SaaSを検討中だけどIaaSとの違いは何?そんな疑問にお答えします!

新聞やビジネスなどで「SaaS」という言葉を見聞きすることがあると思います。
この言葉はIT用語に分類されるのですが、略されてしまうと何のことだかわか分からいですよね。

今まさに導入を検討している方もいると思いますが、他にも「PaaS」や「IaaS」のように似た用語があることをご存知ですか?

今回は、この「SaaS」という略語についてのお話をしてみることにしましょう。

SaaSの背景

これまで、コンピュータを使うときには実際の仕事とは直接関係のない、業務ソフトウェアの運用知識が必要なことがありました。

しかし、昨今では業務を行う際にインターネットの利用を前提としたクラウドサービスを活用することが多くなってきています。

この場合「クラウド」はインターネットのことを指しているので、「インターネットを使ったサービスを活用することが多くなった」と言い換えることもできます。このことに異議を唱える人はいないでしょう。

SaaSは、このようなクラウドサービスの形態を表す言葉の一つです。

「SaaS」の意味は?

SaaSとは Software as a Service の略で、簡単に言ってしまうとアプリケーションをクラウドサービス上で利用するサービスのことです。

自分のコンピュータにアプリケーションがインストールされていなくてよいので、ソフトウェアを購入したりアップデートをしたり、バージョンを気にしたりする必要がありません。

具体的な例では、Gmailやなどがあり、最も身近なクラウドサービスです。Microsoft Excelに対するGoogleスプレッドシートのようなものと考えると理解しやすいのではないかと思います。

ちなみに、読み方は「サース」または「サーズ」と読みます。「エスエーエーエス」と読むこともあるようです。

そのほかのクラウドサービス

PaaS(Platform as a Service)

SaaSで提供されているもののうち、アプリケーションなどのソフトウェアを除いたプラットフォームをクラウドサービス上で利用するサービスです。そのため、アプリケーションについては開発をする必要があります。

具体例としては、Google App Engine があります。SaaSに比べると馴染みのない内容かもしれませんね。

IaaS(Infrastructure as a Service)

サーバーやOS、ストレージなどのインフラをクラウドサービス上で利用するサービスです。SaaSと比べると開発者から見て自由度が高く、カスタマイズできることが特長です。

具体的には、Amazon Web Service(AWS)が挙げられますが、こちらもPaaSと同様に馴染みづらい内容かもしれません。

言葉としては理解しにくいIaaSとPaaSですが、開発者側から見たサービスの形態を表した言葉なので、知らないうちにIaaSやPaaSで作られたサービスを利用していることはあると思いますよ。

それぞれのサービスの比較

3つのクラウドサービスの形態を食事をとる場合に例えると、

SaaS:買ってきたお弁当を食べる
PaaS:インスタント食品を料理して食べる
IaaS:食材を料理して食べる

といった感じでしょうか。

カスタマイズ性の高さでは、SaaS < PaaS < IaaSの順に高くなり、開発技術が求められるようになっていきます。

開発が自由にできる方が優れているというわけではありませんし、すでに要求を満たす水準のものがあるならカスタマイズをする必要すらありません。

どのサービスにも利点がありますので目的や状況に応じて使い分けることが大切です。

まとめ

とても大雑把な説明でしたが、SaaSがPaaSやIaaSとどのように違うかのイメージができましたでしょうか。

PaaSやIaaSとの違いについて何となく分かっていれば、読んでいる文面にPaaSやIaaSが出てきたときにもより頭に入ってきやすいのではないかと思います。

どんな場合でもSaaSを使えばいいというわけではありませんが、SaaSのようなクラウドサービスを利用することによって、本来の業務に集中することができるため、多くのメリットがあることでしょう。

業務などで導入を検討する際には、どの形態のサービスが最適なのかを考えるようにしてみてください。

ライター:ヒゲッパ

関連記事

Webマーケティングを効果的にしている施策

ウェブマーケティングとは?その特性と流れ・基本と手法まで!

ウェブマーケティングとは?どんなことするの?

知っておきたい!WEBマーケティングの基礎知識

「SEO」って何?実は知らないその詳細について

プログラムを書くのは難しくない