ウェブマーケティングとは?その特性と流れ・基本と手法まで!

ウェブマーケティングとは、インターネットのウェブ上で、商品やサービスを販売目的でプロモーションをすることを意味します。ネット上で顧客を獲得し、購入につなげて自社商品の売り上げを伸ばす、販売活動全般を指します。大きく分けて、商品のインターネット上での広告、Webサイト上での商品やサービスの販売、サイトを利用した顧客とのコミュニケーションの確立が含まれます。まずは、ウェブマーケティングの特性についてみてみましょう。

ウェブマーケティングの特性

ウェブマーケティングの特性は、広告メディアとしてローコスト・ハイスピードで目的とする顧客にアプローチできること、そして販促効果の測定がタイムリーに解析でき、効果的な販促を短時間・低価格で行えることです。それでは、ウェブマーケティングの利用者にはどのような特性があるのでしょうか。

ウェブユーザーの特性とは?

ウェブユーザーは、目的意識を持ってキーワード入力で検索します。友人に聞いたり、テレビで得たりした情報をもとに、最新で正確な情報を求めて検索します。ユーザーは短時間で情報を得ようとしているため、難しい内容や無意味に感じるサイトからすぐに離脱し、次のサイトへと移るネットサーフィンを繰り返しながら情報収集する特性があります。そして、複数のサイトから情報を得て、比較しながら商品の購入やサービスの利用を決めます。また、単なる購入目的ではなく、「趣味」や「好き」に基づいて特定サイトを見る傾向があります。

ウェブマーケティングの利点とは?

ウェブマーケティングの強みは、店舗と顧客の距離が障壁とならないことです。地方に拠点とする会社でも、全国的に、また海外へも販売が可能です。テレビや新聞などの広告に比べて広告費が安く、企画から情報発信までの期間が短く、また、変更や更新が低価格・短時間で行えます。アクセス解析で広告の効果や反共を把握しやすいのも利点です。ウェブマーケティングでは、ブランドをアピールすることで潜在的顧客を集めやすく、固定客を獲得して販売計画が立てやすいというメリットがあります。

ウェブマーケティングの目的と流れ

ウェブマーケティングでは、資金力を持たない企業でも潜在顧客を掘り出し、販促活動を通して売り上げに結びつけることが可能です。資金力のある大企業では、自社サイトで長期にわたるブランディングを行い、ライバル社の商品・サービスとの差別化を行うことができます。では、企業から見たウェブマーケティングの目的についてみてみましょう。

ブランドの確立と顧客の囲い込み

ウェブマーケティングで重要になるのは、ブランディングです。商品やサービスの強みをどうブランド・イメージに結びつけてゆくかで売り上げが来まします。確立したブランドでファンを獲得し、固定客として囲い込むのが最終的な目的となります。また、販促活動を通してネットで即時販売したり、リアル店舗へ誘導したりします。

ウェブマーケティングの主な流れ

ウェブマーケティングの主な流れは、潜在的顧客を集客し、Webサイト上で接客して購入へと導き、アフターケアを通して既存客を再度購入に結びつけることです。サイトを訪問したすべての人が購入に至るわけではないため、来訪者の離脱率を減らし、また、途中で離脱した顧客を再度呼び込むことための手法が重要となってきます。ウェブマーケティングで成功するためのマーケティングの基本についてみてみましょう。

ウェブマーケティングの基本

ウェブマーケティングで重要となるのは、マーケティングの基本をウェブ上で的確に行うことです。マーケティングの基本とされるSTPと4P、4Cのコンセプトについてみてみましょう。

マーケティングの基本STPとは?

マーケティングの基本にSTPがあります。STPは、「セグメンテーション(Segmentation)」
「ターゲティング(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」の略です。特定商品の市場をニーズに合わせてグループ化することをセグメンテーションと言います。また、どのような顧客に商品をアピールするかがターゲティングです。ポジショニングとは、競合他社との比較で、自社製品をどのような位置付けにして差別化してゆくかを意味します。

マーケティングにおける4Pとは?

ウェブマーケティングの市場分析のために、マーケティングミックスと呼ばれる4Pが、1960年代にアメリカのジェローム・マッカーシーにより提唱されました。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)のことで、これら4つ視点から市場分析を行う重要性です。自社製品の市場における強みや弱みをこれらの観点から把握し、販売戦略を立てることが必要となってきます。

マーケティングにおける4Cとは?

その約30年後にロバート・ラウターボーンが提唱したのが4Cという要素です。4Cとは、Convenience(入手しやすい利便性)、Communication(アフターケアやサポートの充実)、Customer Value(メリットと問題解決の提起)、Customer Cost(時間と費用面でのメリット)の略語です。4Pが売る側の視点に立ったプロダクトアウトであれば、4Cは顧客の視点から見た購入決定の要素です。購入者の視線に立った販促を行わなければ、ウェブマーケティングにおいても成功することはできません。

ウェブマーケティングの主な手法

ウェブマーケティングの手法には、ランディングページと呼ばれるサイトのトップページをいかに効果的に構成し、問い合わせフォームなどで販売に結びつけるかが重要となってきます。それには、ウェブサイト構築の専門的な知識やデザイン力が必要となってきます。購入確率を高めるために効果的なその他の手法についてみてみましょう。

リスティング広告とSEO施策

ウェブマーケティングの手法には、検索上部に表示されるリスティング広告があります。検索キーワードに合わせて自社サイトがトップに表示されるようにしますが、費用はそれなりにかかります。また、サイト自体をGoogleやYahooの検索エンジンで上位表示されるように作るSEOへの対策が重要視されています。SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、ウェブサイトを検索エンジンに向けて最適化し、検索でより上位に表示されるようサイトを構築することです。

アフィリエイトとリターゲティング広告

他のウェブページにリンクを貼ってもらう外部リンクという手法では、アフィリエイトなどがあります。現在では、アフィリエイトで生計を立てているYou Tuberやブロガーが多くいます。また、近年重要視されている手法に、リターゲティング広告があります。サイトに訪問した潜在的顧客に向けて、バナー広告を表示して再来訪を促すやり方です。ブラウザにはCookieを残す仕組みがあり、ユーザーはCookieの記録でログインパスワードを省略できるというメリットがあます。一方企業は、Cookieの足跡を利用してサイトを訪れた人を対象に、数日間バナー広告を表示するリターゲティング広告を行います。一度商品に興味を持ったユーザーが再来訪した時の購入率は高くなるため、リターゲティング広告は効果的な手法と言えます。

メルマガ配信とコンテンツ・マーケティング

以前はメルマガ配信などのダイレクトメールが主な手法として使われていましたが、近年減りつつあります。しかし、メールアドレスを収集してメールリストをもとに、ダイレクトメールで商品をアピールするのは即効性の高い手法です。また、近年では、SNSやYouTubeなどの動画サイトを利用したコンテンツ・マーケティングが注目されています。消費者が求める内容のある情報を記事として載せることで、コンテンツで潜在的顧客を効率的に集客することが可能です。

まとめ

ウェブマーケティングとはウェブ上で、商品やサービスの販売を目的としたプロモーションを行い、顧客を獲得して購入につなげる販売活動全般を言います。ウェブマーケティングでは、ローコストでハイスピード、そして、販促活動の解析や広告の変更が容易であるというメリットがあります。ウェブマーケティングの基本は、マーケティングの基本と同様、STPと4P、4Cのコンセプトに基づいて販促を行うことです。ウェブマーケティングの手法には、リスティング広告、SEO実施、アフィリエイトやリターゲティング広告、メルマガ配信やコンテンツ・マーケティングなどがあります。ウェブマーケティングには幅広い知識が必要ですので、系統立てて効率的に学ぶことをお勧めします!

ライター:ocplanning

関連記事

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス

キャッシュレス時代を生きる子どもたち

QRコードの導入を考えてる方へのアドバイス

「QRコード決済」を取り巻く社会を見つめる

PayPayのメリットデメリットとは?