を受け取ることさえできない現実がありました。

このような事態こそ、全く皆無にすることができるのが、ブロックチェーン技術の導入なのです。

輸送許可証や、保険などの契約手続きの処理も一元的に管理

現実的には、輸送許可証などの証明に関する情報も、ノードの検証で安全な情報としての信用性も付加されたものとして、ブロックチェーン上での共有により、いつでもアクセスが可能となり、荷物の到着前に対応を準備することも、スムーズに実現できます。

さらに過去履歴の参照もできることから、経験則的な問題まで、逐次把握しながら、搬送されてきた荷物のやり取りの対応が可能になります。

契約手続きにおいては、スマートコントラクトにより、安全性能が確かになりますので、荷物の受け取りから、荷物の保険の手続きまで、一元的な操作により、即時的に対処できるので、書類上における従来の人為的な受け渡し確認や、点検などが必要なくなり、一元的に処理が完了できます。

業務処理の一元化が実現することで人件費は大幅削減が可能!

今まで述べてきた従来の業務処理の範疇は、ブロックチェーン技術における基本性能やノード検証、スマートコントラクトなどの機能が、実現することで、必要がなくなります。

保険などにおいては、荷物の種別や、状況により、契約の範囲が異なり、契約完了となる時点もちがってくることから、その時点での確認が必要となり、その後に書類の手続きが進められる点も、目視した後には、PC上で処理することができます。

これまでの人件費は大幅に削減することができます。

これにより人員の配置は、さらに効率的に行うことができるので、企業競争力には、大きな成長をもたらすことができるわけです。

貿易業界における業務フローには、これだけの革新が起こることになります。

ゆくゆくは、通関での事務処理まで、このブロックチェーン上での処理ができるように研究開発や、国家機関への働きかけが進められており、近い将来に、実現されることが、業界関係者や、オールジャパンのコンソーシアムから、明らかにされています。

貿易業界の変貌は、AI導入により、ビジネススタイルのさらなる変革を期待されている

このような輸送時間の短縮や作業コストの縮減により、貿易業界が革新的な進化を遂げるばかりではありません・先に述べたとおりに、このコンソージアム型のブロックチェーンシステムに、荷物の送り手である生産者側から、受け手の商社などが、短期的な事業計画も含めて、機動力を高めることができます。

これは、コンビニのポスシステムのように、必要なものをリアルタイムで把握するような環境が国際貿易の領域まで、広がっていくことであるのです。

このような進展のなかで、技術的な課題として残るとすれば、AIがどのようにこの産業システムをさらに事業性を豊かなものにしていくかという論点になってくることが、理解できます。

ライター:かわぐち ひろあき

関連記事

未経験から派遣社員としてIT企業で働くことのメリット・デメリット

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる