普段時計をしない方にもスマートウォッチはオススメですよ

みなさんはスマートウォッチをご存知ですか? スマホのように誰でも持っているものではないかもしれませんが、使っている人はチラホラ見かけるのではないかと思います。

スマートウォッチを簡単にいうと、手首に巻き付けられるスマートフォンだと思ってもらって間違いないと思います。それなら普段スマホを持っていればスマートウォッチなんて要らない、と思われるかもしれません。でも、案外そうとは言い切れないものなのですよ。

今回はそんなスマートウォッチの紹介をしてみたいと思います。

スマートウォッチで何ができるの?

まず当たり前のことですが、時間を知ることができます。ストップウォッチやタイマーとして使うのもいいですね。あとは文字盤を好みのものに変更できたり、天気などの情報を同時に知ることができるものもあります。

定期的に運動をする方には、運動をしたときの消費カロリーや一日の基礎代謝を表示してくれる機能が便利でしょう。運動へのモチベーションが上がりますね。これまでもスマホを腕に巻きつけるなどしてログを取ることができていましたが、手首に着けるタイプなのでスポーツの邪魔にならずに済みますよ。

日頃運動をしない人でも万歩計として使えたり、大切なことを忘れないようにするためのリマインダーとして使ったりすることができます。デスクワークなどをされていて座りっぱなしの状態が多い方には、座りっぱなしが続かないように一定時間おきに立つことを促してくれたり、深呼吸を勧めてくれるアプリもあります。

どちらの場合も有効な使い方として、通知機能が挙げられます。電話やメールの着信を手元で知ることができるので、スマホの方は常時マナーモードでOK、公共の場に行くときにも余計な気遣いをしなくて良くなりますね。

ちなみに smart は『グランドセンチュリー英和辞典 第4版』(三省堂)によると、「気の利いた、利口な」という意味で、日本語の「スマート」にある「ほっそりとしてスタイルの良い」の意味はない、という注意書きがされています。とはいえ、スマートウォッチを使って体調管理をすることで、日本語でいうところのスマートになることができるかもしれませんよ。

そのほかの使い道も

普通の腕時計との最も大きな違いとしては、アプリの追加ができることでしょう。自分に必要なアプリを追加することで、スマホと同じようにスマートウォッチを自分好みのアイテムにすることが可能です。しかも、それを体に身に付けることでスマホよりもさらに気にならない形で使うことができます。

意外と役立つ使い方としては、アプリを使って睡眠中のログを取るという使い方があります。寝ているときの動きや心拍数などのデータを取得することで、睡眠時間はもちろん熟睡の度合いを知ることもできます。

他には、まだ発展途上の機能ではありますが、心拍数などの生体情報から健康に役立つ情報を提供してくれることも期待されています。これは通常身に付けることをしないスマホでは実現できないことでしょう。

これらの機能が使えるものだと考えると、どれか一つくらいは興味を惹かれるものがあるのではないでしょうか。

気をつけたいことと課題

スマートウォッチはスマホと連携して使うものがほとんどです。スマートウォッチだけ持っていても使うことができません。そのため、購入する前に自分の使っているスマホに対応しているかを調べる必要があります。スマートウォッチにもたくさんの種類があり、物によっては使えない機能もありますので、使いたい機能に合わせたスマートウォッチを選択するようにしてください。

あと、現在のスマートウォッチはこれまでの腕時計のように電池持ちが良くはありません。数日から一週間でバッテリーの充電をする必要があります。この点を懸念している方は多いのではないでしょうか。充電をし忘れると時間を知ることすらできなくなってしまいます。これでは時計として使うことはできない、そう考える方もいることだと思います。これはバッテリーの性能が上がるにつれて解決していくと考えられますが、今のところは仕方のないことなのでしょう。

おわりに

腕時計というものはもともと時間を知るためのものだったので、スマホが浸透していく中で使わなくなった方も多いのではないでしょうか。しかし、スマートになった腕時計は従来のものとは違います。

この記事で述べたような機能を使ってみたいと思われた方は、生活に取り入れてみることをオススメしたいと思います。

ライター:ヒゲッパ

関連記事

Webマーケティングとは?その特徴や用語説明!

AIはどのくらい人間に近い?人との違いについてお話しします!

ブロックチェーン技術の貿易業界への普及効果が産業発展に貢献する!

未経験から派遣社員としてIT企業で働くことのメリット・デメリット

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス