AR、VRって何?どんな形で社会の役に立っているの?

「AR」や「VR」と言った言葉を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。有名な例を挙げれば、「AR」という技術はポケモンGOやSNOWといったアプリで使用されています。

「VR」という技術は、ゴーグルを着けることでゲームの世界に没頭できるということで、家庭用ゲーム機やゲームセンターでよく見かけるようになりました。いずれもゲームやスマホアプリの分野で使われていることはよく知られていますが、実はそれ以外にも社会の様々な場面で活躍している技術なのです。

今回は、ARとVRの違いを踏まえ、どのような分野で技術が有効活用されているのかをご紹介いたします。

AR、VRって一体何なの?どう違うの?

ARとは

ARとは「Augmented Reality(アグメンティッド・リアリティ)」の略で、「拡張現実」とも言われます。一言で言えば、「現実の世界に、情報を加えるもの」です。

例えばスマホのカメラで喫茶店を映せば、画面上に喫茶店名、メニュー、混雑具合などの「情報」が表示されます。スマホに映し出された現実の喫茶店の風景に、吹き出しのような可愛い形で店名などの情報が描かれるのです。

言葉の情報に限らず、架空のキャラクターを表示させたり、商品のイメージCGを表示させることもARに当てはまります。それでは、AR技術が実際にどのように活躍しているかを見てみましょう。

ゲームや写真アプリ

冒頭でも紹介したポケモンGOやSNOWといったアプリが該当します。場所や顔を映し、そこに情報を加えることで、私たちは魔法のような体験ができるのです。

ポケモンGOでは、現実の公園の風景にポケモンという架空の情報(キャラクター)を表示させることで、本当にポケモンが存在するかのような体験ができます。SNOWでは、現実の人間の顔に動物の耳や鼻などを表示させることで、現実ではありえないような写真を簡単に撮ることができます。

ショッピング

ショッピングの分野においても、ARは非常に便利な技術として用いられ始めています。例えば家具メーカーでは、顧客の部屋の風景に、販売している商品のCGを映し出すことで、実際に購入して家に置いた時のイメージを湧きやすくさせることができます。

ファッション

店内に設置されたモニターの前に立つと、顧客の性別や年齢を認証し、様々なコーディネイトを提案してくれます。また、映し出された顧客の画像に様々な服をあてがうことができるので、顧客はより手軽にイメージを掴むことができます。

観光

観光客をより一層楽しませるためにも、VR技術は大きな役割を担い始めています。もう建築物が存在していない史跡にスマホをかざすと、画面上に当時の城や寺などがCGで再現されます。

また、歴史上ゆかりのある人物をカメラに映し出し、名所を背景に一緒に写真を撮ることもできます。

カーナビゲーション

カーナビの画面を見なくても、車のフロントウィンドウに様々な情報を映し出すことができます。目的地までのルートや交差点名称、ガソリンスタンドやコンビニの情報などが直接窓に表示されるため、目線を下に向ける必要がなくなります。

安全で快適な運転を実現することができます。

VRとは

一方VRとは、「Virtual Reality (バーチャルリアリティ)」の略で、「仮想現実」と呼ばれます。現実ではありえなかったり、表現しきれないものを、あたかも現実として存在するかのような「体験」ができるもののことを言います。

現実世界に情報を加えるのが「AR」であり、現実ではありえない仮想世界に自分が飛び込んでいけるのが「VR」です。それでは、VR技術が実際にどのように活躍しているかを見てみましょう。

ゲーム

一番有名な使用例はゲームでしょう。ゴーグルを装着することで、まるで自分がゲームの世界に飛び込んだような体験ができます。近年家庭用ゲーム機やゲームセンターで広く普及されつつあり、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

医療分野

医療の分野においてもVRが大きな役割を担い始めています。手術現場では、患者の命を左右するため失敗は許されません。

VR技術を用いることで、本番前に手術のシミュレーションを行うことができます。また、新人医の手術の教育にも用いることができます。

車や家

まだ完成していないマイホームや車の内装などを、3Dで再現します。ゴーグルを装着し仮想空間に入り込むことで、内装や間取りを確認し、アレンジ等のシミュレーションができます。

宇宙分野

宇宙空間の作業のシミュレーションをVRで行うことができます。ゴーグルを装着し、3Dで再現された宇宙空間に飛び込みます。

実際の手足の動きを読み取り、仮想空間に反映させることで、リアルな作業訓練をすることができます。

まとめ

このように、AR、VR技術は社会の様々な分野で活躍しています。ここで挙げた例はほんの一例で、他にも様々な形で私たちの生活を豊かにしてくれています。

今後もアイデア次第でより面白く、画期的に活躍し、成長していく技術でしょう。AR、VR技術の今後の発達に目が離せません。

ライター:Yuichi7

関連記事

Webマーケティングとは?その特徴や用語説明!

AIはどのくらい人間に近い?人との違いについてお話しします!

ブロックチェーン技術の貿易業界への普及効果が産業発展に貢献する!

未経験から派遣社員としてIT企業で働くことのメリット・デメリット

スマホだけで決済完了!店舗にとっての導入メリットを紹介

<QR コード決済を知らない人は必見> QR コード導入を考えている方へのアドバイス